庭付き戸建て住宅は住みやすい?新築や中古の場合

庭付き戸建て住宅は住みやすい?新築や中古の場合

庭付き戸建て住宅を選ぶポイント

庭付き戸建て住宅を購入しようと考えているママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、庭付き戸建て住宅に住む場合どのようなよさがあるのかや、庭付き戸建てに住んでみて気になったこと、新築や中古の庭付き戸建てを購入するときに気をつけたことを、ママやパパの体験談を交えてご紹介します。

庭付き戸建て住宅の購入を考えよう

子どもの成長などを機に庭付き戸建て住宅を購入しようと検討し始めるママやパパもいるのではないでしょうか。購入できる戸建て住宅には新築と中古があるようですが、どちらにも集合住宅とは違ったよさがあるようです。実際に、庭付き戸建て住宅に住んでいるママやパパは、どのような点をよいと考えているのでしょう。

庭付き戸建て住宅のよさは?

庭付き戸建て住宅に住んでみて、住みやすいと感じることはどのようなことなのでしょう。戸建てや庭付きのよさについて聞いてみました。

子どもが伸び伸びと遊べる

「アパートにいた頃は子どもが部屋で飛び跳ねないように気をつけていましたが、庭付き戸建て住宅に移ってからは、音や声を以前ほど気にしなくなりました。子どもといっしょに大声で笑ったり家のなかで遊んだりすることができるようになり、伸び伸びとした生活をしています」(30代ママ)

周りの環境にもよりますが、集合住宅の頃と比べると、子どもの声や足音等に前ほど神経質にならずに済んでいる、というママの声が聞かれました。

リフォームが自由にできる

リフォーム中の家の中
iStock.com/zazamaza

「庭付き戸建て住宅のよさの1つは、内装や外装のリフォームが自由にできる点だと思います。子どもの人数にあわせて部屋を区切ることもできるので、子育てをしている期間は特に戸建て住宅は使いやすいと思います」(40代パパ)

リフォームなどが自由にできることは戸建て住宅のよさの1つのようです。子どもが成長してリビングが狭いと感じたときに庭に面した部分を増築して広げることができ、戸建て住宅を購入してよかったというママの声もありました。

ガーデニングを楽しめる

「庭付きの住宅を購入したので、子どもといっしょにガーデニングを楽しめるようになりました。子どもの希望を取り入れて庭の一角に砂場を作り、休日には親子で砂場遊びを楽しんでいます。小さな家庭菜園も造りトマトなどの子どもの好きな野菜を育てています」(30代ママ)

庭付き戸建て住宅ではガーデニングや家庭菜園も楽しめるかもしれません。家族で庭の設計をするところから始めるのもよいですよね。子どもが小さい間は庭を子ども専用の遊び場にし、家族みんなでボール遊びや鬼ごっこをするのも楽しそうです。

将来の資産になる

「私たちは子どもたちに残せる資産にもなると考えて、庭付き戸建て住宅を購入しました。子どもが将来どこかに家を建てるときに、この土地を売却して住宅資金の一部にすることもできるかもしれないと思っています」(40代パパ)

庭付き戸建て住宅は長い目で考えたときに資産になると考えたパパがいました。建物は経年により古くなることもありますが土地は家族の財産として残るので、いずれ子どもが売却して家づくりの資金の一部にすることもできるかもしれません。

庭付き戸建て住宅で気になったこと

庭付き戸建て住宅に住んでいるママやパパはどのようなことが気になっているのでしょう。また、どのようなことを意識しているのでしょう。

維持管理に関係すること

子供が植物に水をかけている
Yaoinlove/Shutterstock.com

「庭付き戸建て住宅に住むようになって家の維持管理に気をつけるようになりました。屋内の設備や建具などは傷みがないかときどきチェックし、自分で修理できる部分は早めに修理をしています」(30代パパ)

「私は庭をきれいに維持することを意識しています。雑草などが増えると見た目にもよくない感じがするので、休日には夫や子どもと草取りをしたり花を植えたりして庭づくりをしています」(40代ママ)

庭付き戸建て住宅では住宅の内装や外装、庭のお手入れなどを意識して管理することもあるようです。自分でできない部分は専門の業者に依頼することがあるため、あらかじめお願いする業者を探しておくと安心かもしれません。

必要経費に関係すること

「庭付き戸建て住宅に住むようになって、必要経費が増えたように感じています。住宅が広くなったり庭のお手入れが必要になったりしたことで増えた光熱費や水道代の他に、家と土地にかかる固定資産税などもあるので、前年の支出から生活費の計画を立てています」(40代ママ)

庭付き戸建て住宅で生活するようになると、かかる経費が増えることもあるようです。1年間に必要な費用がどのくらいになるかを考えて生活費の予算を立てておくことで、戸建て住宅での生活がしやすくなるかもしれません。

庭付き戸建て住宅を選ぶポイント

庭付き戸建て住宅を選ぶときには、どのようなことをポイントにするとよいのでしょう。ママやパパに選ぶときに気をつけたことを聞いてみました。

住宅環境を確認する

「家族で長く住むことになる家なので、選ぶときには周辺の環境をしっかり確認しました。学校やスーパーまでの距離や道路の交通量、夜間の明るさや静かさなどを確かめて、自分たちの希望する環境に近い場所で住宅を購入しました」(30代ママ)

子どもと長く生活する住宅を購入するときには、住宅環境がどのようになっているかを確認するとよいかもしれません。候補になった住宅地をハザードマップで確認し、災害の危険の少ない場所を選んだというパパの声もありました。

土地の権利を確かめる

「私たちは庭付き戸建ての中古住宅を購入することにしたので、仲介業者に土地の権利も購入できるかを確認しました。住宅と土地の名義が違う場合もあると聞いたので、土地まで私たちの名義にできる庭付き戸建て住宅を選びたいと思いました」(40代パパ)

戸建て住宅を中古物件から探す場合、土地と住宅の権利が別々になっていることもあるかもしれません。希望する条件にあう住宅が見つかったときには、購入する前に土地の権利についてもしっかり確認しておくとよさそうです。

暮らしやすい庭付き戸建て住宅を選ぼう

パパとママと赤ちゃん
iStock.com/itakayuki

庭付き戸建て住宅に住むようになって、子どもといっしょに伸び伸びと生活できるようになったと感じたママやパパがいました。家族みんなで思い切り遊んだりガーデニングを楽しんだりできるのも、庭付き戸建て住宅のよさかもしれません。新築の場合も中古の場合も、自分たちの希望にあう暮らしやすい住宅を選ぶことができるとよいですね。

2019年04月09日

専門家のコメント
2
    ユキ先生 保育士
    実家が庭付き戸建てでした。窓の外を見ると四季が感じられて毎年この時期になるとあの花が咲くんだよな〜と今でも思い出します。お手入れは大変ですが、何より目の癒しですね^_^
    いちぽ先生 保育士
    両家の実家は庭付き戸建てです。庭でたっぷり遊べる空間があります。 今は地方の政令指定都市に住んでいるため、戸建てを購入したのですが、駐車場をとって、裏に小さな庭を確保しかできませんでした。
おすすめユーザーのコメント
2
    いしし プレパパ修行中
    庭付きの家は憧れますが、場所が限られてしまうのがネックですよね。。。
    すみっこ先生
    大きい庭ではないですがウッドデッキでプールや、BBQ、子どもたちがおままごとをして遊ぶスペースがありす。リビングから子どもたちの様子が見えるので暑い夏の日は涼しい室内からプールの監視ができて便利です!また、お友だちと遊ぶ様子もこっそり見れたり声も聞こえるので安心です。カーテンがしまっているので子どもたちは、側に私が居て声を聞かれていることは知らないと思います。自然体の様子を知れるので作って良かったと思います。

関連記事

カテゴリ一覧