安定期のお腹の大きさは?服装や大変だったこと、気をつけたこと

安定期のお腹の大きさは?服装や大変だったこと、気をつけたこと

安定期のママたちの体験談をご紹介

妊娠して安定期に入ると、お腹の大きさや体調などに変化が出てくるママもいるかもしれません。安定期の服装やどのようにすごしたらよいのか気になることもあるでしょう。 今回は、安定期のお腹の大きさや着ていた服、大変だったことや気をつけたことについてママたちの体験談をご紹介します。

安定期とは?

安定期とは、一般的につわりなどの不安定な体調が落ち着いてくる妊娠中期以降の時期をさすようです。 

妊娠初期と比べて比較的すごしやすくなってきたり、お腹など体つきがふっくらしてくるママも多いかもしれません。

具体的に、安定期のお腹はどのような状態になるのでしょうか?

安定期のお腹の大きさはどのくらい?

安定期のお腹の大きさはどのくらいだったかママたちに聞いてみました。
20代ママ
おへそがなくなるくらい大きくまるくなりました。産院では『大きめですね』と言われました。
20代ママ
お腹は前に尖って出ていました。おへそがでべそになっていました。
30代ママ
長女のときは横に広がるような感じ、長男のときは前に突き出るような感じで大きくなりました。
30代ママ
安定期は足元が徐々に見えにくくなるくらいお腹が膨らんできました。
おへその形が変わるくらいお腹が大きくなったという声が複数ありました。

お腹が大きくなると、今まで着ていた洋服が着れなくなってしまうことも多くなりそうですね。

安定期に着ていた服

妊婦用のデニムパンツ
iStock.com/Staras
安定期のお腹が大きいときに着ていた服についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
すごしやすいのでお腹を締め付けないリラックスできる服しか着ませんでした。ウエストが腹巻のようになっているマタニティ用のデニムワイドパンツや、元々手持ちにあったゆるめのワンピースとマタニティレギンスを合わせることが多かったです。
20代ママ
マタニティ用のワンピースやジーンズを履いていました。マタニティジーンズはお腹に負担をかけずに着られるのでよかったです。
30代ママ
手持ちの服でワンピースなどのゆったりしている服を着ていましたが、お腹が苦しくなってきたのでマタニティウェアを買いました。
20代ママ
お腹を冷やさないようにあたたかい服装を心がけたり、締め付けないようにゆったりとしたサイズを選んでいました。
マタニティレギンスやジーンズ、ワンピースなどを着ていたという声が複数ありました。

お腹が大きくてもおしゃれを楽しむことができると、妊娠中に疲れがたまったときの気晴らしにもなりそうですね。

安定期のお腹が大きいときに大変だったこと

安定期のお腹が大きいときに大変だったことをママたちに聞いてみました。
30代ママ
安定期は腰が痛くて大変でした。寝るときに寝返りも打ちにくかったです。
20代ママ
お腹の大きさが原因で苦しくて夜なかなか眠れませんでした。階段をおりるときに下が見えなくてこわかったことも大変に感じました。
電車
© kawamura_lucy - Fotolia
30代ママ
後ろ姿では妊娠していると気づかれないこともあり、満員電車に乗るのがこわかったです。腹巻をつけお腹を守るようにして電車に乗っていましたが、本当に危険だと感じるときは降りて何本か電車を見送ったこともありました。
20代ママ
寝るときや座るときの姿勢がつらくて大変でした。横を向くようにして寝たり、座るときは慎重にしゃがんでいました。
お腹の大きさのために夜寝にくくて大変だったという声が複数ありました。

マタニティ枕のような負担を軽減できるグッズを使うなどして工夫することは必要になりそうですね。

安定期のお腹が大きいときに気をつけたこと

安定期のお腹が大きいときに注意していたことをママたちに聞いてみました。
30代ママ
安定期に階段から落ちてしまったことがありました。お腹の子どもに異常はなかったのですが、それを機に階段には滑り止めを貼るようにして、上り下りに気をつけました。
20代ママ
お腹に妊娠線ができないように1日3回はオイルを塗るようにしていました。腰痛がひどくならないように常に腹帯を巻いておくことも気をつけました。
20代ママ
切迫早産のため絶対安静だったので、お腹に負荷をかけないように気をつけていました。
30代ママ
体が冷えていると逆子になりやすいと鍼灸院で聞いたので、冬は体をとにかく冷やさないようにお腹や腰にカイロを貼ったり、ネックウォーマーやレッグウォーマーをつけたり、あたたかい飲み物を飲むようにしていました。
お腹の大きさが原因で、足元がふらつきやすくなることがあるかもしれません。

階段の上り下りをするときは必ず手すりにつかまったり、歩きやすい靴を履くことも大切でしょう。

他にも、体重が増えないように適度にウォーキングをしたり、バランスのよい食生活に気をつけたというママの声もありました。

外へ出て歩いたり、マタニティスイミングやヨガなどに通うことは気分転換にもなりそうですね。

安定期を快適にすごして出産に備えよう

スマホを見る妊婦と夫
iStock.com/Yagi-Studio
今回は、安定期のお腹の大きさや着ていた服、大変だったことや気をつけたことについてママたちの体験談をご紹介しました。

これから安定期をすごす際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

つわりなどの体調が落ち着いてきやすい安定期は、お腹が大きくなるママが多く大変に感じることもあるかもしれませんが、なかなか味わうことができないマタニティライフを楽しめる時期かもしれません。

安定期といっても無理は禁物なので、体調管理をしながらお腹の赤ちゃんとママの健康や安全に気をつけるよう心がけましょう。

安定期を快適にすごして、無事に出産を迎えられるとよいですね。

2019年10月24日

専門家のコメント
7
    りん先生 保育士
    私はそれほどお腹は大きくならず、マタニティ服は購入せずゆったりしたワンピースをよく着ていました。体質が変わりとにかく汗っかきになったのでタオルを持ち歩いていました。
    まな先生 保育士
    なるべく身体を冷やさないような服装を心がけていました。また、脱ぎ着が大変になってくるので、前開きの服や、ゆったりとしたワンピースを着ていました。前開きの服は産後の授乳期も便利なのでオススメです。雪の降る地域では滑って転んでしまう危険性もあるので、外出時は必ず雪道対応の冬履を履いていました。
    めるちゃん先生 保育士
    妊娠中は、妊娠初期からマタニティ用のズボンをはいてました。上の服はマタニティ用は購入せず、妊娠前から着ていた、ゆったりとしたワンピース等を着ていました。また、お腹を冷やさないように、腹巻きをしてました。
    いちぽ先生 保育士
    産休に入る前だったので、幼稚園で働いていたのですが、エプロンをつけていたので、安定期に入ってもお腹が目立たず、8ヶ月くらいでようやく気付くお母さんたちもいました。 仕事着で、マタニティズボンは買い足しました。
    かな先生 保育士
    安定期に入る頃は、1人目の頃は少しぽっこりする程度で、妊娠前の服もボトムス以外は入ったので、締め付けのないワンピースを中心に過ごしていました。 2人目3人目と増えるごとに、お腹が出るのがとても早く、3人目の時は6ヶ月頃には臨月と間違われるほどでした(笑) それでも大好きなおしゃれがしたくて、マタニティ用ではなく、ゆったりめの普通の服を選んで楽しんでいました! Instagramやwearなどでも、オシャレな妊婦さんたくさんいらっしゃるので参考にしたり、無理のない程度で楽しめたらいいですね♡
    すー先生 保育士
    身長が低いせいか、お腹は臨月でも小さい方で妊婦と気づかれない時もありました。しかし、お腹はパツパツで苦しくて、何をするのにも大変でしたが周りには理解してもらえず…。 マタニティ服は検診用にスカートを購入したぐらいで、後はワンピースでしのぎました。
    めるちゃん先生 保育士
    マタニティ用のズボンを購入し、上は妊娠前から着ていた、ゆったりとしたワンピースを着たりしてました。お腹が大きくなってくると、足下が見にくくなってくるので、階段やちょっとした段差には、特に気をつけてました。
おすすめユーザーのコメント
1
    naa
    階段を上るのがきつくなるくらい重たく大きくなりました。後ろから見るとわからないとパパが言っていました。

生活の関連記事

カテゴリ一覧