節分をテーマにした絵本。年齢別に紹介

節分をテーマにした絵本。年齢別に紹介

子どもが夢中になる、ストーリーとは

節分をテーマにした絵本は、節分の由来を説明しているものなどもあるので、節分文化を知るきっかけにもなるかもしれません。年齢やストーリーを考えると、どのような絵本を選べばよいか迷ってしまいますね。そこで、今回は年齢別で節分をテーマにした絵本をいくつかご紹介します。

年齢にあわせた絵本を選ぼう!節分をテーマにした絵本7選

節分の文化や由来などを説明するとき、絵本で楽しく読み聞かせをしてみるのもよいかもしれませんね。そこで、節分をテーマにした絵本を年齢別でいくつかご紹介します。

1歳から2歳頃の子どもの絵本

絵本を読み始めたばかりの1歳から2歳の子どもには、しっかり絵本を読み聞かせをするよりも、絵本を使いながら歌や動作を交えていくとよいのではないでしょうか。

歌や動作を加え、ママやパパとやりとりしながら絵本を楽しめば、自然に節分の文化にふれることができるかもしれませんね。

人気の童謡を歌いながら親子で絵本を楽しめる

子どもに人気の童謡を歌いながら、いっしょに楽しめる絵本です。かわらしいオニと動物たちが出てくる絵本は、眺めるだけでも楽しくなるかもしれませんね。

この絵本には、楽譜も付いているので、さまざまな使い方ができるのではないでしょうか。

おにのパンツ (わらべうたえほん)鈴木 博子

3歳から4歳頃の子どもの絵本

絵本を読むことに慣れ始めた3歳から4歳ほどの子どもには、読み聞かせを楽しむために簡単でもストーリー性がある絵本がよいかもしれません。

また、家族以外にも幼稚園のお友だちなどのかかわりも増えてくるため、お友だちとの接し方なども学べる絵本もよいのではないでしょうか。

節分には意外な秘密が隠されている?

オニの家族は、仲良く人間の家で暮らしています。しかし、節分の時期がやってきて、家族の様子が変わってしまいます。

ユーモアがあるストーリーで、節分とオニのかかわりがわかる絵本です。

せつぶんのひのおにいっか 青山 友美

幼稚園にやって来るあの子は誰かな

幼稚園をじっと見つめていた「にお」くんは、やがて園児たちといっしょに野球をして遊びはじめます。しかし、節分の豆まきをはじめると「にお」くんが逃げてしまいます。

節分をテーマにしながらも「にお」くんを通して、人とのかかわりを学べる絵本です。

おにはうち! 中川 ひろたか

節分の日に出会った「ふく」とは

ある日、山に住んでいるオニが山を下りますが、その日は節分でした。オニは慌てて縁の下に逃げますが、そのときに出会ったのが「ふく」です。

「ふく」はなぜ縁の下にいたのか、考えさせながらもスリル満点の節分をテーマにした絵本です。

きょうはせつぶんふくはだれ? 正岡 慧子

5歳から6歳頃の子どもの絵本

5歳から6歳頃の子どもは、読み聞かせから、さらにひとりでも絵本を読めるようになる子もいるので、少し長めのストーリー性がある絵本もよいかもしれませんね。

ちょっと考える絵本から笑って楽しく読める絵本など、いろいろな絵本を揃えるのもよいのではないでしょうか。

節分だけじゃない!みんなのなかにいるオニ

従来通りの節分だと、オニが家に入らないようにと追い払う考え方をしていますが、この絵本では違う角度からオニを見つけることができるようです。

この絵本を読んだら、ちょっと違った節分が始まるかもしれませんね。

おなかのなかにおにがいる 小沢 孝子

思わずみんなで大笑いしちゃう

山の奥に住む妖怪の山姥(やまんば、やまうば)の娘「まゆ」とオニで繰り広げられるユーモアたっぷりの絵本です。

いっしょに読んでいるママやパパもファンになってしまうほど、楽しく読める絵本なので、子どもはもっと夢中になるかもしれませんね。

まゆとおに  富安 陽子

オニもお友だちの仲間入り

節分では、「オニは外、ふくは内」と豆まきをする習慣がありますが、この絵本ではその習慣を少し変えて紹介しています。

オニは怖い存在だと思われがちですが、この絵本を読むとオニへの印象も変わってしまうかもしれませんね。

ふくはうちおにもうち 内田 麟太郎

年齢に応じて節分の絵本を選んでみよう

iStock.com/kohei_hara

今回は、節分をテーマにした絵本をいくつかご紹介しました。

絵本によっては、楽しくいっしょに歌を交えながら読めるものや、オニの在り方などを考えさせられるストーリー性がある絵本もあります。子どもの成長にあわせて、今回紹介した絵本を参考に、選んでみるのもよいのではないでしょうか。

2018年10月19日

専門家のコメント
16
    せんせい 保育士
    こんなにたくさん絵本があるのですね🤩勉強になります✨「鬼」のことは製作したり、由来を考え
    ほー先生 保育士
    話が長めなので大きい子向けですが
    個人的に「ないた赤おに」が好きです。
    こどもの感受性や優
    こと先生 保育士
    絵本で楽しみながら、行事に興味を持てるのはいいですね♡
    我が子はおにのパンツの歌の絵本が大
    メグミ先生 保育士
    まめのかぞえうたという絵本もかわいいですよ!「ひとーつ まめ ひとつ あったとさ」「ふたー
    いちぽ先生 保育士
    ないた赤おには、わたしが小さい頃からありました。
    懐かしいなと思いました。子どもの優しい気
    すみっこ先生 保育士
    「ちいちゃんとまめまき」という絵本が昔から大好きです。
    「ちいちゃん」シリーズは全部好きで
    あー先生 保育士
    1、2歳児クラスの担任の時は鬼のパンツの絵本を童謡にのせて読み聞かせしていました。こどもは
    なつまる先生 保育士
    鬼のパンツの歌を
    可愛い絵で絵本にしたものが
    歌いながら見ることもできて
    楽しそうなた集中
コメントをもっと見る

絵本の関連記事

  • 子どもたちが待ちに待った夏休みが始まります。どこに出かけよう、どんなことを学ぼう、どんなことにチャレンジしよう……夏休みに胸を膨らませる子どもたちも多いでしょう。一度きりのその夏を思いきり楽しめるような、読んでワクワクする絵本12選をご紹介します。

  • 夏の暑さの影響で、子どもと室内遊びをして過ごす時間が増えているという家庭も多いのでは。そこで今回は、子どもと楽しめる話題の絵本をご紹介。個性や性教育をテーマとした作品、ストーリーを楽しみながら数や英語が学べる作品など、今年上半期に発売された最新の絵本をまとめました。

  • スポーツは体が鍛えられるだけでなく、仲間と同じ目標に向かって頑張ることで協調性も養われます。そんなスポーツを始めるのにぴったりなこの季節に、絵本を通して体を動かす面白さやスポーツによる大きな力を子どもに伝えてみてはいかがでしょう。今回は、スポーツの魅力がいっぱいの絵本10選をご紹介します。

  • 今年も暑い夏がやってきます。この夏、子どもたちが大好きな海に出かける家庭も多いのではないでしょうか。海水浴として楽しむだけでなく、絵本を通してさまざまな海について知ることができると、今までの見方も違ってくるかもしれません。今回は、海の魅力がたくさんつまった絵本12選をご紹介します。

  • 7/7は七夕。保育園や幼稚園でも大きな笹に飾り付けをして、短冊に願い事をかくこの行事を楽しみにしている子どもたちも多いのではないでしょうか。今回は、七夕の由来から織姫と彦星のストーリーまで、行事を楽しむのはもちろん、子どもにとって学びにもなる七夕の絵本12選をご紹介します。

  • 7/1は国民安全の日。子どもたちの日常には避けることができない危険がたくさんひそんでいます。大人が子どもを守るのはもちろん、一人で外出する機会が増える小学校入学前に、自分で自分を守る知識や方法を普段から学んでおきましょう。幼児期の子どもが防犯や防災をわかりやすく学べる絵本10選をご紹介します。

  • 6月はアメリカをはじめ、世界各地で「プライド月間(Pride Month)」と称されています。これを機に絵本を通して、多様性への理解と誰もが生きやすい社会をこれからを生きる子どもたちに伝えてみてはいかがでしょう。今回は、子どもが親しみやすいテーマで、多様性を知ることができる絵本10選をご紹介します。

  • 頼もしくてかっこいいお父さん。父の日はそんなお父さんとたくさんふれ合って、心からの感謝を伝えましょう。親子で読みたいお父さんを描いた絵本10選をご紹介します。

  • 雨の日が続く梅雨の季節は、なんとなく気分も沈みがちに……ですが、子どもはどんなときも遊びや楽しみを見つけます!子どものワクワクを引き出すだけでなく、雨の音や雨ならではの風景も楽しめる、大人にとっても魅力いっぱいな雨を楽しむ絵本11選をご紹介します。

  • 気候もあたたかくなり、トイレトレーニングを始めるには絶好のチャンス。始めたけれどスムーズに進まない、おしっこはトイレでできるのにうんちができないなど、さまざまな悩みを抱えるママやパパたちのために、今回は、子どもが自然とトイレを意識できる、トイレトレーニングに役立つ絵本12選をご紹介します。

  • 輝く星や月が浮かぶ宇宙。そこにはいったいどんな世界が広がっているのでしょう。宇宙に興味を持ちはじめた子どもたちの頭の中にあふれる疑問や好奇心に、魅力的なイラストとわかりやすい言葉で伝えてくれる、宇宙を知る絵本10選をご紹介します。

  • あなたは毎日子どもと笑いあっていますか?「笑い」は心を軽くして、何よりも楽しい時間を作ってくれます。いつもの親子の時間を笑顔あふれる時間にしてくれる、ユーモアたっぷりの絵本をご紹介します。

カテゴリ一覧