家族で出かける場所を選ぶときのポイントやあると便利な持ち物

家族で出かける場所を選ぶときのポイントやあると便利な持ち物

出かけるときの持ち物であると便利なもの

家族でお出かけするときに、場所選びに悩むママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、家族で出かける場所を選ぶときのポイントや家族でのお出かけに選んだ場所、出かけるときの持ち物であると便利なものについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

家族で出かけるとき

休日などに家族でお出かけをしようかと思ったときに、どこへ出かけようか考えるママやパパもいるのではないでしょうか。家族で出かけるときに、気になることをママたちに聞いてみました。

30代ママ
次のお休みに家族で出かけようかと話しています。子どもといっしょなので、家族皆が楽しめそうな場所にはどのような所があるのか気になります。
20代ママ
家族で出かけるときの持ち物が気になります。これがあると便利というものがあれば、知りたいです。
家族で出かけるときに、お出かけ先や、あると便利な持ち物が知りたいというママもいるようです。

今回は、家族で出かける場所についてママたちの体験談を踏まえてご紹介します。

家族で出かける場所を選ぶポイント

家族
szefei/Shutterstock.com

家族で出かける場所を決めるときに、どこへ行こうか悩む方もいるのではしょうか。選ぶポイントをママたちに聞いてみました。

子ども向けの設備が整備されている

30代ママ
0歳の赤ちゃんを連れていくので、出かける場所に授乳室やおむつ替えスペースがあるかどうか事前にチェックしました。あらかじめ調べておいたので、当日もスムーズに赤ちゃんのお世話をすることができました。
40代ママ
2歳の子どもがトイレトレーニング中だったので、子ども向けのトイレが整備されているところを選びました。行ってみると、子ども用にかわいらしく装飾されており、外出先でも楽しくトイレに行くことができました。
家族で出かける場所を選ぶとき、子ども向けの設備が整備されている場所を選ぶママもいるようです。また、子ども向けの休憩スペースが整備されていると、赤ちゃんがぐずったときも、すぐに対応することができよかったというママの声も聞かれました。

家族それぞれが楽しめる

30代ママ
年齢に差がある兄弟ですが、二人とも楽しめる場所がよいなと思っています。家族でお出かけするので、子どもだけでなく、私たち親も楽しめたらよいです。
家族それぞれが楽しめるように場所を選んだママもいるようです。ママのなかからは、普段あまり家族そろってお出かけする機会がないので、家族皆が楽しめたらよい思い出になりそうという声も聞かれました。

家族でのお出かけに選んだ場所

実際にママたちが家族でのお出かけに選んだ場所をご紹介します。

遊園地

40代ママ
上の子が乗り物が大好きなので遊園地を選びました。下の子も、親が抱っこすれば乗れる乗り物がたくさんあり、他にも観覧車やメリーゴーランドなど家族みんなで楽しむことができました。
家族のお出かけに、小さい年齢の子どもも楽しめるアトラクションがある遊園地を選んだママもいるようです。他にも、2歳以下は乗り物の利用が無料でお得に感じたというママの声も聞かれました。

水族館や動物園

水族館
leungchopan/Shutterstock.com
30代ママ
海の生き物を間近で感じられる水族館へ出かけました。イルカショーなどイベントが盛りだくさんで、子どもも飽きずに楽しむことができました。
30代ママ
上の子も下の子も楽しめる場所をと思い、動物園に行きました。ヤギやウサギにエサやり体験をしたり、モルモットを抱っこしたり、見るだけでなく触れあうこともできよかったです。
生き物と触れあうことができる水族館や動物園を選ぶママもいるようです。また、普段とは違う非日常を味わえ、気持ちが癒されたというパパの声もありました。

科学館や博物館

30代ママ
休みの日は科学館や博物館へお出かけしています。実際に手で動かすこともできますし、展示品もリアルなものなどさまざまなものがあり、親も興味深く見学できます。
遊ぶだけでなく、学びにもつながりそうな科学館や博物館へお出かけするのもよいかもしれません。また、子どもが興味をもっていることの視野を広げてあげたいと思い、場所を選んでいるというママの声もありました。

総合公園

30代ママ
子どもが思いきり遊べる大きめの遊具がある公園へお出かけしました。夏は噴水で水遊びをすることもできます。他にも、季節の花々が鑑賞できる庭園が併設されているので私も楽しめます。
大型遊具や庭園などさまざまな楽しみ方ができる総合公園をお出かけ場所に選ぶママもいるようです。ママのなかからは、芝生のある広い公園にお弁当を持ってピクニックに行くと、体を動かしたり皆でご飯を食べたりと、親子で一日楽しめるという声もありました。

出かけるときの持ち物であると便利なもの

家族で出かけるときの持ち物で、あると便利なものをママたちに聞いてみました。

ウエットティッシュ

20代ママ
うちの娘は食事の際に口や手が汚れてしまうので、ウエットティッシュがあると助かります。濡れているので、口についた食べ物もすぐに拭き取ることができます。
家族で出かける際の持ち物として、ウエットティッシュを用意しているママもいるようです。他にも、人が大勢いる場所へ出かけるときは衛生面が気になるので、除菌タイプのウェットティッシュがあると色々なシーンで使えて便利だったというママの声もありました。

水筒やお菓子

30代ママ
以前、お出かけのときの移動時間や待ち時間のときに子どもから「のどが乾いた」と言われ、困ってしまいました。それからは、常に水筒やちょっとしたお菓子を準備しています。
外出先ではすぐに飲み物や食べ物が用意できないとうことも考え、水筒やお菓子を用意しておくとよいかもしれません。お出かけの前日に子ども一人ひとりに一日分のおやつを分けてくばり、自分たちでファスナーつきバッグに入れて用意するようにしているというママの声もありました。

ベビーカー

30代ママ
子どもがまだ長い時間歩くことができないので、ベビーカーを持っていくようにしています。バッグやお土産などの手荷物をかけておくこともできますし、便利です。
子どもの様子にあわせてベビーカーを用意するのもよさそうです。ママのなかからは、赤ちゃんは知らない場所では場所見知りや人見知りで泣いてしまうこともあるので、私と密着できるように、おんぶ紐を持っていくという声も聞かれました。

家族で楽しめる場所へ出かけよう

家族
Monkey Business Images/Shutterstock.com

家族皆で出かける場所を選ぶとき、子ども向けの設備があるかどうか確認しているママもいるようです。実際に、遊園地や水族館などに行ったという声が聞かれました。

便利な持ち物なども揃えて、家族でお出かけを楽しめるとよいですね。

2020年01月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧