子育て中に退職を考えているママに。退職理由や伝えるときのポイント

子育て中に退職を考えているママに。退職理由や伝えるときのポイント

退職の伝え方や退職後に感じたこと

退職を考えている子育て中のママや、仕事を離れるときにどのような退職理由を伝えたのかと気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、職場に退職を伝えるときのポイントや退職後に感じたことなどについて、体験談を交えてご紹介します。

子育て中にママが仕事を辞めるときの退職理由

子育てをしながら仕事をしているママのなかには、両立が大変なため退職を考えている方もいるかもしれません。ママたちの退職理由を聞いてみました。

仕事を任せてもらえなくなった

30代ママ
産後に職場復帰したのですが子どもが体調を崩すことも多く、だんだん仕事を任せてもらえなくなりました。子育てをしながら元のポジションにはもう戻れないなと感じたときに、別の道をさがしてみようと思いました。
産後に仕事復帰したママのなかには、産前のように働けなくなったと感じる方もいるようです。今の仕事が大好きで辞める気はなかったけれど、任される仕事が減り退職を考えたというママもいました。

仕事と育児の両立から解放されたい

おもちゃ
iStock.com/FabrikaCr
20代ママ
子どもが1歳になり育休後に復帰をしたのですが、毎日仕事と子育てに追われて休む暇もなく時間だけがすぎていました。毎日バタバタして子どもと関わる時間も取れないと感じ、退職を決意しました。
仕事と子育てに追われて毎日がすぎていくことから解放されたいと感じたママもいるようです。毎日退職しようか悩んでいたが、ママと遊びたいと子どもに言われたことがきっかけで退職を決めたという声もありました。

子どもの帰りを家で待っていたい

40代ママ
子どもが小学生になるときに、家で「おかえり」と言ってあげたいと思い、退職することにしました。私自身が小さい頃、自分で鍵を開ける機会が多く寂しかったという記憶があるので、子どもには同じ思いをさせたくないと感じました。
子どもが帰宅する時間に家にいたいと考えるママもいるようです。子どもが保育園の頃は時短勤務をしていたが、小学校へ入学する時期に環境の変化があっても安心感が与えられるよう、1年生にあがるタイミングで退職したというママもいました。

子育て中に退職を伝えるときのポイント

子育て中に退職を決意したママは職場へどのように伝えたのでしょう。ママたちに退職を伝えるときのポイントを聞いてみました。

退職願と退職届の違いを知っておく

30代ママ
退職を考えたときに退職願と退職届の違いがわからず、どちらを提出したらよいのかわかりませんでした。インターネットで調べてから退職願を直属の上司に提出しました。
退職願と退職届には書き方や捉え方の違いがあるようですね。ママのなかからは、パート勤務を退職したときは、既定の退職届があったという声もありました。

円満に辞められるような退職理由を伝える

30代ママ
育児に専念したいという退職理由を正直に伝えると時短勤務を勧められましたが、辞めることに心変わりはありませんでした。15年以上働いた大好きな職場だったこともあり、円満に辞められるような伝え方をしました。
育休から復帰後、子育てと仕事の両立が大変ですぐに退職を決めたが、円満に辞められるように退職理由は育児に専念したいと伝えたという声もありました。

伝え方やタイミングを考える

オフィス
iStock.com/JohnnyGreig
20代ママ
退職を上司に相談すると退職願をまず提出してほしいとのことでした。その後退職届をいつまでに社長に提出したらよいかなど会社の規定があるようだったので、調べて1カ月半前には退職届を提出しました。
退職を決意したときは、始めに直属の上司に相談したママもいるようです。退職届など提出する書類には、書き方や提出期限に会社の規定があるようなので、事前に相談したり調べたりするとよいかもしれません。

ママたちが退職後に感じたこと

仕事をしていたときと比べて、退職後はママの気持ちにも変化があるかもしれません。退職したママたちは、どのようなことを感じたのでしょうか。

気持ちにゆとりができた

30代ママ
今までフルタイムで働いてきて、突然専業主婦になれるのだろうかと悩みましたが、自分の時間が増えたことで気持ちにゆとりが持てるようになりました。子どもと関わる時間も増え、これが求めていたものだったのだなと感じました。
仕事をしていたときは、子どもと関わる時間があまり持てていないと感じていたママもいるかもしれません。気持ちにゆとりができることで、子どもと笑顔で関われる時間が増えたというママもいました。

家族にあわせられるようになった

40代ママ
仕事をしているときは、休めないときに限って息子が発熱することがあったので、体調不良のときは夫や両親など家族に預けていました。退職してからは、息子が具合が悪いときにいっしょにいてあげられるので、やっと家族にあわせられるようになったと感じています。
子どもが体調不良でも仕事を優先しなければならない状況に、罪悪感を抱いているママもいるかもしれません。家族の体調や予定にあわせられるようになったことを、嬉しく感じるママもいるようです。

ライフスタイルを考えるきっかけになった

20代ママ
仕事を辞めて時間に余裕ができた分、自分の収入が減ったので、この先の家計が不安になりました。今まで何にどれくらい払っていたのかを書き出し、削れるところや違う使い方ができるところを見つけるなど、ライフスタイルを見直す機会にもなりました。
就職していた頃と退職後では、収入や時間の配分が変わることがありそうですね。退職をきっかけに、今後のライフスタイルを見直してみてもよいかもしれません。

子育て中に退職する理由はさまざま

布団で寝転ぶママと赤ちゃん
iStock.com/Satoshi-K

子育て中に仕事を辞めたママたちの退職理由には、仕事の立場が変わったことの他に、家族や自分の時間を確保したいなど、ママによってさまざまなようです。退職する際は、伝え方やタイミングを考えて伝えるとよいかもしれませんね。

ママのなかには、自分は働いていた方があっていると感じた方や、時短勤務ならできそうだと感じた方もいるかもしれません。ママたちが退職後に感じたことも踏まえ、ママの思いや求めているものを考えてみてはいかがでしょうか。

2020年02月10日

専門家のコメント
11
    のの先生 保育士
    子育てと仕事の両立は本当に大変なことだと思います。任された仕事も子どもが熱を出したら進まない。など自分の思うようにいかない部分が出てくると辛いですよね。会社への理由は一身上の都合でいいと思います。
    りお先生 保育士
    育児休暇から復帰せずに仕事を辞めたものです。

    直属の上司にはありのまま、思っているままをそのまま伝えました。納得してもらいました。

    その後、その上司からさらに上の上司への報告はもっと他の形だったかと思いますが、話ができる直属の上司には、ありのままを話せばいいと思います。

    育児を仕事よりも優先するかどうかは、それぞれの家庭の判断で良いと思います。
    専業主婦を否定する人もいますが、気にせず、自分で自分を認めてあげればそれでいいと思います。
    私がそうです😁

    どうか、悩み考えて出した自分の結論に、仕事をするにしても仕事を辞めるにしても、自信を持って前に進んでくださいね!
    めい先生 保育士
    退職を考えるきっかけは、家庭によって様々ですよね。私だったら、両立できず家庭でのイライラが増えて退職を選ぶ気がします。
    わい先生 保育士
    子どもはいませんが先週、退職届を出しました。
    相談できる上司や支えあえる同僚がいるって素敵な場所だと思います。
    私は今回できなかったのです。妊娠を考えたときに不安しか残りませんでした。なので退職届を出しました。妊娠中や復帰は不安があります。よい職場環境だと続けられると思います。
    もりもん先生 保育士
    真ん中の子が一年生になるにあたり、下校が早かったり下校の見守り当番などがあり、迷った末退職を決意しました。
    わたしが、働く場所は探せばあるけど、こどもの一年生のこの瞬間は今しかないと思いました。
    いちぽ先生 保育士
    育児休暇中です。
    4月から復帰予定ですが、不安も大きいです。両立できるかどうか、どちらを優先するか考えたとき、子どもとの時間を考えるなら仕事をやめる選択をする場合もあります。
    会社にはそこの不安を伝えれば納得してもらえると思います。
    ぽんた先生 保育士
    家族のことを、最優先に考えて退職というママもちらほらいます。子どもが学校を渋り始めたから、仕事をパートに切り替えたママとか、放課後や夏休みに友達と遊べるようにしたいからと仕事を辞めた方もいました。
    ゆか先生 保育士
    妊娠した3月のタイミングで仕事をやめました。
    そのため仕事復帰したのは下の子が年中になってからです。
    年中にもなればある程度免疫もつき呼び出されることも少なくはなりますからね。

    それに比べて産休明けや育休明けで仕事を復帰する方たちはお子さんもまだ小さく呼び出されることがしょっちゅうだと思います。

    会社に申し訳ないとか、仕事に育児に家事にって大変になって日々イライラしながら生活している人もいるのではないでしょうか。
    そんなときに退職が頭をよぎると思います。

    ホントに働かなきゃ生活できないのなら仕方のないことですがそれでなければ体を無理させてまで働かなくてもいいのではと思います。
    子どもが小さくて可愛いのはあっという間ですから。
    とーち先生 保育士
    二人目のイヤイヤ期が重なったこともありますが、家庭と仕事の両立が難しく、退職しました。

    家庭と仕事、どちらを優先させるか時と場合によって違いますよね。
    私は家庭と仕事の両立が難しく、下の子とゆっくり向き合いたいので。。。

    という理由で退職しました。今しかできない子育て。子ども達が大人になった時に、後悔したくないので子育てに専念することを選びました。

    下の子が幼稚園に入ったら、働くつもりです(*^^*)

    自分の納得のいく選択ができるといいですよね。



    のんの先生 保育士
    働いていらっしゃるお母さんは、仕事と家庭(子育て)の両立に強くされてらっしゃる方が多いです。
    それは当たり前のことだと思います。
    働いてらっしゃるお母さんに対し優しく対応してくれる会社がこれからもどんどん増えていってほしいです
    あー先生 保育士
    わたしも今働いていませんが、やはり家庭のしごと育児と妊娠中のつわりもあってなかなか体調がよくなく職場を、やめてしましいました。やはり現実はほんと厳しいですよね。こどもが小学校になったほうが学童などの問題点もあるので働きにくくなりました💦
おすすめユーザーのコメント
1
    しずか先生
    退職関係の書類を提出する期限は,法律で決められているので注意が必要ですね.

    私は契約社員でしたが,二週間前には提出しました.就業規則では「1ヶ月前まで」とか「3ヶ月前まで」などと取り決められている場合もありますから,確認をお勧めします.

仕事の関連記事

カテゴリ一覧