夕飯を時短で作りたいとき。時短調理をするときのコツや時短レシピ

夕飯を時短で作りたいとき。時短調理をするときのコツや時短レシピ

夕飯に作るメインのおかずや副菜の時短レシピ

献立を考えたり夕飯づくりをするのは毎日のこと。家事や子育て、仕事に忙しいママたちは、なるべく時短レシピを使って夕飯を作りたいと考えているかもしれません。簡単にできて家族がよろこんで食べてくれる、おいしいおかずを作りたいですよね。肉や野菜を使ったメインのおかずや丼もの、副菜の時短レシピをご紹介します。

夕飯に作る料理の時短レシピを知りたい

料理 時計
Andrey_Kuzmin/Shutterstock.com
家事や育児、仕事と慌ただしいママの毎日。手早く簡単に作れて、家族も満足してくれるようなメインのおかずや副菜を夕飯に用意したいと思うママもいるでしょう。夕飯の献立に作ることができる時短料理のレシピを知っていれば、そんなママの悩みも解消されるかもしれません。

時短料理を作るときのコツ

時短料理を作るときのコツについてご紹介します。

電子レンジを使う

電子レンジを使って食材の下処理や調理をすると、鍋やフライパンなどの調理器具を使うより火の通りが早いこともあるようです。電子レンジで調理している間に他の工程を進められるので、時短に繋がるかもしれません。

食材をカットしておく

あらかじめカットしておいた食材を使うと、食材の皮を剥いたり切ったりといった下ごしらえの工程を省くことができ、すぐ調理にとりかかれるので時短に繋がるでしょう。休日など時間のあるときに、用途にあわせてカットしたものを保存しておくと便利かもしれません。

献立を考えておく

栄養バランスや彩り、他の料理との組み合わせやボリュームと、献立を考えるのは時間のかかるものですよね。あらかじめ献立を考えておくと、夕飯作りの際に悩むことなく調理を進めることができそうです。

保存方法を工夫する

肉や魚は下味をつけたり、野菜はあらかじめ茹でたりして冷凍保存しておくと、夕飯を作るときにすぐ使えて便利かもしれません。新鮮なうちに下ごしらえをして冷凍することで、おいしさもキープできそうです。

調理器具を選ぶ

普段使っている鍋の他にも圧力鍋や無水鍋、電気調理鍋など、作りたい料理にあわせて使い分けをすると時短に繋がるかもしれません。煮込む時間が短ければガス代の節約にもなりそうです。

パッと作って食べられる、メインのおかずや副菜の時短レシピ

手早く作れるメインのおかずや副菜の時短レシピをご紹介します。

バターチキンカレー

カレー
margouillat photo/Shutterstock.com
バターを入れることで味がマイルドに仕上がり、カレーが苦手な子どもも食べやすいかもしれません。鍋をふたつに分けて、大人用にはお好みでスパイスを足してもよいですね。

手羽元のさっぱり煮

圧力鍋で煮込んだような、ほろほろの食感が楽しめる一品です。帰宅時間にあわせて炊飯器をセットしておけば、帰ってからは器に盛るだけで食卓に出すことができます。手羽元といっしょに卵や大根を入れても、鶏のうま味が染み込んでおいしく食べられそうですね。

さつまいものきんぴら

きんぴらといえば、ごぼうやれんこんを使って作ることが多いかもしれませんが、優しい甘みを味わえる、さつまいもを使ってみてはいかがでしょうか。泥を落としたり皮を剥いたりする工程がなく作ることができるので時短になりそうです。

作り方が簡単にわかる、メインのおかずや副菜の時短レシピ動画

動画で簡単に作り方がわかる、メインのおかずや副菜の時短レシピをご紹介します。

カラメル豚丼

香ばしく焼いた豚肉と甘辛い味つけで、ご飯の進む一品です。疲れた日でもパッと簡単に作ることができる丼ものは、忙しいママの強い味方ですね。
時短レシピに。濃厚ソースが美味しい!カラメル豚丼

アスパラべーコンの温玉チーズサラダ

洋食の日の献立にぴったりな、見た目も鮮やかなサラダです。トーストに乗せたり、パスタに絡めたりしてアレンジもできるので、レシピを覚えておくと重宝するかもしれません。
時短レシピ。アスパラべーコンの温玉チーズサラダ

焼きチーズコロッケ

タネの成形や油で揚げる工程が不要の、スプーンで食べるコロッケのレシピです。コロッケといえば手間のかかるイメージがあるかもしれませんが、このレシピであれば手軽に作ることができそうです。
油で揚げない時短レシピ。焼きチーズコロッケ

なすの素揚げ肉味噌のせ

肉味噌はレタスで巻いたりキャベツと炒めたり、他の食材とあわせてもたくさんアレンジできるので、作り方を覚えておくと便利かもしれません。
時短レシピに。なすの素揚げ肉味噌のせ

毎日の夕飯作りに時短レシピを活用しよう

夕食 テーブル
sukiyaki/Shutterstock.com
時短料理を作るときのコツや、夕飯のメインになるカレーや丼、肉や野菜を使ったおかずや副菜のレシピをご紹介しました。

時短料理を作るときは、あらかじめ献立を決めておき、カットされた食材を使うと滞ることなく夕飯作りが進むでしょう。作りたい料理にあわせて、電子レンジや圧力鍋などの調理器具を選ぶことも時短に繋がりそうです。

夕飯に作ることができる時短レシピを知っていれば、忙しいママの強い味方になりそうです。

2020年03月26日

専門家のコメント
14
    せおみ先生 保育士
    最近はコロナの影響などもあり、一日中子どもと一緒が続いています。下ごしらえなどをする時間もなかなかとれないので、簡単なものが多いです。忙しい時は、三食丼がおすすめです。とりそぼろを作っておけば、卵のそぼろと酒瓶で完成です。あとは、カット野菜や千切りキャベツを買ってきてサラダにすると、とても時短になります。
    すみっこ先生 保育士
    カット野菜を冷凍して常備しておく、包丁を使わずにすぐにスープやお味噌汁が完成するので
    助かっています✨

    スープに春雨や、冷凍餃子などをいれたら
    立派なおかずになります✨
    ゆう先生 保育士
    週末や時間のある時にまとめて作っておけば、あと一品ほしいというときに役立ちます。下味をつけておく、野菜を切っておく…などの下準備をしておくだけでも時短になりますよね。余った野菜はまとめて、味噌汁かスープに入れるのが定番です。
    なごみ先生 保育士
    パスタを茹でている所に茹で時間残り3分くらいで一緒にキャベツやキノコ、ウィンナーを切ったものを入れて茹で、ざるに上げてだしの素、醤油、バターで味付けをしたパスタを時間がない時は作ります。
    あーちん先生 保育士
    冬はとりあえず鍋が多かったです!具材を切って鍋に入れるだけで美味しいので、スープの味を変えたりして作っていました!

    レンジはなにをするにも本当に便利ですね(^^)
    こと先生 保育士
    週末に野菜をまとめて購入してカットして冷凍してます✨
    余裕があればお肉と野菜と調味料を一緒に冷凍しておくと焼くだけで一品になって便利です💕
    のの先生 保育士
    週末や安い時に肉類をまとめてかって、味付けをしてから冷凍しています。「今日は何味がいい?」という感じで楽です。
    わい先生 保育士
    一週間のメニューを決めておくことで、どの食材を使うかが分かりそれだけで時短になります。食材は、切って冷凍保存、煮物や常備野菜は週末に作りメインのみ作るようにしてます。
    トースターで魚を焼いている間にコンロで味噌汁を作ったり、ホットプレートで鮭のちゃんちゃん焼きをしたりミネストローネスープなど時間のないときによく作ってます。
    あゆさ先生 保育士
    土日や休みのときに、野菜をカットして冷凍しておくと、帰宅後にスープやお味噌汁に一緒にいれたり、色々アレンジして使えます。

    あとは、お肉や魚に下味をつけて冷凍しておいて、メインを作り、サラダや副菜は作りおきしておくと、時短になりますよ。
    のんの先生 保育士
    休みの日に子供たちと一緒に、味噌に出しや入れて丸めて冷凍庫へいれる。即席味噌作りをしています。「みそまる」ネットで見てみてください。
    飲みたいときにお湯を注ぐだけで味噌汁ができるのでとても便利です。
    ゆきな先生 保育士
    余った野菜は全てカットして冷凍!!!
    なんやかんや使えます!
    スープに入れたりお昼ご飯にはそれをお好み焼きのように焼いてなんちゃってお好み焼き!
    めい先生 保育士
    時間のある休日にお肉に下味をつけて冷凍しておくと楽チンです。味噌汁用に野菜をカットして冷凍もしておくと包丁まな板いらずですよ♩
    ゆか先生 保育士
    料理は野菜をカットしたり、下ごしらえがめんどくさくて時間がかかるんですよね😵💦
    ですので時間があるときに野菜をカットして冷凍したり、お肉に下ごしらえをしたりしておきます!

    後はレンジ、ガスを両方使い時短してます😃
    じゅん先生 保育士
    新型コロナの影響で子ども達と過ごす時間が増えた事は良い事だと思います。小さい頃から料理や洗濯、掃除が出来ると大人になって困らないと思います。計画を立てて実行し、成果を出す練習には、料理はとても良い教材になると思います✌️
おすすめユーザーのコメント
1
    みきや
    みなさんのおすすめレシピも聞きたいです!
    あと、こんな器具があったら便利だったよ〜とか!

レシピの関連記事

カテゴリ一覧