【産婦人科医監修】妊活中の飲酒はいつまで?飲酒が与える影響とは

【産婦人科医監修】妊活中の飲酒はいつまで?飲酒が与える影響とは

適切な飲酒量について

妊活中はいつまで飲酒をしてもよいのか気になる夫婦もいるでしょう。飲酒がどのような影響を与えるのか知りたい場合もあるかもしれません。今回は、妊活中の飲酒はいつまでなら大丈夫なのかや、妊活中の飲酒が女性と胎児、男性に与える影響、妊活中の適切な飲酒量について解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊活中の飲酒はいつまで?

妊娠が発覚したらアルコールを控えるべきですが、妊活中はいつまで飲酒を続けてよいのでしょうか。飲酒が妊活にどのような影響を及ぼすのか気になる夫婦もいるでしょう。

妊活中の飲酒は、母体や胎児に大きな影響はなく、飲酒をやめなければいけないという決まりはありません。しかし、アルコールの摂取は妊活に影響を及ぼすため、妊活を始めたら夫婦共に飲酒を控えることをおすすめします。

今回は、妊活中の飲酒が夫婦と胎児に与える影響と、適正な飲酒量について解説します。

妊活中の飲酒が女性と胎児に与える影響

飲酒は、女性の身体にどのような影響を与えるのでしょうか。妊活中や妊娠したことに気づかず飲酒をしてしまったときの胎児への影響についても解説します。

生理周期の乱れ

アルコールを過剰摂取すると、肝機能の低下により生理周期が乱れる場合があるため、飲酒する際は、量に注意が必要です。

受精卵のベッドを作る働きをするエストロゲンは、卵巣からの分泌と肝臓での分解を繰り返しています。過度な飲酒をすると、肝機能が低下し、エストロゲンの分解能力も低下するため、生理周期の乱れを引き起こします。

適切な飲酒量であれば大きな影響はありませんが、飲酒は妊娠しにくい状態を高める可能性があるため、妊娠中は注意しましょう。

排卵日が特定しにくくなる

排卵日の把握
Piman Khrutmuang- stock.adobe.com
妊娠しやすい時期を知るために、基礎体温を測り排卵日を確認する女性は多いでしょう。妊娠の確率を高めるには、子宮の中で精子が排卵を待っている状態がよいとされているため、生理周期を知ることは大切です。

飲酒をすると基礎体温が上がり、排卵日が特定しにくくなるため、妊活が難しくなる場合があります。

生理周期をしっかり把握するためにも、排卵日前後の飲酒は控えるとよいでしょう。

酸化ストレス

酸化ストレスとは、アルコールを分解する働きをもつ活性酸素が大量発生し、活性酸素を除去する抗酸化作用とのバランスが崩れた状態を言います。

活性酸素はアルコールの分解だけでなく、細菌やウイルスと闘う働きもするため、身体にとって大事なものです。しかし、大量発生すると、健康な細胞を攻撃したり、卵子の老化や酸化を促します。過度の飲酒は、酸化ストレスの働きを活発にすることがあります。

妊娠を希望する際は、卵子の質を保てるように、飲酒を控えて生活習慣を改善させることが大切です。

胎児性アルコール症候群のリスクを高める

妊娠超初期は、妊娠に気づかず飲酒をしてしまう人もいるかもしれません。妊娠に気づかず飲酒をすると、お腹のなかの赤ちゃんが胎児性アルコール症候群になる危険性が高くなります。

胎児性アルコール症候群は、飲酒によって胎児の低体重や脳障害、奇形などを引き起こす先天性疾患のひとつです。アルコールを大量に摂取しなくても、胎児アルコール症候群の報告例があるため、妊活中の飲酒は十分注意しましょう。

妊活中の飲酒が男性に与える影響

さまざまなお酒
Atsushi Tada- stock.adobe.com

妊活中の飲酒は、男性に下記のような影響を及ぼします。

  1. 精子を作る力が落ちる
  2. 男性ホルモンの分泌が低下し、性欲が減退する
  3. 酸化ストレスを引き起こす
精巣を温めると精子を作る力が落ちるため、アルコールの摂取で体温が上昇すると、妊活が順調に進まない可能性が高まります。また、アルコールによって男性の性欲が減退すると、性行為の回数が減り、結果的に妊娠の確率が低下することが考えられるでしょう。

男性も女性と同じように、アルコールの過剰摂取によって酸化ストレスを引き起こします。男性の場合は、精子の運動率が低下したり、DNAの破損によりお腹のなかの赤ちゃんの細胞分裂が正常に進まないなどの影響があるため、飲酒は控えるべきでしょう。

妊活中の適切な飲酒量

過度な飲酒は、妊活に影響を及ぼすため控えるべきですが、適切な量を守って飲酒する分には問題ありません。厚生労働省の資料を元に、適度な飲酒量をご紹介します。
  • ビール:1缶(500ml)
  • 清酒:1合(80ml)
  • ウイスキー・ブランデー:ダブル1杯(60ml)
  • 焼酎:1合(180ml)
  • ワイン:1杯(120ml)
  お酒に酔いやすい人や顔が赤くなりやすい人は、上記の目安よりも量を減らすとよいでしょう。ストレスを溜めないよう、適度な飲酒をして妊活ができるとよいですね。
出典:「節度ある適度な飲酒」について/厚生労働省

適度な飲酒量を守って妊活しよう

酒を飲む男女
paylessimages- stock.adobe.com
妊活中の飲酒が女性に与える影響には、肝機能の低下による生理周期の乱れや酸化ストレスなどがあります。妊娠に気づかずお酒を飲んでしまった場合は、胎児性アルコール症候群のリスクを高めるため、妊活中に飲酒する際は十分な注意が必要です。

男性の場合は、精子を作る力が低下したり、性欲が減退することが分かっています。女性と同様に、酸化ストレスによる精子の運動率低下やDNA破損などの影響を受けるため、妊活中の夫婦が飲酒をするときには意識することが大切でしょう。

妊活中は飲酒を控えることが望ましいですが、ストレスを溜めないためにも、飲酒量を守って妊活ができるとよいですね。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2020年02月20日

基礎知識の関連記事

  • 不妊治療で、費用の自己負担がどのくらいになるのか心配する方は多いのではないでしょうか。2022年4月から不妊治療に対する保険適用範囲が拡大されるほか、自治体の助成金もあるため、工夫次第で負担を軽減できることをご存じですか。今回は、不妊治療にかかる費用について目安や具体的な事例、保険適用の範囲、どのくらい予算を用意しておけばよいか、費用を抑えるためにできることをご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療には不安や悩みが付きものですが、その一つが費用負担の問題です。2022年4月からは不妊治療に対する保険適用範囲が拡大され、自治体に申請すればもらえる助成金もあり、工夫次第では以前よりも経済的負担を軽減できるようになりました。それに加え、この記事でお伝えしたいのは、不妊治療の費用を確定申告することで、税金が戻ってくること。「確定申告ってむずかしそう」「調べるのが面倒」という方に向け、メリットや手続きの方法などを解説いたします。

    福本眞也

  • 不妊にはさまざまな原因がありますが、年齢もその中の一つ。女性の人生では、年齢と妊娠の関係を考える機会が多いものですが、もちろん男性も無関係ではありません。妊娠する・させる力(妊孕力)は男女を問わず加齢によって減少します。この記事では、年齢が不妊に与える影響、対処法、妊娠のための生活習慣などを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

    高尾美穂

  • 世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方が増え、体外受精による出生児数も増えている。一方で「不妊治療を始める前に知っていただきたいことがある」と話すのは産婦人科医の高尾美穂先生。多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのだろうか

    高尾美穂

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

カテゴリ一覧