出産の瞬間のエピソード。感じたことや写真に残すときのポイント

出産の瞬間のエピソード。感じたことや写真に残すときのポイント

ママや立ち会ったパパのそれぞれの体験談を紹介

出産の瞬間を写真に残したいと考えるママやパパもいるかもしれません。この記事ではママやパパが体験した出産の瞬間のエピソードや、誕生の瞬間を写真で撮るときのポイント、日本と海外での違いや双子を出産したママが感じたことなどについて体験談を交えてご紹介します。

出産の瞬間に感じたことは?

赤ちゃんを出産した瞬間、ママたちはどのようなことを感じているのでしょうか。

100人いれば100通りの出産があり、出産の瞬間のエピソードや感じることはさまざまかもしれません。

この記事ではママやパパたちが体験した出産の瞬間のすてきなエピソードをご紹介します。

ママたちに聞いた出産の瞬間のエピソード

Kiselev Andrey Valerevich/Shutterstock.com

ママたちが出産の瞬間に体験したエピソードを聞きました。

たくさんの人に見守られて誕生

30代ママ
長男を出産するとき、看護学校の学生さん数名が実習にきていました。痛みに耐えていると、学生さんたちが身体をさすったり声をかけたりしてくれて、とても勇気づけられました。たくさんの人に見守られてにぎやかなの誕生の瞬間になりました。
未来のママたちのために学生の実習を受け入れたというママからは、大勢に見守られて素敵な出産を迎えられたという声が聞かれました。周りの人にサポートしてもらった経験は、子育てするときの心の支えになるかもしれません。

命の温かさ

30代ママ
帝王切開だったのですが、出産の瞬間は血圧が下がっていてもうろうとした状態で、希望していたカンガルーケアはできませんでした。代わりに助産師さんが生まれたばかりの赤ちゃんのほっぺを私のほっぺにあててくれました。そのとき感じたあたたかさは今でも忘れられません。
命がけの出産の直後、生まれたばかりの我が子にふれて命のあたたかさを感じたというママがいました。今までお腹の中にいた赤ちゃんに初めて直接ふれられた瞬間は、ママにとって特別な思い出になるかもしれません。

稀に見る難産

20代ママ
長女の出産は破水から15時間かかり、出産後に産科の先生から稀に見る難産だったといわれるほど大変でした。ようやく赤ちゃんに出会えた瞬間は、やっと終わったという達成感と喜びで、夫と2人で胸がいっぱいになりました。
難産だったというママにとって、生まれた瞬間の感動はより印象に残りやすいかもしれません。他にも、生まれてくるまでの時間は赤ちゃんもいっしょにかんばっていると感じたというママの声もありました。

双子を出産したときの体験

40代ママ
我が家の子どもは一卵性の双子でした。出産直後、看護師さんが見せてくれた赤ちゃんの顔がパパといっしょに立ち会っていたお兄ちゃんとそっくりで、思わず「お兄ちゃんがいっぱい!」と叫んでしまいました。
生まれた双子の赤ちゃんが上の子とそっくりだったため、驚いたというママがいました。他にも双子のママからは、1人を無事に出産してホッとした瞬間に担当医から「さあ、もう1回がんばるよ」と言われ、2人目の出産に気持ちを切り替えたというエピソードも聞かれました。

パパたちの出産瞬間のエピソード

パパが新生児をだっこしているところ
leungchopan/Shutterstock.com

写真撮影し忘れ

パパたちは赤ちゃんの誕生の瞬間にどのようなことを感じているのでしょうか。パパたちのエピソードをご紹介します。

20代ママ
出産の瞬間を写真に残したいと思っていたのですが、カメラマンのパパが号泣してシャッターを押すのを忘れてしまいました。出産瞬間の写真は残せませんでしたが、病院スタッフさんに生まれたばかりの赤ちゃんと泣きはらした顔のパパ、そして私のスリーショットを撮ってもらい、とても思い出深い写真になりました。
他にも興奮したパパが思わずカメラの位置をずらしてしまい、違うところを撮っていたというエピソードも聞かれました。出産の瞬間は、パパも冷静ではいられないのかもしれませんね。

待合室で涙

40代パパ
赤ちゃんが生まれるまで待合室で待っていました。分娩室から赤ちゃんの泣き声が聞こえた瞬間、安堵からか思わず涙があふれ、がんばってくれた妻に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
赤ちゃんの産声を聞き、思わず涙してしまったというパパがいました。いっしょに待合室にいたおじいちゃんから「お前もお父さんだな」と言われ、胸が熱くなったというパパの声も聞かれました。

出産の瞬間を写真で残すときに意識したポイント

パパが出産に立ち会う場合では、出産の様子や瞬間を写真に収めたいと考えることもあるもしれません。貴重な瞬間を写真で残すときに、ママたちが意識したポイントをご紹介します。

病院の許可を得る

30代ママ
1人目は海外で出産しました。アメリカでは夫が出産に立ち会うのが一般的でしたが、日本では立ち会いに許可が必要なのだと知りました。
30代パパ
いざとなると慌ててしまうと思い、カメラや三脚、リモコンなどをひとまとめにして用意しておきました。
出産の瞬間を写真に残したいと考え、出産予定日の前から夫婦で話しあったり、道具の準備をしたりしたママやパパがいるようです。分娩室に持ち込む機材は、事前に病院に伝えておいたというパパの意見もありました。

出産の瞬間は100人100通り

leungchopan/Shutterstock.com
出産の瞬間にはさまざまなエピソードがあるようです。双子を出産したママからは、夫婦2人だった家族が、4人に増えた瞬間が忘れられないという声もありました。

出産の瞬間を写真に残したい場合、日本と海外では立ち会い出産の条件などが異なるのこともあるようなので、事前に病院に確認をしておくとよさそうです。

すてきな出産の瞬間を迎えられるとよいですね。

2019年12月05日

専門家のコメント
10
    さと先生 保育士
    娘が産まれた瞬間のことは今でも鮮明に覚えています。
    助産師さんの手に支えられながらズルっと出てきて、へその緒が繋がってるのが見えました。
    その瞬間すぐに大きな声で泣いてくれて、ホッとしたのを覚えています。
    旦那が緊張した手ではさみを持ちへその緒を切りました。

    処置が終わって運ばれてきた娘を助産師さんが横になっている私の上に置いてくれたとき、意外と重たくて温かいな、と思ったことは忘れられません。

    旦那が産まれて2分後の娘の姿を短い動画で撮っていたようで後で送ってくれました。
    まだ血も拭き取られておらず本当に産まれたてです。
    今でもたまに見返しては思い出して感動しています。
    おはぎ先生 保育士
    産まれたての赤ちゃんはシワシワで、目を思いっきりつぶって泣き叫んでいるか寝ているかのイメージでした。しかし、いざ産まれて体を拭いて抱っこさせてもらうとき産まれたてのあかちゃんのくりくりした目がすごくキラキラだこと!これから始まる人生のスタートに希望いっぱいの純粋な瞳にとても感激しました。
    あき先生 保育士
     緊急帝王切開でした。バタバタと準備され、不安な中で、産まれた瞬間の泣き声に心底安心した気持ちは絶対に忘れられません。
     旦那にすぐに「手も足もあるよね?大丈夫よね?」と確認し「大丈夫!元気だよ」と言われ更に安心して色々な感情から涙が溢れました。
     誕生後に縫合される中助産師さんが赤ちゃんを連れてきて顔を見せてくれた瞬間、愛おしさが込み上げました。
    のんの先生 保育士
    男の人は赤ちゃんを身篭るわけではなく、急に「あなたの子よ」といわれるわけですから、実感がわきにくいだろう。とおもい、
    主人に出産を立ちあわせました。

    一人目の出産では、12時間ほどかかっていて、
    当時主人は20歳で、今思えば、すごく子供でした。
    「まだ?」「おそい」とかずっといってて、ぶっちゃけ、わたしからしたら、主人の存在が邪魔!でした。
    いきむときに手を握るときでさえ、
    ヘラヘラとしていた主人。
    そして、長女が誕生。産声をきいて、手を握ったまま主人の顔を見ると、まさかの主人が号泣してました。主人が泣いている姿を初めてみて、痛みがとぶくらい、おどろきました。

    いまでは、立ち会ってもらってよかったとおもいます。
    とまと先生 保育士
    予定帝王切開で双子を出産しました。2000g以下の小さな身体とは思えないくらい 大きな産声に驚き、感動しました。その2分後に2人目が産まれ、泣き声が重なったときには「カエルの合唱みたい笑」と笑えました(笑)
    あー先生 保育士
    陣痛からの痛みとたたかったあとに赤ちゃんを抱っこしたときはほんとに感動しました!写真は感動してとれませんでしたが、ふたりめは絶対とりたいなぁーと思っています!感動で涙が出てきたのをおぼえています!
    せおみ先生 保育士
    妊娠中は出産シーンをみたり、話しを聞くだけでボロボロ泣けて、自分のこと出産のときはどおなるのだ。と思っていましたが、いざ、自分が出産してみると、長女の時は時間が長すぎて、やっと終わった〜と思いました。もちろん、やっと会えたとゆう感動と愛おしさはすごくこみ上げてきましたが、想像よりもしんどくて、開放感や達成感がありました。
    すみっこ先生 保育士
    今でも鮮明に覚えています。
    産まれてすぐに私の横に寝かしてもらったのですが、初めてお顔を見た時の幸福感…なんてかわいいんだろうなんて愛おしいんだろうと胸がいっぱいになりました。

    次女のときは…
    横に連れてこられた瞬間「あれ、顔が違う!笑」と思ったのを覚えています笑…
    長女と同じ顔が産まれてくると思い込んでいたのでびっくり。
    今でも笑い話です😂💦
    すー先生 保育士
    出産の瞬間は長い陣痛から解放されて、赤ちゃんの泣き声を聞いた後一気に力が抜けました。1人目は体温が下がってるといわれすぐ連れて行かれたのでガンガルケアーをしませんでしたが、2人目はカンガルーケアをしました。しかし、力尽きていたので早く休みたくてカンガルーケアをしながら写真や動画を撮ってもらた後助産師さんに赤ちゃんを託しました。意識朦朧の中精神安定剤や促進剤、筋肉を緩める点滴等をしながらの出産なので母子ともに無事なのが本当に嬉しく奇跡だと病院の方々に感謝したのを覚えています。
    りお先生 保育士
    第一子出産した時は、やっと産めた、、シワシワの赤ちゃんを可愛く感じ、夫と写真を撮ったのを覚えています。

    第二子は陣痛開始から3時間のスピード出産で、出産はすごく楽だったのですが、その後の後陣痛が痛すぎて、痛みに耐えるのに必死でした💦

    第三子は、やっと終わった、私の人生の出産が終わった、、と放心状態になりました😁

    落ち着いてからの赤ちゃんは、やっぱり3人目が1番可愛く思えましたけどね、最後ですし😁

産後の関連記事

カテゴリ一覧