妊娠安定期に入る前はどうする?飛行機に乗るときやすごし方

妊娠安定期に入る前はどうする?飛行機に乗るときやすごし方

安定期に入る前に気をつけていたこと

妊娠安定期に入る前、ママたちはどのようにすごしていたのでしょうか。飛行機などの乗り物に乗るときや生活の中での注意点が気になる場合があるかもしれません。今回は、妊娠安定期に入る前のすごし方や気をつけていたこと、妊娠を報告するタイミングをママたちの体験談を交えてご紹介します。

ママたちの妊娠安定期に入る前のすごし方

妊婦
iStock.com/monzenmachi

妊娠安定期に入る前のすごし方が気になる人がいるかもしれません。ママたちは妊娠安定期前をどのようにすごしていたのでしょうか。

30代ママ
自宅ではほとんど寝ていました。夫が家事と上の子のお世話をしてくれたのでうれしかったです。
20代ママ
休日は外出することが多かったのですが、安定期前は自宅ですごすこと多かったです。穏やかな気持ちでのんびりできました。
30代ママ
つわりの影響で電車通勤がつらく、会社の朝礼でふらふらになってしまったことがあります。
20代ママ
大学に編入し、在籍しながら生活していました。インターンもしていたので、大学→職場→自宅の往復でした。関わっている人たちに妊娠を祝福してもらえたのがとてもうれしかったです。
30代ママ
妊娠安定期に腰を痛めてしまい、あまり動けなかったので大変でした。
20代ママ
妊娠安定期に入る前は、体調が優れないことが多く、退勤後や休日はあまり動けませんでした。パパが家事をしてくれて助かりました。

妊娠安定期に入る前、複数のママがつわりや体調の変化が大変だと感じたそうです。また、家族の協力や周囲の人たちからの祝福がうれしかったという声もありました。

妊娠安定期前は、体調を優先して生活するとよいでしょう。

妊娠安定期に入る前に気をつけていたこと

妊婦
iStock.com/agi-Studio

どのようなことに気をつけて妊娠安定期前をすごしていたか聞きました。

食事

30代ママ
妊娠に関する本やインターネットサイトを参考に、どんな食材に気をつけたらよいか知識を集めていました。
20代ママ
つわりがあるときは食べられるものを食べるようにしていました。
30代ママ
栄養バランスを考えて簡単に作れる豚汁やカレーなどの野菜がたくさん食べられるメニューにしていました。
30代ママ
カフェインや生ものに注意しました。

食事に気をつけているママがいました。妊娠中に注意が必要なものや栄養バランスを意識していたようです。

安定期に入る前につわりがあるとき、食欲がない場合もあるかもしれませんが、少しでも食べられるものを食べて元気になれたらよいですね。

運動

30代ママ
お腹の張りを感じたらすぐに休むようにしていました。
20代ママ
激しい運動はしないようにしてストレッチなどで体を動かしていました。前かがみの姿勢は避けるようにしていました。
30代ママ
買い物にはできるだけ歩いて行くようにしました。
30代ママ
適度なウォーキングを意識しました。

運動するよう心がけているという声がありました。ストレッチやウォーキングなど無理のない範囲で体を動かしていたようです。なかには、前かがみの姿勢を避けたり、お腹の張りを感じたら休んだりしているママがいました。

安定期に入る前は、体の様子を見ながら運動するとよいでしょう。

健康

30代ママ
手洗いとうがいをしっかりするように心がけて感染症にかからないようにしていました。
30代ママ
手足が冷えるとお腹の張りにつながることが多かったため、タイツを履くときも上から靴下を重ねて冷えないようにしてました。
30代ママ
マスクをして風邪予防を意識していました。人混みにはあまり行かなかったです。

ママたちのなかには、人混みを避けたり、手洗いやうがいを徹底したりと工夫をしている人がいるようです。安定期に入る前の体調が変わりやすいとき、風邪や感染症対策を意識している人は多いのではないでしょうか。

他にも、体を温めて冷やさないように気をつけるというママの声もありました。

乗り物

20代ママ
飛行機やアトラクションには乗りませんでした。
30代ママ
移動中に吐き気がしても対応できるよう、小さなビニール袋を持ち歩いてました。
30代ママ
車に長時間乗ったときに腰が痛くなってしまったので、それ以降車での長時間移動を控えるようにしました。
20代ママ
飛行機に乗る旅行は控えました。

長時間の移動を避けたり、飛行機やアトラクションに乗らないようにする人がいました。安定期に入る前は、乗り物に乗る際の注意点を確認しましょう。

日程の調整が可能な場合は、安定期に入り体調が落ち着いてからにするとよいかもしれません。

妊娠を報告するタイミング

妊娠を報告するタイミングはいつにするか迷う人がいるかもしれません。ママたちはどのようなタイミングで妊娠を報告したのでしょうか。

安定期に入る前

20代ママ
安定期に入る前に、人事や上司に報告していました。
30代ママ
双方の両親へは妊娠発覚後すぐに報告しました。
30代ママ
直属の上司には妊娠安定期前に伝えました。女性だったので、こちらから報告する前に気づいて声をかけてくれました。

安定期に入る前に妊娠を報告したという声がありました。両親にはすぐに伝えたようです。職場の上司や人事に伝えることで体調に配慮してもらえるかもしれません。

安定期に入ってから

30代ママ
つわりがひどかったため、友人に話すときは安定期に入って自分の体調が落ち着いてから話すようにしていました。
20代ママ
職場にも友人にも安定期に入ってから報告しました。つわりで体調が優れないときも通常通りに出勤していたので今思うと無理をしていたなと思います。

安定期に入ってから報告したママがいました。体調が落ち着いてから職場や友人に伝えたようです。安定期に入り、落ち着いてから報告するのもよいかもしれませんね。関係性や状況に応じてタイミングを考え、妊娠を報告するとよさそうです。

妊娠安定期前は体調を優先してすごそう

妊婦
iStock.com/Satoshi-K

ママたちは、食事・運動・健康・乗り物などのさまざまなポイントに気をつけてすごしているようでした。

また、妊娠を報告するタイミングは関係性や状況に応じて人それぞれ違うかもしれません。安定期に入る前は、家族や職場の人などの協力や理解を得て、体調を優先してすごしましょう。

2020年01月12日

専門家のコメント
10
    ひよひよ先生 保育士
    ツワリがありましたが、安定期前でも仕事をガッツリしてました!
    仕事中でもキツイ時がありましたが、やっぱり、この仕事してると割と気が紛れ、そこまでツワリ重くなかったように感じます。
    夏休みで休みに入るとツワリが重くなったように感じました。
    飛行機は、通院していた産婦人科の先生が何かあっても責任は取れないよと言われたので、飛行機は乗りませんでした。(先生によっていろいろですよね。周りは乗ってる子も何人もいました)
    夏は軽井沢に行きましたが涼しくてよかったです。
    すみっこ先生 保育士
    安定期を待たず、職場に報告をしました。迷惑をかけることが増えるかもと思ったのと、妊娠を期に退職しようと思っていたので年度末まで待っていたらクラス配置においても迷惑を掛けてしまうと思ったからです。 飛行機や遠出は、出先で何かあったときのことを考えて行動することが大事だと思います。ただ何もかもダメにしてしまうと、ストレスがたまってしまうので上手くリフレッシュできる方法を見つけられるといいですよね✨
    いちぽ先生 保育士
    つわりがひどく妊娠がわかったらすぐ職場に報告しました。
    幼稚園に勤務していたのですが、机の出し入れとかもなるべくは力を入れないようにしたり、行事で重いものを持つのは周りにお願いしました。
    あーちん先生 保育士
    妊娠がわかってから、職場には報告していました。安定期に入るまでに体調の心配や、発表会などもあったので、、つわりが酷い日がありましたが考慮してもらえました!

    仕事も大変ですが、助けてもらえるところは頼って、赤ちゃんのことを考えて過ごせたらと思います!
    あゆみ先生 保育士
    とにかく身体を第一に過ごしていました。私は退職していたので、つわりが辛い時期は横になって休んだりして、家事も主人にお願いしていました。電車に乗るのも、妊婦健診やどうしても外出しなければならない時だけにしました。
    気分転換に自宅で映画を観たりしながら、のんびりと過ごすことでリラックス出来ましたよ^^
    ぺち先生 保育士
    妊娠がわかってから、1ヶ月ほどで退職しました。新婚旅行でヨーロッパに行く予定でしたが、飛行機や海外など慣れないことはあまりしたくなかったのでキャンセルにしました。自己責任ですが、妊娠期も楽しめるといいですよね!
    すー先生 保育士
    1人目妊娠中つわりが酷い方で、職場にも迷惑をかけてしまったので仕事は辞めました。安定期にはいったら飛行機に乗る予定がありましたが、切迫になったので断念しました。2人目も切迫で入院になり、私の妊娠期間は安定期はありませんでした。
    せおみ先生 保育士
    働いていたので、普段と変わらぬ生活でした。安定期にはいるとつわりもだいぶ落ち着いて来たので、遠出や飛行機にも乗りました。安定期にはいるまでは心配事も多いと思うので出来るのなら安静にしていたいですよね。私の場合は仕事など動いていた方が気が紛れてつわりも落ち着いていましたが、休みの日の反動はありました。
    自分と相談で無理しない程度でがんばってくださいね。
    なこ先生 保育士
    安定期に入る前の旅行は専門医のアドバイスを参考にしました。私は悪阻があったので安定期に旅行するのは控えましたがお医者さんの判断次第ではアリだと思います。楽しいマタニティライフを過ごしたいですものね。
    ゆきんこ先生 保育士
    1人目の時はつわりが酷く安定期前はほぼ横になり過ごしていました。お腹が張りやすくなっていたので車の振動などもとても心配していました。
    2人目は1人目のようにずっと横になることも出来ないので家事をしつつ子供と遊びつつ、お昼寝の時間に一緒に寝たり、と無理をしないように過ごしていました。

生活の関連記事

カテゴリ一覧