子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

パートを始める主婦が履歴書で使える志望動機。職種別の例文と知っておきたいポイント

パートを始める主婦が履歴書で使える志望動機。職種別の例文と知っておきたいポイント

結婚や出産で退職した後、パートやアルバイトを始めようと考えている主婦の方もいると思います。そこで、履歴書の志望動機の書き方や特技、自己PRの方法で心がけておくべき点を採用担当者に聞いてみました。また、新たにパートを始めた主婦の方にも、履歴書の志望動機の書き方について調査しました。

新たにパートやアルバイトを始めようと思っているママへ

「子育てがひと段落したから」「結婚後、また働きたいと思ったから」などさまざまな理由で、パートやアルバイトを始めようと思っているママもいるかもしれません。しかし、主婦になってから、履歴書の志望動機の書き方はどうしたらいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。

1カ月に数十名の面接を行っている採用担当者に、履歴書の内容で注目して見ているところを聞いてみました。

履歴書を書くときのポイント

採用担当者が履歴書でチェックしているポイントは何でしょうか。

志望動機欄は「いっしょに働きたい」気持ちを書く

「会社の求めている事柄に対して書いていると印象が良く、いっしょに働きたいと思います」

「いっしょに働きたいと思うかが大切」という意見は、何人かの採用担当者のコメントでも挙げられました。会社が求めている事柄に沿った内容の志望動機を記載すると、採用担当者からの好感度が上がるかもしれませんね。

また、「手を抜かずに書いていると好感を持てます」という声もありました。志望動機をはじめ、すべての項目を丁寧に書いているかが大事なようです。

些細なことでも自己PRや特技につなげてみる

「過去にどんな経験をしてきたのかが書かれていると、募集のときはこの職種で採ろうと考えていても、他の職種の可能性も考えられて長い目で見られるので、しっかりチェックしています」

自分では「伝えるほどではない」と感じることであっても、企業側は充分に自己PRとして扱われる特技や経験かもしれません。面接時の会話につながる可能性もあるので、過去の経験や特技はどんな小さなことでも記入しておきましょう。

文字は読みやすく!

履歴書を書くときは、パソコンでも手書きでもどちらでもよいですが、手書きの場合は読みやすい字で丁寧に書きましょう。

パソコンを使う職種の場合は、パソコンで履歴書を書いていると「ある程度の操作ができるのかな」といったアピールができるかもしれません。そのため、職種によってはパソコンを利用して履歴書を書いてみるとよさそうです。

専業主婦の期間をしっかり記入する

結婚したり子どもが産まれると、仕事をせずに育児や専業主婦だったという方も多くいると思います。

そのため、履歴書の経歴を書くときに空白の期間が出てきてしまいますが、育児や専業主婦の経験が仕事内容に生かせることもあるので、しっかり記入するとよさそうです。

希望欄は具体的な理由と代案を添えて書く

本人希望欄に勤務時間などを記入する際、希望だけを書くのではなく、その理由や代案を書き添えるとよいでしょう。

例えば、「残業はできません」と書くより「子どもの送り迎えがあるため、残業はできませんが〇時まででしたら出勤できます」といった具体的な形で書くと、仕事に対して前向きな姿勢を伝えられるかもしれません。

職種別の志望動機の例文

実際に志望動機を書くとなると、何を書けばいいのかわからないママもいるかもしれません。そんな方は以下の例文を参考に、オリジナルの志望動機を作ってみてください。

カフェやレストランなどの飲食店

飲食店の仕事は、実際に調理をする「調理スタッフ」とお客さんの対応をする「ホールスタッフ」に分けられます。それぞれの仕事の特性に合わせて書いてみましょう。

その他にも、お店の雰囲気やスタッフの接客の仕方など、そのお店の共感している点をいっしょに記載してあげると、より説得力が高まりそうです。

「貴店の『楽しい食事を提供する』という姿勢に共感し、応募いたしました。食事はおいしいことはもちろん、目で見ても楽しめるように盛り付けや切り方も普段の食事で工夫していることです。飲食の経験はありませんが、貴店の姿勢を多くの人に広められるようにしていきたいと思います」

「以前にもレストランの厨房で働いていました。出産を機に退職をしましたが、また料理に携わる仕事がしたいと思い、貴店に応募いたしました。厨房だけでなく会計とフロアにも対応できます。ぜひ貴店のお力になれば幸いです」

事務職

一般事務職はある程度のパソコンスキルが求められます。そのため、日頃からパソコンをよく使っているママは、パソコンの操作ができることをアピールするとよさそうです。

また、前職が事務職だったママは、前職で得たスキルや資格なども記載しておくと、よりアピールができるかもしれません。

「出産する前に5年ほど事務職に就いておりました。発注・書類作成・電話対応・人事統括など幅広い業務を経験しました。貴社でも前職で得たスキルを活かせれば幸いです。さらに、新たに学ぶべきことにも積極的にチャレンジしていく所存です」

「常に縁の下の力持ち的な存在でいたいということから、私は事務に向いていると思い志望いたしました。現在は簿記の資格取得に向けて勉強をしています。事務職は未経験ですが、迅速で丁寧な作業を心がけていく所存です」

スーパーやコンビニ

スーパーやコンビニで働きたいママは、人と関わることに抵抗がないことをアピールするとよさそうです。

また、職場が自宅から近いママは、それもいっしょに書くといいかもしれません。

「こちらのスーパーは日頃からよく利用させていただいております。常に気持ちのいい接客をしてくださるスタッフの皆さんの笑顔がとても印象的でした。私も人と関わるのが好きなので、お客さまと直接話ができる仕事がしたいと考えていました。貴店のスタッフのような明るい笑顔でお客さまと接することができるよう、仕事に取り組んでいきます」

「子どもが小学校に入ったため、空いた時間帯で働ける仕事を探していました。貴店は自宅から近いので通いやすいだけでなく、時間と給与も希望に合っていたので応募いたしました。接客業は出産前に5年ほど経験しており、人と関わるのも好きなので長く働きたいと考えています」

アパレル

アパレルは、そのブランドの世界観やイメージを明確に伝えるとよさそうです。

また、実際にそのお店のものを購入したときの感想やスタッフの接客態度、お店の雰囲気が自分と合っているかをしっかり伝えると、採用担当者がいっしょに働くときのイメージが湧きやすくなるのでアピールできるかもしれません。

「もともと貴店の服が大好きで、新作は欠かさずチェックしています。ブランドカラーがしっかり確立されていて、着ていて気分が上がる服ばかりです。いつか貴店で働きたいと考えており、この度スタッフの募集に応募いたしました。多くのお客さまにこのブランドの魅力を伝えていけるよう、仕事に取り組んでいきたいと思います」

「こちらのブランドは出産後、子どものために購入したベビー服が気に入り、その後も何着か購入させていただきました。赤ちゃんに優しい肌触りや購入しやすい価格帯がとても魅力で、今でもよくお店に足を運んで愛用しております。子どもの育児が落ち着いて働きたいと考えていたのですが、子どもが好きなのとこちらのブランドに憧れがあるので、ぜひ貴店でいっしょに働ければ幸いです」

医療系事務

医療事務は比較的簡単に取れる資格で、出産後に取得するママもいるようです。そのため、資格を持っているママは、しっかりと保有していることをアピールできるとよさそうです。

また、未経験可の応募も多数あるようなので、未経験のママでも安心して働ける環境なのではないでしょうか。

「出産後、病院で働くことに関心をもち、医療事務の資格を取得いたしました。きっちりと丁寧な作業をすることが得意なので、ぜひ自分の得意分野と資格を活かしたいと思い、今回の募集に応募いたしました」

工場などの軽作業系

工場などの軽作業は、コツコツとやる仕事が多いようです。黙々と作業するのが得意なことや、正確に作業するのが得意なことを記載するとよさそうです。

「物事をコツコツと作業することが好きで、貴社の業務が自分に向いていると思い、応募いたしました。スピーディかつ丁寧に仕事をしていけるよう、努めていきたいと思います」

職務経歴書

【経験談】履歴書の志望動機で工夫した点

履歴書の志望動機は職種によって書き方が変わってくることがわかりました。

では、実際にママたちは、履歴書の志望動機を書くうえでどのような工夫をしていたのでしょうか。

未経験だけどやる気はあると伝える

「未経験の職種への再就職だったので、未経験だけど自分のやる気はあると伝わるよう意識しました。

ただ、保育園のお迎えの時間の関係で、自分が希望する就業時間以上働けない旨は履歴書の希望欄に明記しました」

未経験の場合は「新たなスキルをどんどん覚える!」という積極的な姿勢をアピールすることが大切なようです。

また、子どもの事情などもきちんと履歴書に記載しておくと、入社後のトラブルもなく働けそうですね。

入社したらどのように働きたいかを具体的に伝える

「自分が将来的にどうなりたいのか、入社後どのように働きたいかを具体的に伝えることを意識しました。

『将来こうなりたいので貴社でそのスキルを身につけたい、入社後はこんな風に貢献していきたい』と、希望している会社で自分がどのように貢献できるかを書きました」

実際に会社で働いていくなかで、どのように成長していくかを採用担当者がイメージできるように、入社後の目標やビジョンを具体的に伝えるとよさそうです。

今までの経験が生かせることを伝える

「仕事をやめるきっかけとなった出産も含めて、自分の経験が生かせるような職種だったので、履歴書にそのまま書きました」

希望する職種が今までの経験と役に立ちそうだと感じたので、それをしっかり履歴書に書いたというママの声がありました。今までの経験やスキルを、これからどう生かしていけるのかまで志望動機と絡めて書ければ、より印象に残りやすそうですね。

パートの履歴書の志望動機は明確に

働く女性

今回はパートを始めるときの履歴書の志望動機について紹介しました。

パートでも職種によって志望動機を書くポイントは異なるので、あらかじめしっかりチェックしておくとよさそうです。

志望動機を書くときはより明確に書くと、採用担当者の印象に残りやすくなったり、いっしょに働くイメージがつきやすくなるのでいいかもしれません。

特技や経験をしっかりと理解して自己PRをし、自分が納得のいく形でパートやアルバイトとしての再スタートが切れるとよいですね。

2017年08月31日

仕事の関連記事
  • パートで働くメリットやデメリット。フルタイムと短時間パートの違いなど

    パートで働くメリットやデメリット。フルタイムと短時間パートの違いなど

    ママたちのなかには、パートで仕事を始めたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回は、パートの働き方について、メリットやデメリット、雇用保険や社会保険への加入についてや、フルタイムと短時間パートの違い、正社員、派遣社員とはどう違うのかなどについてご紹介します。

  • 産休前日までの仕事の進め方。つらいときのモチベーションの保ち方

    産休前日までの仕事の進め方。つらいときのモチベーションの保ち方

    産休前日まで仕事を続けることをつらいと感じたとき、モチベーションを保つ方法や仕事との向きあい方が気になるママもいるようです。今回の記事では、産休前の仕事の進め方や気持ちの切り替え方、職場復帰に向けて意識したことについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • パートと派遣の違いとは。掛け持ちできるのかやそれぞれの特徴など

    パートと派遣の違いとは。掛け持ちできるのかやそれぞれの特徴など

    パートや派遣で働きたいと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、パートと派遣の働き方の違いや掛け持ちすることはできるのか、パートで派遣登録するときに気をつけたいことなどをご紹介します。

  • フルタイムで働くママのタイムスケジュール。疲れやご飯作りの体験談

    フルタイムで働くママのタイムスケジュール。疲れやご飯作りの体験談

    フルタイムで働くママたちはどのようなタイムスケジュールをすごしているのか、残業で疲れが抜けないときはどうしたらよいのか気になることもあるのではないでしょうか。今回は、フルタイムで働くママのタイムスケジュールや働くメリットなどママたちの体験談、ご飯の用意の仕方などフルタイムで働くコツをご紹介します。

  • 出産を機に退職する方へのメッセージ。書き方のポイントやプレゼントなど

    出産を機に退職する方へのメッセージ。書き方のポイントやプレゼントなど

    出産を機に退職する方へのメッセージを書くことになった場合、どのような内容で書けばよいかや、退職祝いとしてどのようなプレゼントを贈るか悩む方もいるかもしれません。今回の記事では、相手別のメッセージの文例や書くときのポイントを、いっしょに贈ったプレゼントとともにご紹介します。

  • パートの志望動機の書き方。ポイントや書く内容、未経験の場合などの文例

    パートの志望動機の書き方。ポイントや書く内容、未経験の場合などの文例

    パートの志望動機を考えたとき、販売や飲食店など応募先にあわせた書き方の他に、未経験やブランク、時間の希望がある場合の書き方、自宅から近いことを動機として書いてよいのか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、志望動機に書く内容や意識したこと、文例についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧