時短メイクできるアイテムは?仕事と育児を両立するワーママに聞いたメイク術

時短メイクできるアイテムは?仕事と育児を両立するワーママに聞いたメイク術

忙しい朝のメイクは少しでも時短したい、そう思っているママも多いのではないでしょうか。子どもの支度や仕事の準備、家事も両立してワーママの朝は大変ですよね。時短しつつもきちんとした印象のメイクにするにはどうしたらよいのでしょう。ワーママがやっている時短術をご紹介します。

メイク時間を時短したい

毎日のメイクはどれくらい時間がかかりますか?お出かけ前はバタバタしやすく、メイクを時短したい場合も多いのではないでしょうか。

ワーママたちのなかには「子どもが寝ているうちにメイクしたい」「パッとメイクして子どもの支度を整えたい」など、自分よりも子どもを優先している場合も多いでしょう。今回はまわりのママたちの声を参考に、すぐに実践できる時短術について調査しました。

メイクを時短するお助けアイテム

さまざまなコスメ商品がありますが、時短メイクにつながるアイテムもいろいろとあるようです。ママたちの朝を助けるアイテムをご紹介します。

下地付きファンデーション

時短メイク
iStock.com/zoranm

時短メイクの定番ともいえるのが、下地付きファンデーションではないでしょうか。「産後からBBクリームを使っている」というママの声が多くありました。下地の変わりにカバー力のある日焼け止めを使っているママもいるようです。

下地とファンデーションを重ねていくよりも、一度塗れば顔色が整うのは嬉しいですよね。ママの顔色に合った下地付きファンデーションを探してみてはいかがでしょうか。

眉ティント/まつげエクステ

一度つければ数日間はもつという眉ティントやまつげエクステを使い、アイメイクを時短している声もありました。眉毛や目元は顔の印象を左右する大切な部分かもしれません。焦って失敗するのは避けたいですよね。時間に余裕があるときに眉ティントをし、次の日からの眉メイクの時間を省略しているママは多いようです。

まつげエクステをしているママたちからは「ビューラーとマスカラを使う手間が減ってメイクが楽になった」という声がありました。アイメイクに時間がかかるなら、検討してもよさそうですね。

大きなチークブラシ

顔色をよく見せてくれるチーク、毎日かかさず使っているママも多いかと思います。チークに付属している小さなブラシは使わず、大きなブラシを使って時短している声もありました。

小さなブラシを塗り重ねるより大きなブラシの方が自然に色づき、時短につながるようです。付属のブラシを使っているなら、自分に合ったチークブラシを探してみてもよいでしょう。

リップティント/色づきリップ

発色が長持ちしやすいと言われるリップティントや、色づきリップを口紅の代わりにしているママも多いようです。子育てをしていると化粧直しの時間もとりにくいですよね。「化粧直しを時短したいのでリップティントを使っている」という声もありました。

色づきリップは「鏡がなくても使いやすい」「保湿しつつ化粧ができる」などの利点があるようです。唇が色づいていると、よりきちんとした印象になるかもしれません。忙しくても口元まで気にかけられるとよいですね。

メイクの時短につながるちょっとした工夫

メイクアイテムで時短する以外にも、メイクを時短する方法はあるようです。ママたちのちょっとした工夫を聞きました。

仕事用のメイクポーチ

ママの時短メイク
Becky Starsmore/Shutterstock.com

ママたちのなかには、仕事用と休日用のメイクポーチをわけて収納している方もいるようです。仕事がある日は仕事にあったメイクをしているママも多いのではないでしょうか。すぐに取り出してメイクができるよう、収納方法を見直してみてもよさそうですね。

マイ定番メイクを作る

メイク方法や使うコスメアイテムの定番を作って時短している声もありました。メイクするたびに色や種類を迷っていると、メイク時間は長くなってしまいますよね。このアイシャドウにはこのチーク、チークとリップの色は揃えるなど、自分にあった定番メイクを考えてみるのもよいでしょう。

忙しいときはポイントメイク

どうしても忙しくてメイクをする時間がとれない場合もありますよね。そんなときはフルメイクはせずにポイントメイクで対応しているママもいるようです。

「眉だけ」「チークだけ」など、ここだけやれば化粧しているように見えるポイントがあるのではないでしょうか。ここのメイクは外せない、というポイントを抑えられれば、忙しいときも対応しやすいかもしれませんね。

子どもが遊べる手作りメイク道具を用意

ママがメイクをしていると、子どもがメイク道具で遊びたがる場合もあるようです。メイク道具はおもちゃではないので、あまり触れて欲しくはないですよね。子どもが遊びたがったら、フェルトで作った口紅やパフを渡しているママの声もありました。おもちゃ箱ではなくママが使っている化粧ポーチから取り出すと、より本物のように楽しめるかもしれません。

ママのメイク時間を少しでも時短できるよう、メイク中も子どもが楽しめる仕掛けを用意してみてはいかがでしょうか。

明日のメイクが時短できる?今晩からできる時短術

明日のメイクを時短するため、今晩からできる方法もあるようです。周りのママがやっている時短術について聞きました。

スキンケアはしっかりと

フェイスマスクをするママ
aijiro/Shutterstock.com

肌が荒れた状態でメイクをしても、うまく化粧がのらない場合もありますよね。ワーママは忙しいからこそ、日々のスキンケアは大切に行っているようです。オールインワン化粧水などでケアの時間も時短しているママや、毎日パックをかかさないママの声もありました。肌の調子を整えて、明日のメイクに備えられるとよいですね。

新しいメイクアイテムは必ず試してから

新しく購入したコスメやメイクアイテムは、事前に発色や使い心地を試しておくのも大切なようです。色をつけすぎたり思っていたのとは違う発色だと、メイクをやり直さないといけない場合もありますよね。ちょっとした心がけで、明日のメイクを時短できるかもしれません。

時短メイクで仕事と育児にゆとりをもとう

メイクの時短
iStock.com/tetsuomorita

家事や育児、仕事をこなすワーママは、出勤前の少しの時間も大切にしたいですよね。メイクアイテムやメイク方法を見直すことで、いつものメイクを時短しやすくなるかもしれません。仕事や育児に心のゆとりがもてるよう、ママに合ったメイク方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

2018年05月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

仕事の関連記事

カテゴリ一覧