パパにワンオペ育児をお願いすることもある?パパとママが感じたこと

パパにワンオペ育児をお願いすることもある?パパとママが感じたこと

パパに家事や育児をお願いするときのコツ

パパにもっと家事や育児をやってもらいたいと考えるママや、ママをサポートするために家事や育児をしたいと考えるパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、パパがワンオペ育児をしてパパとママが感じたことあるある、パパ向けの育児グッズを選ぶなどパパにお願いするときのコツについてご紹介します。

パパはワンオペ育児をしている?

他の家庭では、パパがワンオペ育児をする機会があるのか気になるパパやママもいるのではないでしょうか。実際に、パパたちにワンオペ育児をしたことがあるか聞いてみました。

40代パパ
「ときどき、ワンオペ育児をしています。始めの頃は慣れないことばかりだったので手こずりましたが、最近はペースがつかめてきて、自分なりに子どもとの時間も楽しめる余裕が出てきたように思います」(40代パパ)
20代パパ
「子どもを遊びに連れて行ったり、お風呂に入れたりはしていますが、1人で家事育児をすべてやったことはありません。ママを休ませてあげるため、1人で家事育児をする日を作りたいと思っているのですが、どのようにすればよいのかわからないのでできていません」

ときどき育児を行っているパパや、今までは機会がないもののやってみたいと考えているパパがいるようです。パパのなかには、ワンオペ育児はできるか自信がないという声もありました。

実際に、パパのワンオペ育児をしたことのあるパパやママに感じたことやコツを聞いてみました。

ワンオペ育児をしたパパが感じたこと

パパたちは、ワンオペ育児をしてどのようなことを感じたのか聞いてみました。

妻の大変さがわかった

洗濯物と洗濯機
iStock.com/Choreograph
30代パパ
「妻に1日家事育児を頼まれたときは、ご飯を作って子どもと遊ぶくらいだろうと簡単に考えていました。実際に1日すごしてみると、子どもにご飯を食べさせたりあやしたりと休む時間がなく、一日あっという間にすぎてしまいました。自分の計画通りに物事が進まないことも多く、妻の大変さがわかりました」

ワンオペ育児をしたことで、家事育児の大変さがわかったという声がありました。パパのなかには、毎日完璧に家事や育児をやっているママを尊敬するようになったという声もありました。

子どもとの絆が深まった

40代パパ
「子どもとすごす時間が多くなったことで、前より子どもと仲よくなった気がしています。子ども遊ぶだけでなく子どもができたときは褒めたり、わからないことがあるときは教えたりするようになりました。子どもが私を頼ってくれるのが嬉しいです」

パパと子どもだけですごすことで、絆が深まったと感じるパパもいるようです。パパのなかには、子どもへの関心が増したという声もありました。

夫婦間のコミュニケーションが取りやすくなった

20代パパ
「今まで妻に甘えて家事や育児を任せきりだったのですが、家事や育児のことを積極的に聞くようになりました。会話が広がりいろいろな話題で盛り上がるようになりました」(20代パパ)

ワンオペ育児をすることで、ママの気持ちがわかりコミュニケーションが取りやすくなったと感じるパパもいるようです。パパのなかには、1日の予定を共有し、自分にできることがあるか確認するようになったという声もありました。

パパがワンオペ育児をしてくれて嬉しかったこと

パパがワンオペ育児をしてくれて、ママはどのように感じたのか聞いてみました。

リフレッシュする時間ができた

カフェで本を読む女性
iStock.com/west
20代ママ
「パパに甘えて久しぶりの自分だけの時間だったので、大好きなショッピングに出かけ時間を気にせずリフレッシュしました。帰ったとき家のなかが散らかっていましたが、パパのワンオペ育児あるあるかなと思うようにしました」

毎日、家事育児をがんばっているママにとって、1人になる時間は貴重な時間かもしれません。ママのなかには、リフレッシュする時間をくれたパパに感謝しているという声もありました。

パパが家事育児に協力的になった

40代ママ
「パパが子どもの着替えを手伝ったり、洗い物をしたりと以前より育児や家事を積極的にしてくれるようになりました。ワンオペ育児をやったことで、いろいろなことに気づいてくれるようになりました」

パパがワンオペ育児を経験することで、家事や育児を積極的にしてくれるようになったと感じるママがいるようです。他にも、仕事から早く帰って、言わなくても育児や家事を手伝ってくれるようになったという声もありました。

パパに家事育児をお願いするときのコツ

家事や育児をどのようにやったらよいのかわからないために不安を感じているパパもいるようです。パパに家事育児をお願いするときのコツを聞いてみました。

事前にやり方をマスターする

30代ママ
「出掛ける予定の1カ月くらい前から、普段私がやっている家事や育児のやり方をパパに教えました。基本的なことは伝えるようにしましたが、完璧を求めすぎなようにパパのやり方を尊重しました」

余裕をもって家事や育児のやり方をパパに教えたようです。ママのなかには、ママの外出中パパから何度も「◯◯はどこにある?」と電話がかかってくるというのがあるあるだと聞いたので、物のある場所ややり方などをメモしてパパに渡したという声もありました。

徐々に時間を長くする

30代ママ
「急に1日家事や育児を任せるのは無理だと思ったので、1時間くらい子どもと留守番してもらうことから始め、徐々にお願いする時間を長くして行きました。少しずつ慣らすことで、パパも抵抗なく1人で家事や育児をしてくれるようになりました」

パパの負担を考えて徐々に時間を伸ばしたという声がありました。ママのなかには、時間だけでなく、やってもらうことを徐々に増やしたという声もありました。

育児グッズを工夫する

20代ママ
「パパも積極的に育児に参加するようにパパ兼用できる育児グッズを選びました。マザーズバッグはネイビーのシンプルなデザイン、抱っこ紐は男性でも使えるタイプ選び赤ちゃんと気軽に出かけられるようにしました」

男性でも抵抗なく使える色やサイズの育児グッズを選んだようです。ママのなかには、パパ専用のファザーズバッグを用意したという声もありました。

パパとママ協力して家事や育児をしよう

笑顔な赤ちゃんと夫婦
iStock.com/Yagi-Studio

パパがワンオペ育児をすることで、パパは大変さや子どもとの絆を感じたようです。ママは、パパに甘えてリフレッシュできたり、パパが育児や家事に協力的になってくれたりするのを感じたというのがパパのワンオペ育児あるあるかもしれません。

パパに家事や育児をお願いするときは、徐々に時間を伸ばしたり育児グッズを工夫したりして協力しあえるとよいですね。

2019年05月26日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ