【産婦人科医監修】妊娠中は貧血に注意が必要?鉄欠乏性貧血の治療法について

【産婦人科医監修】妊娠中は貧血に注意が必要?鉄欠乏性貧血の治療法について

鉄剤の副作用と対処法について

妊娠中に貧血になったときはどのような治療が必要なのでしょうか。妊婦さんがなりやすい「鉄欠乏性貧血」について、注意が必要な症状や治療法と治療薬の副作用について解説します。また、吐き気などつわりの症状があり食事や飲み薬を摂れない場合の対処法についてご紹介します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊婦さんの貧血

貧血気味の妊婦さん
iStock.com/baona
妊娠中、血液はお腹の赤ちゃんに栄養と酸素を届ける重要な役割を果たします。

妊娠すると、ママの身体や赤ちゃんを育てるために必要となる血液量や鉄分の量が増えますが、鉄分は身体の中で自然と増えたり、作られることはないので、食べ物や飲み物から摂取する必要があります。

妊婦さんは、鉄分不足が原因の「鉄欠乏性貧血」になりやすいです。

貧血の初期症状

鉄分が不足すると、以下のような症状が現れます。

  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • 疲れやすい
  • 顔色が悪い
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 首や肩がこる
  • 寝起きがつらい
鉄分が不足すると体内の酸素量が減り、めまいや立ちくらみ、頭痛などの症状が起こります。

また、心臓はたくさんの血液を流して酸素不足を解消しようと鼓動を早くするため、動悸や息切れ、疲れやすいなどの症状が現れます。

鉄欠乏性貧血が進行したときの症状

鉄欠乏性貧血が進むと以下のような症状が現れることもあります。

  • 肌が乾燥する
  • 爪の割れや反り
  • 口角が切れる
  • 舌が荒れる
  • 髪が抜ける
  • 枝毛が増える
  • クマができる
鉄分不足が続くと、血液が酸素を十分に補給できないため、肌や髪の状態にも影響がでたり、目の下にクマができることがあります。

貧血の症状の起こり方や感じ方には個人差があり、つわりの症状と見分けがつきにくいこともあるかもしれません。

鉄欠乏性貧血はゆっくり進行する場合もあり、初期は自覚症状がないことも多いです。妊婦健診の際、血液検査で初めて貧血に気づく妊婦さんも少なくありません。

貧血は、身体全体に負担をかけるため、上記の症状があるときは、1度かかりつけの産婦人科を受診しましょう。

妊娠中の貧血検査

妊娠中は初期に1回、後期に2回、全期を通じて3回~4回程度、採血による貧血検査を行います。

【妊娠貧血と診断される基準値】

  • ヘモグロビン濃度11g/㎗未満
  • ヘマトクリット値33%未満
貧血の診断は、一般的に上記の数値を目安とし診断されますが、妊婦さんが貧血になりやすい妊娠30週前後はヘモグロビン濃度が9.6~10.5 g/㎗未満に設定されることもあります。

妊娠中に貧血になったときの治療法

妊娠中の貧血の治療は血液検査の結果や自覚症状に応じて、食事療法と薬物療法で行います。

食事療法

果物
iStock.com/ansonmiao
軽度の貧血の場合は、できるだけ鉄分の多い食事を摂るように食生活の改善が指導されます。

鉄分は、体内への吸収率があまりよくない栄養素のひとつです。貧血の食事療法を行う場合は、鉄分が多い食材を意識して摂ることも大切ですが、鉄の吸収率が良くなるように、タンパク質やビタミンCなど、他の栄養素と合わせて摂取することが大事です。

【鉄分が多く含まれている食材】
  • 赤身肉
  • あさり
  • しじみ
  • 煮干し
  • 小松菜やほうれん草などの青菜類
  • 青のりやひじきなどの海藻類
  • 切り干しだいこん

【鉄分の吸収を助ける食材】

  • 大豆製品
  • 乳製品
  • 緑黄色野菜
  • 柑橘類
  • いちご
  • キウイ

貧血を改善するためには、栄養バランスが整った食事を心掛けましょう。

薬物療法

貧血が食事だけでは改善できないときや医師が必要と判断したときは、鉄剤の内服薬が処方されます。処方された鉄剤は用法用量を守り正しく飲むことが大切です。

鉄剤の服用と合わせて食事療法を続けると症状が改善する場合が多いです。

鉄剤に副作用はある?

妊娠中に処方される鉄剤には副作用があり、飲みにくかったり、身体に合わないという妊婦さんもいるようです。

【鉄剤の主な副作用】
  • 胃のムカつき
  • 吐き気
  • 下痢や便秘
  • 便が黒くなる
鉄剤の成分がお腹の赤ちゃんに影響することはありませんが、副作用があり飲むのがつらいときは、かかりつけ医に相談するようにしましょう。

注射・点滴

吐き気や下痢などの症状が続き、鉄剤を飲むのが難しい場合や貧血の症状が進行しているときは、注射や点滴で鉄剤を投与します。

また、貧血の症状が重い場合は入院して貧血の治療を進めることもありますが、鉄剤の注射や点滴、貧血による入院治療はとても稀なケースです。

一般的に鉄剤の副作用がある場合は、薬を飲む時間を変えたり、薬の種類の変更などで対処します。

妊娠中の貧血予防・改善方法

妊娠中の貧血を予防・改善するためには、普段からどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

栄養バランスのよい食事

貧血を予防するためには、栄養バランスが偏らないようにしっかり食事を摂ることが大切です。鉄分が多い食材や鉄分の吸収がよい食材を組み合わせて1日3食を規則正しく食べましょう。

十分な睡眠

睡眠不足は、鉄分の吸収を妨げる原因になりやすいです。夜更かしは控えて、十分な睡眠をとりましょう。

タンニンを含む飲み物の摂取に気をつける

コーヒーや紅茶、緑茶に含まれているタンニンは、鉄分の吸収を阻害することがあります。

タンニンを含む飲み物は、食事の1時間前後と鉄剤服用の30分~1時間前後は飲むのを避けましょう。

妊娠中の貧血は正しい治療をしましょう

医師に相談する妊婦さん
iStock.com/Chinnapong
妊娠中の貧血の多くは、鉄分不足が原因で起こることが多いです。貧血を予防するためには、日々の食事に鉄分が多い食べ物を多く取り入れるように意識しましょう。

貧血の症状をそのままにしておくと、ママの身体だけではなく赤ちゃんの発育不良や早産のリスクが高まったり、お産時や出産後の母乳育児に影響を与えることもあるので、早めに治療を開始することが大切です。

貧血は、食生活の改善で治ることが多いですが、症状によっては薬の服用が必要になることがあります。鉄剤を飲みにくいと感じるときは、我慢せずに医師に相談しましょう。

正しい治療や予防で妊娠中の貧血を防ぎたいですね。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2020年03月03日

専門家のコメント
25
    すみっこ先生 保育士
    貧血気味で、立ちくらみをよく経験していました。
    特別薬は飲んではいませんでしたが、食事には気を付けるようにしていました。

    しかし産後7年たった今、めまいがひどくなり先日点滴をしてもらいました…💦
    血液検査では発覚はしませんでしたが、頭痛からくるめまいだと診断されました。
    頭痛もめまいも産後の方がひどくなりました😭😭
    すー先生 保育士
    普段は貧血ではないのですが、妊娠中期から貧血になりました。つわりで食事があまり取れなかったので鉄剤を処方してもらい、入院中は点滴をしました。
    こと先生 保育士
    私も妊娠中期から貧血気味になり、鉄剤を飲んでました😊葉酸と鉄が一緒になってるサプリもあるので、家にあるならそちらをのんでもいいですよと産院で言われました✨
    はなこ先生 保育士
    何回か血液とって貧血じゃないかチェックしました!一度だけ数値が低くて鉄剤を出されて飲んでました!が、飲むとすごい便秘になるのでそっちの方が辛かったです。
    おはぎ先生 保育士
    普段から少し貧血気味で、妊娠して鉄剤を処方してもらいました。私も鉄剤で便秘になり尚かつ痔にも悩まされました。鉄分も取れて、便秘も解消できるプルーンをよく食べましたよー。個包装になってるものも売ってるのでオススメです。
    いちご先生 保育士
    妊娠中、常に貧血気味で鉄剤を処方され、服用していました。普段は貧血ではないけれど、妊娠中はやっぱり栄養が赤ちゃんの方にいくので、普段よりも栄養を考えて食事を摂らなければなと実感しました。
    りお先生 保育士
    妊娠中は3人とも途中から病院で処方された錠剤を飲んでいましたよ。
    出産を重ねるほど早くから貧血になり、このままでは産めないよ、と言われ、毎日欠かさず飲んでいました。
    錠剤飲めば数値も回復し、貧血は克服できますよ✨
    頼れるところは薬に頼っちゃいましょう💊
    とーち先生 保育士
    2回妊娠しましたが、2回とも貧血になり、鉄剤を処方されました。


    鉄分を多く含む食材をなるべく食べていましたが貧血に(--;)
    プルーンや、ドライフルーツのデーツ等、食べやすいものを取り入れてました。


    妊娠中は貧血になりやすいので、鉄分が多い食べ物を食べることをおすすめします。
    ぺち先生 保育士
    採血があるので、その時に貧血かどうか調べられていました。赤ちゃんに鉄分を取られる方が多いから、たくさん取ってね!と言われることが多かったです!
    ゆか先生 保育士
    貧血で鉄材飲んでいました。
    副作用で便秘になってしまったので便秘薬も処方してもらい服用していました。

    食べ物も鉄分の多い食材を意識してとったりもしていました!
    なこ先生 保育士
    まさに妊娠中貧血になりました。
    産婦人科で鉄剤を処方して貰いました。数日飲むと良くなったので早めに専門家に聞いてみると良かったです!
    ちぃ先生 保育士
    普段から貧血気味だったので、妊娠したと分かってからは鉄が多く含まれている食事やサプリをとるようにしていました。ほうれん草など食べるときは、茹でると栄養素が逃げてしまうので焼くか蒸して調理もしました。
    妊娠後期ごろからそれでも貧血になってしまったので最初は鉄剤を飲んでいましたが、身体に合わなかった為点滴をしてもらっていました。
    こいまま先生 保育士
    普段から貧血気味で血圧も低いです。
    妊娠中は気にならなかったのですが、出産後、病室に行こうとゆっくり立つと、フラフラ〜っと座り込んでしまいました。
    結局自分の力で立てず、二度の出産共に車椅子で病室に移動となりました。
    出産は想像以上に体への負担があったようです。
    めるちゃん先生 保育士
    妊娠中に血液検査で貧血と診断されて、鉄剤飲んでました。自分では貧血の自覚がなかったので、びっくりしました。
    せおみ先生 保育士
    妊娠前から貧血気味だったので、妊娠中ももちろん貧血気味でした。初期症状としてはフワフワした感じがあり動悸や息切れもありました。いつも薬を処方されていましたが、劇的に改善されるものではないので、体質もありますが、日頃から小松菜など鉄分の多い食べ物をとるように心がけていましたよ、
    かいまな先生 保育士
    妊娠中は常に貧血気味だったような気がします。
    1人目を妊娠中(4ヶ月ぐらい)に、手を上にあげる動作をした時に、急にフラ〜っとして立てなかったのを覚えています。
    妊娠中は食事にも気を使い、鉄分を含む食材を食べていました。
    のの先生 保育士
    妊娠中の貧血は問題とされています。私は3ヶ月間鉄剤を服用していました。その後改善されたので中止しました。
    あゆみ先生 保育士
    臨月に入ってから血液検査で鉄分の数値がギリギリになり、鉄剤を処方されました。起床時の頭痛が緩和された気がします。
    食材でも意識して摂っていましたが、出産時の出血量によっては影響することもあるようなので、気をつけたいですね。
    りり先生 保育士
    万年貧血です。妊娠してなくても貧血なので、やはり妊娠すると貧血になります。。鉄剤も処方されましたが身体に合わず吐き気が襲ってきたりと妊娠初期は副作用がひどかったです。。安定期に入って積極的に鉄分をとるようにしています。今では鉄剤飲まなくてもだいぶ動けるようになったので鉄分って、大切なんだなとおもいましたよ。
    あーちん先生 保育士
    妊娠後期に貧血気味で鉄剤を処方してもらい飲んでいました。副作用としてあがっていますが、便が本当に黒くてびっくり(笑)便秘の薬も処方してもらいました。

    日頃から食事なども気をつけていきたいと思いました!
    ぽんた先生 保育士
    妊娠中、貧血になっていました。採血すると、必ずクラクラして、しばらく横になってから帰るという、、、。
    cocoまま先生 保育士
    吐き悪阻が酷かったので、貧血タブレットは欠かせませんでした。お店でも色々なタイプが販売されているので合うものを見つけるといいですね^ ^
    のんの先生 保育士
    妊娠中に貧血が引っかかり、鉄剤を処方されました。
    薬を飲んでからはとくにフラつくこともなかったです。
    以後妊娠中は意識して食材で鉄を取るようになりました。
    きらり先生 保育士
    妊娠中に自覚はなかったものの貧血気味と言われたので、産婦人科の方から鉄成分が含まれた錠剤を頂きました。お産の際にも気をつけないといけないことなので、しっかり妊娠中に気をつけて生活したいですね。
    まな先生 保育士
    妊娠中は赤ちゃんにもたくさん栄養を送っているので貧血になりやすいママが多いと聞いたことがあります。
    栄養バランスのとれた食事を心がけたいですね。
    産後の入院中に貧血になった時の病院食で、あさりをたっぷり使ったお料理が多かったので、家でも取り入れてみるといいですね。

基礎知識の関連記事

カテゴリ一覧