誕生日などに4歳の子どもへプレゼントする絵本を選ぶときのポイント

誕生日などに4歳の子どもへプレゼントする絵本を選ぶときのポイント

絵本のプレゼントで気をつけたことなど

4歳の子どもの誕生日などに絵本をプレゼントしたいと考えたとき、どのような絵本を選ぶとよいのか悩むママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、4歳の子どもへプレゼントする絵本を選ぶときのポイントやプレゼントするときの工夫、絵本を贈るときに気をつけたいことなどを、体験談を交えてご紹介します。

4歳の子どもに絵本をプレゼントしたいとき

4歳の子どもに絵本をプレゼントしたいと考えるとき、どのような場面で絵本をプレゼントするのがよいか気になるママもいるのではないでしょうか。

ママたちはどのようなときに絵本をプレゼントしているのか聞いてみました。

30代ママ
子どもの4歳の誕生日プレゼントに絵本を用意しました。子どもが以前から欲しがっていた絵本だったので、プレゼントするととても喜んでくれました。
30代ママ
友人の子どもの入園祝いに絵本をプレゼントしました。自分の子どもといっしょにどのような絵本がよいか選んで贈りました。
子どもの4歳の誕生日祝いや入園祝いなどに絵本をプレゼントしたママがいるようです。他にも、久しぶりにあう親戚の子へのプレゼントに絵本を選んだというママの声もありました。

そこで今回は、4歳の子どもにどのような絵本を選んでいるのかや選ぶときに意識していることを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

4歳の子どもへの絵本を選ぶポイント

4歳の子どもに絵本をプレゼントするとき、どのような絵本を贈ると喜んでもらえるのか気になるママもいるのではないでしょうか。

4歳の子どもへプレゼントする絵本を選ぶときのポイントについて聞いてみました。

子どもの興味のある絵本にする

興味のある絵本
Rawpixel.com/Shutterstock.com
30代ママ
子どもが好きなものが書かれた絵本をプレゼントするようにしています。うちの子どもは恐竜が大好きなので恐竜の図鑑をプレゼントしました。
子どもが好きなものや興味をもっていることに関連した絵本を贈るママがいました。普段あまり絵本を読まないという子どもも、興味のあることが題材になっている絵本なら喜んでくれるかもしれません。

親近感が湧きそうなものを選ぶ

30代ママ
友人に2人目が生まれたのでお祝いに行くときに、上の子に絵本を用意しました。兄弟が生まれたお話の絵本をプレゼントしたのですが、興味深そうに読んでくれていました。
20代ママ
入園する親戚の子どもに絵本をプレゼントしました。保育園での生活が描かれている絵本を贈ると、入園がさらに楽しみになったようでした。
子どもの日常に近い、親近感が湧きそうなものを選んだママもいました。自分の状況に近い絵本なら、興味をもって読んでもらえるかもしれませんね。

オリジナル絵本にする

30代ママ
4歳の誕生日のお祝いに特別感のある絵本を贈りたいと思い、オリジナルの絵本をプレゼントしました。主人公を子どもの名前にできるので、自分だけの絵本だととても喜んでくれました。
主人公の名前に子どもの名前を入れることで作れる、オリジナル絵本をプレゼントしたママもいるようです。自分が絵本の主人公になっていたら子どももとても喜ぶかもしれませんね。

絵本をプレゼントするときの工夫

4歳の子どもに絵本をプレゼントするとき、どのように贈ると喜んでもらえるのか気になるママもいるかもしれません。絵本をプレゼントするときした工夫について、ママたちに聞いてみました。

ラッピングをする

ラッピング
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
購入した絵本をかわいい包装紙でラッピングしました。リボンをかけるとプレゼントらしくなり、子どもも喜んでくれました。

絵本をかわいくラッピングしたママもいるようです。かわいい包装紙や袋に入れて渡すのもよいかもしれません。

他にも、絵本にそのままリボンを巻いてプレゼントしたというママの声もありました。

メッセージカードを添える

30代ママ
プレゼントする絵本といっしょにお祝いのメッセージカードを添えました。絵本のキャラクターと同じ柄のカードに書いたら、キャラクターからお祝いされているように見え、子どもも大喜びでした。
プレゼントする絵本にメッセージカードを添えたママがいました。4歳の頃はまだ文字が読めない子もいるものの、プレゼントするときにメッセージを読みながら贈るととても嬉しそうにしていたというママの声もありました。

絵本のプレゼントで気をつけたこと

プレゼントする絵本を選ぶとき、どのようなことを意識しながら選ぶとよいのか気になるママもいるかもしれません。絵本のプレゼント選びで気をつけたことについて聞いてみました。

同じ絵本をもっていないか確認する

20代ママ
友人の子どもに絵本をプレゼントするときは、同じ絵本をもっていないか確認してから買うようにしています。友人に聞いておくと、リクエストしてくれることもあるので絵本選びがしやすくなります。
友人や親戚の子どもなどに絵本をプレゼントするときは、同じ絵本を持っていないか確認しているというママがいました。特に子どもの好きな絵本を選ぶ場合は、重複しないように気をつけるとよいかもしれません。

長く読んでもらえそうなものを選ぶ

30代ママ
プレゼントした絵本は長く読んでもらいたいなと思っています。もう少し大きくなっても読めるような物語性のある面白い絵本を選ぶようにしています。
4歳の頃だけでなく、大きくなってからも読んでもらえるような絵本を選んでいるというママもいました。他にも、長く読みつがれている定番の絵本を選ぶようにしているというママの声もありました。

4歳の子どもに絵本をプレゼントしよう

パパにプレゼントをもらう女の子
milatas/Shutterstock.com

誕生日祝いや入園祝いなど、4歳の子どもに絵本をプレゼントするときは、子どもの興味のあるものや親近感が湧くものなどを選んでいるママがいるようです。

選ぶときは同じ絵本をもっていないかを確認したり、長く読んでもらえそうな絵本を選ぶことも大切かもしれません。

ラッピングをしたりメッセージカードを添えるなどの工夫も考えながら、4歳の子どもに喜んでもらえるような素敵な絵本をプレゼントできるとよいですね。

2019年10月19日

専門家のコメント
28
    せんせい 保育士
    文字のない絵本はオススメです。子どもの想像でストーリーを作り上げていく✨
    この絵本の進め方
    きみ先生 保育士
    男の子だと意外と図鑑なんかも人気ですよ!乗り物や海の生き物など食い入るように見ています。
    はなばたけ先生 保育士
    想像力が豊かになり、理解力も付いてきたことで、私のクラスにはテレビや絵本を見て感動して泣く
    くじら先生 保育士
    あきやまただしさんの「へんしんトンネル」が子ども達に大人気でした。トンネルをくぐると言葉が
    いちぽ先生 保育士
    100かいだてのシリーズは夢のある構想で子どもたち好きですよね。
    園でも人気でした。
    子ど
    ぺち先生 保育士
    4歳になると字にも興味を持つし、ストーリーがわかってくるので、少し長めのものでもいいのかな
    きらり先生 保育士
    4歳になると、少し長い物語のお話でも興味を持ってくるころなので、絵本を選ぶ幅も広がってきま
    あー先生 保育士
    4歳児になるとストーリーせいのある絵本がわかるようになるので、絵本の中に入り込めるような絵
    こと先生 保育士
    4才だと少し長い絵本でも楽しめるので選ぶ幅が広がりますね✨
    オリジナルの自分の名前が入った
    たんぽぽ先生 保育士
    4歳の姪にはサンリオのお買い物屋さんという可愛いキャラクター達のおままごとセットのようなも
    たんぽぽ先生 保育士
    悩みますよねー!姪がサンリオがすきなのでハミングミントの絵本をプレゼントすると絵柄も可愛く
    まい先生 保育士
    子供が好きそうなタッチの絵本を選んでいます。
    あとはその子が好きなシリーズですかねー、
    すー先生 保育士
    毎年誕生日には「◯歳だもん」シリーズをプレゼントしていましたが、4歳はなさそうなので悩んで
    cocoまま先生 保育士
    4歳に絵本をプレゼントとっても素敵ですね^ ^4歳ですと少し長めの絵本もだんだんと集中でき
コメントをもっと見る

絵本の関連記事

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

  • 街で障がいのある人を見かけたら……友だちに障がいのある子がいたら……私たち保護者は障がいについて子どもたちにどのように伝えるとよいのでしょうか。無意識のうちに本人や周りの方を傷つけることのないよう、子どもが親しみやすい絵本から障がいについて理解を深めましょう。今回は、子どもと障がいを考える絵本12選をご紹介します。

  • 絵を描いて色を塗る、紙を切って貼る。指先を使っていろいろなものを作るこのような工作は、脳に刺激を与えるだけでなく、子どもの隠れた能力を引き出すというよさもあるかもしれません。そこで今回は、おうち時間での遊びや夏休みの宿題にぴったりなアイディアがいっぱいつまった、工作の絵本11選をご紹介します。

  • 原爆の日や終戦記念日など、8月は「戦争」という言葉を目にする機会が増える時期かもしれません。戦争について、子どもに伝える必要があると思っている保護者の中にも、どうすればうまく伝えられるか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。今回は、戦争と平和について伝えてくれる絵本10選をご紹介します。

カテゴリ一覧