【アウトドア・屋外レジャー施設6選】家族で味わう非日常体験を

【アウトドア・屋外レジャー施設6選】家族で味わう非日常体験を

これからのあたたかい季節やゴールデンウイークに向けて、家族でのお出かけを計画している方も多いでしょう。そこで今回は、ラグジュアリーなグランピングが楽しめるアウトドア施設や、のびのびと体を動かして楽しめる屋外レジャー施設などを紹介した記事を総まとめ。この機会に、家族で非日常の体験を楽しんでみては。

ラグジュアリーなグランピングが楽しめるアウトドア施設

里楽巣 FUJINO(神奈川県)

日比谷花壇が初の宿泊施設として、昨年オープンしたグランピングサイト、日比谷花壇の‘‘STAY‘‘「里楽巣FUJINO」。山並みを望む広々としたパノラマデッキを備えた和風と洋風の2サイトを用意し、日比谷花壇ならではの植物を配したコーディネートで、藤野の自然と一体化したかのような屋内外のリラックス空間を提供する。

GLAMPROOK(長野県)

「GLAMPROOK」は、おしゃれで洗練されたテントやレストラン、バーラウンジ、スパなどを備えた、ラグジュアリーなグランピング体験ができる施設。ツインドーム型テントを日本初導入し、これまで寝室のみの構造だったドーム型テントにリビングスペースが付加。冷暖房も完備され、42平方メートルの広々とした空間で快適にグランピングを楽しめる。

泉南りんくう公園(大阪府)

スポーツ・食・レジャーをまるごと体験できる関西最大級のレクリエーション施設「泉南りんくう公園」。「グランピングエリア」に並ぶヴィラには、BBQダイニング・キッチン・リビング・ジャグジーが揃い、ホテルに泊まるような感覚で気軽にアウトドアが楽しむことが可能。目の前に広がるマーブルビーチを望むBBQダイニングでは、ガスグリルを使った本格的なアメリカンBBQが堪能できる。

のびのびと体を動かして楽しめる屋外レジャー施設

六甲山アスレチックパーク GREENIA(兵庫県)

今年4月にオープンしたばかりの「六甲山アスレチックパーク GREENIA」は、合計164ポイントのアスレチックが楽しめる、日本最大級のアスレチック施設。6つのアスレチックエリアで構成され、なかには人気動画クリエイター「フィッシャーズ」が監修を手掛けたポイントも。豊かな自然の中でアスレチックを楽しみながら、思う存分体を動かしてみては。

TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ART(東京都)

今年9月まで期間限定オープンしている「TOKYO SPORT PLAYGROUND」は、インクルーシブデザインを取り入れて建設されたスポーツパーク。ランニングトラックやバスケットボールコート、遊具などを備え、家族でさまざまなスポーツを楽しむことができる。

下妻農場(茨城県)

「1棟1組完全貸切」のいちご狩りを行っている、いちご狩り農園の「下妻農場」。大人・子どもあわせて最大15名まで予約でき、他の農場にはない取り組みとして、1名から1棟貸切ることが可能。完全貸切のため、小さな子ども連れでも、周りの方の目を気にすることなくいちご狩りを楽しむことができる。

アウトドア・屋外レジャー施設はほかにも!

KIDSNAでは、このほかにも、千葉県で体験できる最先端のアウトドア施設や、東京都近郊で楽しめるアスレチック施設も紹介しています。こちらも要チェック!

2021年04月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ