1歳(離乳食完了期)の子どもの献立例と食事量・味つけ

1歳(離乳食完了期)の子どもの献立例と食事量・味つけ

1歳の子どもの献立を考えるとき、1回の食事量や味つけなどについて気になっているママもいるかもしれません。今回は、厚生労働省の資料を参考にした離乳食完了期の進め方や、ママたちが離乳食を作るときに行っている工夫、実際に作った1歳の子どもに向けた献立などを体験談を交えてご紹介します。

1歳の子どもの献立とは

子どもが1歳になって離乳食完了期に入り、「手づかみで食べられるメニューを与えたい」「そろそろ大人と同じメニューを取り分けて与えてみようかな」と考えているママもいるかもしれません。

基本的な離乳食完了期の進め方について、厚生労働省の資料をもとにご紹介します。

離乳食完了期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後12カ月から18カ月頃が離乳食完了期とされています。1日3回の食事のリズムを大切にし、生活リズムを整えるきっかけ作りとする時期と言われています。手づかみ食べから、子どもが自分で食べる楽しみを見つける時期でもあるようです。

調理形態の目安としては、歯ぐきで噛める固さがよいとされています。

離乳食の量の目安

離乳食完了期の1回あたりの食事量の目安は、下記の量と言われています。

穀類:軟飯80g~、ご飯80g
野菜・果物:40g~50g
魚:15g~20g
肉:15g~20g
豆腐:50g~55g
卵:全卵1/2個~2/3個
乳製品:100g
出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

1歳児の食事を作るときの工夫

ママたちは1歳の子どもに食事を作るとき、どのような工夫をしているのでしょうか。

まとめて作って保存しておく

冷凍
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
子どもがお腹が空くと機嫌が悪くなるので、食事作りになるべく時間をかけないようにしています。主食以外はまとめて作って冷凍保存したり、よく使う食材はカットしておいたり、すぐ使える状態にしてストックしています。
副菜などは解凍して器に盛るだけで食卓に出せるよう冷凍保存しておき、主食になるものだけ作るというママの声がありました。よく使う食材をカットしておくだけでも、洗ったり皮を剥いたりする手間が省けて時短になりますね。

味つけを工夫する

20代ママ
大人と同じ味つけは1歳の子どもにとってまだ濃いのではと感じるので、食材の味を活かした薄めの味つけを心がけています。かつ子どもが飽きないよう、たとえば同じハンバーグでも和風にしたり洋風にしたり、違う味つけにして変化をつけています。
食材の味が活きるような薄めの味つけを意識しているママがいました。同じメニューでも味のバリエーションを増やすことで、子どもも飽きずに食べられるかもしれません。

さまざまな食材を使う

20代ママ
1食で必要な栄養が摂れるよう、さまざまな食材を使うようにしています。その日の子どもの体調をみて、便秘気味であれば食物繊維が摂れるような献立を考えます。食事の楽しさを感じてもらえるよう、手づかみ食べできるメニューもよく用意します。
子どもの好物ばかりにならないようにしたり、その日の子どもの体調をみたりして、さまざまな食材から栄養が摂れるよう献立を考えているママがいました。1歳の子どもに食事の楽しさを感じてもらえるよう、手づかみで食べられるメニューも積極的に取り入れたいですね。

ママたちが作った1歳児向けの献立

ママたちは1歳児の献立に、どのようなメニューを作っているのでしょうか。毎日離乳食を作っているママたちに聞いた、1週間の夕食の献立例をご紹介します。

1日目

  • ツナときのこの焼うどん
  • ほうれん草とコーンのオムレツ
  • はんぺんチーズおやき
  • 野菜たっぷり豚汁
オムレツは子どもが手づかみ食べしやすいよう、小さめに切るとよいでしょう。具だくさんの豚汁は野菜をたくさん摂ることができ、体も温まりますね。

2日目

  • 鮭と白ごまのおにぎり
  • 切り干し大根と高野豆腐の煮物
  • にら玉
  • わかめとねぎのみそ汁
鮭と白ごまを混ぜ込んだ、子どもが手づかみで食べられるおにぎりです。鮭は骨をしっかりと取り除き、細かくほぐしてからご飯と混ぜるとよいでしょう。野菜、魚、豆腐、卵と栄養バランスの整いそうな献立です。

3日目

  • かぼちゃのフレンチトースト
  • じゃがいもコロッケ
  • コールスローサラダ
  • 野菜スープ
かぼちゃの甘みが楽しめるフレンチトーストは、子どもがよろこんで食べられそうです。コロッケは小さく丸めて、油で揚げずにフライパンやトースターで焼いて仕上げるとよいでしょう。

4日目

ポテトサラダ
Viktor1/Shutterstock.com
  • 五目混ぜご飯
  • たまごポテトサラダ
  • 大根のみそ汁
子どもが苦手な食材でも、ご飯と混ぜることで気にせずに食べられるかもしれません。ポテトサラダは、手づかみしやすい大きさに丸めて与えてもよいですね。

5日目

  • 軟飯
  • 豆腐ハンバーグ
  • じゃがいもとにんじんのきんぴら
  • 野菜ときのこのポトフ
ハンバーグは手づかみしやすく冷凍保存もできるようなので、1歳児の食事に作りやすいメニューかもしれません。ポトフに入れる野菜は歯ぐきで噛める固さになるよう、やわらかくなるまで煮込むとよいでしょう。

6日目

  • お好み焼き
  • キャベツと卵の炒め物
  • つみれ汁
つみれはたくさん作って保存しておくと、汁物以外にも煮たり焼いたりさまざまなアレンジができるので、離乳食作りに重宝しそうです。お好み焼きにはさまざまな食材を入れて、栄養が摂れるようにするとよいですね。

7日目

  • 軟飯
  • さばと大根の煮物
  • ちくわとチーズの磯辺揚げ
  • かきたま汁
子どもののどに骨が刺さらないよう、さばの骨をしっかりと取り除くとよいでしょう。磯部揚げは少量の油で揚げ焼きのようにするとよさそうです。

1歳児向けの簡単に作るご飯やおかずのレシピ

離乳食完了期の子どもに向けた、簡単に作れるご飯やおかずのレシピをご紹介します。

肉団子のスープ

  1. 玉ねぎをみじん切りにする
  2. ボウルに1、鶏ひき肉、しょうゆ、片栗粉を入れて、手でこねるようにして混ぜて小さく丸めて成形する
  3. 小鍋に水、鶏ガラスープを入れて火にかけ、肉団子を加えて火が通るまで煮る
材料や調理工程が少なく、手軽に作ることができるレシピです。スープの味つけを洋風や和風にアレンジすれば、レパートリーが広がりそうです。

かぼちゃとおからのおやき

  1. かぼちゃの種とわたを取り除き、電子レンジでやわらかくなるまで加熱する
  2. 1をボウルに入れてつぶし、おから、片栗粉、粉チーズを加えて混ぜ合わせる
  3. 2を成形し、焼き色がつくまでじっくり焼く
子どもが手づかみ食べしやすいよう、小さめに成形するとよいでしょう。おかずとしてもおやつとしても活躍しそうなレシピです。

鶏ひき肉と玉ねぎの炊き込みご飯

  1. 適量の鶏ひき肉を茹でる
  2. 下茹でしたにんじん、たまねぎを細かく刻む
  3. 炊飯器に研いだ米、水、1、2、少量の醤油を入れて炊飯する
子どもがにんじんや玉ねぎが苦手な場合は、細かく刻んで和風の味つけにし、ご飯といっしょに炊きこむと食べやすくなるかもしれません。ご飯は歯ぐきで噛める固さになるよう、水の分量を調節するとよいでしょう。

1歳の子どもがよろこんで食べられる献立を考えよう

手づかみ
leungchopan/Shutterstock.com
1歳は手づかみ食べで食事の楽しさを覚えていく時期とされています。ママたちは毎日の離乳食づくりで、子どもがすすんで食べることができ、きちんと栄養も摂れるように、さまざまな食材を使ったり、味つけのバリエーションを増やしたりして工夫をしているようです。

子どもを待たせず、かつ離乳食作りが楽になるよう、まとめて作って冷凍保存しておくと便利かもしれません。

ママたちが作った献立例や簡単レシピを参考にして、1歳の子どもにおいしいご飯を作れるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2020年3月17日時点で作成した記事になります。
※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2020年04月28日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧