【体験談】出産後に退院するとき。車やタクシーの利用で気をつけること

【体験談】出産後に退院するとき。車やタクシーの利用で気をつけること

乗車時に役立つアイテムをご紹介

出産を終えて退院するときに、車やタクシーを使うママもいるでしょう。チャイルドシートは必要なのか、新生児との乗車で何を気をつけたらよいのか気になる場合もあるかもしれません。今回は、退院するときに気になったこと、車やタクシーで帰宅するときに気をつけたこと、乗車時に役に立つアイテムについてご紹介します。

出産後に退院するときにママたちが気になったこと

出産を終えて退院するとき、自宅への移動手段として車やタクシーを使うママは多いのではないでしょうか。新生児との乗車に不安を感じるママもいるかもしれません。

車やタクシーで帰宅するときに、ママたちはどのようなことが気になったのか聞きました。
20代ママ
パパに迎えにきてもらうか、タクシーを使うか悩みました。
30代ママ
チャイルドシートを嫌がる赤ちゃんもいると聞いていたので、退院後、子どもが嫌がらずにチャイルドシートに乗ってくれるか心配でした。
30代ママ
車で40分ほどかかる産院だったので、新生児にとって乗車時間が長すぎないか気になりました。
30代ママ
首が座ってない赤ちゃんがチャイルドシートに座って大丈夫なのか心配でした。
新生児をチャイルドシートに座らせてもよいのか不安を感じたり、乗車時間が長く、赤ちゃんが疲れてしまわないか心配になるママが多いようです。

タクシーにはチャイルドシートがない場合が多いので、赤ちゃんを乗せてもよいのか心配だったという声もありました。

出産後に車で帰宅するときに注意したこと

ママたちはどのようなことを注意して、車で帰宅したのでしょうか。

チャイルドシートを適切につける

チャイルドシート
Ilya Andriyanov/Shutterstock.com
30代ママ
赤ちゃんをチャイルドシートに乗せて産院から帰宅しました。新生児でも乗車するときはチャイルドシートが必須なので、事前に用意しておきました。
チャイルドシートの使用は道路交通法で定められています。新生児から使える、寝かせるタイプのチャイルドシートを用意し、適切に使用しましょう。

チャイルドシートのベルト調整に気をつけたというママもいました。ゆるすぎると急ブレーキがかかったときに危険ですが、きつすぎると赤ちゃんが苦しそうなので難しく感じたという声がありました。
出典:チャイルドシートコーナートップ/国土交通省
出典:子どもを守るチャイルドシート/警視庁

温度調整する

30代ママ
出産したのが真冬だったので、車内の温度を暖かくしました。
車内の温度調整に気をつけたママがいました。車内が暑すぎたり、寒すぎたりしないよう、乗車する前に冷暖房をつけて、赤ちゃんにとってちょうどよい温度にするとよいかもしれません。

夏場は直射日光で暑くならないようにサンシェードを利用するなど、赤ちゃんが車内で快適にすごせる工夫ができるとよいですね。

退院時にタクシーを利用するときに気をつけたこと

退院時にタクシーを利用したママたちに、気をつけたことを聞きました。

授乳のタイミング

授乳
Zurijeta/Shutterstock.com
20代ママ
タクシーの中でお腹が空かないように、授乳のタイミングに気をつけました。乗車する20分前には、授乳を終わらせるようにしました。
赤ちゃんがお腹いっぱいで機嫌のよいときにタクシーで帰れるように、授乳のタイミングを気をつけたというママがいました。

タクシーに乗る直前に授乳をすると、げっぷがきちんと出ていないことがあり、母乳を吐き戻してしまうこともあるようなので、少し時間を開けるとよいかもしれません。

季節に合わせた持ち物を持参する

20代ママ
暖かい時期に出産したので赤ちゃんには薄手の服を着せていましたが、タクシーでは冷房がついていると思い、おくるみの他にガーゼケットを用意しました。
夏場は車内が冷房で涼しいことがあるので、赤ちゃんが冷えないように、おくるみやガーゼケットを用意すると安心できそうですね。

冬場は寒いので、厚手のおくるみがあると温度調整がしやすく、便利かもしれません。

抱っこの仕方を注意する

20代ママ
タクシーはチャイルドシートがついていないので、首を支えてしっかり抱っこするようにしました。
赤ちゃんの首が座っていないので、車の揺れが心配だったというママがいました。

ママの中には、チャイルドシートがついているキッズタクシーを利用したり、ベビーシートを持参することもあるようです。

新生児と乗車するときに役立つアイテム

車やタクシーに乗って帰るときに便利なアイテムをご紹介します。

おくるみ

20代ママ
タクシーの冷暖房は、自分で調整できないので、おくるみを持っていました。体温調整に使えて役に立ちました。
車の冷暖房が、赤ちゃんにとってちょうどよい温度ではない場合もあるため、おくるみがあると安心かもしれません。

授乳ケープ

20代ママ
乗車する前に授乳はしましたが、赤ちゃんがいつ泣いても大丈夫なように、授乳ケープを持っていました。
乗車中に赤ちゃんがおっぱいを欲しがることもあるかもしれません。授乳ケープがあると停車中の車内でも安心して授乳できるでしょう。

肌寒い季節や、車内が冷房で冷えるときに、赤ちゃんにかけてあげることもできそうですね。

ガーゼハンカチ

20代ママ
乗車中に授乳することがあると、口周りが汚れると思い用意しておきました。
赤ちゃんがお腹をすかせたときに、車を停車して授乳するときのことを考えて、念のためガーゼハンカチを準備したママがいました。

退院したのが暑い日だったので、汗を拭くときにも使えたという声もありました。

退院時に車に乗るときは事前に準備をしよう

出産準備
Nomad_Soul/Shutterstock.com
出産後に産院を退院するときは、パパに迎えに来てもらったり、タクシーで帰るママが多いようです。

車で帰るときは、車内を赤ちゃんにとってちょうどよい温度に調整したり、チャイルドシートを事前に用意しておくとよいでしょう。

タクシーを利用するときは、授乳のタイミングに気をつけたり、季節に合わせたおくるみやガーゼケットを準備しておくと便利かもしれません。

赤ちゃんが車内ですごしやすいように工夫ができるとよいですね。

2020年01月21日

専門家のコメント
23
    きらり先生 保育士
    主人に車で迎えに来てもらって、チャイルドシートに乗せて帰りました☆何せ乗せるのもはじめてのことで、まだふにゃふにゃの小さな新生児相手につけ方合っているのかな?など、不安で産院の駐車場で四苦八苦しました。
    ぺち先生 保育士
    今はチャイルドシートが義務付けられているので、必ずチャイルドシートはいると思います。グーファンに乗せたり、抱っこして乗せるのはダメと聞きました。ベビーカーや抱っこ紐は生まれてからでも買えるけど、チャイルドシートだけは産前に買うべきと言われたことがあります!
    あゆみ先生 保育士
    生まれたばかりの新生児をチャイルドシートに乗せるのは不安がありますが、やはり必要なのですね。退院時に適正な使い方が出来るように、しっかり準備したいです。タクシーなら温度調節出来るような準備が必須ですね!
    あーちん先生 保育士
    里帰り出産だったので、両親に車で迎えに来てもらいました。チャイルドシートはフラットになるものを買い、気持ち良さそうに車に乗っていました(^^)
    いちぽ先生 保育士
    主人にチャイルドシートをつけて迎えにきてもらったのですが、初めて乗せる時は、ちゃんとあっているかすごく不安になりました。
    前もってつけておいて、2人で確認しておきと安心かなと思います。
    ゆり先生 保育士
    妊娠後期にはいるころチャイルドシートを購入して、主人に家の車につけてもらい、ぬいぐるみで乗せおろしの練習をしました(笑)日差しがどのくらいはいるのか、エアコンの風が当たるのか、色々チェックをあらかじめしておいて、退院の日は主人に迎えに来てもらい、自家用車で帰りました
    いちご先生 保育士
    退院の日に主人に車で迎えにきてもらって、チャイルドシートに乗せて帰りました。産まれたばかりでまだふにゃふにゃの乳幼児を乗せるのは不安でしたが、なんとか無事帰ることができました◎
    ゆか先生 保育士
    退院時はクーハンに入れて連れて帰りました。
    今みたいにそんなに厳しくなかったので気にしていませんでした。
    外出できるようになってからはちゃんとチャイルドシートで移動していました。
    すー先生 保育士
    退院時はチャイルドシートに乗せて帰宅しました。1人目の時は苦戦しましたが、2人目の時にはスムーズに乗せることができました。病院からもチャイルドシートの用意は必須といわれたので、妊娠後期に購入しました。
    りお先生 保育士
    チャイルドシートが必須です!
    法律で義務付けられていますもんね。
    必ずつけてくださいね!

    退院前に使い方覚えておかないと、いざ赤ちゃんを乗せようと思ったらどうやって使うのかわからない💦となりかねません。
    事前に、使い方マスターしておくことも大事だと思います😁
    すみっこ先生 保育士
    里帰り出産だったので、退院時は母と姉に迎えに来てもらいました。チャイルドシートは里帰り先で購入しました。自宅へ帰る際にも使うのために前もって用意して装着していました。 昔のチャイルドシートは装着がややこしかったように思いますが、今のは分かりやすいですね😳先日、姪っこのチャイルドシートを見て驚きました✨
    はなこ先生 保育士
    退院後、主人の実家が近かったので少しだけ顔を見せて授乳のタイミングだったので授乳させてもらいその後車で実家に帰りました!実家も車で30分くらい!

    チャイルドシートに乗せました。
    まだ小さくて大丈夫かと心配になりますが、適切に付ければ問題ありません。
    めめ先生 保育士
    車やチャイルドシートの種類によっては一番フラットの状態にしても角度がかなりあるものがあります。事前に取り付けて確認しておいた方がいいと思います!
    のんの先生 保育士
    〜チャイルドシートは命を守る〜
    チャイルドシートは必ず着用してください。
    新生児期の子をチャイルドシートに乗せるよは、抵抗ありますよね。
    でも載せなきゃだめなんです。

    法律違反!ってだけではなく、
    チャイルドシートをしてないと
    赤ちゃんが大変危険な目にあいます。
    パパか安全運転をしても、
    ママがしっかりだっこをしていても、
    事故はおこるります。起こってしまってからでは遅いのです。

    赤ちゃんがないても、いやがっても、乗せるしかないのて、途中休憩をしたり、時間に余裕を持ってください。

    よくお出かけされるかたは、
    新生児期用のチャイルドシートをおすすめします。
    なこ先生 保育士
    私は夫の車で帰りました。赤ちゃんは私が抱っこして移動しました。チャイルドシートも付けていましたが初めてでしたし、赤ちゃんが泣いてしまったので上手く出来ず戸惑ったのを覚えています。
    ちぃ先生 保育士
    わたしは母の車で家まで帰りました。車ですぐのところだったのでスリングにいれて抱き抱えて帰りました。1ヶ月くらいたってから出かける際はチャイルドシートにのせていました。初めは首も座ってないので乗せるのに戸惑いましたが、チャイルドシートをフラットにして乗せていました。法的にも決まっているのでお出かけの際などは必須ですね。
    こと先生 保育士
    チャイルドシートはフラットになるものを購入して、事前に座席に取り付けて使い方を確認しておきました。
    フラットにならないチャイルドシートで不安なら、タクシーを利用するのがいいと思います😊✨
    めーめー先生 保育士
    主人に車で迎えに来てもらいました。自宅まで10分くらいではありましたが、チャイルドシートを準備しました。当日付け方に困らないよう、事前に一度練習をしておいて、すぐにつけられるようにとしたつもりでしたが、やはり新生児は柔らかくかなり装着しにくかったです。
    ベルトの長さや付属のクッションなどの確認と、付け方の練習をしておければいいかもしれませんね。
    さと先生 保育士
    真冬だったので寒さ対策を万全にしました。
    まず病院から出る少し前に車のエンジンと暖房をつけて暖めておきました。
    そして病院の入り口から車までほんの10メートルほどでしたが、ベビードレスと厚手のおくるみでばっちり防寒しました。
    晴れていたため普段よりは温かく助かりました。
    せおみ先生 保育士
    車に乗せる時は必ずチャイルドシートが必要だと思います。産婦人科でも退院時のチャイルドシートについては厳しく言われます。スムーズに車に乗せられるように、事前にしっかりと付けておきたいですね。
    あー先生 保育士
    やはり事前に車にチャイルドシートをとりつけておくとスムーズに退院できるのかなと思います!また、タクシーなどは事前に予約しておいてチャイルドシートを必ず着用するのをオススメします!こどもの安全が第一ですよね!
    なごみ先生 保育士
    出産前にチャイルドシートを購入し、設置していました。そこに乗せて帰りましたが、心配で6ヶ月頃まで一緒に後部座席に座っていました。あとは旦那にいつも以上の安全運転を心がけてもらいました^ ^
    みー先生 保育士
    購入したチャイルドシートは長く使える(お安い)タイプだったので退院時の新生児を乗せるには少し不安があり、新生児から使えるベビーシートを1ヶ月だけレンタルしました!
    車に乗った途端に寝て、『え?!息してるよね?!』と焦るほどスヤスヤ寝ていました。
    法律でも決まっていることです!必ずチャイルドシートを使いましょう!

産後の関連記事

カテゴリ一覧