パパが書いたバースプラン。考え方のポイントや夫婦でまとめた記入例

パパが書いたバースプラン。考え方のポイントや夫婦でまとめた記入例

抱っこをしたいなどパパたちが書いたプラン

バースプランを夫婦で考えるとき、どのようなことを書くとよいのか気になるパパもいるのではないでしょうか。今回は、バースプランを考えるときのポイントや生後すぐに抱っこをしたいなどパパたちの希望を書いた記入例、バースプランを立てたことで感じたことを体験談を交えてご紹介します。

バースプランを夫婦で考えたい

バースプランとは、出産に関する希望や計画のことをさすようです。バースプランを夫婦で考えることで、ママだけでなくパパにも出産や子育てに積極的に関わってほしいと考えるママもいるかもしれません。

今回は、バースプランについてパパたちの体験談をまとめてみました。

バースプランを考えるときのポイント

バースプランを考えるとき、どのようなポイントがあるのか知りたいパパもいるのではないでしょうか。パパたちに、バースプランを考えるときのポイントを聞いてみました。

お産の流れを理解する

「バースプランを書く前にお産の流れを確認しました。お産の流れにはさまざまなパターンがあることを知ると、妻の出産時に私がどのように関われそうか、希望を書くときの参考になりました」(20代パパ)

お産の流れを理解すると、バースプランを考えたり、自分の希望を整理しやすかったりしたというパパの声もありました。お産の流れを書き出すと、どの段階でどのようなことをしたいかイメージしやすくなるかもしれませんね。

夫婦の意見をまとめる

メモ帳と鉛筆
iStock.com/Photoevent

「どのような出産にしたいかを夫婦で話しあい、意見をまとめました。お互いの考えを話すことで、出産や今後の子育てについての方向性を決めやすかったです」(40代パパ)

夫婦の意見をまとめてからバースプランを立てたパパもいるようです。夫婦で意見を出しあうことで、自分では思いつかなかったこともバースプランに書くことができたというパパの声もありました。

病院や産院と相談する

「私たち夫婦は初めてバースプランという言葉を聞いたので、病院に相談してプランを考えました。他の人の記入例を教えてもらうとイメージがわきやすく、自分たちのバースプランを作るときにも取り入れたいものがありました」(30代パパ)

「バースプランについて助産院に相談しました。希望に対して柔軟に対応してくれるようですが、お産の進行状況によってはバースプラン通りにいかないことも伝えてくれたので、私たちもその場合のプランを考えやすかったです」(20代パパ)

病院や産院に相談してバースプランまとめたパパもいるようです。バースプランの内容によっては、病院や産院で実現が難しいものもあるようなので、出産前に確認しておくとよいでしょう。

【シーン別】パパたちが考えたバースプランの記入例

実際に、パパたちが考えたバースプランの記入例をシーン別にご紹介します。

陣痛時の記入例

陣痛が始まってからのバースプランの記入例をご紹介します。

・陣痛が始まったら連絡がほしい
・陣痛が◯分間隔になるまでには駆けつけたい
・ママがリラックスできる音楽をかけたい
・自分にしてほしいことを教えてほしい

陣痛時には、連絡がほしいタイミングやママの体を気遣う内容などを書いたパパがいるようです。立ち会い出産を希望する場合、病院と会社や自宅との距離から駆けつけるタイミングを考えたというパパの声もありました。

出産時の記入例

赤ちゃんの手
© kawa10- Fotolia

パパたちに、出産時にどのようなバースプランの希望を書いたのかを聞いてみました。

・立ち会い出産をしたい
・出産中妻の手を握らせてほしい
・出産後にへその緒を切りたい
・出産の様子を撮影したい
・上の子と廊下で出産を待ちたい

立ち会い出産を希望する場合、へその緒を自分で切りたいという希望を書いたパパもいるようです。パパのなかには、出産に立ち会えない場合に設置したカメラで撮影してほしいことや、電話で声を聞かせてほしいという内容のバースプランを書いたという声も聞かれました。

産後の記入例

ママが赤ちゃんを出産後、パパたちにどのような希望を書いたのかを聞いてみました。

・産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしたい
・自分が抱っこして妻に赤ちゃんを見せたい
・妻に感謝の言葉を伝えたい
・家族で記念撮影をしたい

赤ちゃんを抱っこしたいと書いたパパもいるようです。産後は、出産で疲れているママのバースプランを優先してほしいと書いたというパパの声もありました。

バースプランを立てたことで感じたこと

バースプランを立てることで、パパたちの気持ちに変化が表れることもあるのでしょうか。パパたちに聞いた、バースプランを立てたことで感じたことをご紹介します。

出産への心構えができた

「自分の手でバースプランを考えて記入したことで、出産への理解が深まりました。出産の流れや夫婦の考えを確認するよいきっかけになり、出産に対する心構えができたと感じています」(30代パパ)

出産の心構えができたというパパの声がありました。ママのようにお腹のなかで赤ちゃんの成長を感じられないパパのなかには、出産が近づいている実感がわきにくいと感じることもあるようですが、バースプランの記入をきっかけにパパも気持ちの準備ができるとよいですね。

子育てに対する考えが変わった

「バースプランの記入を経て出産を経験したことで、出産や子育てに対する考え方が変わりました。出産や子育ては妻がメインで夫はサポート役だと思っていましたが、どちらも夫婦でいっしょにするものだと考えるようになりました」(20代パパ)

バースプランを書いたことによって、子育てに対する考えが変わることもあるようです。ママと同じ目線で出産について考えることで、より前向きに子育てを楽しめるようになったというパパの声もありました。

パパもバースプランを書いてみよう

パソコンで作業をする夫婦
iStock.com/Yagi-Studio

バースプランを考えるとき、お産の流れを理解して夫婦でどのような出産にしたいかを話しあったというパパの声がありました。バースプランの記入例には、陣痛時に連絡してほしいタイミングや産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしたいなどさまざまな希望があるようです。

バースプランを書くことで子育てに前向きになれたという意見もあるようなので、パパの希望を込めたバースプランを書けるとよいですね。

2019年04月20日


7

    muu
    バースプランってものを初めて知った😮

    OK
    バースプラン、はじめて聞いた。 長いスパンでの計画とかだけでなく、事細かに書く部分もあったりなんですね。

    ys
    バースプラン、聞いたことはあったけれど実際にどのようなことを書く人が多いのかと思っていました。 お産の流れを知っておくこと重要ですね!

    YSK
    バースプランやってないのですが、自分たちでプランニングできるの素敵ですね!

    jk
    しっかり計画を立てておくことで、気持ち的にも余裕を持って出産を迎えられそうですね

準備の関連記事

カテゴリ一覧