産休中の時間の使い方や暇つぶしの仕方

産休中の時間の使い方や暇つぶしの仕方

ママたちが産休中に行なった暇つぶし

産休に入るママのなかには、産休中の時間の使い方や暇つぶしの仕方が気になる方もいるかもしれません。今回の記事では、入院中のすごし方を夫婦で話しあっておくなどの出産までの時間の使い方や産休中に行なった暇つぶし、産休を有意義にすごす工夫を、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

産休に入ったときに気になること

産休に入ったママたちはどのようなことが気になっているのでしょう。出産までのすごし方で気になることを聞いてみました。

30代ママ
私は産休中に行なっておいた方がよいことを知りたいです。赤ちゃんを出産するまでの時間を大切に使いたいので、必要なことをできるだけすませておきたいと思います。
20代ママ
産休中にどのようなことをしてすごすとよいか気になります。産休に入ってから家にいる時間が長くなったので、暇になったように感じています。
産休に入ったママたちは、産休中に行なっておくことや時間の使い方などが気になるようです。ママのなかには、産休に入って暇な時間が増えたので、よい暇つぶしを知りたいという声もありました。

そこで今回は、産休中の時間の使い方や暇つぶしの仕方をご紹介します。

産休中の時間の使い方

産休に入ってから赤ちゃんを出産するまでの時間は、どのように使うとよいのでしょう。ママたちに産休中の時間の使い方を聞いてみました。

出産の準備をする

30代ママ
産休中は主にベビー用品の用意や部屋の片づけといった出産の準備をしてすごしました。産休に入ると昼間私が自由に使える時間がたくさんあり、出産の準備をゆっくり行うことができてよかったと思います。
産休中のゆったりした時間を出産の準備に使ったママがいました。ベビー用品やママが入院中に使うアイテムなどを早めに準備することができると、落ち着いた気持ちで出産に備えることができそうです。

入院中のすごし方を話しあう

20代ママ
出産のための入院中に夫にお願いする手続きなどについて、産休に入ってから夫婦で詳しく話しあいました。赤ちゃんが生まれたことを連絡する相手などについても細かく相談しておくことで、出産したときにあわてずにすむと思います。
産休に入ったら出産のための入院中のことを家族で話しあっておくとよいかもしれません。上の子のお世話の仕方や赤ちゃんを迎えるための部屋の模様替えなどについて、夫婦で何度も話をしたというママの声もありました。

出産前にやっておきたいことを行う

アジア人 妊婦
arek_malang/Shutterstock.com
40代ママ
産休に入ってからは、赤ちゃんが生まれるとしばらくできなくなることを行いました。気になっていたレストランに夫婦でいっしょに出かけたり好きな映画を観に行ったりして、産休を十分に楽しむことができました。
産休に入ってから出産までの数週間に、夫婦でいっしょに楽しむ時間を作るのもよさそうです。ママのなかからは、赤ちゃんが生まれるとしばらく美容院に行かれなくなると考えて、出産前にショートカットにしたという声も聞かれました。

産休中にママたちが行なった暇つぶし

産休に入ると出産の準備などの間に暇な時間ができることもあるようです。産休中に行なった暇つぶしを、ママたちに聞いてみました。

読書

30代ママ
私が産休中に行なった暇つぶしは読書です。もともと読書が趣味だったのですが、社会人になってからはゆっくり本を読む時間が取れなくなったので、産休中の暇つぶしに読書を選んで楽しみました。
社会人になって忙しくなり本を読む時間を取れなくなっていたママにとっては、読書も産休中のよい暇つぶしになりそうです。産休中は毎日何時間か暇な時間があったので、以前から気になっていた長編小説を読むことができたというママの声もありました。

スポーツ

40代ママ
産休に入ってからは毎日短時間の軽いスポーツに取り組んでみました。地域の健康センターで行なっているマタニティーヨガやウォーキングに参加したことで気持ちもリフレッシュでき、よい暇つぶしになったと感じています。
産休中の暇つぶしとして、マタニティヨガなどのスポーツもよいかもしれません。ママのなかからは、主治医の先生に相談して暇な時間にスイミングに通ったところ、適度に疲れるためかぐっすり眠れるようになったという声も聞かれました。

手芸

手芸
Melica/Shutterstock.com
20代ママ
産休中の時間が空いたときに手芸に挑戦してみました。友だちがかわいいアクセサリーを手作りしているのを見て私も簡単なものを作ってみたいと思っていたので、産休中の暇つぶしに選びました。
出産前の時間にゆとりがあるときに、初めての手芸に挑戦したママもいるようです。産休に入ってから、考えていたよりも時間が余る場合は、難しいことや手のかかることなどを暇つぶしに選んでみると楽しいかもしれません。

産休を有意義にすごす工夫

赤ちゃんを出産するまでの産休を有意義にすごすには、どのようにするとよいのでしょう。ママたちに工夫したことを聞いてみました。

必要なことをリストアップする

30代ママ
産休中の貴重な時間を有意義にすごすために、必要なことをリストアップしてみました。できたことにチェックを入れたり後から思いついたことをリストに加えたりすることで、やり残したことが少なくなったと感じています。
出産の準備や出かける予定など、出産前にやっておきたいことをリストにしておくと、産休を有意義にすごすことができそうです。ママのなかには、暇つぶしにやってみたいことも考えて予定に入れておいたという声もありました。

体調管理を心がける

40代ママ
産休中に無理をして体調を崩すことのないように、体調管理を心がけました。ベビー用品の準備や赤ちゃんを迎えるための部屋の準備、家の掃除などは毎日計画的に少しずつ行うなど、疲れを溜めないように気をつけました。
産休を有意義にすごすためには体調管理をすることも大切かもしれません。出産準備や家事を計画的に行い、適度なスポーツや趣味などの暇つぶしをすることで、心も体もリラックスできそうです。

産休中の時間の使い方を考えよう

アジア人 マタニティ
szefei/Shutterstock.com

産休中の時間の使い方や暇つぶしの仕方を考えて、行いたいことをリストアップしているママがいました。産休に入ったら出産のための入院中にパパにお願いする手続きなどについても、夫婦でしっかり相談しておくとよいかもしれません。

出産準備の計画を立てたり体調に気をつけたりしながら、産休中を有意義にすごすことができるとよいですね。

2019年12月01日

生活の関連記事

カテゴリ一覧