子連れキャンプの楽しみ方!子どもへの影響、持ち物や遊びのアイディア

子連れキャンプの楽しみ方!子どもへの影響、持ち物や遊びのアイディア

近年一層注目され、ブームとなっているキャンプ。子どもといっしょにキャンプデビューをしたいと考えている方も多いかもしれません。子どもとキャンプに行くときの必需品や便利グッズ、キャンプで楽しめる遊び方のアイディアやキャンプ料理のレシピなどをまとめました。

キャンプでの自然体験が与える子どもへの影響

そもそも自然での体験は、なぜ子どもの成長によいとされているのかご存知でしょうか。

子どもの脳を育むために重要なのが「五感」。鳥のさえずり、川のせせらぎ、甘い花の香り、木の葉の緑色の違い、拾い上げた石の手触りの違い、風が樹木を揺する音、日の光の温かさなど、あらゆるものが豊かに五感を刺激してくれます。

また、将来、子どもが自己実現するために必要な学力や自己肯定感の鍵となるのが「知的好奇心」。この知的好奇心を育むのに、自然体験は特に適しているようです。

テレビゲームや動画、本などは有限であるのに対し、植物や動物、気象などの自然は無限で、その奥深さが子どもを飽きさせず、好奇心を引き出してくれます。

知的好奇心がどう作用するかというと、子どもの学力が上がるといわれています。学力が高いと進路選択の自由度が高まり、結果的に自己実現しやすくなるということが脳科学だけでなく、心理学や教育学の面でも明らかになっているようです。

子どもとキャンプに行くときに気になること

そんな自然の中でさまざまな体験ができるキャンプ。子どもといっしょに行ってみたいけれど、何歳から連れて行けるのかや何を用意すればよいのか、どのような楽しみ方があるのか知りたい方もいるでしょう。

今回は、子どもとキャンプに行くときの必需品から遊びのアイディアまで、ママたちの声をもとに紹介します。

子どもとのキャンプは何歳から?

子どものキャンプデビューの年齢は、2~4歳頃など、家庭によってさまざまなようです。子どもが自然に興味をもち始めたタイミングで、最初は泊まらずにデイキャンプを楽しむ家庭もあるようです。

自然を思いっきり楽しむことができるキャンプは、年齡に応じた過ごし方を考えてみるとよいかもしれません。
A3pfamily/Shutterstock.com
A3pfamily/Shutterstock.com

キャンプ場選びのポイント

荷物の運搬が楽なオートキャンプ場や、天候や気温に左右されないコテージやバンガローのあるキャンプ場など、家族にとっての利用しやすさを考えることがキャンプ場選びのポイントのようです。

加えて、清潔なトイレやシャワーなどの施設があるかどうか、子ども向けの遊び場があるかどうかも調べておくとよいでしょう。小さな子どもが楽しめる設備が整ったキャンプ場もあるようなので、キャンプ場選びの際は参考にしてみるとよいかもしれません。

子どもと行くキャンプの持ち物

いざ子どもとキャンプに行こうと思い立っても、何を準備すればよいのかと悩む方もいるかもしれません。キャンプの持ち物には、どのようなものがあるのでしょうか。

キャンプの必需品

子どもとキャンプに行くときの必需品は、テントや寝袋、マットやランタンがあるようです。そのほか、テーブルとイス、調理道具も用意しておくとよいでしょう。

キャンプ道具をいちから用意しなければならない場合や、荷物がたくさんになってしまう場合は、道具の貸し出しを行っている施設を選びレンタルを活用するのもひとつの手です。
nata-lunata/Shutterstock.com
nata-lunata/Shutterstock.com

あると便利なグッズ

子どものキャンプでは汗をかいたり汚れたりすることも多いため、着替えやタオルを多めに持っておくと便利なようです。また、体温調節しやすく脱ぎ着しやすい上着や防寒着、日よけの帽子なども用意すると安心かもしれません。

タープは日よけになるだけでなく、急な雨でも雨宿りができるので、持っておくと便利でしょう。急な天候の変化に合わせて、レインコートなどの雨具もあわせて用意しておくとよいですね。

フライングディスクやシャボン玉などの子どもと遊べる道具や、万が一の場合に備えて、救急セットもあるとよいでしょう。

子どもと行くキャンプの遊びのアイディア

せっかくキャンプに行くなら、普段できない遊びをしたいですよね。

子どもとのキャンプをより楽しむために、自然の中でこそできる遊びや道具をつかった遊び、夜や雨のキャンプを楽しむ遊びなど、さまざまなアイディアを知っておくとより楽しめるかもしれません。
ziggy_mars/Shutterstock.com
ziggy_mars/Shutterstock.com

自然の中での遊び

キャンプの醍醐味でもある自然の中での遊びは、川遊びや魚釣り、虫取りなどがあります。

自分で魚を釣ったり、カブトムシなど普段見つけられないような昆虫と出会ったりと、自然の中での体験は子どもにとってかけがえのない思い出になることでしょう。

道具を使った遊び

水鉄砲やフライングディスクなどを用意して、普段遊ぶ公園ではできない遊びをしてみるのもよいですね。子どもが小さい場合は、ボール遊びやシャボン玉で楽しむ家庭もあるようです。

ハンモックもキャンプならではの遊びかもしれません。親子でいっしょに寝転んだり、子どもたちを乗せて揺らしたりすると、ゆったりとした特別な時間が過ごせそうです。

夜や雨のときの遊び

夜だけの楽しみがあるのも、キャンプの魅力のひとつ。天気のよい日には花火を楽しんだり、天体観測で満点の星空を見上げて過ごす家庭も多いようです。

雨などの悪天候の場合は、テントやコテージの中で過ごす場合もあるでしょう。拾った石や枝、木の実など、自然のものを使った工作や、家族でトランプなどのカードゲームを楽しむのもよいですね。
anatoliy_gleb/Shutterstock.com
anatoliy_gleb/Shutterstock.com

子どもと作るキャンプ料理

自然の中で味わう料理も、キャンプの醍醐味のひとつでしょう。ダッチオーブンで作るカレーやパンなどは普段できない経験で、子どもが進んでお手伝いするきっかけになるかもしれません。

おやつとして、焚き火で作る焼きマシュマロやポップコーンを楽しんでもよいですね。

使う食材はあらかじめ切っておくなどの下準備を行うと便利なようです。キャンプ場で山菜採りをして、その日に採れた野草や山菜を料理に使ったという家庭もありました。

自然の中でのキャンプを子どもといっしょに楽しんで

JenJ Payless2/Shutterstock.com
JenJ Payless2/Shutterstock.com
普段とは異なる環境で過ごすキャンプ。遊びや食事など1日を通して自然の中で過ごすことで、家族にとって楽しい思い出になりそうです。

キャンプ場は水場や森林が近くにある施設が多いため、子どもから目を離さず、自然を楽しみつつも危険がないよう、注意をしながら楽しみましょう。

ママたちが用意した持ち物や遊びのアイディアを参考にし、子どもとのキャンプが充実したものになるとよいですね。

2020年12月01日

外遊びの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ