子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年10月26日

子育てママの肩書を強みに!アルバイトの志望動機のポイント

子育てママの肩書を強みに!アルバイトの志望動機のポイント

アルバイト(バイト)・パートに応募する際、子育て中のママが上手にアルバイトを続けるには、子育てママという肩書をアピールポイントにすることも重要かもしれません。子育てママの強みを志望動機として伝え、アルバイトを早く決めるためのポイントについて考えてみました。

アルバイトの応募で志望動機を書く理由とは?

そもそもアルバイトに応募する際、なぜ志望動機が求められるのでしょうか。

意思確認をするため

アルバイトの面接の際に採用担当者が志望動機を求めるのは、応募してきた本人に長く働く気持ちがあるかどうかの意思確認をするためです。応募先の企業で長く働きたいと考える人は、志望動機の内容にも表れやすいそうです。
志望動機を書くのが苦手と考える人も少なくありませんが、希望のアルバイト先で働くためにはしっかりと内容のある志望動機を書くようにしましょう。

働きたい気持ちの強さを確認するため

何人か応募者がいて、そのなかから厳選しないといけない場合には、雇い主側として働く気持ちの強い人を雇いたいと思うでしょう。志望動機は働く意思だけでなく、どれくらい働きたいという気持ちがあるのかということも推し量る材料となっているようです。応募者が多いときなどは、志望動機が採用を左右するケースもあるらしいので、しっかりと書くようにしましょう。

人件費を費やすべきかどうかの確認

アルバイトで人を採用するということは、その人材に会社としてお金や労力を費やすということです。せっかく採用して、制服やマニュアルなどを用意したのにすぐ辞められてしまうとなると、その人にかかった時間やコストが負担になってしまいます。雇う側として損をしないよう、志望動機はコストをかけても問題ないかの判断材料にもされるようです。自分がどれだけ貢献できるかを、志望動機でアピールしましょう。

私的な事情を志望動機に書くのは避けた方がよい

履歴書の志望動機
© hanack – Fotolia

志望動機に何を書くか迷った結果、自分目線の内容になってしまったという経験のある方も少なくないでしょう。志望動機に書かないほうがよい内容とは、どのようなものなのでしょうか。

子育てがひと段落した

子どもが幼稚園へ上がるタイミングや、小学校に上がるタイミングでアルバイトへの応募を検討する子育てママは多いかもしれません。そんなママたちが志望動機として書いてしまうのが「子育てがひと段落した」という文言でしょう。特に問題ないような文章ですが、志望動機に書かないほうがよい私的な事情でしょう。

志望動機には、なぜその会社で働きたいと思ったのかを書く場所なので、自分のライフスタイルについてのことを長々と書くのは避けたほうがよいかもしれません。

幼稚園のお迎え時間まで働きたい

子育てママの本心として、子どもが幼稚園の時間だけ働きたいと思う人も多いかもしれません。しかし本心をそのまま志望動機に書いてしまうのは、避けたほうがよいでしょう。この文言を記入した時点で、シフトの融通がききにくいという印象を与えてしまうことになりがちです。どうしてもこの時間でしか働けないということであれば、志望動機の欄ではなく希望勤務時間の欄に記入するようにしましょう。

条件面に魅力を感じた

アルバイトの求人欄には、採用するにあたっての条件などが記載されているようです。実際どのアルバイトに応募するのかを決める際、この条件面というのはかなり重要となるポイントかもしれません。しかし、条件面に魅力を感じたと志望動機に書いてしまうと、仕事内容はどうでもよいというような印象を与える結果なりがちです。条件面について触れるのは、極力避けるようにし、志望動機にはできるだけ業務内容について感じた魅力を書くようにしましょう。

子育てママが参考にしたい志望動機とは

実際に子育てをしながらアルバイトをしようとしているママたちは、どのような志望動機を書くとよいのでしょうか。

店舗のスタッフの魅力をピックアップ

行ったことのあるお店でアルバイト(バイト)・パートを希望しているのであれば、実際に働いているスタッフの魅力を書いてみましょう。

「お店に来るといつもスタッフのみなさんが楽しそうに働いている」など、お客さんの目線で見ても働きたいと思えるお店であると感じていることをアピールしてみてはいかがでしょうか。「子どもに優しく接してもらえた」など、子育てママならではの目線でお店のよいところを伝えるのもよいかもしれません。

過去の経験についてアピール

面接でのアピール
maroke/Shutterstock.com

過去に実際経験したことのある仕事を、やり直してみたい、と考える子育てママも少なくありません。今までの経験を活かそうとしている場合は、過去の経験を踏まえてその事柄について勉強し直したと、いう点をアピールしてみましょう。即戦力につながる志望動機となりそうです。

預け先がある場合はそのメリットをアピール

子育てママがアルバイト(バイト)・パートをするにあたって、一番頭を悩ませるのが子どもの預け先。子どもの急な発熱や体調不良で幼稚園や保育園から呼び出された際、どのように対応するのかはアルバイト採用担当者にとってとても重要なポイントとなりそうです。

仕事をしたいという気持ちを伝えるのが第一ですが、もし子どもに何かあったときにどう対処できるのかということも明確に伝えておかなければいけません。実家など頼れる場所がある場合は、志望動機に預け先があることについても記載しておきましょう。

志望動機で未来が決まる

働くママ
number-one/Shutterstock.com

アルバイトだからと適当に済ませてしまうこともある、志望動機ですが、この志望動機こそが希望のアルバイト先で働くための採用判断の重要な材料となる場合が多いようです。アルバイト(バイト)・パートを検討している主婦の方は、子育て中であることをプラス要素にできるような志望動機を考えてみてはいかがでしょうか。

仕事の関連記事
カテゴリ一覧