共働き夫婦の育児や家事分担。夫と協力して分担する方法や考え方

共働き夫婦の育児や家事分担。夫と協力して分担する方法や考え方

共働き家庭で、夫が家事や育児をしないことに悩んだり、家事分担するにはどうすればよいか知りたいママもいるかもしれません。今回の記事では、共働き家庭で夫とうまく家事分担するための工夫を体験談を交えてご紹介します。

共働き家庭で夫と家事や育児は分担している?

共働きの家庭で夫と家事や育児を分担しているか、ママたちに聞いてみました。

「朝のゴミ出しは夫がやってくれていますが、それ以外の家事は全て私がやっています」(20代ママ)

「食器洗いなどの簡単な家事は、私がお願いしたときにはやってくれます」(30代ママ)

「夫が休日のときは、子どもを公園へ連れて行ってくれることもありますが、遊ぶこと以外のお世話は毎日私がやっています」(20代ママ)

共働き家庭でも、家事や育児の大部分はママがやっているという声がありました。また、夫が家事をしてくれる場合でも、お願いした場合は家事や育児をしてくれるということもあるようです。夫とうまく家事分担をするためにはどのような工夫をするとよいのでしょうか。

共働きで夫と家事分担するための工夫

共働きで夫と家事分担するためにはどのようにすればよいのでしょうか。ママたちが実践した工夫を聞いてみました。

家事のやり方を共有する

ランドリースペース
iStock.com/evgenyatamanenko

「夫は家事のやり方をあまり知らないようだったので、最初は2人でいっしょに家事をしながら、やり方や気をつけることを説明するなど、夫が家事を覚えられるように工夫しました」(20代ママ)

「私が仕事で不在のときでも夫が家事をできるよう、やり方や道具の場所を書いたノートを作りました。夫には、家事に取り組みやすくなったと言われました」(30代ママ)

家事のやり方を共有すれば、夫がスムーズに家事に取り組めるようになるかもしれません。ママの中には、夫が家事の道具を見つけやすくなるよう、棚など道具の収納場所には名前シールをはり、どこに何があるのか一目でわかるように工夫したという声もありました。

伝え方を工夫する

「家事をやってもらいたいとき、以前は『洗濯やっといて』と指示しているような言い方をしていました。『洗濯してくれると嬉しいな』など柔らかい伝え方に変えると、前より進んで家事をしてくれるようになりました」(30代ママ)

「夫が家事をしてくれたときには『助かるよ、ありがとう』などの声掛けを必ずしています。夫もそれが嬉しいようで、やり方を知っている家事はやってくれるようになりました」(20代ママ)

伝え方を工夫すると夫も家事に対して積極的になってくれるかもしれません。相手の気持ちを考えながら伝え方を工夫してみてはいかがでしょうか。

間違っていてもよしとする

「以前、夫が皿洗いをしてくれたときに、食器を戻す場所が違っていることを指摘すると不機嫌になってしまいました。それ以来、少々の間違いは指摘せず家事をしてくれたことに対して『ありがとう』を言うようにしました」(30代ママ)

夫に家事をしてもらうと、間違ったやり方やママとは違うやり方に気づくこともあるかもしれません。少しくらいの間違いには目をつむっておくことが、お互いにストレスなく家事分担するためのポイントかもしれません。

家事分担をするようになってからの夫婦の変化

共働きの家事分担
i Stock.com/Rawpixel

家事を分担してくれるようになった夫婦はどのように変わったのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

主体的に動いてくれるように

「夫は家事分担すれば、家族でゆっくりすごせる時間が増えるとわかったようで、夕食後の皿洗いや片づけなどを進んでやってくれるようになりました」(20代ママ)

家事を分担すれば家族でゆっくりすごせる時間が増えるため、夫は進んで家事をしてくれるようになったという声がありました。進んで家事をしてもらうために、夫婦で家事分担のメリットを話しあってみるのもよさそうです。

感謝の言葉が増えた

「夫はいろいろな家事のやり方を共有していくうちに、毎日の家事の大変さがわかったようです。私が家事をすることに感謝の言葉を掛けてくれるようになりました。私も家事をしてくれる夫に感謝の気持ちを伝えることを意識しています」(30代ママ)

夫が家事を知ることで、家事の大変さがわかり感謝の言葉が増えたというママの声がありました。ママの中には、忙しい生活の中でも、お互いに感謝の声が増えてより仲良くなったという声もありました。

共働き家庭は家事分担の工夫を

パパママ赤ちゃん
© tatsushi - Fotolia

共働きで家事分担をするためにはどうすればよいのか、家事や育児をしない夫に悩むママもいるようです。家事のやり方がわからないなど、夫が家事をしない理由はさまざまのようなので、要因を探ってみるのもよさそうです。家事分担するためには、やり方を共有したり伝え方を変えたりするなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。共働きしながらうまく家事分担ができるとよいですね。

2018年09月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧