【産婦人科医監修】妊活中の飲酒はいつまで?飲酒が与える影響とは

【産婦人科医監修】妊活中の飲酒はいつまで?飲酒が与える影響とは

適切な飲酒量について

妊活中はいつまで飲酒をしてもよいのか気になる夫婦もいるでしょう。飲酒がどのような影響を与えるのか知りたい場合もあるかもしれません。今回は、妊活中の飲酒はいつまでなら大丈夫なのかや、妊活中の飲酒が女性と胎児、男性に与える影響、妊活中の適切な飲酒量について解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊活中の飲酒はいつまで?

妊娠が発覚したらアルコールを控えるべきですが、妊活中はいつまで飲酒を続けてよいのでしょうか。飲酒が妊活にどのような影響を及ぼすのか気になる夫婦もいるでしょう。

妊活中の飲酒は、母体や胎児に大きな影響はなく、飲酒をやめなければいけないという決まりはありません。しかし、アルコールの摂取は妊活に影響を及ぼすため、妊活を始めたら夫婦共に飲酒を控えることをおすすめします。

今回は、妊活中の飲酒が夫婦と胎児に与える影響と、適正な飲酒量について解説します。

妊活中の飲酒が女性と胎児に与える影響

飲酒は、女性の身体にどのような影響を与えるのでしょうか。妊活中や妊娠したことに気づかず飲酒をしてしまったときの胎児への影響についても解説します。

生理周期の乱れ

アルコールを過剰摂取すると、肝機能の低下により生理周期が乱れる場合があるため、飲酒する際は、量に注意が必要です。

受精卵のベッドを作る働きをするエストロゲンは、卵巣からの分泌と肝臓での分解を繰り返しています。過度な飲酒をすると、肝機能が低下し、エストロゲンの分解能力も低下するため、生理周期の乱れを引き起こします。

適切な飲酒量であれば大きな影響はありませんが、飲酒は妊娠しにくい状態を高める可能性があるため、妊娠中は注意しましょう。

排卵日が特定しにくくなる

排卵日の把握
Piman Khrutmuang- stock.adobe.com
妊娠しやすい時期を知るために、基礎体温を測り排卵日を確認する女性は多いでしょう。妊娠の確率を高めるには、子宮の中で精子が排卵を待っている状態がよいとされているため、生理周期を知ることは大切です。

飲酒をすると基礎体温が上がり、排卵日が特定しにくくなるため、妊活が難しくなる場合があります。

生理周期をしっかり把握するためにも、排卵日前後の飲酒は控えるとよいでしょう。

酸化ストレス

酸化ストレスとは、アルコールを分解する働きをもつ活性酸素が大量発生し、活性酸素を除去する抗酸化作用とのバランスが崩れた状態を言います。

活性酸素はアルコールの分解だけでなく、細菌やウイルスと闘う働きもするため、身体にとって大事なものです。しかし、大量発生すると、健康な細胞を攻撃したり、卵子の老化や酸化を促します。過度の飲酒は、酸化ストレスの働きを活発にすることがあります。

妊娠を希望する際は、卵子の質を保てるように、飲酒を控えて生活習慣を改善させることが大切です。

胎児性アルコール症候群のリスクを高める

妊娠超初期は、妊娠に気づかず飲酒をしてしまう人もいるかもしれません。妊娠に気づかず飲酒をすると、お腹のなかの赤ちゃんが胎児性アルコール症候群になる危険性が高くなります。

胎児性アルコール症候群は、飲酒によって胎児の低体重や脳障害、奇形などを引き起こす先天性疾患のひとつです。アルコールを大量に摂取しなくても、胎児アルコール症候群の報告例があるため、妊活中の飲酒は十分注意しましょう。

妊活中の飲酒が男性に与える影響

さまざまなお酒
Atsushi Tada- stock.adobe.com

妊活中の飲酒は、男性に下記のような影響を及ぼします。

  1. 精子を作る力が落ちる
  2. 男性ホルモンの分泌が低下し、性欲が減退する
  3. 酸化ストレスを引き起こす
精巣を温めると精子を作る力が落ちるため、アルコールの摂取で体温が上昇すると、妊活が順調に進まない可能性が高まります。また、アルコールによって男性の性欲が減退すると、性行為の回数が減り、結果的に妊娠の確率が低下することが考えられるでしょう。

男性も女性と同じように、アルコールの過剰摂取によって酸化ストレスを引き起こします。男性の場合は、精子の運動率が低下したり、DNAの破損によりお腹のなかの赤ちゃんの細胞分裂が正常に進まないなどの影響があるため、飲酒は控えるべきでしょう。

妊活中の適切な飲酒量

過度な飲酒は、妊活に影響を及ぼすため控えるべきですが、適切な量を守って飲酒する分には問題ありません。厚生労働省の資料を元に、適度な飲酒量をご紹介します。
  • ビール:1缶(500ml)
  • 清酒:1合(80ml)
  • ウイスキー・ブランデー:ダブル1杯(60ml)
  • 焼酎:1合(180ml)
  • ワイン:1杯(120ml)
  お酒に酔いやすい人や顔が赤くなりやすい人は、上記の目安よりも量を減らすとよいでしょう。ストレスを溜めないよう、適度な飲酒をして妊活ができるとよいですね。
出典:「節度ある適度な飲酒」について/厚生労働省

適度な飲酒量を守って妊活しよう

酒を飲む男女
paylessimages- stock.adobe.com
妊活中の飲酒が女性に与える影響には、肝機能の低下による生理周期の乱れや酸化ストレスなどがあります。妊娠に気づかずお酒を飲んでしまった場合は、胎児性アルコール症候群のリスクを高めるため、妊活中に飲酒する際は十分な注意が必要です。

男性の場合は、精子を作る力が低下したり、性欲が減退することが分かっています。女性と同様に、酸化ストレスによる精子の運動率低下やDNA破損などの影響を受けるため、妊活中の夫婦が飲酒をするときには意識することが大切でしょう。

妊活中は飲酒を控えることが望ましいですが、ストレスを溜めないためにも、飲酒量を守って妊活ができるとよいですね。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2020年02月20日

専門家のコメント
66
    かよう先生 保育士
    妊活中は妊娠しているわけではないため、どこまで意識したり制限したら良いか迷うこともあります
    ぽんた先生 保育士
    濃くしたお茶に氷をいれて、ロックみたいにして、ちびちび飲む。緑茶、ハーブティー、麦茶などな
    ぷん先生 保育士
    妊活中でも飲みたい時は飲みたいですよね😂私はリセット期に合わせて飲んでいました。
    妊娠し
    さと先生 保育士
    その人によると思います。
    そろそろ妊娠できたらいいな程度の方なら妊娠が判明してから禁酒する
    すー先生 保育士
    妊活中は生理がきたら解禁し、排卵日までたまに飲んでいました。排卵日が過ぎるとまた禁酒という
    のの先生 保育士
    妊活中で、妊娠の可能性がある時期は禁酒することをおすすめします。リセットしてしまったら、頑
    でぶいも先生 保育士
    一人目の授乳がもうすぐ終わるので、お酒を飲むのを楽しみにしていましたが、二人目も計画中なの
    ゆか先生 保育士
    禁酒はしていませんでした。といっても普段からかばがば飲むタイプではなかったので😃

    でも
    おはぎ先生 保育士
    私もお酒は好きでしたが、ノンアルコールも沢山種類があるのでイベントの時はストレスなくノンア
    せんせい 保育士
    妊娠したら皆さんピタッとやめますよね☺︎意識して妊活してる時は適度がいいんじゃないでしょう
    あーちん先生 保育士
    もともとあまり飲む方ではありませんでしたが、妊活してからは飲む量を減らしていました。
    夫の
    ゆきんこ先生 保育士
    妊活中、もしかしたら妊娠しているかもと常に思っていたのでお酒は控えていました。生理が来たら
    なごみ先生 保育士
    ストレスを溜めるのもよくないと思い、特に気にせず飲酒しています。ただ量はほろ酔いなどのアル
    ちぃ先生 保育士
    妊活している時は基本禁酒にしています。もし妊娠していたら…と考えるとなかなか呑めないですよ
    はなこ先生 保育士
    2人とも妊娠が発覚した時からやめました!妊活中は特に制限をかけるわけではなかったですが、制
    りお先生 保育士
    妊活中、難しいですねー💦妊娠しているかどうかわからない状態ですもんね。
    私は、排卵期入る
    ぺち先生 保育士
    妊娠を希望しているのなら、ノンアルコールとかを飲んだ方が良いのかな?と思います。何かあった
    こいまま先生 保育士
    普段からお酒はあまり飲まないのですが、たまーに飲みたくなる時も…。
    そんな時はノンアルコー
    めめ先生 保育士
    私は普段からあまり飲む方ではないですが妊活中はタイミングを取り生理がくるまでの間は念のため
    まあ先生 保育士
    妊娠したらしばらく飲めなくなるので、妊活中も嗜む程度は良いのかな?と思っていましたが、その
    のんの先生 保育士
    練習を考えるのに色々な事を制限し、範囲はどこまで?と気になりますよね。
    あまり気にしすぎず
    まな先生 保育士
    妊活を始める時点でアルコールは避けたほうが良いですね。
    妊娠中、お酒が飲みたい気分になった
    ぷん先生 保育士
    私はリセットされたら今期も頑張った!と称してほろよいを飲んでました(。・・。)
    楽しみを設
    すみっこ先生 保育士
    妊娠が発覚してからお酒はやめました。
    卒乳をして、さぁ飲むぞ✨と楽しみにしていましたが
    いちご先生 保育士
    妊活中も私は生活習慣を正す為にお酒は控えておりました。主人は変わらず飲酒、喫煙しておりまし
    くじら先生 保育士
    妊活中は全くお酒を飲みませんでした。普段からあまり飲まない方だったのでそれほど苦ではありま
    たんぽぽ先生 保育士
    初期の段階でやめてましたねー!どうしても飲みたいときはノンアルにしてみてはいかがでしょう?
    まい先生 保育士
    お酒好きには辛いですよね
    私の友達はノンアルコールで凌いでいました
    物足りないとは思うので
    cocoまま先生 保育士
    妊娠がわかってからやめました。私が行っていた産院では妊活中の飲酒はとくに抑えなくて大丈夫そ
    宍戸 理江 保育士
    お酒が大好きな私にとって、断つことが余計にストレスになると思ったので、気にせず飲んでいまし
    とーち先生 保育士
    ノンアルコールのカクテルは、どうでしょうか?

    基本的にビール等ではなく、カクテル系が好き
    めい先生 保育士
    妊娠したいと思ってから、飲酒は控えました。妊娠が分かってから辞める方も多いみたいですね。
    こうじん先生 保育士
    フルーツを入れて炭酸水とわって、お酒代わりに飲んでいます。意外といけます!適正量なら飲むの
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

カテゴリ一覧