子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

生後6ヶ月の赤ちゃんが寝ない、泣く、泣き叫ぶなど困ったときのママたちの対処法

生後6ヶ月の赤ちゃんが寝ない、泣く、泣き叫ぶなど困ったときのママたちの対処法

生後6ヶ月の赤ちゃんは突然叫ぶことがあったり、夜に寝ないで大きな声で泣くことがあったりと、今まで聞いたことがないような声でママを驚かせることがあるようです。生後6ヶ月の赤ちゃんが泣き叫ぶのにはどんな理由があるのでしょうか。ママたちの体験談を元に、その原因や対処法を探っていきます。

生後6ヶ月の赤ちゃんは泣き叫ぶ?

生後6ヶ月頃の赤ちゃんは、今まで聞いたことがないような声を出しママを驚かせてしまうことがよくあるようです。生後6ヶ月の赤ちゃんがいるママたちは、実際にどんな場面で赤ちゃんが泣き叫ぶシーンがあったのでしょうか。

「生後6ヶ月になってから、機嫌が悪いときも楽しくて興奮しているときも、ものすごく大きな声でキャーキャーと叫ぶようになり、びっくりしたことがあります」(1児のママ)

「生後6ヶ月に入ったくらいから、マイブームと言わんばかりに毎日大きな声でウーウー叫んでいました。夜寝ないでひたすら叫ぶこともあったので、たまに心配になってしまいました」(2児のママ)

「ふいにこちらがびっくりする位大きな声で泣き叫ぶことがありました。近所迷惑にならないかハラハラする毎日を送った経験があります」(1児のママ)

多くのママが生後6ヶ月の赤ちゃんが突然泣き叫ぶという場面に遭遇したことがあるようです。生後6ヶ月の赤ちゃんが、急に今までと異なる大きな声を出すのには何か理由があるのでしょうか。

生後6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶ理由

生後6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶ理由や泣く原因がわかれば、ママも対処法を考えやすくなるかもしれません。まずは生後6ヶ月の赤ちゃんが泣き叫ぶ理由について考えてみましょう。

iStock.com/leungchopan

声を出すのが楽しい

生後6ヶ月の赤ちゃんは、聴く力や話す力が段々と身についてくる時期のようです。自分が出した声を自分で聞き取ることができると、それが楽しくて大きな声で叫ぶ赤ちゃんも多いようです。特に機嫌が悪そうでなかったり、興奮している様子でもないときに赤ちゃんが大きな声で叫ぶシーンに遭遇したら、声を出すのが楽しくてはしゃいでいるのかもしれません。

疲れて眠い

生後6ヶ月の赤ちゃんのなかには、夕方の時間帯になると1日の疲れがいっきに出てしまい、疲れて眠いことが原因で赤ちゃんが大きな声で叫ぶことがあったり泣くことがあるようです。「毎日日が暮れるくらいの時間帯になると突然泣き叫ぶことが多かった」というママの声もありました。

思い通りにならない

parinoi/Shutterstock.com

お腹が空いていないときに授乳や離乳食の時間になってしまったり、遊びたいおもちゃで遊べないときなど、生後6ヶ月の赤ちゃんは自分の思い通りにならないときに突然泣き叫ぶことがあるようです。

この他にも、ママに注目して欲しかったり何か知らせたいことがあったりなど、生後6ヶ月の赤ちゃんが泣き叫ぶのにはさまざまな理由が考えられるようです。ただはしゃいで声を出しているだけならあまり心配しなくてもよいかもしれませんが、外出時などはママも周囲の目が気になってしまうこともあるでしょう。また、夜に寝ないで泣く日々が続くと、赤ちゃんの体調が心配だというママの声も多くありました。

泣き叫ぶときの対処法

iStock.com/Yagi-Studio

生後6ヶ月の赤ちゃんが外出時に突然叫ぶときや、夜寝ないで泣き叫ぶときなど、ママたちはどのように対処していたのでしょうか?ママたちの体験談を元に、赤ちゃんが泣き叫んでしまったときの対処法について見ていきましょう。

「赤ちゃんが買い物中に突然大きな声で泣き叫んでしまい、何をしてもなかなか泣き止まず困ってしまったことがありました。ふいに赤ちゃんの口に何度か手を当てて、アワワワワと声の出方を変えるようにしてみたら、音の変化が楽しかったのか泣き止んで笑ってました」(2児のママ)

「夜に寝ないで大きな声で泣き続ける日が続いたので、赤ちゃんをリラックスさせるための時間を取るように。毎日夕方位から赤ちゃんをマッサージしてあげたり、なるべく静かなところで過ごさせるようにしたら泣き叫ぶ頻度が少なくなりました」(1児のママ)

「生後6ヶ月頃になってからベビーカーに乗せていると突然叫ぶことが多くなったのですが、そんなときは抱っこしてあげるとおさまることが多いです。ママが見えなくて不安だから泣き叫ぶのかな?と感じています」(1児のママ)

「生後6ヶ月頃から、昼夜問わず何をどうしても泣き止まなかったり大きな声で叫ぶことが多くなってきたので、たまらず保育士さんに相談しました。具体的な対処方法がわかったわけではないのですが『生後6ヶ月の赤ちゃんは皆そんな時期、1歳くらいまでにはおさまることが多いから大丈夫』と声をかけてもらい、気持ちが楽になりました」(2児のママ)

赤ちゃんが出す声に変化をつけてみたり、赤ちゃんがリラックスできる時間を取ってみたり、生後6ヶ月の赤ちゃんを持つママたちはさまざまな工夫をして赤ちゃんを落ち着かせる努力をしているようです。ママの気持ちに余裕を持たせるためにも、ときには身近な人や専門家に相談してみることも大切なのかもしれませんね。

工夫しながら生後6ヶ月の赤ちゃんとの生活を送ろう

iStock.com/Yagi-Studio

生後6ヶ月の赤ちゃんが寝ないで泣き叫ぶ日が続いたり、外出中に泣く原因がわからない場合など、生後6ヶ月の赤ちゃんはときにママを困らせてしまうこともあるでしょう。そんなときはママ自身が一度心を落ち着けて、赤ちゃんをよく観察してみたり、他のママの意見を参考にしてみることで解決策がわかることもあるかもしれません。

赤ちゃんが大きな声を出せるようになったことを、赤ちゃんの成長の証だと前向きに捉えるなどして、生後6ヶ月の赤ちゃんとの生活を送れるとよいですね。

2018年05月10日

家族の関連記事
カテゴリ一覧