【体験談】パパと子どもで楽しむ遊び。外やおうちでできること

【体験談】パパと子どもで楽しむ遊び。外やおうちでできること

男の子・女の子のパパやママにきいたエピソード

ママがいないときに子どもと何をしてすごしたらよいか迷うパパや、子どもとの遊びの種類を増やしたいパパもいるのではないでしょうか。パパならではのアクティブな遊びを子どもと楽しんでほしいと考えるママもいるかもしれません。パパと子どもがどのような遊びを楽しんでいるか、パパやママの体験談を聞いてみました。

パパと子どもはどのような遊びを楽しんでいる?

パパと子どもが遊ぶ場面には、子どもの希望でどこかへおでかけする場合やおうちでゆっくりすごす場合など、さまざまあるでしょう。おでかけやおうちでパパたちは子どもとどのような遊びを楽しんでいるのでしょうか。

パパが実際に子どもと楽しんでいる遊びや、ママから見て子どもが楽しそうだったパパとの遊びについて、体験談をご紹介します。

パパと子どもがおでかけで楽しめる遊び

休日などの時間があるときには子どもとおでかけをして遊びたいと考えるパパもいるでしょう。パパと子どもはおでかけでどのような遊びをしているのか聞いてみました。

公園

30代パパ
パンとレジャーシートを持って公園へ出かけ、簡単なピクニックをしてから遊具で遊びました。大きくなるにつれて難しい遊具もすいすいできるようになって、成長を感じられるので見ていて楽しいです
30代ママ
休日は公園へ出かけ、パパが子どもにサッカーやキャッチボールを教えていました。パパは野球経験者なので細かい技なども教えることができました

子どもと公園へおでかけして遊んでいるというパパがいました。遊具を楽しんだりボールなどの遊び道具を持って行ったり、子どもに合わせてさまざまな遊びをできるのがよいですね。

公園で体を動かしながら言葉でもたくさんコミュニケーションをとるという女の子のパパや、喋るより作業に集中してもくもくと楽しんでいたという男の子のママもいました。

アクティビティ

カヌーを漕ぐ男の子
iStock.com/GOTO_TOKYO
30代ママ
パパがずっと欲しがっていたカヌーを買ったので、夏休みに湖へ行きました。誕生日が近かったので子どもにはライフジャケットをプレゼントしました。ふたりともはじめての体験でとてもよろこんでいました
30代パパ
近所のショッピングセンターで子どもといっしょにボルダリングの体験をしました。体を動かすだけでなく、次に手や足をどこにかけるか考えながら積極的に挑んでいく子どもの姿は、他の場所ではなかなか見られないのでよかったです。

普段いかない場所やできないことを楽しむアクティビティは、子どもにとってもパパにとってもよい体験になるようです。季節や天候に合わせて、屋外や屋内でできるものを探してみるとよいかもしれませんね。

イベント

30代ママ
年末年始に私が入院したことがありました。せっかくのお休みに子どもと出かけられず申し訳なく思っていたのですが、パパがキャラクターショーに連れて行ってくれて上演中ずっと肩車をしてくれたと、子どもがうれしそうに話してくれました

子どもがよろこぶ催しを楽しもうとイベントやお祭りへ連れて行ったパパがいました。会場に人が多い場合は、子どもから離れないようにするなど注意するとよいでしょう。

パパと子どもがおうちで楽しめる遊び

天候などそのときの状況によって、おでかけをせずにおうちで遊びたい場合もあるでしょう。平日の夜など少しの時間で楽しみたい場合もあるかもしれません。子どもとおうちで手軽に楽しめる遊びには、どんなものがあるのでしょうか。

パパの体を活かした遊び

パパと遊ぶ男の子
iStock.com/Shoko Shimabukuro
30代ママ
子どもが小さい頃はよく高い高いをしていました。4歳の今はパパと子どもが向かい合って両手をつなぎ、子どもが膝を駆け上ってくるんと回転する遊びをしています。子どもの体重をしっかり受けとめ体を支える力は私にはないので、パパが遊んでくれて助かっています

パパの体や力を活かして、おうちの中でも子どもとアクティブに遊んでいるパパがいました。子どもの力の強さや体の大きさなどに合わせて、工夫しながらさまざまな遊びを楽しめそうですね。

お風呂

30代パパ
浴槽に浅くお湯をため、体を洗った後でゆっくり遊ぶ時間をつくりました。石けんでできたクレヨンで壁に絵を描いたり、お風呂用のおもちゃを用意して水遊びを楽しみました

プール遊びの感覚で子どもとお風呂を楽しんだというパパの声もありました。天気が悪い日や寒い季節でもゆったり遊べるのがよいですね。お湯をぬるめにしてのぼせないようにするなどの工夫はした方がよいかもしれません。

料理

30代パパ
子どもがサンドイッチの作り方が書かれている絵本が好きだったので、パンや具材を準備して絵本を見ながら一緒に作りました。バターを塗ったりハムを挟んだり、ひとつひとつの工程をとても楽しんでいました。

食事を兼ねて簡単な料理を子どもと楽しむパパもいました。子どもが好きなメニューや作りやすいレシピを選んであげるとよさそうです。子どもの成長に合わせて材料の買い出しや後片付けまでいっしょに楽しめるようになると、教育のひとつとしてもよいかもしれませんね。

子どもと遊ぶときに気をつけること

子どもの安全や成長を考えて、遊ぶときにはいくつか気をつけることがあるでしょう。パパたちが実際にどのようなことに気をつけているのか聞いてみました。

30代パパ
おでかけをしたときは子どもから目を離さないように注意していました。はしゃぎすぎたら周囲の声が聞こえなくなる子どもなので、様子を見てときには落ち着かせるように心がけていました
30代パパ
屋外で遊ぶときは帽子と飲み物を持っていき、日差しや水分補給に気を使っています。トイレトレーニング中なのでトイレの声かけも忘れないようにしています
30代パパ
公園で遊んでいると、たまに子どもが上の年齢向けの難しそうな遊具に挑戦していて危ないと感じるときもあるのですが、子どものやりたい気持ちを大切にして見守ることにしています

パパたちは子どもと遊ぶときにさまざまなことに気をつけているようです。心配なことやよくわからないことがあればママと相談してもよいかもしれませんね。

子どもとの遊びをパパも楽しもう

ブロックで遊ぶ親子
iStock.com/kohei_hara

子どもとの遊びについてパパたちに聞いてみると、そのときにできることを工夫しながら楽しんでいるという声がありました。遠くへ出かけたり何かを用意したり特別なことばかりでなく、普段の生活の中にも子どもを楽しませるヒントはあるようです。

アクティブに遊んだりものづくりを楽しんだり、子どもとの時間のなかでパパも新たな発見やよろこびを体験できるとよいですね。

2019年06月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おうち遊びの関連記事

カテゴリ一覧