子どもの幸せを自分の価値観で決めていませんか?【藤野智哉】

子どもの幸せを自分の価値観で決めていませんか?【藤野智哉】

読者からお悩みを募集し、子育て、教育、スポーツ、心理学など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は「自分を幸せにする「いい加減」の処方せん」が話題の精神科医・藤野智哉先生が、「わが子とほかの子を比較するのがやめられない」というお悩みに答えます。

藤野智哉
01

【お悩み】子育てでわが子と他の子を比べてしまうのは何故?

5歳男児のママ
子どもが生まれたとき「どんな生き方をしても、この子が心から幸せになってくれればそれでいい」と思い、その思いは今も変わらないつもりですが、ほかの子とわが子を比べてしまう自分がいます。

よくないことと頭では分かっているのですが、どうしてもやめられません。

スポーツができても「勉強があと少しできれば」と思い、優しい性格でも「主体性をもってくれたら」と思うなど、どこかで「もっと〇〇なら」と思ってしまう自分がいて、何故こんな風に際限なく思ってしまうのだろうと自分で自分が嫌になります。

また、ママ友から中学受験やたくさんの習い事の話を聞けば、させてあげられないことに落ち込みます。

仕事も忙しく自分の趣味もあり、子どもにつきっきりというわけでもないのですが、なぜこのように比べてしまうのでしょう。

【藤野先生の回答】お子さんはあなたとは別の人間です。自分の基準を押し付けるのはやめましょう。

まず、前提として、人と比べてしまうこと自体は、ある程度当然といえば当然で、仕方がないことなので、必要以上に自己嫌悪になる必要はありません。

そのうえで、少し厳しいことを言うようですが、相談者さんがお子さんを他者と比べてしまうことの背景には「自分が親として十分やれていないのではないか」という不安や劣等感があるのではないでしょうか。

「子どもは親の鏡」とはよく言いますが、たとえば、子どもが学校の先生からの悪い評価をもらうと、「私が〇〇していないせいではないか」と思っていませんか?

「どんな生き方をしても幸せならいい」と本心から思っていれば当然こうは思わないわけで、子育てに対するご自身の確固たる自信がまだないのでしょう。

自分の子どもに「よい人生を送ってほしい」と思うのは当然ですが、比較することに意味はあるのでしょうか。

たまたま同じ学校、同じ地域にいる同年代と比較しても、それぞれ将来目指すものは違います。たとえば、将来はエンジニアになりたい人が、プロスポーツ選手を目指す人と同じトレーニングはしませんよね。

つまり、あなたがあなたの基準でお子さんを勝手に周囲と比較することにはなんの意味もないのです。

この相談は、お子さんのことというより、主語はほとんど親自身です。お子さんの将来を考えるなら「お母さんがどうしたいのか」ではなく、「お子さん自身が何になりたいのか」「お子さんがどうしたいのか」が重要です。

お子さんを大切に思う気持ちを否定しているわけではありません。

でも、「もっとがんばってほしい」「もっとよくなってほしい」という思いがここまで溢れてしまうなら、一度立ち止まったほうがいいかもしれません。

お子さんはあなたにとって半身のような存在かもしれませんが、所有物ではなく、ひとりの人間です。

「もっと〇〇してほしい」のは「お子さんに幸せになってほしい」という思いが根源にあるからだと思いますが、それは果たしてお子さん本人の希望でしょうか。

勉強、受験、習い事、お子さんの人生に必要なものは、お子さん本人がどうしたいかをメインで考えたほうがよいのではないでしょうか。

小学生くらいまでは多少介入してしまうのは仕方がありませんが、子育ての手が離れてくれば徐々に子どもと自分は別の人間だと意識できるようになるでしょう。

誰かと比べて「これくらいできれば」と思っても、それは結局あなたの知る、あなたの尺度の中での、「これくらい」でありであり、お母さんの勝手な基準です。

期待が叶わなければ失望や怒りに変わりかねませんし、自分の基準を誰かにおしつけることはやめましょう。

もうひとつ、精神科では「人間のキャパシティ」という考え方があります。

お子さんはお母さんと同じ能力をもって生まれてきているわけではありません。それなのに自分の枠で考えてしまうから「なんでこんなことができないの?」と思ってしまうのです。

誰かから見て完璧な人生ではなくても、その人にとっては十分幸せということは往々にしてあります。たとえば、世の中には、友だちを欲しないタイプの子もいます。

ひとりで絵を描いているほうがとても幸せな人に対し、「なぜ他の子と同じように遊ばないのか」とあれこれ手を尽くされても、本人は苦痛でしかありません。

子どもに関するお悩みは、実は親側が勝手に悩んでいるだけということはよくあります。「親の期待どおりになることがお子さんにとっての幸せではない」ということをお忘れなく。
No Image

藤野智哉

藤野智哉の記事一覧

精神科医。1991年7月8日生まれ。 秋田大学医学部卒業。 精神鑑定などの司法精神医学分野にも興味を持ち、現在は大学病院勤務の傍ら医療刑務所の医師や看護学校の非常勤講師などとしても務める。

Twitter

2022年02月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧