妊娠中眠いのに眠れないときはどうする?ママたちが試した方法

妊娠中眠いのに眠れないときはどうする?ママたちが試した方法

眠れないときの原因として考えたこと

妊娠中、眠いのに眠れないとき、どのようにすればぐっすり眠ることができるのかや眠れない原因が知りたいママもいるのではないでしょうか。 質のよい睡眠がとれると仕事や家事なども頑張れそうですよね。今回は妊娠中、眠いのに眠れないとき原因として考えたことや試した方法について体験談をご紹介します。

妊娠中に眠いのに眠れないときどうする?

妊娠中の悩みの1つとして、眠いのに眠れないことがあるママは少なくないかもしれません。

 夜、寝ていても何度も目が覚めてしまったり、なかなか寝つけないという場合もあるでしょう。

妊娠中に眠くても眠れないときは、どのようにしたらよいのでしょうか。

妊娠中に眠いのに眠れないときの原因

妊娠中、眠いのに眠れないときの原因として考えたことをママたちに聞いてみました。

昼寝のしすぎ

30代ママ
妊娠中は、昼間に眠くなることが増えました。その分、夜に目が冴えることが多かったです。今思えば、赤ちゃんの細切れ睡眠のリズムに似ていた気がします。
昼間、眠気におそわれ夜にきちんと眠れなくなったという声がありました。

つわりの一種として「眠りつわり」というものがあるようです。

そのため、日中に寝たくなくても強い眠気に勝てない場合もあるかもしれませんね。

お腹が大きくて眠りにくい

ベッド
iStock.com/VTT Studio
30代ママ
妊娠後期頃、お腹が大きくなってくると、よい寝姿勢がなかなか定まらず、いろいろと試行錯誤して眠れませんでした。
30代ママ
お腹が重くて、眠いのに眠れない日がよくありました。
妊娠後期頃に、お腹が大きくなり眠りにくかったという声が複数ありました。

妊娠前の普段の寝姿勢が仰向けやうつぶせだった場合は、お腹が大きくなると慣れた寝姿勢になれず眠りにくくなってしまいそうですね。

つわりやこむら返り、頻尿

30代ママ
妊娠初期の頃、つわりがひどくて眠いのに眠れないときがありました。
30代ママ
夜中に急に足がつり痛くて起きることがよくありました。1度目を覚ますと、2度寝にいつも時間がかかってしまうので、眠いのに眠れない状態になりました。
30代ママ
尿意を感じて、深夜に何度か目を覚ます日が続いていました。
つわりやこむら返り、頻尿など妊娠中に起こりやすいトラブルによって、眠いのに眠れないときがあったという声がありました。

せっかく寝ていても1度目が覚めてしまうと、また寝つくまでに時間がかかってしまう場合もあるかもしれませんね。

お腹の赤ちゃんや出産への不安

エコー写真
iStock.com/dimarik
30代ママ
お腹の赤ちゃんが大人しいと不安になり、元気にお腹を蹴ってくるのを確認できるまで、気になって眠いのに眠れないときが度々ありました。
30代ママ
初めての出産に対して漠然とした不安があり、考え事をして眠いのに眠れない日がよくありました。
お腹の赤ちゃんや出産への不安で、眠いのに眠れないときがあったという声がありました。

初めての妊娠の場合は特に、今まで体験したことのない体の変化や、無事に出産できるのかなど気になってしまうことは多いかもしれませんね。

妊娠中、眠いのに眠れないときに試した方法

妊娠中、眠いのに眠れないときに試した方法についてママたちに聞いてみました。

抱き枕やクッションを使う

20代ママ
臨月の眠いのに眠れない時期、抱き枕を抱いて寝ると楽になって寝やすくなりました。
30代ママ
お腹の下にクッションを敷くと安定して、ぐっすり眠れるようになりました。
抱き枕やクッションを使うと寝やすくなったという声が複数ありました。

マタニティ用の抱き枕にはいろいろな種類があり、中にはうつ伏せ寝をサポートできるものもあるようです。

日中に体を動かす

30代ママ
体を動かさなかった日は寝つきが悪かったです。妊婦検診や買い物、階段をよく上り下りした日はよく眠れました。
日中に体を動かすとよく眠ることができたという声がありました。

家事やお散歩など無理のない程度に体を動かすことで、夜に眠りやすくなりそうですね。

マタニティスイミングやヨガへ通うと、運動になる他に、同じ境遇の妊婦さんと交流することもでき、よい気分転換になるかもしれません。

不安を減らしリラックスする

30代ママ
妊娠中は、赤ちゃんの成長や自分の体の不調が気になって眠いのに眠れないことがありましたが、パパに相談したり育児本を読むと不安な気持ちが解消されて落ち着いて寝ることができました。
30代ママ
クラシックの曲を聴いたりマタニティブレンドのお茶を飲むと、リラックスできストレスが和らいで夜寝やすかったです。
不安やストレスによって眠れないときは、誰かに相談したり、自分の好きなことをするなどして、精神的に余裕ができると夜も寝やすくなりそうですね。

眠りやすくなるルーティンを守る

30代ママ
就寝30分前には、部屋の照明を暗くして暖色系の明かりにしたり、スマホやテレビを見ないようにすると自然と眠りやすかったです。
30代ママ
眠りやすくなるので、寝る前にいつも肩や首、足をマッサージしてあたためたり、深呼吸をしていました。
30代ママ
寝不足でも朝は必ず7時には起きるようにしたり、昼間外に出て日光を浴びるようにすると、体内時計がリセットされるのか夜の寝つきがよくなる気がします。
規則正しい生活を送ることは睡眠のためによいかもしれませんね。

就寝前、スマホやテレビの明るい光を避けたり、体をあたためるなどの寝る準備を整えることもスムーズな睡眠のために大切でしょう。

妊娠中はゆったりとすごし質のよい睡眠をとろう

抱き枕で眠る妊婦
iStock.com/NataliaDeriabina
今回は、ママたちの体験談をまじえながら、妊娠中に眠いのに眠れない原因や対処法をご紹介しました。

抱き枕を使ったり、眠りやすくなるルーティンを守るなど、少しの工夫をすることで夜ぐっすり眠ることができるかもしれません。

貴重なマタニティライフをゆったりとすごし、少しでも質のよい睡眠がとれるとよいですね。

2019年10月29日

専門家のコメント
6
    まな先生 保育士
    お腹が大きくなってくると、仰向けが辛くなり、息苦しさも感じて何度も起きてしまい、質の良い睡眠がとりにくくなってしまいます。クッションを挟んで楽な姿勢を見つけてみたり、温かい飲み物を飲んでリラックスしてみたりなどの工夫が良いですね。
    おはな先生 保育士
    諦めて起きてました!笑 朝起きたら家事→昼前にお昼寝→活動→深夜まで起きてる…寝ようとすることがストレスだったので…
    りん先生 保育士
    妊娠初期〜中期は寝ても寝ても眠くて寝てばかりいました。後期からは一転して眠れなくなりました。無理に眠ろうとするとストレスになるので、胎児に良いと言われる音楽を聴いて目をつぶって深呼吸しながら胎動を感じたりして体を休ませたり、疲れていない時は本を読んだりして無理なく過ごしていました。
    かな先生 保育士
    1人目の妊娠中は、特に眠れないという日が多かった気がします。 おなかが苦しくて寝返りをうってもうっても落ち着かなかったり、頻繁に目が覚めたり、ドキドキそわそわして目が冴えてしまったり… わたしは、シムスの体位で抱き枕や毛布を足に挟んでお腹にかかる圧力を軽くしたり、どうしても眠れない時は、好きなことをして楽しく過ごしていました^ ^ それから、嘘か真か、頻繁に目がさめるというのは、赤ちゃんの授乳のリズムに体を慣らすためと聞いたことがあります^ ^ 根拠はないかもしれませんが、そう考えるととても嬉しいですよね! 限りある妊娠期間、できるだけ楽しいことをたくさん考えてハッピーに過ごせたらいいですね♡
    はっぱ先生 保育士
    授乳クッションにもなる抱き枕を早々に購入して、それ抱きついて寝ると体が楽で毎日愛用していました。 そのカバーを好みの香りにしてリラックスできるようにしたり、お気に入りのリラックスソングを見つけたり… それでもダメな時は開き直って起きて暖かい飲み物飲んだり、起きてることもありました。
    ぷん先生 保育士
    夜寝れないのストレスですよねー! 私も眠れない時は諦めて起きていました! 眠れないのに無理やり布団に入っていたら脳が布団に入っても眠れないとインプットしてしまうと聞いたことがあったので・ω・ そんな時は布団から出てストレッチをしたり、温かい飲み物を飲みながら本を読んだり動画を見てたりしています( ̄ー ̄) 周りの友だちにも妊娠中は夜目が冴えちゃって〜という子もいたので(^^) ただ、日中はウォーキング、夜はヨガとストレッチをして体力づくりと体を動かして夜眠れるように意識しています!
おすすめユーザーのコメント
1
    naa
    妊娠中は、つわりや、風邪を引いてもなかなか治らなかったり、常に微熱っぽく疲れやすいので、ほとんど寝てばかりでした。 たまに眠れないときは、逆子体操をしたり、手足のマッサージをしたりしてました。

生活の関連記事

カテゴリ一覧