子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年05月27日

生後2カ月の赤ちゃんがお昼寝しないときや、すぐ起きるときの対処法やお昼寝の場所

生後2カ月の赤ちゃんがお昼寝しないときや、すぐ起きるときの対処法やお昼寝の場所

生後2カ月頃は、寝かしつけてもすぐ起きる赤ちゃんやお昼寝しない赤ちゃんも多いようです。今回は、赤ちゃんがお昼寝できる場所や3時間ごとの生活リズムのつけ方など、対策方法を考えてみました。

生後2カ月の赤ちゃんのお昼寝について

ママたちに生後2カ月の赤ちゃんのお昼寝について聞いたところ、個人差もあるようですが、まだこの時期は、1日の大半を寝たり起きたりを繰り返しながら過ごしている赤ちゃんが多いようです。赤ちゃんのお昼寝に関しては、長時間まとまって寝てくれない、放っておけばずっと寝ているなど、ママの悩みもさまざまあるようですね。オムツ替えやお腹が減るタイミングなどで目を覚ます以外にも、赤ちゃんが起きる理由はたくさんあります。また、起きる時間や間隔も赤ちゃんによって違うことがほとんどのようです。

お昼寝に関するママの悩み

赤ちゃんがお昼寝しやすい環境について考えてみました。

お昼寝場所はどこがいい?

iStock.com/poligonchik

赤ちゃんのお昼寝スペースは、赤ちゃんが眠りやすい場所を前提に選んであげるとよいでしょう。ママの目が届きやすい安全な場所を選ぶことが大切です。いつも同じ場所をお昼寝スペースとして決めておくのもよいようです。

お昼寝してもすぐ起きる

せっかくお昼寝したと思っても、すぐに起きてしまったり、まとまった時間寝なかったりするなど、赤ちゃんによってお昼寝の特徴もさまざまではないでしょうか。

お昼寝中の赤ちゃんが目を覚ますのには、いろいろな理由が考えられます。強い光や大きな音は避け、静かな環境を作ってあげると、赤ちゃんによっては眠りやすくなるかもしれません。

お昼寝しない

生後2カ月頃の赤ちゃんはまだ寝たり起きたりを繰り返していることが多いかもしれません。お昼寝を全くせずに起きている赤ちゃんや、起こさないとずっと寝ているような赤ちゃんなど、赤ちゃんによって個性はさまざまなようです。

ママにとって、赤ちゃんがお昼寝を全くしないと生活リズムが心配になることもあるでしょう。また、家事をする時間などママにとっての時間も持ちづらくなるようで、負担が大きく頭を抱えてしまうこともあるかもしれません。

長いお昼寝は起こすべき?

3時間を超えるような長いお昼寝をした場合、夜眠り始める時間も遅くなることもあるようです。3時間ごとに、授乳やオムツ替えのタイミングを作って起こしてあげるというママの声もありました。

お昼寝をしないときの対処法

お昼寝をしない赤ちゃんにはどんな対処法があるのでしょうか。

環境を作る

スムーズに睡眠に移行できるように、まずは環境を整えておくことから始めましょう。赤ちゃんが今から寝る時間だと認識しやすいように、寝る部屋はあらかじめ暗くしておくといいようです。テレビや液晶画面の光も消しておくようにするとよいかもしれません。

優しくタッチ

Sellwell/Shutterstock.com

入眠方法は、赤ちゃんにより違うようですが、やはり1番好きなのはママとのスキンシップではないでしょうか。ママに、背中や胸、お尻などを優しくトントンしてもらえると安心して眠りやすくなる赤ちゃんもいるようです。

お昼寝の時間を決める

一般的には、生後2カ月頃の赤ちゃんはまだまだ生活リズムがついておらず、睡眠サイクルもバラバラな時期のようです。ですが、早いうちからお昼寝の時間をきちんと決めて、お昼寝時間に合った生活サイクルをつくりたいというママの声もありました。さらに、毎日同じ場所、同じ寝かしつけ方法を意識している、という声もありました。

お昼寝に使えるグッズ

赤ちゃんがお昼寝しやすくなるグッズにはどんなものがあるのでしょうか。

ベビーラック

ゆりかごのように揺れるベビーラックは、寝かしつけアイテムとして人気があるようです。手動で揺らすタイプと自動タイプがあり、自動タイプは寝かしつけ専用として使っているというママの声もありました。

抱っこ紐

日中はおでかけをしたり、家事をしたりなど抱っこ紐の中で過ごす赤ちゃんも多いのではないでしょうか。夜の寝かしつけ用としても使いやすいでしょう。

メリー

まだ1日の大半を寝て過ごしている赤ちゃんにとって、メリーの優しいオルゴール調の音色は心地よく、眠りに入りやすいアイテムの1つとして人気があるようです。オートタイマー付きのものもあるので鳴らしっぱなしになる心配もないでしょう。

お昼寝につながる生活リズムを

Sellwell/Shutterstock.com

生後2カ月頃からお昼寝時間をきちんと決め、生活リズムを整えておくことが大切になってくるようです。規則正しい生活リズムでお昼寝しない赤ちゃんも入眠しやすくなるかもしれません。すぐ起きる赤ちゃんには、3時間ごとに授乳やオムツ替え時間を設け、睡眠リズムや寝る場所などを整えてあげることから試してみるとよいのではないでしょうか。

家族の関連記事
カテゴリ一覧