ワーママの二人目問題。タイミングや気にかけたポイントを調査

ワーママの二人目問題。タイミングや気にかけたポイントを調査

二人目を妊娠&出産してみてどうだった?

そろそろ二人目を考えたい、そんなワーママも多いのではないでしょうか。二人目の妊娠や出産のタイミングはどうするか、二人目が産まれたら仕事はどうするか、気になる点は多いですよね。今回は二人目妊娠中や育児中のワーママたちにアンケートを実施。二人目ができた感想も含め調査しました。

ワーママたちの二人目問題

働きながら育児もしているワーママたち、二人目がほしいけれどタイミングに悩んでいる場合もあるのではないでしょうか。

仕事を退職するかどうか、きょうだいは何歳差にするかなど、悩みはいろいろとありますよね。周りのワーママたちはどのように決めたのでしょう。

二人目妊娠中のワーママや二人目育児中のママの声を集めました。

二人目のタイミングはどう決めた?

周りのワーママたちは二人目のタイミングをどのように決めたのでしょう。理由とあわせて聞きました。

きょうだいが何歳差になるか

30代ママ
自分も2歳差のきょうだいがいるので、漠然と2学年差にしたいと思い二人目のタイミングを決めました。
30代ママ
きょうだいの年齢差によって関係性が変わるかなと思い、二人目は計画的に妊活をすすめました。

きょうだいの年齢差を気にかけたママもいるようです。二人目の妊娠を計画的に行うなら、学年で何歳差になるかを確認してもよいかもしれませんね。

ママやパパの年齢

夫婦
iStock.com/itakayuki
30代ママ
現在二人目を妊娠しています。自分の年齢的に、二人目ができるなら今がよいなと思っていました。
30代ママ
夫は私より10歳年上です。夫の年齢を踏まえ、二人目のタイミングを決めました。

二人目を考える際、ママとパパの年齢を気にかけたという声もありました。子どもが二十歳になったら自分は何歳になるのか、具体的な人生設計をするとよりタイミングを決めやすいかもしれませんね。

仕事との兼ね合い

30代ママ
最近転職しました。まだ仕事や会社に慣れていないし働き続けたい気持ちも強いため、二人目は1年くらい過ぎてからかなと思っています。
30代ママ
一人目出産後にパートとして働いていますが、二人目出産後は正社員で働くことも視野にいれています。子育て期間が短い方が就職しやすいかなと思い、二人目のタイミングを考えました。

ワーママにとっては仕事との兼ね合いも大切なポイントのようです。二人目出産後はどのように働きたいのか、改めて夫婦で話し合うのもよさそうですね。

ワーママたちが二人目の妊活中気になったポイント

二人目を望んで妊活している間、どのようなことが気がかりになるのでしょう。ワーママたちに二人目の妊活エピソードを聞きました。

仕事について

30代ママ
二人目を妊娠したら仕事をどうするか悩みました。退職も視野にいれていましたが、在宅業務に切り替えることができ妊娠中も無理なく働けました。
30代ママ
二人目を妊娠しても退職するつもりはありませんでした。転職して1年経つころに、今妊娠したら育休とれるなとは思っていました。

妊活中も仕事を気にかけているワーママもいるようです。働き方によっては退職を考えたり、妊娠と転職のタイミングで悩んだりする場合もありそうですね。

分娩先や入院中の生活について

病院
iStock.com/ismagilov
30代ママ
上の子の生活を優先したいと妊活中から考えていました。二人目が産まれてもこれまでと変わらず保育園に通えるよう、里帰り出産はせず自宅近くの病院を選ぼうと夫婦で決めました。
30代ママ
私が出産入院中、実母に手伝いに来てもらえないか妊活中から相談していました。子どものお世話や家事をしてくれたのでとても助かりました。

出産する病院や入院中の生活を気にする場合もあるようです。頼れる実家などが自宅から遠い場合など、妊活中から考えておくと何かと安心かもしれませんね。

二人目の妊娠&育児の感想

実際に二人目ができると、上の子との関わり方やママの心境はどのように変化するのでしょう。ママたちの声を集めました。

二人目を妊娠中

30代ママ
長女が1歳7カ月のとき次女が生まれました。長女は妊娠をよく理解していなかったかもしれませんが、「もうすぐ赤ちゃん出てくるよ」と話しかけたり、胎動を感じるといっしょに喜んでくれたのがうれしかったです。
30代ママ
つわりがひどく上の子といっしょに遊べない毎日でしたが、私の具合が悪いのを理解して我慢してくれました。ありがたいと思う一方、申し訳なくも思いました。二人目の妊娠を通じて、上の子は成長したんだと思います。
30代ママ
娘のイヤイヤ期と妊娠が重なり大変でしたが、妊婦健診は毎回ついてきてお腹の赤ちゃんを見たがりました。お腹を優しく撫でてくれたときは、こうやって少しずつお姉ちゃんになるんだなと感動しました。

二人目の妊娠を機に上の子の成長を感じたママは多いようです。ママの妊娠に子どもが戸惑っている様子があれば、時間をかけてゆっくり不安を取ってあげたいですね。

二人目を育児中

30代ママ
一人目のときよりも気持ちにゆとりをもって二人目育児ができているように思います。
30代ママ
二人目が生後2カ月くらいまでは上の子の赤ちゃん返りがありました。上の子のお世話を優先しつつ「大好きだよ」「ありがとうね」とたくさん声をかけると、少しずつ赤ちゃん返りはおさまりました。
30代ママ
年が近いこともあり、姉妹ですが友達のように仲がいいです。長女も私と同じように次女を気にかけてくれるようになり、「泣いてるよー」と教えてくれるときもあります。

二人目育児は一人目のときと比べいろいろと状況が変わります。ママの気持ちにゆとりがあったり、上の子の気持ちも大切にしながら育児をしている様子が伺えました。きょうだい仲良く過ごしてくれたら、親としてはうれしいですね。

自分に合った二人目のタイミングを考えよう

家族
iStock.com/kohei_hara

ワーママたちに話を聞くと、タイミングやきょうだいの年齢差など、さまざまなことを意識して二人目を考えているようです。家族にとって一番よい選択ができるよう、夫婦で話し合ってみてはいかがでしょうか。

2019年07月15日

この記事を読んでいるあなたにおすすめの記事
子どもの栄養が心配なママ必見!幼児期に必要な栄養素を徹底解剖!
子どもの栄養が心配なママ必見!幼児期に必要な栄養素を徹底解剖!
[PR]株式会社明治
子どもの栄養摂取について悩むママ・パパも多いのではないでしょうか。今回の記事では、日本の子どもの栄養不足について小児科医に話を伺いました。栄養が与える影響とご家庭でも気軽に楽しく栄養摂取できる方法をお伝えします。
詳しくはこちら
  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

仕事の関連記事

カテゴリ一覧