マタニティジーンズを使ったコーデ。産後も使いやすい選び方など

マタニティジーンズを使ったコーデ。産後も使いやすい選び方など

いつから履き、産後いつまで履いたか

マタニティジーンズの購入を検討するとき、いつから用意するとよいのかや産後はどうするのか気になる方もいるのではないでしょうか。今回は、アジャスターつきや裏起毛素材、産後にリメイクして長期間使いやすいなどニーズにあわせたマタニティジーンズの選び方、マタニティジーンズを使ったコーデのポイントを体験談を交えてご紹介します。

マタニティジーンズを用意するとき

マタニティウェアを用意するとき、マタニティジーンズが必要か考える方もいるかもしれません。そこで、ママたちにマタニティジーンズを用意したか、用意しない場合はどのように対応していたのかを聞いてみました。

「妊娠前からジーンズを使ったコーデをすることが多かったので、マタニティ用のジーンズも用意しました。妊娠前に着ていた洋服と組みあわせて使いやすかったです」(20代ママ)

「私の場合、あまりお腹が大きくなかったので妊娠前から使っていたジーンズを履いていましたマタニティジーンズは用意せず、アジャスターベルトを使って代用しました」(30代ママ)

マタニティジーンズを用意したママや、代用品としてアジャスターベルトを使っていたママがいるようです。実際に、ママたちはマタニティジーンズをどのように用意していたのでしょう。

マタニティジーンズはいつから履いた?

マタニティジーンズをいつ頃から用意しようか考える方もいるのではないでしょうか。ママたちに、マタニティジーンズをいつから履いたのかを聞いてみました。

いつから

ソファーに座る女性
iStock.com/Milatas

「私の場合、つわりが始まった頃からマタニティジーンズを履きました。つわりの時期は、今まで使っていた体にフィットするジーンズが窮屈に感じることもあったので、マタニティ用のジーンズは履き心地がよく重宝しました」(30代ママ)

「お腹が徐々に大きくなってくると、今まで履いていたジーンズが履けなくなりました。私の場合は妊娠中期頃にマタニティ用のジーンズを用意しました」(40代ママ)

つわりが始まった頃やお腹が大きくなった頃など、マタニティジーンスをいつから履くかはそれぞれ時期が違うようです。他にも、つわりの時期が終わって妊娠中に外出する機会が増えた頃からいろいろな服装にあわせやすいマタニティジーンズを履き始めたというママの声もありました。

いつまで

「妊娠中に体型が変わったので、妊娠前に履いていたジーンズが履けるようになるまでマタニティジーンズを使っていました。私の場合、産後はすぐに体型が戻らなかったのでマタニティ用ジーンスが活躍しました」(20代ママ)

産後、体型が戻るまでの間もマタニティジーンズを履いたママがいるようです。ママのなかには、産後は妊娠前のスウェットやジャージー素材のボトムスを履いたので妊娠するまでマタニティジーンズを使っていたという声も聞かれました。

マタニティジーンズを選ぶときに意識したこと

マタニティジーンズを用意するとき、どのような選び方があるのか知りたいママもいるのではないでしょうか。ママたちに聞いた、マタニティジーンズの選び方をご紹介します。

素材

「つわりで体調が優れないときは、やわらかい履き心地のジーンスを着たいと思いました。ストレッチ素材のマタニティジーンズは、立ったり座ったりする動作にあわせて生地が伸縮するので妊娠中もすごしやすかったです」(30代ママ)

「冬の寒い時期は、体が冷えにくいように裏起毛タイプのマタニティジーンズを選びました。履いた瞬間から温かみを感じられるので、妊娠中の外出時に重宝しました」(40代ママ)

ストレッチや裏起毛など、素材を意識してマタニティジーンズを選んだママがいるようです。他にも、夏には綿素材や冷感タイプを用意すると、暑い時期もすごしやすかったというママの声もありました。

デザイン

ジーンズを履いた人
iStock.com/asiseeit

「私はマタニティ用のジーンズを用意するときに、デザイン性を重視しました。妊娠中もおしゃれを楽しみたいと思ったので、色落ち風やダメージ風のデザインのものを用意し、洋服にあわせてジーンズをコーディネートしました」(20代ママ)

好みのデザインのマタニティジーンズを選ぶと、コーディネートの幅も広がるかもしれませんね。普段の服装の雰囲気にあわせて、ストレートやワイドタイプ、サロペットタイプなどを用意することで、いろいろなコーディネートを楽しめたというママの声もありました。

産後にリメイクできるか

「マタニティジーンズは使用期間が短めだと思ったので、リメイクして産後を活用しやすいタイプを用意しました。ジーンズのウエスト部分に縫いつけられている腹帯の部分を切り取ってリメイクすると産後も使えるタイプを選ぶと、長期間使うことができました」(30代ママ)

マタニティジーンズを選ぶときに、産後も長期間使いやすいタイプを選んだママもいるようです。他にも、産後はウエストに通されている紐を結んで使えるジーンズを選ぶと、体型が戻るまで長く使えたというママの声もありました。

マタニティジーンズを使ったコーデのポイント

妊娠中、徐々にお腹が出てくるなどの体型が変わってもおしゃれを楽しみたいというママもいるようです。実際に、ママたちに聞いたマタニティジーンズを使ったコーデのポイントをご紹介します。

シルエットにこだわる

「妊娠中に体型が変わったので、すっきりとしたシルエットに見えるように意識しました。ワンピースを着ると、大きくなったお腹周りにボリュームが出るので、細身のストレートタイプのマタニティジーンズをあわせると全体のバランスがきれいに見えました」(30代ママ)

「Tシャツとジーンズのシンプルなコーディネートをするときは、シルエットにこだわりました。マタニティジーンズの裾をカットオフやロールアップするなど、足元まできれいに見えるように全体のバランスを意識しました」(20代ママ)

マタニティジーズを使ったコーディネートをするとき、シルエットにこだわったママがいるようです。他にも、ワイドタイプのマタニティジーンズを履くときはシンプルなトップスをあわせて上半身と下半身のボリューム感を調整したというママの声もありました。

着回ししやすいデザインを選ぶ

「ストレートタイプのマタニティジーンズは、いろいろな服とコーディネートしやすいと思いました。シンプルなTシャツやワンピース、パーカーともあわせやすかったので青系と黒系の2色を用意して着回していました」(40代ママ)

着回ししやすいデザインを選ぶと、コーディネートしやすかったというママの声がありました。妊娠前に履いていたものと同じようなデザインのマタニティジーンズを用意すると、持っている服とのコーディネートがしやすいかもしれませんね。

産後も使いやすいマタニティジーンズを選ぼう

男の子を抱っこするパパと妊婦ママ
© ucchie79 - Fotolia

マタニティジーンズをいつから履くかは、つわりが始まった頃やお腹が大きくなった頃などさまざまなようです。ママたちに聞くと、マタニティジーズをリメイクしたりアジャスターベルトを使ったりして産後も使ったという声もありました。

冷感タイプや裏起毛の他に季節にあわせた素材などマタニティジーンズの選び方に工夫して、妊娠中もおしゃれなコーディネートを楽しめるとよいですね。

2019年05月10日

おすすめユーザーのコメント
1
    uchi
    つわりの辛い時期に、身体にやさしいファッションアイテムを選べるのは良いことですよね!メーカーさんの努力に感謝。 産後も使える、リメイクできるっていうのはジーンズ以外でも重要なんじゃないかと思います。

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧