子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年09月12日

夫婦の喧嘩、赤ちゃんは分かっている?回避法と先輩ママたちの体験談を紹介

夫婦の喧嘩、赤ちゃんは分かっている?回避法と先輩ママたちの体験談を紹介

赤ちゃんの前での夫婦喧嘩はできればしたくない、子育て中は寝不足になりやすかったり想定外の連続で、疲れがたまってくるとつい感情的になり、喧嘩をしてしまうママパパもいるかもしれません。筆者の保育士としての経験や、先輩ママたちの体験談も参考にしながら、赤ちゃんへの対応や夫婦喧嘩の回避法をまとめてみました。

夫婦喧嘩は赤ちゃんも分かる?

きっと赤ちゃんにとっても、ママパパが笑っていてくれることが一番が嬉しいのではないでしょうか。まだ話せなくても、周囲の人の気持ちを敏感に感じ取ることはできるようです。

赤ちゃんに笑いかけると、微笑み返してご機嫌な声を上げ、無表情で見つめると、赤ちゃんも不安そうな顔になり泣き出してしまいますよね。

保育園でも保育士やママパパの表情や関わり方ひとつで、子どもやクラスの雰囲気が良くも悪くもガラッと変わる様子を見てきました。夫婦喧嘩で家族が険悪な雰囲気でいると、赤ちゃんにも伝わる可能性は大きいかもしれません。

喧嘩をしてしまったときの赤ちゃんへの対応

どんなに夫婦喧嘩をしていても、赤ちゃんを不安な思いにはさせたくありませんよね。喧嘩の後、どのように対応すれば良いかを考えてみました。

素直に謝る

まずは怖い思いをさせてしまったことを、赤ちゃんに謝ります。赤ちゃんに言葉そのものは分からないかもしれませんが、保育士として子どもに関わるときにも、言葉で伝えることを意識していました。誠意を込めて話しかけているママパパの雰囲気から、赤ちゃんの不安感は和らぐかもしれません。

赤ちゃんに伝える

「あなた(赤ちゃん)のせいで喧嘩をしていた訳ではないよ」とハッキリ伝えてみましょう。目を見てスキンシップを取りながら、ゆっくり話してあげると、赤ちゃんも穏やかなママパパの口調やぬくもりを感じ取り、安心することができるでしょう。

赤ちゃんの前での喧嘩の回避法

夫婦喧嘩

「赤ちゃんの前での夫婦喧嘩を後悔するくらいなら、喧嘩しなければいい」と分かっていても、つい相手を責めるような言葉を発してしまいます。

保育士として大切にしてきた子どもとの関わり方を、夫に対しても意識してみると、少しずつですが夫婦間の空気が穏やかに変わってきたように感じています。そんな、筆者が実践してきた夫婦喧嘩の回避法をご紹介します。

些細なことにもお礼を言う

人は誰でも人の役に立っていると実感できると、嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。いつも当たり前のようにいる家族でも、些細なことにも「ありがとう」ということで、自分も感謝し、感謝される、という良い循環ができそうです。

相手の話に耳を傾ける

子どもが寝た後など、短時間でも夫婦で話をしてみましょう。アドバイスや違う意見を言いたくなるかもしれませんが、「そうだね」「なるほど」など軽く相づちを打ち、共感しながら根気強く相手の話に耳を傾けてみましょう。

保育園でも保育士がママパパの話に耳を傾け、信頼関係が生まれることで、子どもも保育園生活にスムーズに入っていけることが多くありました。聞いてもらえると、気持ちが穏やかになり、お互いの話を聞き合える優しい雰囲気が生まれるのではないでしょうか。

自分を主語にして気持ちを伝える

「~だと嬉しいな」「~が悲しかったんだよ」など、自分を主語にして気持ちを話してみましょう。相手を主語にしてしまうと「パパが~してくれないから!」「ママも~して!」など責めてしまう言葉になりやすいので気をつけましょう。

挨拶をする

コミュニケーションの基本は挨拶から。「おはよう」「おかえりなさい」など、日常の挨拶をまめにすることで、声をかけあい、ホッとできる関係を保つことができるかもしれません。

先輩ママたちの体験談

先輩ママたちに赤ちゃんの前で喧嘩してしまったときの体験談を聞いてみました。

気持ちを切り替える

「赤ちゃんを見て、気持ちを抑えて他の部屋に行っていました」

赤ちゃんを見たり、場所を移すことで自分の気持ちを落ち着かせていたママもいました。

赤ちゃんへの接し方

「赤ちゃんに謝って、いっしょに遊び、大丈夫だよと伝えました。その後は何もなかったようにふるまいました」

悪かったな、と気づいたときすぐに謝ることから、次が始まるのかもしれませんね。いつも通りのママを見て赤ちゃんもホッとしたことでしょう。

明るく解決する

「ぎゅっと抱きしめるなど赤ちゃんを安心させ、そんなこともあったね、と笑い飛ばしていました」

スキンシップとママの笑顔で、赤ちゃんもひと安心ですね。まずは赤ちゃんの安心感を大切にしたい、と考えるママたちの回答が多くありました。

仲直りする姿を見せる

親子3人

夫婦喧嘩をしてしまっても、仲直りするところまで赤ちゃんに見せることで、「喧嘩しても、仲良しに戻れるんだ」という安心感を持たせてあげられたり、意見を交し合いながら家族の絆が強まったり、と良いきっかけになるかもしれませんね。

日常のなかでほんの少しずつでも良いので、赤ちゃんも含め、家族みんなが笑顔で過ごせるように、夫婦でコミュニケーションを取るところから始めてみてはいかがでしょうか。

家族の関連記事
  • new

    家事は分担?共働き夫婦の体験談を通して家庭の暮らし方を考える

    家事は分担?共働き夫婦の体験談を通して家庭の暮らし方を考える

    共働き夫婦の悩みごとの上位に挙げられるのが「家事をどう分担するか?」という問題ではないでしょうか。お互い日中仕事に出て働いているわけですから、どちらか一方がすべての家事を請け負うというのは無理がありますよね。今回は、共働き夫婦の体験談を通して、家庭の暮らし方を考えるきっかけになるような、家事の分担方法についてご紹介しましょう。

  • new

    子どもの学費はどれくらいかかる?貯め方のコツとママたちがやっている工夫

    子どもの学費はどれくらいかかる?貯め方のコツとママたちがやっている工夫

    子どもの学費に、どれくらいのお金がかかるのか知っていますか?子どもはお金がかかると分かってはいても、お金の貯め方に悩んでいるママとパパは多いのではないでしょうか。子育て中のママやパパは子どもにかかるお金を把握し、子どものためのお金を貯めることが大切ですよね。子どもにかかる学費と貯め方を調査しました。

  • 授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中は傷やしこり、張りや熱を帯びるなど、たくさんの痛みが伴ったりしますよね。ときには乳腺炎や白斑が発症して、痛いのに「授乳しなきゃ」頭を悩ませるママも多いはず。「病院に行ったり、マッサージしたほうがいいの?」「この痛みはいつまで続くの?」そんな授乳中のトラブルの疑問に対して、他のママたちはどんな症状をどのように乗り越えていたのか聞いてみました。

  • 【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    <毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第13話です。

    横峰沙弥香

  • 子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの足に合った靴下のサイズや実寸選びでができていますか?「どんな靴下を選べばいいの?」「年齢別にどのくらいの大きさが目安なの?」など知りたいことがたくさん。今回はそんなママの悩みを少しでも解消できるよう、子どもの靴下選びで目安になるサイズと、靴下の役割をふまえた上での購入ポイントをご紹介します。

  • 子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    みなさんはお子さんの誕生日にどのようなメニューを用意していますか?毎年同じようなメニューが続いてしまい、何か違うメニューを用意してあげたいと考えるママも多いのではないでしょうか。今回は、誕生日メニューの決め方や実際に子どもたちが喜んだ誕生日メニューはどのようなものなのか、ママたちの体験談からご紹介したいと思います。

カテゴリ一覧