1歳児との夕飯について。他の家庭の様子や献立を考えるポイント

1歳児との夕飯について。他の家庭の様子や献立を考えるポイント

1歳児が夕飯を食べないときの工夫など

1歳の子どもに夕飯をあげるとき、食べる時間やどのように献立を考えればよいのかが気になるママもいるかもしれません。今回は、1歳の子どもの夕飯の様子や手づかみしやすいパンを取り入れるなど1歳児の食事作りのポイント、1歳児が夕飯を食べないときの工夫などについて、体験談を交えてお伝えします。

1歳児の夕飯について気になること

子どもが成長して1歳になると、夕飯について気になることもあるようです。1歳の子どもをもつママたちに、夕飯についての悩みを聞いてみました。

30代ママ
娘が1歳になり夜7時頃に夕飯にしているのですが、食べ始める時間が今のままでよいのか気になっています。食べ始める時間の目安はあるのでしょうか。
20代ママ
私は1歳の息子が夕飯を少ししか食べてくれないことに悩んでいます。なかなか食べてくれないときは、どのように工夫すればよいのか知りたいです。
ママたちに聞くと、1歳児が夕飯を食べ始める時間の目安が気になるという声や、用意したご飯を食べてくれないときの工夫が知りたいといった声が聞かれました。

そこで、今回は1歳児の夕飯の様子や献立を考えるポイントなどについて、ママたちの体験談を集めてみました。

1歳児の夕飯の様子

1歳児が夕飯を何時頃食べ始めているのかや、他の家庭ではどのくらいの頻度で家族で夕飯を食べているのかが気になる方もいるかもしれません。ママたちに、1歳児との夕飯の様子について聞いてみました。

食べ始める時間

西日
iStock.com/koji sawada
20代ママ
1歳の息子との夕飯は、18時頃から食べ始めることが多いです。20時頃には布団に入りたいので、夕飯の片づけやお風呂、絵本を読む時間などを逆算して何時頃食べ始めるのか考えました。
1歳児と18時頃から夕飯を食べ始めているママがいるようです。仕事などでパパの帰宅が遅くなるときも、1歳児の生活リズムにあわせることを意識して、子どもとママで先に食べているという声も聞かれました。

かかる時間

30代ママ
1歳の娘はゆっくりご飯を食べるのですが、なるべく30分程で一旦切り上げることにしました。おかずが多めに残っているときは、もったいないので次の日の朝食に出すときもあります。
1歳児が夕飯を食べるのに時間がかかっても、30分間などと決めて切り上げているというママの声がありました。かかる時間はその子によってさまざまかもしれませんが、おおよそ何十分間などと決めることで、お風呂や寝かしつけへもスムーズに進められそうですね。

家族で夕飯を食べる頻度

30代ママ
我が家の場合夫の帰宅が遅くなることも多いので、家族で夕飯を食べる頻度は週に1、2回程だと思います。『週に1回は家族揃って夕飯を食べよう』と決めているので、夫の休日にいっしょに食べることが多いです。
パパの帰宅が普段から遅い場合は、家族揃って夕飯を食べるのが週に1回から2回程になるようです。他にも、パパの帰宅が早めだったり夜勤があったりする家庭では、週に2回から3回程揃って食べているという声も聞かれました。家族で夕飯を食べる頻度は、家庭の状況によってさまざまなようです。

1歳児の夕飯作りのポイント

1歳児の夕飯を用意するときは、どのようなことを意識して作ればよいのでしょう。夕飯を作るときのポイントについて聞いてみました。

食材のバランスを考える

離乳食
© 名美 寺澤 - Fotolia
30代ママ
1歳になり食べられる食材も増えてきたので、バランスを考えて献立を立てています。白いご飯が苦手な息子にはなるべく丼メニューにするなど、さまざまな食材を無理なく食べられるよう工夫するようになりました。
1歳児に夕飯を用意するとき、食材のバランスを考えて献立を立てているママがいるようです。いつもと違うメニューを子どもが食べたがらないときがあっても、また次の機会に挑戦できるよう繰り返し食卓に出しているというママの声もありました。

取りわけメニューにする

30代ママ
1歳になり大人と同じメニューを食べたがることが増えたので、取りわけて作るようになりました。最初は取りわけることを忘れてしまうときもありましたが、繰り返し作るうちに効率よく用意できるようになってきたと感じています。
具材に火を通し味つけをする前に子ども用を取りわけることで、調理時間の短縮にもなりそうですね。取りわけた具材が硬めに感じた場合は、子ども用のみ小さい鍋でやわらかくなるまで煮てもよいかもしれません。

食べやすいよう工夫する

20代ママ
私が意識していることは、1歳の子どもが食べやすくなるように調理することです。ご飯はコロコロおにぎりにしたりパンはひと口サイズに切ったりと、娘が手づかみで食べやすくなるよう工夫しています。
30代ママ
1歳になりましたがまだ幼児食なので、子どもの食べやすさを考えて作るようにしています。おかずの具材が食べにくそうなときには細かく切るなど、子どもの食べる様子を伺いながら調節するときもあります。
手づかみメニューを取り入れるなど、1歳児の食べやすさを考えているママもいるようです。できるだけ1歳児が食べやすい形態に調理してあげることで、子どもにとっても食事の時間がより楽しいものになりそうですね。

1歳児が夕飯を食べないときの工夫

1歳児が夕飯を食べてくれないときは、どのように工夫すればよいのでしょう。

おやつから時間をあける

30代ママ
お腹が空いている方が夕飯をおいしく食べられるのではと考え、おやつの時間を見直しました。おやつの時間が遅くなってしまったときは、量を調節しています。
夕飯をしっかりとれるよう、おやつと夕飯を食べる時間をあけることを意識しているママがいるようです。子どものおやつの時間や量をなるべく決めることで、ママの作ってくれた夕飯がよりおいしく食べられそうですね。

大人もいっしょに食べる

20代ママ
娘が夕飯を食べないのは1人で食事をしているせいではと思い、私もいっしょに食べるようにしました。そばで私がおいしそうに食事をしていると、食べてみようと手を伸ばしてくれるときもあります。
1歳児といっしょに大人も夕飯を食べることで、子どもの食欲がわくこともあるかもしれませんね。いっしょに食事をするようになると、大人の真似をして食べることが少しずつ上手になっていったというママの声もありました。

1歳児と楽しく食事をしよう

夕飯中の笑顔
szefei/Shutterstock.com

1歳児の夕飯の様子をママたちに聞くと、かかる時間や家族で食事をする頻度は、その子の様子や家庭の状況によってさまざまなようです。献立を考えるときはご飯やパン、野菜やたんぱく質など食材のバランスも考えながら、食べやすくなるよう調理してあげるとよいかもしれません。

夕飯を食べないときは、おやつから時間をあけたり大人がいっしょに食べたりするなど工夫をしながら、1歳児と楽しく食事ができるとよいですね。

2019年08月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧