妊娠中に勉強したい内容は?勉強するときの場所や時間、意識したこと

妊娠中に勉強したい内容は?勉強するときの場所や時間、意識したこと

資格取得などママたちの勉強内容

妊娠中、時間にゆとりができたことで勉強を始めたいと考える方もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に勉強をしたいと思ったきっかけや勉強した内容、妊娠中に勉強するときの場所や時間と意識したことを体験談を交えてご紹介します。

妊娠中に勉強をしたいと思ったきっかけ

妊娠している方のなかには、赤ちゃんが生まれるまでの期間に勉強したいと感じる方もいるようです。妊娠中の方に、勉強したいと思ったきっかけを聞いてみました。

20代女性
妊娠中に私は1人ですごす時間が増えたので、今後の生活のために時間を使いたいと思いました。これから生まれてくる赤ちゃんとの暮らしで役立ちそうなことを勉強したいと考えています。
40代2歳児と4歳児のママ
子育てが一段落したら社会復帰を考えています。第一子妊娠から数年間仕事をしていないので、再就職につながりそうな資格取得に向けて勉強したいです。
妊娠中に勉強したいと思ったきっかけには、家庭によってさまざまな考え方があるようです。第一子を妊娠中の女性のなかからは、以前から気になっていたことについて勉強の時間を作りやすいチャンスだと感じたという声も聞かれました。

妊娠中に勉強した内容

勉強する妊婦
leungchopan/Shutterstock.com

妊娠中にどのような勉強をしようか考える方もいるのではないでしょうか。妊娠中の女性たちに聞いた、勉強の内容をご紹介します。

資格取得に向けた勉強

30代3歳児のママ
私は自分の子どもたちとの生活にも活かせるような資格を目指したいと思いました。食育に関する資格取得に向けて勉強しています。
将来、家族との暮らしにも活かせることを考えて資格取得に向けた勉強をしているママがいるようです。他にも、医療や介護に関する資格の勉強をしたという妊娠中の方の声もありました。

キャリアアップにつながる勉強

20代女性
育休から仕事に復帰することを考え、キャリアアップにつながる勉強をしています。専門書を読んだり、最新の情報を検索したりと新しい知識のインプットを大切にしたいと思いました。
妊娠中に、自分自身のキャリアアップを意識して勉強した方がいるようです。編集の仕事をしているママのなかからは、読み物離れしないように本や新聞を読むことを習慣づけているという声も聞かれました。

出産や育児に関する勉強

40代1歳児のママ
私の場合、妊娠中に出産に関する勉強をしました。自分の体がどのような状態なのかや、これからどのような変化が起こるのかなどがわかると、赤ちゃんといっしょに暮らしているという実感もわいて楽しいマタニティライフをすごせました。
出産に関する勉強をしたというママの声もありました。赤ちゃんとの生活に備え、新生児のお世話の仕方がまとめられている育児書を読んで勉強しておくのもよいかもしれませんね。

妊娠中に勉強するときの場所や時間

妊娠中にする勉強は、どのような場所でどのくらいの時間行なっているのでしょうか。妊娠中の方や妊娠中に勉強していたママたちに、勉強するときの場所や時間を聞いてみました。

場所

カフェ
Monkey Business Images/Shutterstock.com
30代女性
主に自宅で勉強しました。私にとって一番リラックスできるリビングで勉強することで、気を張りすぎずに机に向かいやすかったです。
40代女性
私はお気に入りのカフェで勉強することが多いです。勉強の合間に好きなドリンクを飲んで休憩することも楽しみのひとつでした。
妊娠中に勉強をする場所は、自宅やカフェなどそれぞれ違うようです。他にも、図書館で勉強すると、必要だと感じた資料を探しやすかったというママの声もありました。

時間

20代2歳児のママ
私の場合、午前中に1時間から2時間程度勉強しました。朝に食器洗いや洗濯を済ませた後からスタートすることが多かったです。
40代1歳児のママ
夫の帰宅時間が遅めだったので、1人で夕食をとった後に勉強していました。勉強をしていると、1人ですごす夜の時間も寂しくなかったです。
自分にとって集中しやすい時間に勉強をしたママもいるようです。妊娠している方のなかからは、時間を決めずに気が向いたときに勉強していたという声も聞かれました。

妊娠中に勉強するときに意識したこと

妊娠中に勉強するとき、女性たちが意識したことについて聞いてみました。

体調を優先する

40代ママ
私は、妊娠中は何よりも体調を優先した生活を心がけました。勉強は短時間でも毎日続けいたいという気持ちがありますが、体調が気になる日は休むようにするなど、自分のルールを作ることで無理のないペースで勉強し続けやすくなると思います。
妊娠中に勉強するとき、体調を優先して行なったママがいるようです。勉強をすることがプレッシャーにならないよう、体調がよい日にだけ机に向かうよう意識しているという方の声もありました。

こまめに休憩をする

30代女性
妊娠中に勉強するときは、こまめに休憩時間を作るように意識しています。休憩時間は座り直したり簡単なストレッチをしたりと、同じ姿勢を続けないように体を動かすこともありました。
勉強の合間に休憩をとるよう意識したという妊娠中の女性もいました。休憩の時間を30分と決めて、好きな音楽を聴きながらお茶を飲むとリラックスにつながりやすいかもしれません。

妊娠中の勉強は体調にあわせて

笑顔の妊婦
elwynn/Shutterstock.com

妊娠中に勉強したいと考えるきっかけは、将来の暮らしを考えたときや1人ですごす時間の活用などさまざまなようです。妊娠中に行なった勉強内容として、資格取得や社会復帰後のスキルアップを目指したママもいました。

妊娠中は勉強の合間に休憩を挟むなど体調を優先し、学びの時間も大切にできるとよいですね。

2019年12月26日

専門家のコメント
21
    でぶいも先生 保育士
    お金の貯め方や運用の仕方、保険の見直しなど、仕事をしている時にはなかなか時間がなくて後回しになっていたことを、勉強しました。産後は収入も減るので、出産前に学んでおいて良かったなと思っています。
    ゆり先生 保育士
    妊婦さんのあいだにわたしの周りは、保育士資格の勉強をして、実際の育児に役立てたり、ベビーマッサージのインストラクター勉強されていた方がいましたよ(^ー^)あとはTOEIC勉強をしていたかたも(^ー^)楽しみながらできるといいですよね
    ぷん先生 保育士
    家計管理の仕方、お金の基本等勉強しています!あとは、マイホームを建てたいので、家を建築するにあたっての流れや土地の選び方等を本から勉強しています。欲を言えば、保育についてももう一度勉強し直したいなぁと^_^妊娠期間が有意義な時間になると良いですね!
    ぽんた先生 保育士
    資格とか、今後に役立つ趣味の勉強も魅力的ですが、私が勉強しておきたかった!!と思ったのは、母乳のことでした。なるべく母乳で育てようと思って居たのですが、いざ生まれるとなかなか母乳育児がうまくいかず、赤ちゃんが寝てるすきにネットで調べたりしてとても大変でした。本当は、赤ちゃんが寝ている時は自分も眠って休みたかったのですが、赤ちゃんが起きる前に、なんとか次の授乳はうまくあげたいと思って、自分の休む間がなくしんどかったです、、。なので、母乳のこととか、もろもろ赤ちゃんのこと、皮脂の湿疹とか、勉強するといいと思いますよ(^_^)ノ
    はなこ先生 保育士
    1人目の時は赤ちゃんのことについて少し学びました!!
    ベビーマッサージや胎内のこと、
    意外と知らないこともありためになることばかりでした!
    のの先生 保育士
    妊娠中は考えることがたくさんありますよね。産休の入る時期や、復職するのかしないのか、赤ちゃんの必要な物品など。体調の良いときにネットなどで調べて納得いく答えがでるといいですね。
    ゆきんこ先生 保育士
    私は自分が妊娠した時に自分の学生時代の保育の教科書を引っ張り出してきて色々と勉強しなおしました。
    実際に出産すると分からないことばかりでしたが、育児や、赤ちゃんについて頭に知識を入れておくと落ち着いて対処できたりしました。
    育児本や、雑誌などでも気軽に赤ちゃんと初めての生活について勉強することはとても楽しみにつながりますし良いことだと思います。
    いちぽ先生 保育士
    ベビーマッサージやベビーサイン、離乳食についてなどたくさんやりたいことはあったのですが、仕事をしていたため、やらずに終わってしまいました。
    勉強しておけば良かったと後悔しています。
    りり先生 保育士
    私はベビーサインや赤ちゃんの病気、また、保育の教本で1から学び直しました。0歳児や新生児の発達などなかなか触れることがなかったので、もういちど教科書を見る事で出産後の子どもの様子を冷静に見れたと思います。保育士ではなくても本屋さんなどにある育児雑誌を見たりするだけでもいいと思います。これから始まる未知なる生活に少しでも心のゆとりができます様に(^^)
    すみっこ先生 保育士
    妊婦になり仕事をやめたので、急に自由な時間が増えました。やりたいことがたくさんあったはずなのに、そして暇な日もたくさんあったのに、特に何も学ぶようなことはせずに過ぎてしまいました💦皆さんのコメントを読んで、すごく憧れます… ただ、妊婦雑誌や本を購入して熟読はしてました。
    りお先生 保育士
    1人目の妊娠中は、簿記3級と2級の資格を取得しました。
    時間もできるし、何かやらないと時間がもったいないと思ったからです。
    でも、結果的にそのまま3人目まで出産したため、簿記の資格は使うことはなかったです💦

    1人目が1歳から3歳の2年間で小学校教諭の資格を、
    2人目が0歳から1歳の間に保育士資格をそれぞれ取得したので、育児が落ち着いたらどちらかの資格を使って社会復帰する予定でいます!
    あーちん先生 保育士
    産休に入ったら、資格の勉強をしようと思っていましたが、いざ休みに入るとのんび〜り過ごしていました(笑)簿記や英語の勉強をしたいな〜と思っていました!
    体調とやる気次第で、出産後はなかなか時間がないのでやっておく方がいいかもしれませんね!
    めるちゃん先生 保育士
    私は妊娠中は、育児雑誌を読んで、お腹の赤ちゃんの成長過程や、妊娠中の食事、緊急時の対応、出産の準備等を勉強してました。またインターネットで、皆さんの体験談をよく読んでました。後は、産後、赤ちゃんが加入する保険についても考えました。
    ゆか先生 保育士
    妊娠中は私は裁縫の練習をしていました。大きくなったら保育園のレッスンバッグや上靴袋などを作ってあげたいと思い、産まれてくる子どものおもちゃなどを作りながら、練習していました。今では趣味になり、とてもよかったと思っています。
    なごみ先生 保育士
    妊娠中に勉強しようと考えた事は正直なかったのですが、興味があって新生児について色々調べたり育児雑誌を買って読んだりはしました。
    まな先生 保育士
    資格取得などもいいと思っていましたが、私はこれから迎える赤ちゃんのことを中心に勉強していました。
    妊娠中の過ごし方や栄養バランスの良い食事、赤ちゃんが生まれてからの手続きやお金のことに目を通していました。
    妊娠期間は時間があったので、今後役に立つ資格を取得してもよかったかなと思いっています。
    ゆか先生 保育士
    一人目の時はひたすら新生児について勉強していました😃  保育士の知識は、職場で体験できることのみなので、新生児の育児には初心者なので。  実際のお母さんたちの体験談などが一番参考になりました🎵
    ぺち先生 保育士
    もらえるお金のことは勉強しました。もらえるのに知らないことって結構あるので、もったいない!知っていて損はないので、勉強して良かったなと思います。
    ひよこ先生 保育士
    パソコンの資格を取ろうと思い参考書まで買いましたが、結局毎日ダラダラと過ごしてあっという間に時が過ぎていきました。笑
    ただ、妊娠後期に入っていよいよ出産が近くなってからは、産後の手続きについて再確認したり、区役所に行って保育園の保活について調べたりしました。
    思いのほか、保活が大変そうなので早めに動いておいてよかったと思いました。
    せおみ先生 保育士
    みなさんすごいですね。妊娠中は生活にいっぱいいっぱいで、勉強したいという頭はなかったです。でも、時間ができることや環境が変わると言うことから向上意欲が高くなると聞いた事があります。尊敬です。がんばってください。
    みぃ先生 保育士
    学資保険についてや貰えるお金についてなど勉強しました。
    また、仕事で役に立つ資格も勉強する時間がありました。

生活の関連記事

カテゴリ一覧