40代の主婦の仕事復帰。仕事の探し方や準備しておくべきこととは?

40代の主婦の仕事復帰。仕事の探し方や準備しておくべきこととは?

生活スタイルに合った仕事探しを

40代で仕事に復帰しようと考える主婦の方は、どのような仕事をすればいいのか分からず不安を感じているかもしれません。今回の記事では、仕事の探し方や仕事に復帰するうえで大切なことをご紹介します。

40代の主婦が新たに仕事を探す理由は?

主婦が40代になってから新たに仕事を探すにはどのような理由があるのでしょうか。

自由に使えるお金が欲しい

40代になって子育てがひと段落したり、旅行や新たに習い事を始めたいと考えている主婦の方もいるのではないでしょうか。その場合は、自由に使えるお金が欲しいという理由から新たに仕事探しを始めるかもしれません。

空き時間を充実させたい

家事がおわったあとや子どもが学校に行っている時間を有効活用したいと思い、40代で再就職を考える主婦の方もいるでしょう。

家事などに少し余裕が出来てくると空き時間で仕事を考える主婦は多いかもしれません。

老後に備えて貯金をしたい

お金
iStock.com/minianne

老後に備えて貯金をしている主婦の方は多いかもしれませんが、教育費や旅行などで予想外の出費が出る可能性もあるでしょう。そのようなときに安心して貯金を続けるためにも、仕事に復帰するのは良いかもしれません。

生活費を稼ぎたい

家計管理の方法は夫婦によってさまざまですが、生活費にもう少しお金を使いたいと考えている主婦の方は少なくないでしょう。生活費に余裕をもたせるためにも、パートなどで収入を得たいと考える方は多いようです。

40代主婦が再就職する際に考えるべきこと

40代の主婦が再就職するときにはどのようなことを意識して仕事を探すとよいのでしょうか。

雇用形態

40代の主婦が仕事に復帰するときに、雇用形態を考えることは重要なポイントの一つでしょう。子どものいる方は子どもの帰宅時間に合わせて夕食を作れるように派遣やパートにして、子育てが落ち着いてきたらフルタイムにするなど、生活スタイルに合わせて無理のない雇用形態を選ぶことが大切かもしれません。

勤務地

子どものいる方は特に勤務地が近いかどうかが重要になってくるでしょう。自宅と職場、保育園などとの距離をしっかり配慮したうえで、勤務地を決めると良いかもしれません。

職種

今までの経験を活かした仕事に復職するのか、初めての仕事にチャレンジするのかによって選ぶ職種は変わってくるでしょう。

就活サイトなどを利用すると、希望の職種や勤務地を絞り込んだうえで検索することも可能なので、利用しやすいかもしれません。

福利厚生の充実

パートやフルタイムで働く場合、福利厚生をしっかりチェックしておきましょう。福利厚生の内容を事前に把握しておくと、必要になったときにスムーズに利用できて便利かもしれません。

仕事の選び方

どのように情報収集をして仕事選びをしたらよいのでしょうか。

就職情報サイトを活用する

主婦の採用に力をいれている会社は増えてきて、40代からの主婦専用求人サイトなどもいくつかあるようです。雇用形態や仕事内容などもさまざまなので、サイトに登録しておくと仕事探しに役立つかもしれません。

ハローワークなどで相談する

iStock.com/AH86

ハローワークでは求人情報を得たり、雇用形態を相談したり、履歴書の書き方にいたるまで就職に関するさまざまなことをバックアップしてもらえるようです。子育てをしながら仕事を探すママのためのマザーズハローワークなどもあるので、自分にあった仕事探しができるでしょう。

派遣会社へ登録する

あらかじめ派遣会社に登録しておき、復職しようと思ったタイミングで働き始めるという主婦の方もいるようです。

派遣会社では希望の職種に応じて仕事をさがしてもらうことができるので、自分の条件に合った仕事内容や勤務地などが選びやすいようです。労働条件について派遣会社に相談できるのも派遣の特徴でしょう。

再就職する際に気を付けること

主婦が40代になってから仕事に復帰するときに気を付けるべきことはなんでしょうか。

家族としっかり話し合う

今まで家庭に入って主婦業をしていた方が仕事に復帰すると、生活スタイルは大きく変わることになるでしょう。旦那さんや家族と事前に仕事復帰後についてよく話し合うことで、スムーズな仕事復帰につながるかもしれません。

新生活をシミュレーションする

旦那さんと家事を分担したり、子どもが先に帰宅する場合は夜のスケジュールを共有しておくなど、家族で助け合えるよう事前にシュミレーションをしておくと仕事復帰がスムーズになるかもしれません。

雇用形態を柔軟に考える

仕事というとにフルタイムを想像する方が多いかもしれません。雇用形態はパートやフルタイム以外にも、派遣社員などさまざまです。

それぞれの雇用形態の特徴をリサーチして、自分に合った雇用形態を選択するのが良いでしょう。今は子どもが小さいから長くは働けないけれど、数年後はフルタイムで働きたいなどのビジョンがある方は、社員登用制度がある会社などを選ぶのも1つの手かもしれません。

再就職が決まったら

実際に再就職が決まったとき、入社日までにどのようなことを準備すれば良いのでしょうか。

家族の緊急時の対応を決めておく

お子さんのいる共働き家庭の場合、子どもが熱を出して夫婦のどちらかがお迎えに行く場合もあるかもしれません。また、災害発生時の帰宅ルートや避難場所など、緊急時のケースを想定して前もって共有しておくと安心でしょう。

40代主婦も仕事に復帰して充実した毎日を

仕事をしている女性
iStock.com/recep-bg

今まで主婦業をしていた40代の方が仕事に復帰するのは難しいと感じる方もいるかもしれません。

しかし、さまざまな会社が積極的に40代からの主婦の採用活動をしているようです。仕事内容や雇用形態、福利厚生など、何を重視するかによって就職活動の仕方は変化してくるでしょう。

自分の生活スタイルに合った働き方を選び、充実した毎日を過ごせたら良いですよね。

2019年09月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

仕事の関連記事

カテゴリ一覧