夜泣きは毎日?毎日ではない?ママたちが行なった対応の仕方

夜泣きは毎日?毎日ではない?ママたちが行なった対応の仕方

毎日同じ時間に夜泣きをする理由など

子どもが夜泣きを毎日同じ時間にすることや毎日ではないけれど頻繁にすることが気になることがあるかもしれません。今回の記事では、2歳の子どもの夜泣きが毎日続く理由や、夜泣きが毎日ある場合や毎日じゃない場合の対応の仕方、毎日するのでイライラしたときに意識したことなどをママたちの体験談を交えてお伝えします。

子どもの夜泣きは毎日ある?

子どもの夜泣きが毎日続くことで悩むママもいるのではないでしょうか。夜泣きは毎日ではないのかや毎日同じ時間にあるのかをママたちに聞いてみました。

毎日ではない

1歳児のママ
うちの子は毎日ではないのですが、ときどき夜泣きをしています。長い時間泣き続けることもありますが「毎日じゃないから」と気にしないようにしています。
夜泣きはするけれど毎日ではないという子どももいるようです。ママのなかには「毎日じゃないから睡眠時間が減っても気にならない」という声もありました。

毎日同じ時間に泣く

10カ月の赤ちゃんのママ
娘は最近毎日同じ時間に夜泣きをするようになりました。なぜ同じ時間に毎日するのかわかりませんが、そういう時期なのかもしれないと思っています。
1歳近くなって毎日同じ時間に夜泣きをするようになったというママがいました。どのような理由で毎日するのかを考えられると、対応の仕方を工夫できるかもしれません。

ママたちが考える夜泣きの理由

子どもが毎日同じ時間に夜泣きをしたり毎日ではないけれど泣き止まなかったりするのは、どのような理由からなのでしょう。ママたちが考える夜泣きの理由を聞いてみました。

お腹がすいているから

9カ月の赤ちゃんのママ
うちの子はお乳をあまり飲まずに寝たときに夜泣きをすることがあります。毎日じゃないので、授乳が少なくてお腹がすくと夜泣きをするのかもしれないと思いました。
毎日ではないけれど夜泣きをすることがあるという場合は、お腹がすいているのかもしれません。ママのなかからは、子どもが食事中に遊んで離乳食をしっかり食べなかったときに夜泣きをすることがあったという声も聞かれました。

疲れているから

2歳児のママ
昼間お出かけをしてたくさん遊んだ日は夜中に泣くことがあるので、疲れたことが夜泣きの理由ではないかと思います。夜泣きは毎日じゃないので、特別なことをして疲れたり緊張したりしたことが原因になっているかもしれないと感じました。
子どもが歩くようになって活動が増えたり、家族でお出かけをしたりして疲れたときに夜泣きをすることもあるようです。来客があった日の夜には夜泣きをすることが多いというママの声もありました。

怖い夢を見たから

ベッドで泣く女の子
paulaphoto/Shutterstock.com
2歳児のママ
娘は夜中に突然大声で泣き出すことがあります。夜泣きが毎日あるときには、何か怖い夢を見ているからなのかなと思いました。
昼間経験したことなどで怖い夢を見てから夜泣きが毎日あるという子どももいるかもしれません。節分などのイベントで少し怖い思いをしたために、夜泣きを毎日するのかもしれないというママの声もありました。

毎日夜泣きをする場合の対応の仕方

夜泣きが毎日続く場合や毎日ではないけれど夜泣きの回数が多いと感じた場合は、どのように対応するとよいのでしょう。ママたちに実際に行なったことを聞いてみました。

生活のリズムを見直す

1歳児のママ
毎日ではないけれど頻繁に夜泣きをするときには、昼間の生活リズムを見直してみました。お昼寝や食事の時間を決めて、しっかり遊ぶ時間をとるようにしたところ、夜泣きが減ったように感じます。
子どもの夜泣きが気になるときには昼間の生活リズムを見直すとよいかもしれません。ママのなかからは、子どもを朝早く起こすようにしたためか夜はすぐに眠くなり、翌朝までぐっすり眠るようになったという声も聞かれました。

子どもにあう寝かしつけ方を考える

1歳児のママ
子どもが毎日同じ時間に夜泣きをするときには寝かしつけ方を工夫しました。ベッドに座って縦抱きでしっかり抱っこをするとすぐに泣き止んでくれるので、私もイライラしないで対応することができました。
夜泣きが毎日同じ時間にある場合も、毎日ではないけれどよくある場合も、子どもがスムーズに寝てくれる寝かしつけ方があるとママもイライラせずにすみそうです。そろそろ断乳しようと考えたけれど、夜泣きが毎日あるのでしばらく授乳をすることにしたというママの声もありました。

寝室の環境を変えてみる

アロマ
a4ndreas/Shutterstock.com
2歳児のママ
息子は夜中に目が覚めてしまったときに部屋が暗いと泣くことがあるので、寝室に間接照明を置いています。目が覚めるのは毎日じゃないのですが、私や夫の姿が見えることで起きてもすぐに安心して眠れるのではないかと思いました。
子どもが夜中に泣くことが毎日続く場合は、寝室の環境を変えてみるのもよいかもしれません。ママのなかには、壁紙や天井に蓄光シールを貼り、子どもが目を覚ましたときにきらきら光る星がすぐに目に入るようにしたという声もありました。

夜泣きが毎日続くときに意識したこと

子どもの夜泣きが毎日続くときや毎日ではないけれど夜泣きが多いと感じたときに、どのようなことを心がけるとよいのでしょう。ママたちに意識したことを聞いてみました。

リラックスの仕方を工夫する

1歳児のママ
子どもの夜泣きで疲れたときはリラックスの仕方を工夫してみました。好きな音楽を静かに流しながら泣いている子どもをあやすと、イライラしないで子どもが寝つくまで待つことができるようになりました。
子どもの夜泣きで疲れたときに、好きな音楽を聞くなどのリラックスの仕方を工夫したママがいました。夜泣きをしている子どもをあやすことで精一杯という場合は、昼間手が空いたときに趣味の時間をもつなどの工夫をするとよいかもしれません。

家族で協力する

9カ月の赤ちゃんのママ
子どもが毎日同じ時間に夜泣きをするようになったので、夫と交代で寝かしつけることにしました。子どもの泣く時間がほぼ決まっていることで、私も夫も睡眠時間の調整がしやすかったです。
子どもの夜泣きが毎日ある場合は、家族で協力して対応をするとよさそうです。毎日ではないけれどパパが泣いている子どもの相手をしてくれるので、気分が楽になったというママの声もありました。

子どもの夜泣きの対応を工夫しよう

女の子の赤ちゃんを抱くママ
spass/Shutterstock.com

毎日ではないけれど夜泣きをすることがよくあるという子どもや、毎日同じ時間に夜泣きをするという子どもなど、夜泣きはそれぞれのようです。2歳の子どもが怖い夢を見るなどして夜泣きが毎日続くということもあるかもしれません。

夜泣きが毎日ある場合はなぜ毎日するのかを考えたり、毎日じゃないけれどイライラしてしまう場合はリラックスの仕方を考えたりして、子どもの夜泣きの対応を工夫できるとよいですね。

2020年02月20日

専門家のコメント
18
    さと先生 保育士
    基本的には夜泣きはありませんでしたが、遠出をした日や親戚が泊まりに来た日など、いつもと違う経験をした日に大泣きすることがありました。
    泣き止ませようと必死になるとこちらも余裕がなくなりますよね。
    もう好きなだけ泣いてなさいくらいの気持ちで抱っこしていると、意外と泣き止むのが早く感じました。
    ゆか先生 保育士
    夜泣きは毎日はありませんでした。
    ただ何やっても泣き止まないんですよね~
    もう、気がすむまで泣いてもらうしかないかなって思っていました。寝るのを諦めたときもありました(笑)

    日中にたくさん日の光を浴びてからだを動かしたり、規則正しい生活リズムを作ることで夜泣きも減ってくると思います。

    普段と違う環境にさらされたり、日中に興奮状態が続いていたりしても夜泣きの原因になります。
    かな先生 保育士
    授乳期間中は言わずもがな、毎晩のように泣いていましたが、断乳してからは落ち着きました。
    ただ、たまにどこかに出かけて初めての経験をしたりすると夜泣きすることがあります。何かのサイトで、夜中に脳を整理する時に情報量が多くて、それが夜泣きにつながると読んだことがあります。
    基本的に声をかけて、腕枕するとすぐ寝てくれます。
    最近は下の子がお腹にいるのもあるのか、夜中に泣きはしないものの、2.3回私がいるか確認する(自分で起きて腕枕に入ってくる)ことがあります。
    かな先生 保育士
    授乳期間中は言わずもがな、毎晩のように泣いていましたが、断乳してからは落ち着きました。
    ただ、たまにどこかに出かけて初めての経験をしたりすると夜泣きすることがあります。何かのサイトで、夜中に脳を整理する時に情報量が多くて、それが夜泣きにつながると読んだことがあります。
    基本的に声をかけて、腕枕するとすぐ寝てくれます。
    最近は下の子がお腹にいるのもあるのか、夜中に泣きはしないものの、2.3回私がいるか確認する(自分で起きて腕枕に入ってくる)ことがあります。
    ゆう先生 保育士
    夜泣き対策として、赤ちゃんは、自分の顔にものすごく反応することが分かっています。
    赤ちゃん自身の写真を見せる、鏡に自分の顔を映して見せてあげるなど、赤ちゃんが興味をもちそうなことで気をそらせ泣くことを忘れさせる、という例も多くありました。
    おもちゃで遊ぶ、というのも気をそらすいい作戦ですね。
    こなせんせい【京都のシッター】 保育士
    心の成長や生活リズムの変化等と共に起こる夜泣き。
    毎日のように続くとなかなか落ち着いて、まとまってゆっくりと寝ることが出来ず
    大人側も辛くなってしまいますね。
    パパママ2人がかりで頑張ってもなかなか乗り切るのは難しいもの。
    前の晩あまり寝れずつらい日、最近しっかり寝れてないなあという日はお近くのベビーシッター等に相談を。
    日中の子育てを代わることも支えることもできます。
    子育ては何オペでも良いのですから、無理をせずに 気軽にベビーシッターに頼ってくださいね。
    せんせい 保育士
    ほぼ毎日夜泣きしてたなぁー笑 可愛すぎて全然苦じゃなかったけど、なんで泣いてるのかわかってあげられないのが辛かったー💦今はもう無くなりましたが3歳なるくらいまでたまにありました☺︎いつかは必ず無くなるから大変だけどそれを敢えて楽しむっていうスタンスで向き合ってましたね🌞
    でぶいも先生 保育士
    断乳するまで、1.2時間おきに起きて泣いていたのに、断乳した途端に夜泣きが無くなりました。今1週間経ちましたが、朝まで寝れることも増え感激しています。このまま続いたら良いなと思います。
    まな先生 保育士
    毎日する子もいれば、たまにしかしない子もいますし、本当に個人差があると思います。
    その日受けた刺激が多かったり、体調が良くなかったり、体温調整がうまくできていない時、喉が乾いた時に夜泣きしやすいと聞きます。
    部屋の温度に気をつけ、赤ちゃんが安心して眠れる環境を整えてあげると良いです。
    あき先生 保育士
    我が子もよく寝る子だったのが最近夜中に何度も目を覚ますようになりました。ふぇーんと声をあげるものの大泣きはせず、腕枕したりトントンしたりしているとまた寝ます。でも、何度も起きます。これは夜泣きというより体力が余ってるだけなのか、、
    とーち先生 保育士
    上の子は夜泣きはありませんでしたが、下の子が夜泣きします。


    背中をかいたり、さすったり。。

    トントンしたり。本人が安心して眠れるようにスキンタッチをするようにしています。
    なごみ先生 保育士
    ほとんど夜泣きはありませんでしたが、数回はありました。そんな時私だけではなく旦那も夜泣き対応に付き合って一緒に夜中のお散歩に行きました。今ではいい思い出です^ ^
    とー♡先生 幼稚園教諭
    5ヶ月の頃、夜泣きが酷かったです。
    泣き始めると夜中に2時間ほど起きてグズグズしていました。

    今でもまだまだ、夜泣きする子で、目をつぶってギャン泣きし、抱っこしても声をかけてもダメなときは、1度起こしてお茶を飲んで落ち着かせると、すんなりまた寝ます。
    のんの先生 保育士
    テレビを見せない。
    外で遊ぶ
    13時ごろ昼寝をさせる(1時間ほど)
    を試してみたら、夜泣きがなくなりました。
    りお先生 保育士
    2歳で夜泣きが続くのであれば、それは成長過程ではなく、毎日の生活リズムを見直した方がいいかもしれませんね。

    子どもは毎日一定のリズムで生活することを好みます。
    生活リズムが乱れていないか確認してください。

    朝早く起きて、外で遊ばせ、昼寝を2時間以内に抑えれば、夜はスヤスヤ寝てくれると思いますよ😁
    ぽんた先生 保育士
    しばらく放置というか、みてみぬふりをするのも有効という話を聞いたことがあります。ママ自身がつかれないように!が一番!
    すー先生 保育士
    夜泣きは毎日ありました。時間もだいたい決まっており、深夜2時から1時間〜1時間半泣き続けていました。この時間は何をしても寝てくれないので諦めて抱っこで部屋の中をグルグルしたり、授乳をしてみたりと赤ちゃんが疲れて寝てくれるのをひたすら待っていました。
    せおみ先生 保育士
    夜泣きは個人差があると思います。我が子は私の妊娠後期から産後しばらくは夜泣きが続きました。この時期の夜泣きはやはり、精神的な事からだと思います。3歳の次女は今でも時々、長い時間ではなく泣いて叫ぶ事はあります。起きてから聞くと、怖い夢をみた。と言っています。夜中、泣いている時はスキンシップをとったり、安心できる言葉をかけるようにしています。それでも泣き止まない時は、お茶を飲みに移動したり、わざと目を覚まさせるようにしています。
おすすめユーザーのコメント
1
    しずか先生
    子どもが好きな歌をピアノを弾きながら歌っていました.大抵の場合はこれで泣き止みました.仕方なしにあやす,というのではなく,私自身が楽しげに弾いたり歌ったりしたほうが,効果があったように思います.

家族の関連記事

カテゴリ一覧