保育園のロンパース事情。名前つけなど着せていくときに気をつけたこと

保育園のロンパース事情。名前つけなど着せていくときに気をつけたこと

保育園でのロンパースに関する決まりの体験談

保育園に通う子どもにロンパースを着せたいとき、名前はどこに書くとよいのかや、どのようなデザインのものがよいか悩むママもいるかもしれません。0歳をすぎても着せてよいのか気になることもあるでしょう。今回は保育園にロンパースを着せていったことはあるかや気をつけたことについてママたちの体験談をご紹介します。

保育園のロンパース事情とは?

ベビー服や子ども服のロンパースとは、上下がつながった肌着や上着のことをさすようです。

夏は足の出るロンパースで涼しくすごせたり、寒い時期はつなぎになっているのでお腹や背中を冷やしにくいでしょう。

赤ちゃんが成長し活発になってくると、上下で分かれているセパレートの服の方が動きやすいこともあり、保育園によっては園の方針でロンパースを避けるよう指示される場合もあるかもしれません。

保育園のロンパース事情とは、どのようなものなのでしょうか。また、保育園にロンパースを着せていったことのあるママはどのような点に気をつけたのでしょうか。

保育園にロンパースを着せていったことはある?

保育園にロンパースを着せていったことはあるかママたちに聞いてみました。

着せていったことがある

保育園
iStock.com/kot63
30代ママ
1歳3カ月に保育園へ通い始めてから、いつもセパレートの服や肌着を着せていますが、たまに肌着が足りないときに、0歳の頃から着ているロンパース肌着を着せていくこともあります。そのとき、園からは特に何も言われませんでした。
30代ママ
洋服に関しての指定がそれほどきびしくない小規模保育園で、ロンパースの肌着を着ていくことがあります。オムツ替えのときに、股下のスナップボタンを留めることが少し手間に感じるので、ロンパースを着せていくときは園の先生にやや申し訳なく思います。
30代ママ
1歳のとき、保育園の発表会で使う衣装として、無地でタンクトップのロンパース肌着が必要だから持ってきてほしいと言われ、持っていきました。ロンパースは0歳の子が着るイメージがありましたが、1歳でも問題ないんだと思いました。
30代ママ
0歳クラスではロンパースは問題なく、1歳クラスではトイレトレーニングや着脱の練習をはじめる子もいるので、セパレート服が好ましいという説明が入園のときにありました。
保育園にロンパースを着せていったことがあるという声が複数ありました。

ロンパースに関してのルールが特にない保育園は少なくないようですね。

着せていったことがない

30代ママ
ロンパースの肌着や上着は、ハイハイ期頃から自宅で着なくなったので、保育園にも着せていかないです。
30代ママ
保育園で着る服は、上下別れているものを着るように指示がありました。ロンパースの他にワンピースも禁止されています。
保育園でロンパースが禁止されているため、着せていったことがないという声もありました。

ロンパースを着ていけるかどうかは、保育園によってさまざまなようです。

保育園にロンパースを着せていくときに気をつけたこと

ロンパース
iStock.com/etorres69
保育園にロンパースを着せていくときに気をつけたことについてママたちに聞いてみました。

名前をつける

30代ママ
保育園では、持ち物に名前をつける場所についての決まりが特になく、ロンパースなどの洋服類はすべて、洗濯タグに名前シールを貼ったり、元々ついているネーム欄にペンで名前を書いています。はっきりと見やすい文字になるように気をつけました。
ネーム欄が元々ついているロンパースは、名前つけの際に役に立ちそうですね。

洗濯タグの布地は、ペンで書くと文字がにじみやすいので、なるべくペンで書かないようにしたというママの声もありました。

デザインを選ぶ

30代ママ
前開きで紐で結ぶタイプや、頭からかぶるタイプ、首元だけにボタンがついているタイプのロンパース肌着は、保育園で着替えるときに先生の手間になると思ったので避けました。1歳の今は前開きのボタンが複数ついているタイプのものを着せています。
紐で結ぶタイプのロンパースは、動きが活発だったり手先の器用な赤ちゃんだと、紐がほどけやすく着崩れしやすいかもしれませんね。

きちんと着せる

30代ママ
ロンパース肌着の股下にあるスナップボタンをきちんと留めないと、ロンパースの裾がオムツに挟まっておしっこで濡れてしまうことがあるので、少し面倒でも股下のボタンは留めるようにしています。
ロンパース肌着の股下のスナップボタンを、きちんと留めるように心がけているという声がありました。

毎日のオムツ替えで、何度も服のボタンを留めることを大変に感じるママは少なくないかもしれませんね。

他にも、0歳クラスでロンパースをメインに着る場合、着替え用に保育園に置いておく分を含めて、ロンパース肌着と上着をそれぞれ4~5枚用意するなど、枚数に気をつけるママもいるようです。

保育園で着るロンパースはルールにあわせて考えよう

赤ちゃんとママ
Qiteng T - stock.adobe.com
今回は、保育園にロンパースの肌着や服を着せていったことはあるかや、着せていくときに気をつけたことについて、ママたちの体験談をご紹介しました。

ロンパースには、前開きやかぶるタイプ、名前を書けるネーム欄がついているものなど、さまざまな種類があるようです。

1歳以上のクラスでセパレート服を指定する保育園や、ロンパースを禁止している保育園もあるようなので、使えない洋服を増やさないためにも、入園の際などに衣服に関する園の方針をきちんと確認することは大切かもしれません。

保育園の方針にあわせてロンパースを選び、赤ちゃんが快適にすごせるとよいですね。

2019年11月20日

専門家のコメント
10
    まいこ先生 保育士
    保育園を運営しておりました◡̈ ロンパース。 ・抱っこしてもお腹が出ない ・ズリバイ、ハイハイでも服がずれない 小さな赤ちゃんにとってはとっても便利なウェアですね♪服の留め方も様々で、月齢に合わせて服のタイプを変えることで衣服の着脱も楽ちんです!寝返りなどよく動き回るお子様には特にチャチャっと着替え終わる方がいい時が沢山あります。 「保育園がセパレートを指示する理由」は園の方針にもよると思います。記事のように、ボタンをポチポチとすることが大変だったり、ズボンにインするのが面倒だったり、サイズも小さくなっていたり… 個人的な意見で言うと、ロンパースを終える1番の理由は「自分で着脱する子ども姿」を大切にするためだと思っています。ズボンに触ってみようとする、足を入れようとしてみる…そんな姿が見られた時にどんな服が最適かなぁと思うとロンパースはもう不要な気がします◡̈
    すあま先生 保育士
    ルールではないのですが、ボタンがたくさんついているもの(全身をくまなく接着するようにボタンがついているもの)は着脱が大変…というのがぶっちゃけた話になります(^^;) 着脱に時間がかかると、お子さんが空腹で泣いていてもすぐに給食を食べさせてあげられなかったり、すぐに遊びに行けなかったりと、お子さんにとってのデメリットも発生します。 ロンパース卒業の目安は、衣服の着脱に興味を持ち始めた頃がタイミングとしてはベターかと思います。 その点は担任の保育士に日中の様子を聞きつつ、相談してみるのをオススメします(^^)
    とまと先生 保育士
    1歳児クラスでもロンパースタイプの肌着を着てくる子は多いですね。トイトレを始めたり、少しずつ自分で着脱しようとするようになってきたら肌着もセパレートの物をお願いしていました!
    しまこ先生 保育士
    ロンパースは排泄しているかどうかの確認に手間取ります。 特にイヤイヤ期の子はオムツ交換どころか出たかどうか見せるのさえ嫌がるのでパッと確認できないと本人もかわいそうです。 保育園で禁止されていなくても自分で歩くようになったらロンパースは避けた方が賢明ですよ。
    める先生 保育士
    1歳児クラスでもロンパースを着てくる子は多いですが、トイレトレーニングをする頃には、汚れたり着脱が大変にならないよう、セパレートタイプを保護者の方にお願いしています! ズボンの着脱を練習するようになる1歳児クラスではロンパースではない下着が好ましいかと思います^^
    わい先生 保育士
    赤ちゃんのときは、ロンパースがお腹が冷えなくて便利ですよね🎵 寝返りやハイハイなど動き出してしまうと…オムツを変えるのも大変!!そして、ロンパースもとなるとまたまた大変ですね!!変えるの側も変えてもらう側もイライラしてしまいます。そうなったら、セパレートにしてもいいと思います。 また、ハイハイしたり、歩きだしたりするとロンパースのとめるところが自然と外れてしまうこともあります。それは、子どもの動きの妨げになってるから外れてしまうので、そうしたらセパレートタイプを考えてもいいと思います。 最後に、トイレトレーニングを始めた時です。子どもは大人みたいに便器についてしまうのがいやだからと言って服を持ち上げてトイレに行くことをまだ知りません。トイレに行ったら座るということをまず知るのに、すぐに座れません。座りたくても「座らないで…ロンパースが濡れちゃう!!」となってしまうのです。子どもがやる気を妨げてしまうのでセパレートにした方がいいと思います。
    じゅん先生 保育士
    1歳児クラスでも最近ロンパースを着せている園児さんが多いようです。オムツ換えやトレーニングの時もかなり時間がかかり園児さんにもストレスが溜まる原因になる事がありますのでロンパースは、避けた方が賢明だと思います。
    りょうくんまま先生 保育士
    ロンパースがオッケーかどうかは園によると思いますが親としては動き回ってまだ自分で着脱できず下着がズボンから出てしまう我が子を見るとロンパースはかせたくなりますよね(^-^) 保育所でロンパースが嫌がられる理由はぶっちゃけ排泄の有無の確認がしづらいからだと思います。股下でボタンを止めてしまうといちいち外して確認しなければならず何人もの排泄を一度に確認しなければいけない時などはとても大変です。 私の勤めていた園ではロンパースもオッケーでしたが股下ボタンは基本止めない形にしていました。それならそれほど手間はかからないし、セパレートより長い分シャツがズボンからでてきにくくなるのでお母さんたちのお腹を冷やしたくないという希望も叶えられるのではないかと思って実践していました。 ただ子どもが自分で着脱に興味を持つようになったらシャツをズボンに入れるという習慣をつけるためにもセパレートタイプをおすすめします。
    もしもしまま先生 保育士
    園からの指定がなければ、ロンパースは着ていっても問題ないと思います。 多くの方がコメントしてますが、トイトレが始まると、自分でボタンのつけ外しが出来なかったり、そもそもトイレに座る時に大変といったところから、ロンパースは避けた方がいいと思います。 心配であれば、担任の先生にあらかじめトイトレの時期も含めて確認してみたらいいと思います!
    なー先生 保育士
    ロンパース禁止、というのは子どもが自ら着替えたい、やってみたいという気持ちを尊重してのことだと思います。ロンパースだとボタンの部分を大人に着け外ししてもらわないと難しいですからね。 着脱の仕方を知らせてあげ、やってみようとする姿が見られた時には上下分かれている衣類にしてあげると良いと思います!
おすすめユーザーのコメント
1
    YK
    服がセパレートになっても、ぽっこりおなかが出ないように肌着はロンパースだと親としては安心でしたが、確かに自分では脱ぎ着しにくそうですね。保育園の先生が切り替えのタイミングを提示してくれて助かりました

家族の関連記事

カテゴリ一覧