子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

出産内祝いの選び方。もらって嬉しいものや対象別の喜ばれる品、内祝いをどこで購入するかなど

出産内祝いの選び方。もらって嬉しいものや対象別の喜ばれる品、内祝いをどこで購入するかなど

出産内祝いにもらって嬉しいものにはどんなものがあるのでしょうか。喜ばれる出産内祝いは何がいいのか、購入する場所はどこがいいのか迷うママもいるかもしれません。今回は、もらって嬉しかったものや欲しいもので考える出産内祝いの選び方、どこで用意したのかなどをママたちに聞いてみました。

喜ばれる出産内祝いの選び方

出産内祝いを選ぶとき、どんなものが喜ばれるのか、何がいいのか気になるママもいるようです。ママたちはどのような選び方をしているのか聞いてみました。

贈る相手によって選ぶ

「姉家族への内祝いは、姉に直接欲しいものを聞き、ブランドのお皿セットを選びました。夫の弟家族へは定番のギフトセットを贈りました」(30代ママ)

出産内祝いを贈る相手によって選んだママもいるようです。相手の好みや家族の人数を考慮して、相手がもらって嬉しいと思うものが何かを考えながら選んだというママの声もありました。

お祝いの金額に合わせて選ぶ

「私の会社の同期から連名で出産祝いをいただきました。個別にメッセージつきの出産内祝いを渡したいと思い、人数で割った金額の品を選びました」(30代ママ)

出産内祝いを選ぶとき、お祝いの金額に合わせて選んだママもいるようです。金額に合わせた品物をいくつかピックアップしておくと、購入するときもスムーズに決められそうです。

自分がもらって嬉しいものを選ぶ

「友人にジュエリーボックスを贈りました。自分がもらって嬉しいものを選びました」(20代ママ)

自分がもらって嬉しいものという視点で内祝いの品を選んだママもいました。何がいいのか、どこで買えばいいのか迷って困ってしまった場合、「自分がもらって嬉しいものは何か」という目線で選んでみてもよいかもしれません。

相手別の出産内祝いは何がいい?

友人や両親、親族など相手別の出産内祝いは何がいいのでしょうか。どのように選んだのかママたちに聞いてみました。

友人へ贈る場合

iStock.com/JGalione

「学生時代の友人とは気兼ねしない仲だったので、ざっくばらんに欲しいものを聞きました。友人がいくつか候補を出してくれたので、その中から入浴剤のセットを選びました」(20代ママ)

友人への内祝いには、ヘアケアグッズや入浴剤などの実用品、少し高価な紅茶やお菓子などが選ばれているようです。親しい間柄の場合は、どのようなものがよいのか直接聞いてみてもよいかもしれませんね。

両親、親族へ贈る場合

「両親にには感謝の気持ちを込めてカタログとお肉のセットを贈りました。とても喜んでくれました」(30代ママ)

「親戚には洗剤のセットを贈りました。好みがわからないことや、お皿やグラスなども揃っていることから、普段遣いできる実用品がよいかなと考えました」(40代ママ)

両親のように、食の好みや生活環境についてわかる間柄の場合は、欲しいものがわかるので品物も選びやすいかもしれません。どんなものが喜ばれるのかわからない場合は、洗剤や石鹸など毎日使えるものを選ぶようにしていたというママの声もありました。

上司などお世話になった人へ贈る場合

「夫の会社の上司へコーヒーを贈りました。普段からコーヒーを好んで飲んでいることを知っていたので、少し高級なものを選びました」(20代ママ)

上司やお世話になった人へは、高品質なこだわりのものを選ぶとようにしていたというママがいました。普段自分で買うことのない、こだわりの食品なども喜ばれるかもしれません。

出産内祝いの購入はどこがいい?

出産内祝いをどこで購入したらよいのか考えるママもいるようです。ママたちに購入先について聞いてみました。

百貨店

iStock.com/IGphotography

「百貨店で用意しました。カタログやインターネットで見るよりも、実物を見ることができたので、質感や大きさがわかりやすくてよかったです」(30代ママ)

百貨店で出産内祝いを用意したママもいるようです。他に、親戚や会社の上司などの目上の方へ贈るときは、百貨店の包装がされたギフトだと高級感があるので喜ばれることがあったというママの声もありました。

雑貨店

「何がいいのか迷っていたので、雑貨店のスタッフに相談して決めました。定番品や流行も教えてもらえたのでよかったです」(40代ママ)

実際の商品を直接目にすることができる雑貨店で出産内祝いを購入したママもいるようです。予算や好みに合わせて、さまざまな種類の商品から選べそうですね。

インターネットで注文

「子どもを連れてお店へ行くことが大変だと感じたので、インターネットのギフトサイトで購入しました。サイト上で作ることができる写真入りメッセージカードも親戚に喜ばれました」(30代ママ)

インターネットを使うと家にいながら注文ができるので、新生児の赤ちゃんがいるママでも手軽に内祝いを用意できそうです。出産内祝いを用意しているサイトはたくさんあるようなので、いろいろ調べながらどこがいいか決められるとよいかもしれません。

ママたちが出産内祝いにもらって嬉しかったもの

ママたちは出産内祝いを選ぶ時、自分がもらって嬉しかったものも参考にしているようです。出産内祝いにもらって嬉しかったものをママたちに聞いてみました。

有名店のお菓子

iStock.com/Chalffy

「テレビで話題になっていたお店のお菓子をいただいたことがあります。地元では手に入らないお菓子だったので、もらって嬉しかったです」(40代ママ)

有名店のお菓子はもらって嬉しかったものだというママもいました。箱を開けたときに、見た目も華やかなお菓子が入っていると嬉しい気持ちもより強くなりそうですね。

品質のよいタオル

「もらって嬉しいものはブランド物のバスタオルです。定期的に取り替えるバスタオルは、何枚あっても困らないし、来客の宿泊時にも使ってもらえるので嬉しいです」(30代ママ)

品質のよいタオルをもらって嬉しいと感じるママもいるようです。普段、自分では買わないような高品質な物が喜ばれるのかもしれませんね。

カタログギフト

「出産内祝いでもらって嬉しかったものはカタログギフトです。重さや大きさも書いてあるので、自宅に合うか検討して選ぶことができました」(20代ママ)

もらって嬉しいもののひとつにカタログギフトがあるようです。たくさんの種類から選べるカタログギフトなら、自分の欲しいものが見つかるかもしれませんね。

出産内祝いの選び方は間柄や好みに合わせて

iStock.com/kokouu

出産内祝いに相手がもらって嬉しいものは何がいいのか、購入先はどこがいいのか気になるママもいるようです。出産内祝いの選び方は、贈り相手との関係や好みに合わせて、どんなものが喜ばれるのか、どこで購入するか検討するとよいかもしれません。

相手の欲しいものがわからない場合は、自分がもらって嬉しかったものや、出産祝いの金額を目安に選ぶとよさそうです。出産内祝いといっしょに感謝の気持ちも届けられるとよいですね。

2018年06月10日

出産祝いの関連記事
カテゴリ一覧