子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月31日

主婦のパート、志望動機はこう書いた!履歴書や写真について

主婦のパート、志望動機はこう書いた!履歴書や写真について

結婚や出産を機に仕事をやめた後、パートやアルバイトなどでまた仕事を始めようと考えている主婦の人は多くいるでしょう。仕事を再スタートするときの履歴書の書き方や写真の撮り方で注意すべき点を採用担当者に聞いてみました。実際にバイトで新たに仕事を始めた主婦の方にも履歴書の志望動機はどのように書いたかを調査しました。

新たにパートやアルバイトを始めようと思っているママへ

「子育てが一段落したから」「結婚後、また働きたいと思ったから」などさまざまな理由で主婦でパートやアルバイトを始めようと思っているけれど、主婦になってからの履歴書、志望動機の書き方、履歴書の写真の撮り方はどうしたら良いのか悩む主婦の人も多いのではないでしょうか。

1カ月に数十名の面接を行っている採用担当者に履歴書の内容や写真で注目して見ているところを聞いてみました。

履歴書

志望動機は、「いっしょに働きたい」という意向をアピールできているかが重要

「会社の求めている事柄に対して書いていると印象が良く、いっしょに働きたいと思います」

”いっしょに働きたいと思うかが大切”という意見はほかの採用担当者のコメントでもありました。基本的なことですが、「手を抜かずに書いていると好感を持てます」と意見があり、すべての項目を丁寧に書いているかが大事なようです。

長くいっしょに働けるかどうか

応募先の会社の企業理念や仕事内容に関心があり、共感した部分が具体的に書かれていると、「長く働いていけそう」と思えるようです。これからいっしょに、同じ目標に向かって働いていきたいと思わせる志望動機が重要です。

文字は読みやすく!

履歴書を書くときは、パソコンでも手書きでもどちらでも良いですが、手書きで書く場合は、読みやすい字で丁寧に書きましょう。パソコンを使う職種の場合はパソコンで履歴書を書いていると、「ある程度パソコンが使えるのかな」と分かる場合があるので、職種によってはパソコンを利用する方が良いかもしれないですね。

専業主婦の期間をしっかり記入する

結婚したり、子どもが産まれると、仕事をせずに育児や専業主婦だったという人も多くいると思います。

履歴書の経歴を書くときに空白の期間が出てきてしまいますが、育児や専業主婦の経験が仕事内容に生かせる場合もあるのでしっかり記入すると良いと思います。

写真

清潔感がある

髪型や洋服の色、着方がきちんとしているかは基本になってきます。「明るそう」「健康そう」と写真の顔色や表情から判断することもあると採用担当者からの声がありました。メイクは派手になり過ぎず、ナチュラルが良いでしょう。

実際に、再就職をしたママも「再就職する前は、気にせず青系や赤系のメイクも楽しんでいましたが、履歴書の写真を撮るときはブラウン系で落ち着いた色を意識しました」と言っていました。

写真の背景にも気をつける

採用担当者の個人的な意見としてですが、背景が青っぽいと冷たく見えてしまい、もったいないと感じるときがあるようです。反対に白やオレンジなど暖色系の色合いだとあったかみを感じるので、青系以外を選ぶと良いかもしれません。

職務経歴書

職務経歴書

「過去にどんな経験をしてきたのかを知り、募集のときにはこの職種でとろうと考えていてもほかの可能性も考えられて長い目で見られるので、職務経歴書で今までの経験をしっかり見ます」とのことでした。

未経験の職種でも過去の経験がどのように生かせるか、過去の経験から培った能力などをアピールしたいものですね。

主婦になってから再就職するときの企業選び

「仕事を1度辞めて主婦になってから再就職を目指したとき、何を条件に企業を選びましたか?」とアンケートをとりました。

やりたい仕事ができるか

未経験だけれど、できる限り長く続けたいので初心者でも指導してもらえるかを重視しました。子どもが小さいので、保育園にお迎えに行ける時間に退社できるかも選んだ理由の1つです。「やりたい仕事だから応募しました」というコメントはほかの主婦の方からもありました。

自分の欲しいスキルが身につく

「欲しいスキルが身につく」というのが自分の中で一番重要な条件でした。最終的に「自宅で働けるママになる」のが目標なので、雇用されるからにはそれを実現できるようなスキルを身につけられる仕事に就きたいと思って応募しました。

【経験談】履歴書の志望動機と写真で意識した点

未経験だけれどやる気はあると伝える

未経験の職種への再就職だったので、未経験だけれど自分のやる気はあると伝わるよう意識しました。保育園のお迎え時間の関係で、自分が希望する就業時間以上働けない旨は履歴書の備考欄に明記しました。

写真は、正社員の履歴書ではないのでスーツではないですが、白いシャツに髪を結ぶ、おでこを見せるなどして清潔感を重視して撮りました。

入社したらどのように働きたいかを具体的に伝える

自分が将来的にどうなりたいのか、入社後どのように働きたいかを具体的に伝えることを意識しました。「前職でこういうスキルがあるからここで活かせます」という切り口は通用しないと思い、「将来こうなりたいので貴社でそのスキルを身につけたい、入社後はこんな風に貢献していきたい」と、希望している会社で自分がどのように貢献できるかを書きました。

写真は街中にあるスピード写真で撮りました。今は、携帯電話で撮影した写真がお店やコンビニで印刷できるアプリもあり、納得のいくまで撮り直しができて、証明写真より安く印刷できるので利用してみても良いかもしれませんね。

写真は、白シャツを着て、髪は後ろできっちり結ぶか、耳にかけたりして明るい印象にしたいものです。髪の毛を下してると予想外にぼさぼさに見えがちになるので要注意です。

今までの経験が生かせることを伝える

仕事をやめるきっかけとなった出産も含めて、自分の経験が活かせるような職種だったので、履歴書にそのまま書きました。写真は、歯を見せない笑顔で好感度を意識しました。

履歴書の志望動機は明確に

働く女性

主婦になると家庭の予定もあり時間の融通がきかなくなることも多いと思いますが、自分の事情だけでなく、企業のやっている仕事内容や考え方のどこが良いと思って希望をしたのかを履歴書にしっかりと記入し、「いっしょに長く働きたい」と思われる伝え方が大事です。

写真は、明るく清潔感を感じられるように意識し、主婦からパートやアルバイトでの再スタートを目指しましょう。

仕事の関連記事
  • 子育てと仕事で疲れたときの家事は?思い悩まずリラックスする方法

    子育てと仕事で疲れたときの家事は?思い悩まずリラックスする方法

    仕事が終わっても家事や子育てに追われる毎日で「疲れた」と感じたとき、みなさんはどうしていますか?家事も子育ても毎日続いていくことだからこそ、どのように気持ちを切り替えてポジティブな方向へ転換していけるのかを考えてみました。

  • 妊娠したら知っておきたい!産休と育休の違い。いつ手当てはもらえるのか

    妊娠したら知っておきたい!産休と育休の違い。いつ手当てはもらえるのか

    妊娠したらぜひ夫婦で知っておくべきことのひとつが産休や育休、そして産休中にもらえる手当てのこと。出産と産後の育児においてさまざまな費用が必要になるため、このような制度や手当てを有効に活用するのがおすすめです。ここでは、産休と育休の違いやいつ出産手当金がもらえるのかについてご紹介します。

  • 産後、仕事復帰したくない、できないと感じたときの乗り切り方と対処方法

    産後、仕事復帰したくない、できないと感じたときの乗り切り方と対処方法

    産後、仕事復帰しようと考えているけれど「仕事したくない」と仕事に復帰するかを悩んでいませんか。「仕事に行きたくない」「できない」と思っているママたちがどのように乗り越えたか対処法を調査しました。働いているからこそ感じたママが働くメリットも紹介します。

  • 妊娠を機に仕事を辞める選択。ふさわしい時期やタイミングと会社への伝え方

    妊娠を機に仕事を辞める選択。ふさわしい時期やタイミングと会社への伝え方

    妊娠を機に仕事を辞めるという選択をする人も多くいます。仕事を辞めると決意したら、なるべく会社には迷惑にならないタイミングで上手に伝えたいものです。実際に妊娠中に退職した先輩ママは、どんな時期にどのように会社に報告したのでしょうか。退職を考えている妊婦さんに、体験談を交えて紹介します。

  • 育休の延長が2年になるのはいつから?申請条件などのポイントを確認

    育休の延長が2年になるのはいつから?申請条件などのポイントを確認

    育休(育児休業)が最長2年に延長できるようになるのはいつから?私にもあてはまる?など、妊娠中や子育て中、育休中の方にとっては気になる情報ですよね。子どもを保育園などに預けられない場合、どのように育休延長の手続きをすればよいのでしょう。育休について、ママたちの声と申請条件をご紹介します。

  • 妊娠して仕事を辞める時期やタイミング。妊娠後にかかるお金・制度を紹介

    妊娠して仕事を辞める時期やタイミング。妊娠後にかかるお金・制度を紹介

    最近は働く女性が多く、共働きの夫婦も増えましたね。仕事をしながら妊娠をした女性は、辞める時期やお金など、仕事を辞めることに対して不安を感じている方も多いのではないでしょうか。今回は仕事をしながら妊娠をした女性に向けて、仕事を辞める場合の準備やタイミング、妊娠時にかかるお金などについて考えてみました。

カテゴリ一覧