【まめと私】第44回 子どもの目線で世界を見ると

【まめと私】第44回 子どもの目線で世界を見ると

<毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第44話です。

横峰沙弥香
横峰沙弥香作「まめと私」第44回
子どもと一緒に生活をするようになると
改めて、いろいろなことに気づかされます。

ふと、子どもと同じ目線の高さまでかがんで見ると
世界がものすごく大きく見えたり
その分近くなった
足元に落ちている葉っぱの形や
コンクリートの模様にハッとさせられたり
この木の実は今の季節になるんだったっけ、なんてことを考えたり。

ああ、こういうのって新鮮だなあ
幸せを噛み締めながら

子どもと一緒にゴロンと転がった時に発見してしまった
テーブルの裏に貼られたシールや
塗りたくられて放置されたカピカピのケチャップを必死で剥がし取る。

そんな毎日です。
これも味わいってことにしておこう。
No Image

横峰沙弥香

まめと私の記事一覧(バックナンバー)

イラストレーター。2015年に生まれた3歳の息子まめくん(愛称)とのほっこりかわいらしいエピソードを連載。2017年8月に第二子ゆめこさん(愛称)を出産し、連載にも登場し横峰家の子育てや家族のエピソードを執筆。Instagramでは30万人以上のフォロワーで人気沸騰中。新刊に「まめ旅inハワイ」(光文社)を発売中!

ブログ:まめらいふ
Instagram:@sayakayokomine

2019年02月06日

専門家のコメント
4
    いちぽ先生 保育士
    子供の目線にたってみるって大事ですよね。
    物理的に立ってみることで見えることも多いと思いま
    あー先生 保育士
    こども目線で世界を見てみるとまた違った見かたができるようになりますよね。とはいえこども目線
コメントをもっと見る

家族の関連記事

カテゴリ一覧