出産前にマツエクをしたい!最後にマツエクに行ったのはいつか

出産前にマツエクをしたい!最後にマツエクに行ったのはいつか

マツエク禁止の場合ママたちは

出産のときにすっぴんになることを考え、妊娠中にマツエクをしたいと考えているママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、出産前のマツエクを、最後にしたのはいつかやマツエクをするときのポイントの他、マツエクが禁止されていた場合はどのようにしたのかについて、体験談とともにご紹介します。

出産前のマツエクについて

出産を控えたママのなかには、これからマツエクをつけたいと考えている方もいるかもしれません。出産前のマツエクについて気になることをママたちに聞いてみました。

20代ママ
出産のときはすっぴんになると思うと、マツエクをつけたいと思いました。妊娠中にマツエクをつけてもよいのでしょうか。
30代ママ
普段からマツエクをつけていますが、最近、妊娠していることがわかりました。マツエクはいつまでつけていてもよいのか気になります。出産前もつけたままでよいのかも知りたいです。
出産前にマツエクについて、新たにつけてもよいのかやいつまでつけていてよいのか気になっているというママの声がありました。

そこで今回は、出産前のマツエクについて体験談を交えてお伝えします。

出産前のマツエクを最後にしたのはいつ?

普段からマツエクをつけているママや、出産前にマツエクをつけてみたいママもいるのではないでしょうか。出産前のマツエクはいつまでつけに行けるのだろうと感じている方もいるかもしれません。

出産前のマツエクを最後につけたのはいつか、ママたちに聞いてみました。

40代ママ
私はお腹が膨らみ始めてからすぐ、仰向けで寝ることが苦しいと感じるようになりました。妊娠前からマツエクをつけていましたが、仰向けでの施術が難しいと感じ、妊娠6カ月前が最終でした。
20代ママ
臨月に入ってからマツエクをつけにいくことは難しいと思いました。妊娠9カ月頃に妊娠前最後の美容院と決め、マツエクをつけて髪の毛を整えました。
30代ママ
最後にマツエクをつけたのは出産の2、3週間前です。私の場合、臨月前にマツエクをつけて、出産前はリペアで済むようにしてたので、出産2、3週間前でも無理なくつけられました。
出産前のマツエクは、妊娠6カ頃から出産2、3週間前までと、ママたちによってさまざまなようです。他にも、妊娠直後にマツエクに行くとグルーが肌にあわずに目元がかゆくなってしまったため、妊娠を機にマツエクをやめたというママの声もありました。

出産前にマツエクをするときのポイント

マツエク
Africa Studio/Shutterstock.com

妊娠中にマツエクをつけるとき、どのようなことを意識するとよいのでしょう。出産前にマツエクをするときのポイントを、ママたちに聞いてみました。

産科やサロンに確認をする

20代ママ
産婦人科やサロンにマツエクをつけてもよいか確認したところ、とくに禁止はしていませんでした。どちらにも確認したので安心してマツエクをつけられました。
20代ママ
私が通っていたサロンは、妊娠中は施術ができないところでした。妊娠がわかってからはマツエクは諦め、出産当日はノーメイクで臨みました。
30代ママ
産院では妊娠10カ月に入ったら、まつ毛や髪の毛のエクステは取るようにと決まりがありました。普段からマツエクをしていたので恥ずかしい気持ちもありましたが、妊娠9カ月に入った頃、マツエクを取りに行きました。
出産中にマツエクが気になることや仰向けで長時間施術することを考え、マツエクを禁止している産院やサロンもあるようです。産院やサロンによっては、一定の月数を越えてからは禁止していたり判断をママに預けたりすることもあるようなので、確認や相談をしてみるとよさそうですね。

体調と相談する

30代ママ
マツエクの施術は仰向けで1時間前後かかると聞いたので、体調が優れないときは控えるようにしていました。体調がよい別日に改めて行き仰向けでの施術が厳しいと伝えると、横向きになってつけてもらえました。
ママや赤ちゃんのことを考え、マツエクをつけるときは体調と相談していたママもいるようです。他にも、マツエクサロンに行くときは、必ず夫についてきてもらったというママの声もありました。

メンテナンスを考える

カレンダー
Brian A Jackson/Shutterstock.com
40代ママ
産後1カ月はあまり外出できないと聞いたので、メンテナンスのことを考えマツエクを取りました。誰かに会うときはマスカラやつけまつげをつけようと思います。
メンテナンスの頻度を考え、出産前のマツエクを諦めたママもいました。ママのなかには、メンテナンスを考えて出産前や出産後にサロンに行く日程を調整したという声もありました。

マツエクができない場合はどうした?

産院やサロンでマツエクが禁止されていてできないけれど、人と会うときや写真を撮るときはきれいにしていたいというママもいるかもしれません。マツエクができない場合、ママたちはどのようなことを考えたのでしょうか。

まつ毛パーマをかける

30代ママ
産院でマツエクが禁止となっていたので、妊娠中にまつ毛パーマをかけにいきました。化粧をしていなくてもまつ毛がくるんとなっているので、すっぴんでも目元が少しハッキリした気がします。
マツエクが禁止されている場合、まつ毛パーマをかけたというママがいるようです。まつ毛パーマをかけたママのなかからは、お手入れが簡単で1カ月ほどパーマが保てたため、産後に友だちと会う機会があってもほぼノーメイクで会えたという声も聞かれました。

面会時などはメイクをする

20代ママ
計画出産で1週間ほど入院することがわかっていたので、面会のときはメイクができるよう化粧道具を持って行きました。友だちや職場の方が来る前は、軽くメイクをするようにしていました。
すっぴんで会うことが恥ずかしいと感じているママも、面会など人と顔をあわせるときはメイクをするとよいかもしれませんね。目元のメイクが気になっていたというママからは、出産前にアイラインのアートメイクをしたという声も聞かれました。

体調と相談をしてマツエクをしよう

妊婦さん
elwynn/Shutterstock.com

出産前にマツエクをするとき、最後に行くのはいつにしようかと考えているママは、産院やサロンに相談をしてみるとよいかもしれません。体調や今後のメンテナンスを考えるよう意識するなど、ママによってマツエクをするときのポイントはさまざまなようです。

産科とサロンどちらも禁止していた場合、まつ毛パーマをしたり面会のときのみメイクしたりなど、工夫したというママもいました。体調と相談をしながら自分にあったマツエクや工夫が見つかるとよいですね。

2020年02月22日

趣味の関連記事

カテゴリ一覧