【産婦人科医監修】妊娠27週目(妊娠7ヶ月)のママと赤ちゃんの様子

【産婦人科医監修】妊娠27週目(妊娠7ヶ月)のママと赤ちゃんの様子

健診時や体重管理の注意点

妊娠7ヶ月である妊娠27週目は、一般的に安定期といわれています。赤ちゃんの身長が一気にのび、五感が育つ時期でお腹の上からでも胎動が感じられるほど成長しています。妊婦さんの体調や、赤ちゃんの様子を医学博士で産婦人科医、田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生監修のもと解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠週数27週目とはどんな時期?

妊娠27週は週数でいうと、妊娠7ヶ月の4週目

妊娠7ヶ月は、一般的に安定期といわれています。妊娠27週目は安定期の妊娠中期、最後の週です。

妊娠27週目の妊婦さんの特徴

安定期とよばれる妊娠7ヶ月の妊娠27週目の妊婦さんについて詳しく見ていきましょう。

体調

子宮が大きくなり、お腹のなかの赤ちゃんにたくさんの血液を送るため、体内の血液量が増加します。それに加えて、子宮が大きくなることで静脈が圧迫されるので、すねなどに静脈瘤ができてしまうことがあります。静脈瘤は、自然に治ることが多いですが、できるだけ身体に負担をかけずに過ごすようにしましょう。

妊娠中は体内の酸素が増えて、二酸化炭素のバランスが崩れるためたびたび過呼吸を起こす人もいます。血液が赤ちゃんに優先的に送られるため、貧血気味になる妊婦さんも多いようです。また、この時期は、ママの身体が感染症や腟炎になるのを防ごうとするためにおりものの量が増えます

お腹の大きさ

妊娠27週ころは、1ヶ月で体重がぐんと増える妊婦さんも珍しくないようです。お腹が一気に大きくなるので、妊婦さんによってはお腹の張りを急激に感じることもあるようです。

妊娠27週目の妊婦さんの身体

妊婦さんの身体
violetblue/Shutterstock.com
赤ちゃんの身体にもどんどん脂肪がつき、体重が一気に増加することがあります。外からほかの人がお腹を触っても胎動を感じられるようになります。妊娠27週目には、早い人だと前駆陣痛を感じる人もいるようです。しかし、前駆陣痛は陣痛が起こっているわけではないので心配せずに身体を休めるようにしてください。

ホルモンの関係で、むくみが激しくなる時期です。さらにバストが大きくなり、乳頭が黒くなって、乳輪も大きくなります。これは、赤ちゃんが乳首を見つけやすくするためなので必要なことです。


妊娠27週目の赤ちゃん

妊娠27週の赤ちゃんの身長は、38㎝程度です。体重も一気に増えて、平均的に900gをこえます。顔や身体にどんどん脂肪がついてきて、皮膚が分厚くなります。この時期は、赤ちゃんの五感がより鋭くなって、まぶたをしっかりとあけるようになります。まぶたがあくため、明るい、暗いの区別ができるようになってきます。

また、食欲や睡眠欲、体温管理、喜怒哀楽の表現などができるようになり、赤ちゃんは自分の動きに意思を持って行うようになります。4Dエコーで見ると、赤ちゃんの表情も見られるかもしれません。妊娠27週は、超音波(エコー)検査で性別もはっきりわかる人が増えます。

身体の形

赤ちゃんの身長は一気に成長し、体重も増えます。顔や体に肉がつき、よりふっくら赤ちゃんらしい姿に近づきます。

妊娠27週目のうちにやっておきたいこと

妊娠糖尿病検査

妊娠24~28週の間に糖尿病検査を行い、妊娠糖尿病になっていないかを調べる検査が推奨されています。妊婦さんの2~5%は妊娠糖尿病になるといわれていますが、高血糖は出産後におさまることがほとんどです。

しかし妊娠糖尿病は、妊娠経過や出産、赤ちゃんにリスクを伴うことがあるため注意が必要です。

産休準備

働いているママは、妊娠27週ころになったら仕事の引継ぎなどを行い、スムーズに産休を取れる準備をしましょう。

臨月に入るころから産休を取るのが一般的ですが、無理は禁物です。有給休暇の残り日数と照らしあわせて、いつ頃から休みが取れるか目星をつけておくことが大切です。

また、仕事中は冷え対策をとったり、適度に休憩をとることが大事です。

こむら返り対策

足をマッサージする女性
© Aleksej - Fotolia

ホルモンバランスが崩れたり、お腹が大きくなることで骨盤が緩んできたり、足の血管が圧迫されるため妊娠27週目の時期は「こむら返り」が起こりやすくなります。「こむら返り」とは、ふくらはぎがけいれんした状態です。

日中でも寝ている間でも関係なく起こりますが、通常は数分以内におさまることがほとんどです。「こむら返り」を起こしたら座り込まず、ゆっくり歩くことでストレッチになり、おさまるかもしれません。それでもおさまらない場合は、軽く患部をマッサージしたり、カルシウムを積極的に摂るようにしましょう。

寝るときはシムスの体勢

妊娠27週になるとお腹がだいぶ大きくなるので、仰向けに寝ることが苦しくなります。仰向け寝が苦しいときには、シムスの体勢がおすすめです。シムスの体勢は、片足を曲げてうつぶせ気味に横になる状態です。

シムスの体勢は、妊婦さんがリラックスできて楽に寝られる体勢といわれています。マタニティグッズの抱き枕を足に挟んで寝るとシムスの体勢がとりやすいかもしれません。

妊娠27週目の妊婦さんが注意すること

むくみがひどいときには

妊娠27週は、むくみを激しく感じる妊婦さんも増えるようです。特に手足のむくみを感じやすくなるようですが、むくみが出る場所には個人差があります。

むくみは、妊娠によるホルモンの分泌が関係しているので、水分をこまめにとっても治らないことがあります。赤ちゃんの成長のためと割り切ったり、むくみがひどいときには横になったり、マッサージをしたり、足にクッションを挟んで寝るなどの工夫が必要です。

仕事をしているママは、立ち仕事はなるべく控え、適度に座って休む時間を作ったり、足を温めると少し楽になるかもしれませんよ。無理は禁物ですが適度に身体を動かすことも大切です。ウォーキングやマタニティヨガなどできる範囲で行ってみるのもよいでしょう。

規則正しい生活

妊娠27週の赤ちゃんは、光の強弱を感じ取り、明るい、暗いの区別ができるようになります。

夜になると、眠気をもたらすメラトニンというホルモンが分泌されるので昼と夜を区別しています。赤ちゃんが混乱しないように日中は光を浴びて、夜は早めに電気を消して寝るなどママも規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

感染症に注意

妊娠中はおりものが多くなりますが、おりものが多くなるとカンジタ腟炎などの感染症にかかる可能性があります。

おりものが多いときには、通気性のよい下着を身につけたり、おりものシートを活用するなどなるべく気持ちよく過ごせるように工夫することが大切です。感染症は、産後赤ちゃんに感染したり、発達に影響することがあるので、いつもと違う症状があるときにはかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。早めの治療、対策が重要です。

身体を大切に規則正しい生活を心がけて

ベッドに座る妊婦
iStock.com/imacoconut

妊娠27週目は、お腹のなかの赤ちゃんが急速に大きくなり、お腹の上から触っても胎動を感じられるようになります。赤ちゃんの成長が感じられて、生まれてくる赤ちゃんに会えるのがより楽しみになってくるでしょう。

安定期と呼ばれる妊娠7ヶ月の妊娠27週ですが、その反面、お腹の張りやむくみを激しく感じやすくなったり身体のトラブルも起こる時期です。足を温めたり、マッサージをしたり、なるべく楽な姿勢で休むなどの配慮が大切です。仕事を続けているママは、産休を取る準備をするのにも適した時期でしょう。

赤ちゃんも昼夜の区別がついたり、自分の感情で動くようになるので、ママ自身も規則正しい生活を心がけたり、ストレスをためずに過ごしましょう。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年07月06日

基礎知識の関連記事

  • 妊娠中はつわりや味覚の変化が多く、気を付けないといけないことも増えます。そのためどのような飲み物を飲んだらよいのか分からなくなることも。妊娠中におすすめしたいのは、身体を温めるホットの飲み物です。先輩ママたちはホットのどのような飲み物を飲んで、妊娠時期を過ごしていたのでしょうか。体験談をご紹介します

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊検査に行ってみようと思っても、いつ、どのようなタイミングで病院に行くのがよいか迷ってしまうかもしれません。また、初めての不妊検査に行くことは不安な思いもあるでしょう。今回は不妊検査の初診に行くタイミングや、受診に必要なもの、準備しておくとよいことなどを紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療で、費用の自己負担がどのくらいになるのか心配する方は多いのではないでしょうか。2022年4月から不妊治療に対する保険適用範囲が拡大されるほか、自治体の助成金もあるため、工夫次第で負担を軽減できることをご存じですか。今回は、不妊治療にかかる費用について目安や具体的な事例、保険適用の範囲、どのくらい予算を用意しておけばよいか、費用を抑えるためにできることをご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療には不安や悩みが付きものですが、その一つが費用負担の問題です。2022年4月からは不妊治療に対する保険適用範囲が拡大され、自治体に申請すればもらえる助成金もあり、工夫次第では以前よりも経済的負担を軽減できるようになりました。それに加え、この記事でお伝えしたいのは、不妊治療の費用を確定申告することで、税金が戻ってくること。「確定申告ってむずかしそう」「調べるのが面倒」という方に向け、メリットや手続きの方法などを解説いたします。

    福本眞也

  • 不妊にはさまざまな原因がありますが、年齢もその中の一つ。女性の人生では、年齢と妊娠の関係を考える機会が多いものですが、もちろん男性も無関係ではありません。妊娠する・させる力(妊孕力)は男女を問わず加齢によって減少します。この記事では、年齢が不妊に与える影響、対処法、妊娠のための生活習慣などを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

    高尾美穂

  • 世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方が増え、体外受精による出生児数も増えている。一方で「不妊治療を始める前に知っていただきたいことがある」と話すのは産婦人科医の高尾美穂先生。多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのだろうか

    高尾美穂

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

カテゴリ一覧