子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

【体験談】産後のママたちのおやつ選び。控えていたおやつや食べるときに意識したこと

【体験談】産後のママたちのおやつ選び。控えていたおやつや食べるときに意識したこと

産後に食べるおやつには、何を選んだらよいのかなど気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ママたちが産後に食べていたおやつや控えていたおやつ、おやつを食べるときに意識したことをママたちの体験談を交えながらご紹介します。

産後も楽しみたいおやつ

産後のママたちは、赤ちゃんのお世話が始まり生活が変わることで、疲れを感じるときもあるようです。疲れたときは、リフレッシュのためにおやつの時間も楽しみたいと思うママもいるのではないでしょうか。

一方、母乳育児をしているときは、食事だけでなくおやつにどのようなものを食べたらよいのか気になるママもいるかもしれません。ママたちは実際に、産後のおやつにどのようなものを選んでいたのでしょうか。

ママたちが産後に食べていたおやつ

産後には、気分転換やリフレッシュのためにおやつを食べたくなることもあるかもしれません。ママたちは、産後のおやつにどのようなものを食べていたのでしょうか。

おにぎり

おにぎり
Sivapoom Yamasaki/Shutterstock.com

「産後に母乳をあげていると、よくお腹が空くと感じることがあったので、おにぎりをおやつとしてよく食べていました。事前に作っておくと授乳後や赤ちゃんのお世話の合間などで、すぐ食べられるので便利でした」(30代ママ)

「産後には、醤油や味噌をすこしだけ塗った焼きおにぎりを食べていました。赤ちゃんが寝ている間に多めに作って冷凍し、食べたいときにレンジで温めて食べていました」(20代ママ)

お腹が空いたとき、おにぎりは腹持ちがよいと考えて、産後のおやつとして食べていたというママがいました。作り置きして冷凍保存することもできるので、赤ちゃんのお世話で忙しいママたちにとっても食べやすいおやつかもしれません。

寒天ゼリー

「夏に出産したので、さっぱりとしたおやつが食べたいと思い、寒天ゼリーをよく食べていました。飽きないように、ゼリーの味を変えたり、フルーツを入れたりしていました」(30代ママ)

ひんやりとして、すっと口に入っていく寒天ゼリーを産後のおやつに食べていたママもいるようです。産後の体調がすぐれないときなども、口当たりのよい食べ物を選んでおやつを楽しんだというママの声もありました。

フルーツ

「産後は、旬のフルーツをおやつとして食べていました。子どもがフルーツを食べられるようになってからは、いっしょに食べることもありました」(20代ママ)

「砂糖不使用の自然な甘みのドライフルーツを食べることが多かったです。一口サイズで気軽に食べることができるので、小腹が空いたときに、すぐ口にできてよかった」(30代ママ)

季節ごとの旬なフルーツや、砂糖不使用のドライフルーツを産後によく食べていたというママもいました。授乳中は、糖分の取りすぎには気をつけたいと思い、甘いお菓子のかわりにフルーツを食べていたというママの声もありました。

さつまいも

「産後のおやつに、蒸かしたさつまいもをよく食べていました。少し小腹がすいたときなども、さつまいもだと栄養がとれると感じたので、選びやすかったです」(30代ママ)

「自然な甘みがあるおやつが食べたいと思い、無添加の干しいもを買いました。子どものお世話で忙しいときでも簡単につまむことができ、長期保存もできるので便利でした」(30代ママ)

甘みがあるさつまいもを、産後のおやつに食べていたというママもいました。蒸かしたり、焼いたり、煮たりといろいろなアレンジができるので、飽きずに楽しむことができるかもしれません。

産後のおやつで控えていたもの

食事に気をつかうように、産後のママたちは選ぶおやつの種類にも気をつけていたものがあるようです。どのようなおやつを控えていたのか聞いてみました。

洋菓子

ケーキ
Olexander Kozak/Shutterstock.com

「チョコレートやクッキーが好きでしたが、産後はなるべく甘い洋菓子は控えるようにしました。かわりに、フルーツやさつまいもなど自然な甘みのあるものをおやつとして食べました」(30代ママ)

「昔はケーキが好きでよく食べていましたが、産後は糖分のとりすぎにも気をつけたほうがよいと聞き、あまり食べなくなりました。かわりに、ホットケーキを作って、バターやチョコレートソーズなどをかけずにそのまま食べていました」(30代ママ)

産後は甘みが強い洋菓子を控えていたというママがいました。どうしても洋菓子が食べたくなったときには、砂糖やバターが少なめにした、手作りでおやつを作ったというママの声もありました。

スナック菓子

「スナック菓子はしょっぱいので体によくないのではと思い、産後は控えるようにしていました。かわりに果物や甘みのある野菜など、体にやさしそうなものをおやつとして食べました」(20代ママ)

スナック菓子などの塩分が気になるおやつを、産後に控えていたママもいるようです。スナック菓子を食べたいときは、ベビー用のおせんべいをかわりに食べていたというママの声もありました。

ママたちがおやつを食べるときに意識したこと

産後におやつを食べるときは、好きなときに好きなだけ食べてもよいのかなど気になるママもいるかもしれません。ママたちは産後におやつを食べるときに、どのようなことを意識していたのでしょうか。

おやつの回数や量

「おやつをだらだらと食べてしまわないように量と回数を決めていました。1日2回まで、自分があらかじめ決めた量しか食べないように気をつけました」(30代ママ)

おやつを食べすぎてしまわないように、おやつの回数や量をあらかじめ決めていたというママがいました。小皿に1回分のおやつを事前に取り分けておくことで、食べすぎないように意識したというママの声もありました。

食べる時間

「おやつを食べる時間を気にしていました。おやつの時間はなるべく午前中と決め、夜寝る前はおやつを食べないようにしていました」(20代ママ)

おやつを食べる時間を意識していたというママもいました。授乳中はしっかりと食事から栄養をとりたいと思い、食事の前にはおやつを食べないようにしていたというママの声もありました。

水分をとる

「おやつを食べるときは、水分もいっしょにとるようにしていました。産後はお腹が空くと感じることが多かったのですが、おやつばかり食べるのではなく、水分や食事もしっかりとるように意識しました」(30代ママ)

おやつばかり食べてしまうことのないよう、水分や食事をしっかりとるようにしていたママもいるようです。おやつといっしょに飲み物を飲むときには、麦茶などノンカフェインのものを選ぶようにするとよいかもしれません。

産後もおやつの時間を楽しもう

フルーツを食べるママ
iStock.com/demaerre

産後に、赤ちゃんのお世話や授乳をしているとお腹が空くことものではないでしょうか。育児中のリフレッシュのためにおやつを食べたいと思うママもいるようです。

おやつを食べるときは、自然な甘みがあるものや、おにぎりなどのお腹にたまりやすいおやつを選ぶとよいかもしれません。食べる量などに気をつけながら、産後の息抜きにおやつを楽しめるとよいですね。

2018年08月16日

家族の関連記事
カテゴリ一覧