子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年06月18日

妊娠初期、超初期症状を解説。ママたちの体験談や注意点

妊娠初期、超初期症状を解説。ママたちの体験談や注意点

【産婦人科医監修】妊娠が確定前は不安や期待が混じった気持ちになるものです。妊娠検査薬の使用前に、妊娠の初期症状などで妊娠に気づく人もいます。妊娠すると、具体的にどういった身体の変化があるのでしょうか。今回は妊娠の超初期、初期にあらわれる症状や兆候をママたちの体験談や注意点を交えながら紹介します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠の兆候や検査

妊娠とは精子と卵子が出合い受精卵となり、ママの胎内に根付き(着床)、胎児として成長し、赤ちゃんとして生まれてくるまでの間の過程、ママの身体の状態をさします。

妊娠するとどういった兆候があるのか見ていきましょう。

妊娠すると兆候があるって本当?

妊娠が成立すると胎児だけでなく、ママの身体も目覚ましいスピードで、大きく変化していきます。個人差はあるのですが、妊娠の超初期、初期には身体の不調や異変を感じ、不安をもつ女性も珍しくありません。

妊娠の判定に欠かせない妊娠検査薬は、妊娠初期から使用できるのでしょうか。

妊娠検査薬はいつから?

日本国内で手に入る、妊娠を手軽にチェックできる妊娠検査薬の使用は、一般的なもので生理開始予定日の1週間後からの使用が推奨されています。

一方、妊娠したかもしれない、と感じている女性は一日も早く妊娠したか知りたいものでしょう。妊娠の超初期、初期に多くのママが感じたという症状や兆候を体験談、解説とともに紹介します。

妊娠検査薬
Nor Gal/Shutterstock.com

お腹周りや下半身にあらわれる妊娠初期、超初期症状

妊娠をすると生理が来なくなることは一般的に知られていますが、次の生理予定日までの間に、妊娠の兆候を感じる人もいます。特に声が多い、下腹部や胃腸などのお腹周辺の兆候を集めました。

出血

受精卵が着床する妊娠超初期に出血があったというママは少なくありません。なかには出血量もかなりあった、というママもいて、生理 と 間違える人もいるようです。

「今思えば、妊娠した前後に少量の出血がありました。少し痛みもあったので、性交によって腟内に傷でもできたかな?と思っていました(40代ママ)」

ほかにも、子宮が急激に広がったり、胎児の成長に欠かせない子宮内の器官が発達するため、出血をすることも妊娠初期にはみられるようです。出血で不安を感じた場合には受診をしたり、医師に確認をしたようです。

「妊娠を知った直後に少しだけ出血し救急病院に行きました。結果的になにもなかったけどそのときは病院に行かずにはいられませんでした(40代ママ)」

「妊娠を知った当時、出血があり落ち着くまで仕事を休みました。担当医からは子宮が急激に大きくなるために出血があると聞きました(30代ママ)」

出血と見間違えることもある、おりものの色や状態の変化を妊娠の初期症状としてあげるママもいます。しかしながら、おりものは女性の身体や生殖器を守るために分泌される体液で、体調に応じて日々変化するものです。おりものの変化が妊娠の初期症状とはいえない部分もあるようです。

お腹のはり

妊娠超初期や初期にお腹のはりを感じたというママもいるようですね。ただし普段から便秘がちだったというママや生理前にお腹がはるタイプの女性も多く、妊娠の初期症状として、特に意識していなかった、という声が多く聞かれました。

妊娠初期に

「お腹のはり、というか、お腹が空かなかったのであまり食べられなかった(20代ママ)」

という声もありました。

便秘や下痢、下腹部痛

妊娠初期や超初期には、ホルモンバランスが目まぐるしく変化するため、影響を受けて便秘をしたり、消化器官が押されて下痢やおならがたくさん出た人は少なくありません。人によっては下痢や便秘を繰り返した人もいるようです。

「妊娠の超初期のころ、便秘をしましたが、もともと便秘症なので、変化なしと感じていました(30代ママ)」

「普段、下痢気味で便秘しないのですが、妊娠初期は下痢と便秘を繰り返していました。生理前で体調が崩れているのかな、とかストレスかな、と思っていました(40代ママ)」

「あまりにお腹が痛くて産婦人科へ行き、薬をもらいましたが、仕事中はおならを我慢することも多く、つらかったです(20代ママ)」

胃腸系の痛みではなくもう少し下の下腹部に痛みを感じるママもいます。

「妊娠初期から下腹部にシクシクするような痛みが常にありました。医師に相談すると仕事などで無理しないようにと言われました(20代ママ)」

「妊娠に気づく前から恥骨の上の奥が痛むような感覚はありました。妊娠発覚後、医師に確認すると子宮などが出産に備えて変化しているから、と言われました(40代ママ)」

この2人のママは妊娠発覚後に医師に相談したそうです。妊娠の可能性のある人で下腹部痛が続くようなら、不安をため込まず産婦人科を受診するとよいでしょう。

胃のむかつき

妊娠の超初期、初期症状として多くのママが経験しているのが、胃痛やむかつきです。一般的につわりは妊娠3ヶ月ごろから感じる人が多いといいますが、生理予定日を少し過ぎたころに胃の痛みやむかつきで病院を受診し、妊娠を早期に知った、というママの話もたびたび耳にします。

「いつも胃がむかむかして、ひどいときは吐いていました(30代ママ)」

「妊娠の超初期から胃がむかついていました。起床とともに吐いたこともあります(40代ママ)」

ほかにも、食欲が急に湧かなくなった、というママや、臭いが気になるようになったというママもいるようです。

「妊娠に気づく前から食欲不振や嗅覚が過敏になり悩みました。食欲不振は産後もしばらく続き、とくに肉や魚が食べられなくなりました(20代ママ)」

頻尿

頻尿もホルモンバランスの変化や、妊娠で子宮の大きさが変化し、泌尿器官が押されることなどが理由で起こります。

「トイレがすごく近かったような気がします(40代ママ)」

「常におしっこにいきたい、という感じで、熱っぽいし膀胱炎になったのかも。と不安に思っていました(40代ママ)」

妊娠の確定前でも尿意があまりにひどい場合は、産婦人科や泌尿器科を受診するのもよいかもしれません。妊娠の可能性があることは伝えるようにしましょう。

全身に現れる妊娠初期、超初期症状

妊娠の可能性のある時期に下記のような症状でなんだか体調が優れない、というときは妊娠の超初期、初期症状かもしれません。

妊娠初期症状 調子が悪い
iStock.com/miya227

肌荒れ

妊娠超初期、初期に肌荒れなどを訴える女性も多いようです。

妊娠でホルモンバランスが急激に変化し、皮脂や水分量のバランスが普段とは異なるから肌荒れしたというケースと、妊娠の初期症状に伴い、体内の水分量が減ったり、不安やストレスを感じたりして、肌荒れしたというケースがあるようです。

「妊娠初期に吹き出物が多かったり、肌がかゆかったです(20代ママ)」

「背中がすごく肌荒れしました。ほかにも冬場、足の乾燥がひどくなるのですが、妊娠が判明する前後は鱗みたいに乾燥していました(40代ママ)」

肌荒れ、と一口に言っても症状は人によって異なり、ニキビや吹き出物が出た、という人もいれば、乾燥した、という人もいるようです。なかには

「結婚式前だったのでスペシャルなケアしていましたが、何の成果もなく、おかしいなと思っていました。あとで妊娠していたからだと気づきました(20代ママ)」

と肌の調子が上がらなかったことを覚えているママもいます。肌は普段から、体内やメンタルの状態をあらわすため、妊娠という身体の特別な状態に影響されやすいのでしょう。

不眠

妊娠初期に

「寝つきが悪かったような気がします(30代ママ)」

「吐き気で眠れないことは多かったです(30代ママ)」

という体験談も聞かれました。単なる不眠というよりも吐き気などで眠れないと感じるママもいるようですね。

ほかにもホルモンバランスが著しく変化する頃なのでなんだか落ち着かなくて眠れなかった、というママは多いようです。

おっぱいのはり

妊娠をすると、妊娠をつかさどる女性ホルモンの働きが活発になるため影響を受けて、おっぱいが張ったり、乳首や乳輪の色が変わるなどの症状が妊娠初期から出る女性もいるようです。しかし、これも生理前によくみられる症状のひとつであり、妊娠が確定した後、初期症状だったと気づくママが多いようです。

微熱や悪寒

妊娠超初期や妊娠初期に、微熱を訴える人は多いようです。これは妊娠を継続させるために、体温の高温期をキープさせるプロゲステロンというホルモンが活動するためです。体温が通常より高いため、だるさや悪寒を訴える女性も多く、風邪と勘違いしてしまうケースもあるようです。

「妊娠したころは冬だったので、寒気や微熱を風邪のせいだと信じ込んでいました(30代ママ)」

「妊娠初期は常に熱っぽかったです(20代ママ)」

眠い女性
Winzy Lee/Shutterstock.com

倦怠感や眠気

微熱や悪寒とともに、多くのママが妊娠の初期症状として倦怠感をあげています。妊娠超初期や初期はお腹の中の赤ちゃんはとても小さく、ママの外見も妊娠前と比べて、変化はありません。

しかし、妊娠初期の身体は、妊娠の継続のために微熱程度の体温をキープし、目まぐるしく変化しているため非常に疲れやすい状態にあります。妊娠で多量に分泌される黄体ホルモンのプロゲステロンには眠気を誘発する働きもあります。

「いつも眠い感じで、どこでも居眠りしていました(40代ママ)」

「すごく疲れやすくてとにかく眠かった。微熱や下痢もあって治らないので、ひどい風邪をひいている、と思っていた(40代ママ)」

つわりのなかには、寝づわり、と呼ばれるものもあります。妊娠の可能性がある女性は無理をせず、疲れを感じたらゆっくりできるような環境にあるとよいですね。

めまいや頭痛

妊娠の超初期、初期にめまいや頭痛を訴える女性は少なくありません。めまいや頭痛は、ホルモンの働きが急に活発になったり、妊娠したことによって鉄分が不足し起こるようです。

「妊娠したころ、めまいや頭痛が起こり微熱っぽかったこともあり、風邪を引いたのかと思って風邪薬を飲んでしまいました。数日後妊娠が発覚し、お医者様に確認したら、このくらい妊娠初期なら薬の影響はないといわれほっとしました(40代ママ)」

妊娠の可能性がある場合は、めまいや倦怠感などの体調不良、頭痛や微熱などで風邪を疑っても、自己判断で薬を服用するのは、やめておいたほうがよいかもしれませんね。ほとんどケースで、その時期の少量の薬の服用は問題ないことが多いものの、不安材料となってしまうかもしれません。

妊娠の可能性のある女性は、お腹周りの妊娠初期、超初期の症状ではなくても、風邪をひいたときに似た症状があれば、かかりつけ医に相談しましょう。

ほかの妊娠超初期、初期の兆候

ほかにも

「妊娠に気づく前だったけど、少し神経質になったり、不安になっていた(40代ママ)」

「ちいさなことでいちいち腹を立てたりして情緒不安定だった(30代ママ)」

というママの声も聞かれました。

妊娠確定前も無理のない生活を

休憩中の女性
iStock.com/violet-blue

妊娠すると外見から妊婦だと判断できるようになる前から、ママの身体のなかではさまざまな変化が目まぐるしく起こっています。

妊娠検査薬の使用が可能になる前でも、今回紹介した症状に心当たりがあれば妊娠の兆候かもしれません。妊娠が確定するまで生活を変えなくてよい、とはいいますが、身体の不調を感じる人は、なるべく無理をせずゆったりと過ごせると良いですね。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック 院長)

No image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗の監修記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック
病気・トラブルの関連記事
カテゴリ一覧