赤ちゃんとの家族旅行を楽しもう。行き先の選び方や持ち物リスト

赤ちゃんとの家族旅行を楽しもう。行き先の選び方や持ち物リスト

赤ちゃん連れの家族旅行で意識したこと

赤ちゃんといっしょに家族旅行をしようと考えるママやパパのなかには、行き先の選び方やオムツやベビーカーなど赤ちゃん用の持ち物について気になる方もいるかもしれません。今回は、赤ちゃんとの家族旅行の行き先を選ぶときのポイントや持ち物、赤ちゃん連れの旅行で意識したことについて、体験談を交えてご紹介します。

赤ちゃんとの家族旅行

赤ちゃんといっしょに旅行をするときは、しっかりと事前準備をして楽しい旅行にしたと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

赤ちゃん連れの旅行をするときは、どのようなことを意識して行き先を選べばよいのかや、何を準備すればよいのかなど気になることもあるかもしれません。

そこで今回は、赤ちゃんといっしょに家族旅行をするときの行き先の選び方や持ち物などをママやパパたちの体験談を元にしてご紹介します。

家族旅行の行き先を選ぶときのポイント

赤ちゃんといっしょに家族旅行をするときは、どのようなことを意識して行き先を選べばよいのでしょうか。

家族旅行の行き先を選ぶときのポイントをママたちに聞いてみました。

アクセスのしやすさ

チャイルドシート
Africa Studio/Shutterstock.com
30代パパ
赤ちゃんを連れて家族旅行をしたときは、移動時間が短い行き先を選びました。移動に疲れて旅行先に着いた途端に赤ちゃんが寝てしまうこともなく、家族旅行を目いっぱい楽しむことができたと思います。
赤ちゃんといっしょに家族旅行をするときは、移動時間がかからない行き先を選ぶとよいかもしれません。

道が混雑しそうな時期に旅行をする場合は、渋滞で移動の時間が読めなくなるかもしれないので、人気の観光スポットなどは避けるようにしたというパパの声も聞かれました。

赤ちゃんの生活リズムにあわせる

40代ママ
赤ちゃんが小さいときは、生活リズムにあわせてすごせるかどうかを意識して旅行先を選んでいました。旅行中に生活リズムがくずれないように気をつけたので、帰宅してからもスムーズに元の生活に戻ることができたと思います。
小さい赤ちゃんを連れた家族旅行の場合、授乳や離乳食、睡眠の時間がずれないように行き先やスケジュールを決めることも大切かもしれません。

旅行先に行くまでの間にあるサービスエリアや駅、空港などに授乳スペースやオムツ替えスペース、離乳食をあげられる場所があるかどうかなどを事前に調べておくと安心かもしれません。

赤ちゃん向けの設備やサービスの有無

30代ママ
赤ちゃん連れの家族旅行を計画するときは、赤ちゃん向けのサービスが充実している宿を予約するようにしています。赤ちゃんの月齢に応じた必要な備品や設備、サービスが整っているかどうかが、我が家の宿を選ぶときのポイントです。
赤ちゃん向けの貸し出し品や設備、サービスの有無を確認して旅行先の宿を選んでいるというママの声もありました。

宿によっては、オムツや離乳食が用意されていたりキッズスペースが設置されていたりするところもあるようなので、ママとパパが何を重視したいかを意識して宿を選ぶとよいかもしれません。

赤ちゃんと家族旅行をするときの持ち物

おもちゃ
Africa Studio/Shutterstock.com

赤ちゃんと家族旅行をするときは、どのような持ち物を用意すればよいのでしょうか。実際に、ママたちが家族旅行のために準備した持ち物をご紹介します。

最低限必要な持ち物

・着替え
・オムツ、おしりふき
・哺乳瓶、粉ミルク
・授乳ケープ
・離乳食
・食事用のエプロン
・ベビーソープ、ベビーシャンプー
・抱っこ紐/ベビーカー
紙オムツやおしりふき、食事用のエプロンなどは、宿泊先で借りられることもあるかもしれないので、どのようなものが借りられるのかを事前に確認しておくと、荷物を減らすことができそうです。

ベビーカーは、移動手段が車以外の場合や行き先でのすごし方によっては荷物になるため持って行かず、抱っこ紐のみで対応したというママの声もありました。

あると便利と感じた持ち物

・雨具
・虫除け
・おくるみ
・使い慣れたスプーンとフォーク
急な天候の変化や予定の変更などがあったときに、すぐに対応できるように雨具や虫除けなどを用意したママもいるようです。

おくるみや小さめのタオルケットなどを1枚持ち物として用意しておくと、肌寒いときなどにひざ掛けとして利用したり、お昼寝用の掛け布団として使ったりすることができて便利だったという声もありました。

赤ちゃんとの家族旅行で意識したこと

赤ちゃんといっしょに家族旅行をするときに意識していることをママたちに聞いてみました。

移動手段を考える

40代パパ
電車や飛行機などを使うと行き先の選択肢が広がりますが、移動中に赤ちゃんがぐずったときのことを考えると、今はまだ車での旅行が一番楽だと感じています。車移動であれば、荷物もたくさん運べるので便利です。
赤ちゃんといっしょに旅行をするときは荷物が多くなることもあるため、移動手段に車を選んだというパパの声がありました。

車であれば、赤ちゃんがぐずったときも周囲に気兼ねすることなく、赤ちゃんのペースにあわせて休憩時間を設けることができそうです。

遠距離の旅行の場合で、飛行機を利用するときは赤ちゃんのお昼寝の時間にあわせてフライトを選んだというママの声も聞かれました。

スケジュールに余裕をもたせる

40代パパ
1歳の赤ちゃんを連れてよく家族旅行をしますが、旅行先で回る場所は1箇所と決めています。最近、旅行先で動物園に行きましたが、ゆっくりと見ることができて息子も楽しそうでした。
赤ちゃんを連れていると、予期せぬことに時間をとられたり予定通りにいかないこともあるかもしれません。

赤ちゃんだけではなくママやパパも気持ちに余裕をもって楽しめる旅行にするためにも、あまり予定を詰め込みすぎないようにするとよさそうです。

赤ちゃんとの家族旅行は計画的に

家族旅行
szefei/Shutterstock.com

赤ちゃんとの家族旅行の行き先を決めるときは、できるだけ移動距離が短かかったり、赤ちゃんの生活リズムにあわせてすごしたりできる場所を選ぶように心がけたというママやパパの声がありました。赤ちゃん向けのサービスが充実している宿泊先を選ぶこともポイントかもしれません。

オムツやおしりふきなどの赤ちゃん用の持ち物は、宿泊先で用意されていることもあるかもしれないので、事前に確認しておくとよさそうです。ベビーカーは、移動手段や行き先でのすごし方に応じて、持っていった方が便利と考えた場合のみ持っていくという声も聞かれました。

赤ちゃんと家族のみんながゆったりとした気持ちですごせるように余裕のある計画を立てて、楽しい家族旅行ができるとよいですね。

2019年12月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧