2歳児向けのしつけに役立つ絵本。楽しみながら食事のマナーや礼儀を知ろう

2歳児向けのしつけに役立つ絵本。楽しみながら食事のマナーや礼儀を知ろう

絵本選びのポイントや子どもへの伝え方

2歳の子どもに、しつけに関する絵本を用意したいと考えるママやパパもいるかもしれません。しつけに役立つ絵本にはどのようなものがあるのでしょうか。食事や礼儀など絵本のジャンルや選び方、子どもへの伝え方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。 

2歳の子どもが楽しく読める絵本を用意しよう

2歳頃になると、話せる言葉が増えてコミュニケーションを楽しめたり、自分でできることが少しずつ増えてくる子どももいるでしょう。

いろいろなことに興味を持ち始める2歳の時期に、しつけに関する絵本を用意したいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

食事の仕方やあいさつをはじめとした礼儀など、教えたいことがたくさんあるのにうまく伝えられなかったりと、しつけに悩むこともあるかもしれません。

子どもが楽しんで読みながらしつけにつながる絵本を用意したいですね。

2歳の子どもが読むしつけに関する絵本の種類

2歳の子どもに読み聞かせたい、しつけに関する絵本をジャンルごとにご紹介します。

食事

食事
iStock.com/Hiromi Kudo
2歳頃になると、食べ物の好き嫌いが出てきたり、遊び食べをし始めることもあるかもしれません。

食事の楽しさやマナーなどを知ることができる絵本もさまざまあるようです。

野菜や料理がおいしそうに描かれていると「食べてみたい」と思えるきっかけにつながるかもしれません。

ご飯を食べているときの音がリズミカルに表現されている絵本や、料理を作る絵本も楽しいでしょう。

礼儀

おはよう、ありがとう、ごめんなさいなど、あいさつや礼儀を学べる絵本もあります。

感謝の伝え方や、あいさつの大切さ、どこでどのようなあいさつをするのかなど具体的なシチュエーションが描かれていると、子どももわかりやすいかもしれません。

片づけ

子どもに「片づけをしよう!」と声をかけても、なかなか行動に移してくれないこともあるでしょう。

おもちゃの片づけ方法をわかりやすく描いている絵本や、部屋がきれいになると気持ちがよいことを感じられる絵本を読むと、やってみようと思えるかもしれません。

子どもが自ら片づけをするようになるとよいですね。

トイレや歯磨き

2歳頃になると、トイレトレーニングを始めたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

かわいい動物のキャラクターや、自分と同年代の子どもががんばってトイレに行っている絵本を読むと、子どももトイレで用を足すイメージが沸きやすいかもしれません。

また、子どもが歯磨きを嫌がることもあるでしょう。

歯磨きをしてから口をゆすぐまでの流れを描いた絵本や、なぜ歯磨きをしなければならないのかなど、理由についてふれている絵本は子どもも理解しやすく、実行しやすいかもしれません。

着替え

子供服
iStock.com/YelenaYemchuk
パンツやズボンを履いたり、ボタンのとめ方について描かれている絵本もさまざまあります。

着替えに関する絵本はトイレトレーニングとも合わせて楽しめるようです。ひとりで着替えるきっかけになるとよいですね。

しつけに関する絵本選びのポイント

2歳の子どもに読み聞かせる絵本選びのポイントをご紹介します。

ストーリーがある絵本を選ぶ

2歳ごろになると、絵本の簡単なストーリーを理解し始める子どももいるかもしれません。

朝起きてから夜寝るまでの物語や、おもちゃで遊んでから片づけをするまでの流れなど、起承転結が描かれいる絵本はたくさんあります。

どうしてあいさつをするのか、なぜ片づけをしなければならないのかなど、絵本のなかでさまざまな理由が描かれていると、子どもにも伝わりやすいでしょう。

音の響きを楽しめる絵本を選ぶ

ご飯を食べているときの音や、トイレをしているときの音などがリズミカルな言葉で表現されていると、2歳の子どもも覚えやすく、楽しんで読めるでしょう。

例えば、歯磨きが苦手な場合は、歯磨きについて描かれている絵本の文章を歌うように読むと、子どもも気持ちを切り替えて楽しめるかもしれません。

2歳くらいの子どもが出てくる絵本を選ぶ

絵本の登場人物の影響を受けて、真似をする子どももいるでしょう。

食べ物の好き嫌いがある子や、片づけや歯磨きをしたくない子など、自分と同じような気持ちを抱えている2歳頃の子どもが絵本のなかで描かれていると、自分もがんばろうと思うきっかけになるかもしれません。

絵本を読んだあとの反応や子どもへの伝え方

2歳の子どもへの伝え方や、しつけに関する絵本を読み聞かせたあとの子どもの反応についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
動物のキャラクターが、がんばってトイレに行く絵本を子どもに読み聞かせていました。子どものモチベーションを高められるように『あの子もがんばっていたからトイレ行ってみよう!』と声をかけていました。
20代ママ
ご飯を食べる前に『〇〇ちゃんはご飯を食べる前に手を洗っていたね、洗いに行こうか』と、子どもが絵本の内容を思い出せるように伝えています。
30代ママ
野菜の好き嫌いがあったとき、トマトが主役の絵本を読み聞かせると興味が沸いたのか、トマトを食べてくれました。そのときは私がトマトになりかわって『食べてくれてありがとう!』と子どもにお礼を言いました。
しつけに関する絵本を通して、子どもとコミュニケーションを取っているママたちの声がありました。

絵本の内容を話題に出しながら、子どもに伝えられるとよいでしょう。

しつけに関する絵本を用意して子育てを楽しもう

絵本を読む男の子
iStock.com/kohei_hara
2歳の子どもが楽しめるしつけに関する絵本はたくさんあります。食事や礼儀など、読み聞かせたい内容を考えて絵本を選びましょう。

しつけに役立つ絵本が数冊セットになったものを用意したというママもいました。

教えたいことがたくさんあって伝え方に迷ったら、子どもがお気に入りの絵本を用意して、楽しみながら生活習慣を身につけられるとよいですね。

2019年09月27日

専門家のコメント
9
    にこちゃん先生 保育士
    興味をもって、楽しんでみながらも子どもの成長に一役かってくれるなんてありがたいですよね。
    絵本の読み聞かせの時間が親子のコミュニケーションの時間ともなるので、大事にしたいですね。

    躾の面では、なかなか身に付かず、子どもが何度も大人の思いと反対のことをしてイライラ…という場面もあるのではないでしょうか。
    何度言ったら…という視点を変えて、他のアプローチをする意味でも、絵本はその一つの方法として試してみるといいですね!
    せんせい 保育士
    親や保育者の言葉はなかなか聞き入れることが難しい時でも
    絵本の可愛い絵本とかならスッと子どもも言葉が入ってくるかもしれませんね🤩
    その分、良い内容の絵本でも読み方を間違えないようにしないといけませんね👐
    あーちん先生 保育士
    出来れば口で言ってすぐに伝わるのが良いかもしれませんが、子育てとなるとなかなかそうも行きません。ましてや2歳はイヤイヤ期で手を焼くことも多いのでは?
    絵本を繰り返し読み聞かせする中で自分もやってみようという気持ちのきっかけになるかもしれませんね!しつけに役立つだけではなく絵本の中で絵や字に興味をもったり、感受性が豊かにらなると言われているので、親子のスキンシップの時間にぴったりですね❤︎
    くじら先生 保育士
    きむらゆういちさんのあかちゃんのあそびえほんシリーズがおすすめです。ロングセラーなので、私自身が子どもの頃にも母によく読んでもらっていました。
    いちぽ先生 保育士
    言葉で言ってもなかなか伝わらないこともあるので、絵本で学べるのはいいですね。
    知育絵本みたいなのもあるので楽しみながら知って行けたらいいですね。
    きらり先生 保育士
    歯磨きが嫌いだったので、はみがきれっしゃという絵本を購入しました☆口の中の様子など書かれていて、子どもも興味津々で見ていました。そこかられっしゃごっこをしながら磨いたり楽しく磨けるようになりました。
    まり先生 保育士
    2歳頃は動きも活発になり、
    興味も様々なところへいってしまうので、躾は日々の積み重ねが大事なのかと思います。今日は出来なくても1年後…と姿を想像するようにしています。絵本で目から情報を取り入れるのはとても良いと思います!
    あー先生 保育士
    2歳になると食事も幼児食になっていて安定してきているので、マナーなどを少しずつ伝えていきたいですよね。そんな時絵本で伝えるとごはんの前や後のあいさつであったり食事のマナーが伝わりますよ。
    おはぎ先生 保育士
    きむらゆういちさんの絵本シリーズは私が小さいときもお気に入りで子供たちもお気に入りです。いないいないばぁもありますが、いただきますやトイレやお返事など生活で使う大切なことも楽しく学べます
おすすめユーザーのコメント
2
    YK
    絵本はプレゼントやおさがりでもらうことが多く、積極的に自分で選んだことはありませんでしたが、しつけを考えて選んでみるのもいいなと思いました
    sh
    なるほどーとママも勉強になる絵本ありますよね^_^

絵本の関連記事

カテゴリ一覧