子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

妊娠しても働く、妊婦の女性が気をつけたいこと

妊娠しても働く、妊婦の女性が気をつけたいこと

妊娠をしても仕事を続ける女性が増えてきているようです。妊婦の方は、つわりなどで体調がすぐれないときに、どう働くか悩むことも多いのではないでしょうか。体調が悪いときの対処法や働く上で気をつけていたこと、産休を取った時期などを先輩ママの体験談を交えながら紹介します。

妊娠中の女性の働き方

妊婦さんの働き方のポイントについて考えてみました。

無理をしないことが大切

仕事内容にもよりますが、妊娠中は今までと同じ働き方では身体に負担がかかることが多いようです。力仕事や長時間労働などは、体調に合わせて働き方を見直したほうがよいかもしれません。

筆者は「今日は調子がよい」と思い、長時間の立ち仕事をしていたところ、体調を崩してしまった経験があります。妊婦の身体は妊娠前と比べ、疲れやすくなることもあるようなので、無理はしないようにしましょう。

周りのサポートも必要に

「所属していた部署は男性が多かったのですが、残業にならないように配慮して業務を分担してくれたり、体調を気遣ってくれたりと、周りの方にサポートしてもらいました」

「理解のある職場で、体調を見て休憩時間をずらしたり、座ってできる仕事を優先してやらせてもらっていました」

など、周りにサポートをしてもらいながら働いていたママもいるようです。妊娠中の女性が働くためには、つわりや急な体調の変化があることを考えると、周囲の協力が必要になることもあります。サポートをしてくれる職場の方たちに感謝の気持ちを忘れず、体調に合った仕事の進め方をできるとよいですね。

妊娠の報告のタイミング

サポートしてもらうにあたって、妊娠の報告も必要ですよね。「上司には妊娠初期に報告し、安定期に入った頃に職場の人に報告した」というママが多くいました。

妊婦の身体は変化が起きやすいため、早めに上司や仕事に関係する方に報告できると今後の相談ができ、急なトラブルで休まなくてはならなくなったときにも、対応してもらえることがあるかもしれません。

妊娠中働いていた女性の体験談と対処法

妊婦
VGstockstudio/Shutterstock.com

実際に妊娠中に働いていた女性たちに、つらかったこととその対処法について話を聞いてみました。

妊娠中つらかったこと

「食べづわりがひどく、仕事中でも何かを口に入れていないとつらかった」

「長時間勤務だったので、眠気や外気などによる冷えが気になりました」

「階段の上り下りなど、身体を動かさなければいけないことが大変でした」

など、妊娠前は気にならなかったことが妊娠後につらくなってしまうようでした。筆者は妊娠してから匂いに敏感になり、外出中のマスクは欠かせませんでした。

こう乗り切った

「炭酸水(レモン風味)を飲んだり、キャンディーなど軽めのものをつまんで、食べづわりを乗り切っていました」

「休憩を分割してとらせてもらっていました。休憩室で横になったり、冷え対策でひざかけを使ったりしていました」

「気分転換に少しオフィス内を動き回ったり、休憩室に行ったりしました」

つわりの症状は人によってさまざまですが、引き出しやカバンの中に、すぐ口に入れられるものを用意していたママが多いようでした。
つわりが落ち着いても、お腹が大きくなるにつれ身体が疲れやすくなります。つらいと感じたら、こまめに休憩を取りながら乗り切りたいですね。

気をつけていたこと

「身体を冷やさない、締め付ける服は着ない。こまめな休憩を取ることを心がけていました」

「重たいものは持たない。走ったり、伸び上がったりしないように注意して、体調の悪いときは同僚に声をかけておく」

働く妊婦は身体に負担がないように仕事をしていたようです。筆者は座り仕事が長時間続いたときにむくむことが多かったため、こまめに立ったり軽いストレッチをしたりして身体を動かすようにしていました。

仕事を休むタイミング

妊娠中の女性
Kite_rin/Shutterstock.com

いつから仕事を休んだのかについて、妊婦さんの体験談を集めてみました。

妊娠何カ月から休んでる?

「派遣社員でちょうど契約更新のタイミングだったため、妊娠5カ月半くらいで退職しました」

「夜勤の多い仕事だったので復職は考えず、妊娠8カ月くらいで退職しました」

「出産予定日より8週間前から産休を取りました」

仕事を休む時期は妊娠を報告したタイミングで上司と相談していたママもいました。妊娠中に働く女性の体調はそれぞれ違うので、休むタイミングは状況により異なるようです。早めに休職の期限を決めることで、仕事の引継ぎなど余裕をもって働くことができるのではないでしょうか。

働く妊婦も頑張りすぎずに

働く女性
Leonardo da/Shutterstock.com

妊娠中でも仕事をしていると、つい頑張ってしまうことがあるかもしれませんが、妊婦の身体は思っている以上に体力的にも精神的にも疲れやすく、急な体調不良などが起こることもあるかもしれません。妊娠中に働く女性は、職場の方への相談や、こまめに休憩を取るなどして、できるだけ身体に負担をかけないよう働くとよいかもしれませんね。

2017年12月10日

仕事の関連記事
  • パートで働くメリットやデメリット。フルタイムと短時間パートの違いなど

    パートで働くメリットやデメリット。フルタイムと短時間パートの違いなど

    ママたちのなかには、パートで仕事を始めたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回は、パートの働き方について、メリットやデメリット、雇用保険や社会保険への加入についてや、フルタイムと短時間パートの違い、正社員、派遣社員とはどう違うのかなどについてご紹介します。

  • 産休前日までの仕事の進め方。つらいときのモチベーションの保ち方

    産休前日までの仕事の進め方。つらいときのモチベーションの保ち方

    産休前日まで仕事を続けることをつらいと感じたとき、モチベーションを保つ方法や仕事との向きあい方が気になるママもいるようです。今回の記事では、産休前の仕事の進め方や気持ちの切り替え方、職場復帰に向けて意識したことについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • パートと派遣の違いとは。掛け持ちできるのかやそれぞれの特徴など

    パートと派遣の違いとは。掛け持ちできるのかやそれぞれの特徴など

    パートや派遣で働きたいと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、パートと派遣の働き方の違いや掛け持ちすることはできるのか、パートで派遣登録するときに気をつけたいことなどをご紹介します。

  • フルタイムで働くママのタイムスケジュール。疲れやご飯作りの体験談

    フルタイムで働くママのタイムスケジュール。疲れやご飯作りの体験談

    フルタイムで働くママたちはどのようなタイムスケジュールをすごしているのか、残業で疲れが抜けないときはどうしたらよいのか気になることもあるのではないでしょうか。今回は、フルタイムで働くママのタイムスケジュールや働くメリットなどママたちの体験談、ご飯の用意の仕方などフルタイムで働くコツをご紹介します。

  • 出産を機に退職する方へのメッセージ。書き方のポイントやプレゼントなど

    出産を機に退職する方へのメッセージ。書き方のポイントやプレゼントなど

    出産を機に退職する方へのメッセージを書くことになった場合、どのような内容で書けばよいかや、退職祝いとしてどのようなプレゼントを贈るか悩む方もいるかもしれません。今回の記事では、相手別のメッセージの文例や書くときのポイントを、いっしょに贈ったプレゼントとともにご紹介します。

  • パートの志望動機の書き方。ポイントや書く内容、未経験の場合などの文例

    パートの志望動機の書き方。ポイントや書く内容、未経験の場合などの文例

    パートの志望動機を考えたとき、販売や飲食店など応募先にあわせた書き方の他に、未経験やブランク、時間の希望がある場合の書き方、自宅から近いことを動機として書いてよいのか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、志望動機に書く内容や意識したこと、文例についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧