【まめと私】第27回 ごめんなさいをする理由

【まめと私】第27回 ごめんなさいをする理由

<毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第27話です。

横峰沙弥香

まめは、納得いかないことに対してきちんと追求してくるタイプ。

「大人に叱られたのだから私が悪いんだろう」と無理くり自分を納得させるタイプの私とは正反対で、我が子が私と同じタイプでなくてよかったと心から思います。

とはいえ、まめのようなタイプを相手にするのはとても大変。
自分のやったことがなぜ悪いかが理解できない以上絶対に謝りませんし反省もしません。

最近は、食べ物・飲み物をダメにしてしまったりすると、悪いことをしてしまったとは思うらしいのですが
じゃあ、ママ自身がこぼしてしまったときになぜ誰にも叱られないし謝りもしないのかなど、まめとしては腑に落ちない部分が色々あるらしい。

うーん…なんか気持ちわかる。

まめと私27話/横峰沙弥香

飲食物をダメにしてしまったことは良くないから内心は反省。
でも、片付けるのはママ自身だから手間をかけさせたことに対して人に謝る必要はない。ママだって人の家でこぼしてしまった場合はものすごく謝るのよ…。

なんて3歳の子供に話してわかってもらうのは正直無理じゃないですか?
だからといって、まめの中に生まれた不信感をそのままにしていると、いつか話してわかる年齢になったときに、そういう説明も受け付けてもらえなくなってしまうんじゃないか…不安は膨らむばかりです。

なので、飲み物をこぼしてしまった私に何か言いたげなまめに対して、飲み物をダメにしてしまった反省と「まめとの楽しいお食事タイムを中断させてしまったことに対する詫び」を伝えた訳なのですが

こういう時って本当に難しい。
この選択であっているのかそうでないのかが見えない部分もしんどい。

子供の性格にもよるでしょうし、自分なりに考えてベストだと思える行動を示し続けるしかないんでしょうね、親業。

作者:横峰 沙弥香

まめと私の記事一覧(バックナンバー)
横峰 沙弥香

イラストレーター。2015年に生まれた3歳の息子まめくん(愛称)とのほっこりかわいらしいエピソードを連載。2017年8月に第二子ゆめこさん(愛称)を出産し、連載にも登場し横峰家の子育てや家族のエピソードを執筆。Instagramでは30万人以上のフォロワーで人気沸騰中。

ブログ:まめらいふ
Instagram:@sayakayokomine

2018年05月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧