子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年09月06日

いつまでも仲良し関係の夫婦でいるために。夫婦円満の秘訣は〇〇〇。

いつまでも仲良し関係の夫婦でいるために。夫婦円満の秘訣は〇〇〇。

奇跡的とも言える出会いをして、結婚という幸せな瞬間を迎えたときから、夫婦という関係が始まります。夫婦になれば、相手の良い面だけでなく、悪い面も見えてくるでしょう。考え方の違いで、ときにはケンカをすることもあるかもしれません。良い面も悪い面もすべて受け入れて、いつまでも仲良しの夫婦でいるための円満の秘訣を、先輩夫婦の体験談といっしょにご紹介します。

夫婦間でコミュニケーションを取る

夫婦の会話の時間を確保する

夫婦間のコミュニケーションは、お互いを理解するうえで大切なことと言えます。そんなコミュニケーション手段のひとつとして、普段の生活のなかに会話の時間を設けることは大切です。今日の出来事や仕事のこと、育児のことなど、さまざまな話で、どんな考えを持っているのかなどをお互いに知ることができます。

ときには、困っていることや悩んでいることなどが分かり、

夫婦で協力して解決することもできるでしょう。

今まで知らなかった相手の意外な一面を知ることができ、新たな魅力を発見できる場合もあるかもしれません。
なかなか時間が合わない場合には、朝食はできるだけいっしょに食べて会話を楽しむなど、会話をするシーンや生活のなかでの時間を決めておくとよいでしょう。

日常とは違う時間を夫婦間で共有する

日常の生活感から抜け出すことで新鮮な気持ちを思い出し、夫婦円満につながる場合も少なくありません。自宅で食事をしたりテレビを見たりしてゆっくり過ごすのもよいですが、ときには旅行やデートをして恋人気分を思い出してみるのはいかがでしょう?

子どもがいる場合は、両親に預けるなどして、ときにはふたりきりの時間を楽しむのもおすすめです。

思い出の場所を訪れてみたり、旅行をしたりすることで、お互いの仲が深まることもあるでしょう。ときには、家事や育児、仕事などのことは忘れて、ふたりでリフレッシュできる時間を持つことは、いつまでも仲良しの夫婦間でいられる秘訣のひとつだと言えます。

夫婦で記念日を祝う

付き合っているときに記念日をお祝いするカップルは多くいますが、結婚してから記念日をお祝いしなくなってしまう夫婦も少なくありません。入籍した日や相手の誕生日など、特別な日に夫婦でお祝いすることで、

お互いの気持ちが伝わり、夫婦円満につながることがあります。

夫婦でお祝い

いつもより手の込んだ料理を作ったり、少しリッチな雰囲気のレストランで食事をしたりして、特別感を演出するのがおすすめです。サプライズでプレゼントを用意してみてはどうでしょう?手の込んだ料理やプレゼントは決して豪華なものでなくても良いのです。相手を思いやる気持ちが大事なのです。

いつまでも記念日を大切にし、初心を忘れずにお互いを思いやることは、夫婦円満に一役かってくれるでしょう。

夫婦間でお互いを尊重し合う

相手の意見や考えに歩み寄る努力をする

もともと違う家庭で育ったため、夫婦になってから意見や考え方などの違いが出ることは珍しいことではありません。意見や考え方などの違いは、言葉にしなければ分かり合えない場合もあります。自分の意見を言葉にして、しっかり相手に伝えることで、夫婦円満につながることもあるでしょう。

しかし、お互いの意見を伝えても分かり合えないこともあります。

違う環境で育ってきたふたりが、すべての意見を一致させるのは難しい場合も少なくありません。

お互いの意見を聞き入れ、ときには、自分の意見や考えを相手に寄せる努力も必要だと言えます。夫婦円満とは、お互いの意見や考えを尊重し合う気持ちを忘れずにいることかもしれません。

それぞれが自分の時間を持つ

多くの時間を共有する夫婦ですが、ときには、自分だけの時間を持つことも、夫婦円満のためには大切です。自分だけの趣味に没頭したり、自分自身の心と向き合ってみたりと、一人きりで過ごす時間にしかできないこともあります。お互いに干渉しすぎてしまうと、うっとうしさを感じてしまい、夫婦円満からかけ離れてしまうかもしれません。

お互いに窮屈な思いをしないためにも、それぞれの時間を持つことは大切なことです。また、少しお互いの間に距離を置くことで、相手の大切さをあらためて感じることができる場合もあります。お互いの大切さを感じれば、自然と夫婦の仲は良いものになるはずです。

夫婦円満の秘訣に関する体験談

夫婦間でのスキンシップを大切にしています

結婚して早10年がたちますが、いまだにラブラブです。私たちの夫婦円満の秘訣は、毎朝行ってきますのハグとチューをすること。

お互いの気持ちを伝え合う言葉も大切だと思いますが、ハグなどのスキンシップは、言葉がなくても愛情がしっかりお互いに伝わっているような気がしています。これからもスキンシップの日課は続けて、いつまでもラブラブ夫婦でいたいです。

言葉で伝えることを大切にしています

結婚する前の夫は頑固で、ケンカをしてもなかなか「ごめん」と言わない人でしたが、新婚時の大げんかをきっかけに、素直に謝ってくれるようになった気がします。

その後、子どもも生まれ、性格がまるくなったのか「ありがとう」の言葉もよく言ってくれるようになりました。家事や育児について「今日もお疲れ。ありがとう」と言われたときは、なんだかとっても嬉しかったです。夫が「ごめん」や「ありがとう」を素直に伝えてくれるので、私も素直に感謝の気持ちなどを伝えるようしています。

素直な気持ちを伝え合うことで、お互いを思いやる気持ちが強くなったように感じました。そんな優しい夫と、これからもずっと仲良く生きていきたいです。

言いたいことはきちんと言っています

結婚する前からケンカはよくしていました。結婚して8年が過ぎ、今でもケンカはしますが、普段はとても仲良しです。もしかしたら、ケンカしたあとにしっかり話し合っているのが、私たち夫婦の円満の秘訣かもしれません。

思っていることは、全部夫に伝えるようにしています。夫も遠慮なしに意見を言ってくるので、仲直りしたときには、お互いにスッキリして思わず笑いが出てしまうこともあるほどです。

翌日にケンカを持ち越さず、ケンカしたその日中に仲直りするのも、夫婦円満の秘訣です。

これからも言いたいことは何でも言い合える関係の仲良し夫婦でいようと思います。

夫婦での思いやりが大切

夫婦円満

夫婦円満の秘訣はコミュニケーションを大切にしたり、記念日をお祝いしたり、さまざまなものがありますが、これらに共通して言えるのは「思いやりの心」かもしれません。

相手を思いやる気持ちが、自然と楽しい会話や素敵なお祝い、意見の歩み寄りなどにつながることがあります。ときには我慢することも必要かもしれません。お互いを尊重し合って、末永く仲良し夫婦の関係でいられるよう、参考にしてみてくださいね。

家族の関連記事
  • 授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中は傷やしこり、張りや熱を帯びるなど、たくさんの痛みが伴ったりしますよね。ときには乳腺炎や白斑が発症して、痛いのに「授乳しなきゃ」頭を悩ませるママも多いはず。「病院に行ったり、マッサージしたほうがいいの?」「この痛みはいつまで続くの?」そんな授乳中のトラブルの疑問に対して、他のママたちはどんな症状をどのように乗り越えていたのか聞いてみました。

  • 【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    <毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第13話です。

    横峰沙弥香

  • 子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの足に合った靴下のサイズや実寸選びでができていますか?「どんな靴下を選べばいいの?」「年齢別にどのくらいの大きさが目安なの?」など知りたいことがたくさん。今回はそんなママの悩みを少しでも解消できるよう、子どもの靴下選びで目安になるサイズと、靴下の役割をふまえた上での購入ポイントをご紹介します。

  • 子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    みなさんはお子さんの誕生日にどのようなメニューを用意していますか?毎年同じようなメニューが続いてしまい、何か違うメニューを用意してあげたいと考えるママも多いのではないでしょうか。今回は、誕生日メニューの決め方や実際に子どもたちが喜んだ誕生日メニューはどのようなものなのか、ママたちの体験談からご紹介したいと思います。

  • 育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    何かとお金がかかる育児、国や健康保険組合から支給される手当てはとてもありがたいものです。しかし、育児中の手当ては申請しないともらえないものばかり。知らないと損をしてしまうことになります。そこで今回は、育児期間中にもらえる手当ての種類やいつ申請すればいいのかをわかりやすくまとめてみましたので、育児中の方は是非参考にしてみてください。

  • 教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    大切なわが子と出会えた喜びだけでなく、これから先きちんと育て上げられるのか不安に感じている人も多いことでしょう。子どもが大学を卒業するまでいくら教育費を用意しておけばよいのか、総額を計算したくてもやり方がわからないという方は少なくないかもしれません。教育にかかる費用を、文部科学省のデータからいっしょに読み解いていきましょう。

カテゴリ一覧