節分をテーマにした絵本。年齢別に紹介

節分をテーマにした絵本。年齢別に紹介

子どもが夢中になる、ストーリーとは

節分をテーマにした絵本は、節分の由来を説明しているものなどもあるので、節分文化を知るきっかけにもなるかもしれません。年齢やストーリーを考えると、どのような絵本を選べばよいか迷ってしまいますね。そこで、今回は年齢別で節分をテーマにした絵本をいくつかご紹介します。

年齢にあわせた絵本を選ぼう!節分をテーマにした絵本7選

節分の文化や由来などを説明するとき、絵本で楽しく読み聞かせをしてみるのもよいかもしれませんね。そこで、節分をテーマにした絵本を年齢別でいくつかご紹介します。

1歳から2歳頃の子どもの絵本

絵本を読み始めたばかりの1歳から2歳の子どもには、しっかり絵本を読み聞かせをするよりも、絵本を使いながら歌や動作を交えていくとよいのではないでしょうか。

歌や動作を加え、ママやパパとやりとりしながら絵本を楽しめば、自然に節分の文化にふれることができるかもしれませんね。

人気の童謡を歌いながら親子で絵本を楽しめる

子どもに人気の童謡を歌いながら、いっしょに楽しめる絵本です。かわらしいオニと動物たちが出てくる絵本は、眺めるだけでも楽しくなるかもしれませんね。

この絵本には、楽譜も付いているので、さまざまな使い方ができるのではないでしょうか。

おにのパンツ (わらべうたえほん)鈴木 博子

3歳から4歳頃の子どもの絵本

絵本を読むことに慣れ始めた3歳から4歳ほどの子どもには、読み聞かせを楽しむために簡単でもストーリー性がある絵本がよいかもしれません。

また、家族以外にも幼稚園のお友だちなどのかかわりも増えてくるため、お友だちとの接し方なども学べる絵本もよいのではないでしょうか。

節分には意外な秘密が隠されている?

オニの家族は、仲良く人間の家で暮らしています。しかし、節分の時期がやってきて、家族の様子が変わってしまいます。

ユーモアがあるストーリーで、節分とオニのかかわりがわかる絵本です。

せつぶんのひのおにいっか 青山 友美

幼稚園にやって来るあの子は誰かな

幼稚園をじっと見つめていた「にお」くんは、やがて園児たちといっしょに野球をして遊びはじめます。しかし、節分の豆まきをはじめると「にお」くんが逃げてしまいます。

節分をテーマにしながらも「にお」くんを通して、人とのかかわりを学べる絵本です。

おにはうち! 中川 ひろたか

節分の日に出会った「ふく」とは

ある日、山に住んでいるオニが山を下りますが、その日は節分でした。オニは慌てて縁の下に逃げますが、そのときに出会ったのが「ふく」です。

「ふく」はなぜ縁の下にいたのか、考えさせながらもスリル満点の節分をテーマにした絵本です。

きょうはせつぶんふくはだれ? 正岡 慧子

5歳から6歳頃の子どもの絵本

5歳から6歳頃の子どもは、読み聞かせから、さらにひとりでも絵本を読めるようになる子もいるので、少し長めのストーリー性がある絵本もよいかもしれませんね。

ちょっと考える絵本から笑って楽しく読める絵本など、いろいろな絵本を揃えるのもよいのではないでしょうか。

節分だけじゃない!みんなのなかにいるオニ

従来通りの節分だと、オニが家に入らないようにと追い払う考え方をしていますが、この絵本では違う角度からオニを見つけることができるようです。

この絵本を読んだら、ちょっと違った節分が始まるかもしれませんね。

おなかのなかにおにがいる 小沢 孝子

思わずみんなで大笑いしちゃう

山の奥に住む妖怪の山姥(やまんば、やまうば)の娘「まゆ」とオニで繰り広げられるユーモアたっぷりの絵本です。

いっしょに読んでいるママやパパもファンになってしまうほど、楽しく読める絵本なので、子どもはもっと夢中になるかもしれませんね。

まゆとおに  富安 陽子

オニもお友だちの仲間入り

節分では、「オニは外、ふくは内」と豆まきをする習慣がありますが、この絵本ではその習慣を少し変えて紹介しています。

オニは怖い存在だと思われがちですが、この絵本を読むとオニへの印象も変わってしまうかもしれませんね。

ふくはうちおにもうち 内田 麟太郎

年齢に応じて節分の絵本を選んでみよう

iStock.com/kohei_hara

今回は、節分をテーマにした絵本をいくつかご紹介しました。

絵本によっては、楽しくいっしょに歌を交えながら読めるものや、オニの在り方などを考えさせられるストーリー性がある絵本もあります。子どもの成長にあわせて、今回紹介した絵本を参考に、選んでみるのもよいのではないでしょうか。

2018年10月19日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧