お正月の特別な思い出に。3世代で楽しむ昔あそび

お正月の特別な思い出に。3世代で楽しむ昔あそび

年末年始の帰省先は、3世代が集まる貴重な機会。せっかくなので、お正月ならではの昔遊びを楽しんでみませんか。おじいちゃん・おばあちゃんの力も借りて、昔ながらの遊びを子どもたちに伝えましょう。

せっかく家族が集まるから

ふだんは忙しくてなかなか顔をそろえられなくても、年末年始は別ですよね。大人はなにかと忙しいですが、子どもはいつもと違う環境にワクワクしているはず。

せっかくの帰省の機会、おじいちゃん・おばあちゃんも一緒に誘って、お正月ならではの昔遊びを楽しんでみませんか。

お正月ならではの昔遊びとは

お正月にぴったりの昔遊びとはどんなものがあるのでしょうか。若いご両親の場合、もしかしたらご自身もやったことがない遊びもあるかもしれませんね。それぞれの意味や由来も合わせてご紹介していきます。

たこあげ

凧揚げ
iStock.com/DaydreamsGirl

まずは、お正月の歌にも登場するたこあげです。由来は諸説ありますが、その年の厄除け祈願という意味合いが強いようです。

たこは大きく分けると、和紙と竹で作られた「和凧」と、ビニール製などの「洋凧(カイト)」があります。筆者が子どものころは、「奴凧(やっこだこ)」が多かったような記憶があります。また、小学校で作ったりもしました。

どれだけ長くあげていられるかを競ったり、高さを競ったり、たこ同士をぶつけ合ったり、いろんな遊び方があります。まずは、子どもが糸巻きを持ち、大人がたこを持って一定の距離を保っていっしょに風上に向かって走ります。たこを離すタイミングはもちろん、あげるのがまず難しいですね。

親子の共同作業、おじいちゃん・おばあちゃんの知恵も借りてみんなで楽しみましょう。

コマまわし

コマまわし
iStock.com/fpdress

コマは、奈良時代のころに日本に伝わりましたが、生まれたのは何と4千年も前なんですね。仕事や頭が「回る」とする、縁起のいい遊びです。

簡単なのは、指でひねって回したり、軸を両手でもって手のひらですり合わせて回したりする方法ですね。ひもを巻き付けて回す場合は、軸に巻き付けたり、胴体に巻き付けたりと、おじいちゃんにやり方を伝授してもらうのもいいですね。

どれだけ長く回せるかを競ったり、コマ同士をぶつけあったり、個人技もいろいろありますので、ぜひ挑戦してみてください。

羽子板(はごいた)

羽子板
iStock.com/kf4851

厄除けの羽子板で無病息災の羽根をつき合い、その年の厄払いをする遊びです。長くつき合うのが本来の遊び方。失敗したら罰ゲームとして顔に墨を塗るというイメージがありますが、実はこれは魔除けの意味を持っています。

数え歌を歌いながら羽根をつき合って遊びますが、豪華な観賞用の羽子板もあります。

福笑い

福笑いをする家族
© milatas – Fotolia

福笑いも「笑う門には福来る」という縁起がいい遊び。のっぺらぼうのおかめやひょっとこが書かれた紙の上に、目・鼻・口などの顔のパーツを置いていきます。目隠しをして行うので、けっこう真剣に取り組んで笑わせる気はないのにできあがった顔に笑ってしまうという、ほのぼのした遊びです。

最近は、台紙やパーツをダウンロードして作れるので、子どもと一緒に作っても楽しいですね。

かるた

かるた
© nawakesa – Fotolia

かるたは、子どもが夜起きていても許されるお正月によく遊ばれてきました。

大きく分けると、ことわざが覚えられる「いろはかるた」と百人の和歌集からできた「百人一首」があります。最近は、キャラクターものや、オリジナルを作れる無地のかるたもありますので、子どもに合ったものを探してみてもいいですね。

百人一首を使った「坊主めくり」は、字が読めない小さいお子さんでも楽しめるシンプルな遊び。ルールを知らないなら、おじいちゃん・おばあちゃんに教えてもらうといいですね。

けん玉

けん玉
iStock.com/luknaja

けん玉の発祥は、フランス・ギリシャ・中国と諸説あります。日本に伝わった江戸時代のころは、持ち手が鹿の角でできていたそうです。

基本的には、大中小の皿に玉を乗せたり、けん先に玉をさしたりして遊びますが、玉の方を持ったり、皿胴に乗せたリ、技を組み合わせた日本一周、世界一周などたくさんの技があります。

幼稚園や保育園、小学校の「昔あそび」でも取り組むので、せっかくの帰省の機会におじいちゃんにコツを伝授してもらうといいですね。

世代を越えたコミュニケーション

最近は核家族が増えたり、近所づきあいが減るなど地域の大人とふれあう機会が減っているので、帰省は貴重な機会。ぜひ3世代でお正月ならではの遊びを楽しんでくださいね。

子どもにとって特別な思い出になるはずです。

2018年12月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おうち遊びの関連記事

カテゴリ一覧