布製のトレーニングパンツの選び方や使い方

布製のトレーニングパンツの選び方や使い方

布おむつや布パットとの併用など

布製のトレーニングパンツの使い方などが気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、布製のトレーニングパンツの選び方や布おむつや布パットと併用するといった使い方、トレーニングパンツの洗い方などについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

トレーニングパンツを使う際に気になること

子どものトイレトレーニングを始めようと考えたときに、トレーニングパンツについて気になるママもいるかもしれません。どのようなことが気になるのかを、ママたちに聞いてみました。

20代ママ
トレーニングパンツの種類はさまざまあるようなので、どのようなタイプを使うとよいかが気になります。子どもがスムーズにトイレトレーニングを進められるものを知りたいです。
30代ママ
布製のトレーニングパンツはどのような使い方をするのか知りたいと思っています。布おむつを使っていなかったので、布製のトレーニングパンツの必要な枚数や洗い方なども気になります。
布おむつを使っていなかったけれど、トレーニングパンツは布製を使ってみようと考えるママもいるようです。他には、布製のトレーニングパンツにはいくつかの種類があるので、どのように選ぶとよいか気になるというママの声もありました。

そこで今回は、布製のトレーニングパンツについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

布製のトレーニングパンツの選び方

布製のトレーニングパンツを選ぶ場合、どのようなことをポイントにするとよいのでしょう。ママたちに選び方を聞いてみました。

素材

40代ママ
布製のトレーニングパンツは素材をポイントに選びました。トイレトレーニングを夏頃に始めたので、通気性のよいパイル地を選んだところ、蒸れることも少ないためか子どもが嫌がらずに使ってくれました。
布製のトレーニングパンツを選ぶ際に、素材をポイントにしたママがいました。オーガニックコットン素材など履き心地のよさを考えて選ぶことで、子どものトイレトレーニングがスムーズに進むかもしれません。

厚さ

30代ママ
布製のトレーニングパンツには2層、3層、4層、6層といった種類がありましたが、厚さの気にならない3層のトレーニングパンツを3枚購入して使ってみました。子どもが履きやすそうにしているので、同じ種類を買い足そうと考えています。
布製のトレーニングパンツには厚さの異なるものが数種類あるようです。ママのなかには、吸収の仕方やの履き心地のよさがわからなかったので、最初は4層のものを1枚購入して、子どもの様子を見てから3層と4層を3枚ずつ用意したという声もありました。

機能

アジア人 子ども 3歳
Duplass/Shutterstock.com
30代ママ
トイレトレーニングを始めた頃はトレーニングパンツにうんちをしてもよいように、両サイドにスナップがついて全開するタイプを選びました。布製のトレーニングパンツを選ぶときは、機能をポイントにしてもよいと思います。
布製のトレーニングパンツを購入する際に、おむつのように全開になるタイプを選んだママがいました。他には、洗濯をしたときに早く乾くように、内側部分を引き出して干せる吊り式のトレーニングパンツを選んだというママの声もありました。

布製のトレーニングパンツの使い方

布製のトレーニングパンツは、どのような使い方をするとよいのでしょう。実際に、ママたちが行なっている使い方を聞いてみました。

子どもの様子にあわせて使う

20代ママ
トイレトレーニングを始めたときは6層のトレーニングパンツを使いましたが、子どもが履くのを嫌がったので3層の薄いものに替えました。布製のトレーニングパンツは子どもの様子にあわせて使うとよいのではないかと思います。
トレーニングパンツの使い方として、子どもが気持ちよく履いてくれるかなどを考えることも大切かもしれません。布製のトレーニングパンツに慣れるように、履かせる時間を少しずつ長くしてみたというママの声もありました。

布おむつや布パットと併用する

40代ママ
うちの子は薄手の布製トレーニングパンツと成形型の布おむつとを併用して使っています。トイレトレーニングが進んでからは布おむつから布パットに替え、その後は普通のパンツに布パットを乗せるといった使い方にしてみました。
2層などの薄手のトレーニングパンツに、布おむつや布パットを重ねるといった使い方をしているママもいるようです。成形型の布おむつや布パットを使うことで、子どもがおしっこをしたときにトレーニングパンツを履き替えることも少なくなるかもしれません。

シーンにあわせて使う

30代ママ
トイレトレーニング中は布製のトレーニングパンツをメインに、紙タイプなども併用しています。家にいるときはおしっこをしてもすぐに対処できるので布製を使い、外出時には紙製を使うというように、シーンにあわせた使い方もよいと思いました。
トイレトレーニング中は、シーンにあわせて布製と紙製のトレーニングパンツを併用するといった使い方をしてもよさそうです。ママのなかには、昼間は布製のトレーニングパンツを使い、夜はぐっすり眠れるように紙製を使っているという声もありました。

布製のトレーニングパンツのお手入れの仕方

洗濯バサミ
Elena Elisseeva/Shutterstock.com

布製のトレーンングパンツを使っているママたちは、洗い方などについて気になることもあるようです。お手入れの仕方で意識していることを聞いてみました。

汚れたらすぐに洗う

40代ママ
布製のトレーニングパンツを使うときは、汚れたらすぐに洗うことを心がけています。子どもが履き替えたらすぐに予洗いをしておき、一日の終りに洗剤を使ってきれいに洗濯をすると匂いも気にならないと思いました。
子どもがおしっこやうんちで汚したときは、すぐに脱がせて予洗いをしておくことも、布製のトレーニングパンツのお手入れの仕方のひとつかもしれません。予洗いをするときに汚れた部分だけに石鹸をつけて洗っているというママの声もありました。

しっかり乾かす

30代ママ
洗濯をした布製のトレーニングパンツは、しっかり乾かしてから収納するようにしています。子どもが直接身に着ける下着なので、カビが生えないようにお手入れすることを意識しています。
布製のトレーニングパンツは、何層かに重なっているために乾きにくいことがあるかもしれません。ママのなかからは、他の洗濯物よりも時間をかけて乾燥させているという声も聞かれました。

布製のトレーニングパンツを工夫して使おう

パンツ 子ども
sirtravelalot/Shutterstock.com

布製のトレーニングパンツをトイレトレーニングに取り入れるときに、成形型の布おむつや布パットと併用しているママがいました。汚れたときにはすぐに予洗いをするなどのお手入れの仕方についても意識するとよいかもしれません。

布製のトレーニングパンツを利用する場合は、使い方や洗い方などを工夫して使うことができるとよいですね。

2019年11月30日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧