幼稚園のカラー帽子のデコレーション。名前ワッペンやリボンアレンジ

幼稚園のカラー帽子のデコレーション。名前ワッペンやリボンアレンジ

子どもの好みにあわせてアレンジしよう

幼稚園のカラー帽子のデコレーションについて知りたいママもいるのではないでしょうか。日よけがついたタイプやサイズなどカラー帽子の選び方や、洗濯の仕方について知りたい方もいるかもしれません。今回は、幼稚園のカラー帽子を選ぶポイントや、名前ワッペンやリボン、レースをアレンジした飾り方についてご紹介します。

幼稚園のカラー帽子で気になること

入園準備をしているママのなかには、幼稚園のカラー帽子について気になる方もいるかもしれません。ママたちに幼稚園のカラー帽子について気になることを聞いてみました。
20代ママ
カラー帽子は、クラス全員が同じデザインのものを使用します。子どもが一目で自分のものとわかるように、カラー帽子に名前を書く以外にもデコレーションをして欲しいと先生に言われたのですが、どのように飾りつけたらよいでしょうか。
30代ママ
運動会などで自分の子どもを見つけやすいよう、カラー帽子に目印となるようなデコレーションをしたいと考えました。遠くからでも目立つデコレーションの仕方を知りたいです。
ママたちからは、幼稚園のカラー帽子をデコレーションするやり方について気になるという声が聞かれました。

今回は、幼稚園のカラー帽子の選び方やデコレーションの仕方について、ママたちの声を交えながらご紹介します。

カラー帽子を選ぶときに意識したポイント

幼稚園のカラー帽子は、園を通して購入する場合や、指定の色のものを自分で購入する場合など幼稚園によって異なるようです。自分で幼稚園のカラー帽子を選べる場合には、どのようなことを意識して選ぶとよいのでしょうか。

ママたちに聞いた、幼稚園のカラー帽子を選ぶポイントについてご紹介します。

サイズ

30代ママ
幼稚園のカラー帽子は、簡単に脱げないように子どもにあったサイズのものを用意しました。事前に子どもの頭のサイズを計っておくと選びやすいかもしれません。
幼稚園のカラー帽子はメーカーやデザインによってサイズが異なるかもしれません。女の子のママからは、髪の毛をしばったときのことを考えて少しゆとりのあるサイズ感のものを選んだという声も聞かれました。

素材

帽子
Karkas/Shutterstock.com
30代ママ
幼稚園のカラー帽子は、乾きやすそうな素材のものを選びました。夏場などは頻繁に洗濯するので、お手入れしやすい素材がよいと思います。
カラー帽子には、綿やポリエステルなどメーカーによってさまざまな素材が使われているようです。幼稚園のカラー帽子を選ぶときに、素材を考えながらお手入れのしやすさをイメージしたというママの声がありました。

機能

20代ママ
幼稚園のカラー帽子は、日よけがついているタイプを選びました。日よけ部分はスナップボタンで取り外しできるので、季節に応じて使い分けられそうです。
帽子の後ろ部分に日よけがついているカラー帽子を選んだというママの声がありました。日よけがついていないタイプのカラー帽子を選んだママのなかには、タオルなどで日よけを手作りした方もいるようです。

カラー帽子のデコレーションアレンジ

カラー帽子にどのようなデコレーションをしたのか、ママたちに聞いてみました。

名前ワッペン

30代ママ
ひらがなの文字のワッペンを使って、子どもの名前をカラー帽子にデコレーションしました。洗濯を重ねても取れないように、名前のワッペンはしっかり縫いつけるとよいと思います。
少し大きめサイズの名前のワッペンは、遠くからでも子どもを見つけやすかったというママの声が聞かれました。運動会などで自分の子どもを見つけるための目印にするときは、名前ワッペンのサイズや色の他に、つける位置も意識するとよいかもしれませんね。

リボンやレースの飾り

リボン
sevenke/Shutterstock.com
20代ママ
運動会前に、幼稚園のカラー帽子のてっぺんにリボンをつけて目立たせました。立体的に見えるよう、リボンを立てて縫いつけるとかわいいと思います。
30代ママ
レースでカラー帽子の日よけ部分のふちをデコレーションしました。女の子らしいデザインが好きな娘はとても気に入ったようです。
女の子がいるママたちからは、リボンやレースなどを使ったカラー帽子のデコレーションアレンジも聞かれました。子どもが気に入って使ってくれるよう、好みにあわせてデコレーションで使うものを考えるのもよいかもしれませんね。

フェルトのアップリケ

30代ママ
幼稚園のカラー帽子の色にあわせて、デコレーションのデザインを考えるのも楽しいと思います。息子の場合は、赤いカラー帽子だったので息子の好きな赤い車のキャラクターに似せて、目や口をフェルトで作って縫いつけました。
フェルトを使って幼稚園のカラー帽子をデコレーションしたママもいるようです。キャラクターや食べ物、動物などをモチーフにしたというママの声も聞かれました。

入園準備では、幼稚園のカラー帽子はどの程度までデコレーションしてよいのか不安がある場合もあるかもしれません。同じ園に通う予定の周囲のママにどのようなデコレーションにするか聞いたというママの声や、入園後に周囲の様子を見てからデコレーションを増やしたというママの声もありました。

幼稚園のカラー帽子のお手入れの仕方

幼稚園のカラー帽子のお手入れについて、ママたちに聞いてみました。

洗濯の仕方

20代ママ
洗濯機で洗うときに、帽子のつばの固い部分が折れないか心配でした。キャップ専用の洗濯ネットを使ったところ、洗濯機の使用を重ねてもカラー帽子の型崩れは見られません。
幼稚園のカラー帽子を洗濯機で洗うときに、専用のネットを使ったママがいるようです。汚れがついている部分は、事前に手洗いしておいたというママの声もありました。

ゴム付け替え

30代ママ
幼稚園のカラー帽子のゴムが伸びてしまったことがあります。7mm幅ほどの平ゴムを用意して、耳上の位置に縫いつけました。
カラー帽子を使っていると、あご紐のゴムが伸びてしまうこともあるかもしれません。幼稚園の長期休みの間や運動会前などに、ゴムを付け替えたママもいるようです。

幼稚園に通う間、カラー帽子を定期的にお手入れして清潔さや使いやすさを保てるとよいですね。

幼稚園のカラー帽子をデコレーションしよう

ソーイングセット
Africa Studio/Shutterstock.com

ママたちからは、幼稚園のカラー帽子を選ぶときに洗濯などのお手入れのしやすさや、サイズやを意識したという声が聞かれました。日よけつきのカラー帽子を選んだママもいるようです。

子どもが自分のものとわかるように、カラー帽子に名前ワッペンやフェルトのアップリケでデコレーションするのもよいかもしれません。女の子のママからは、リボンやレースの飾りなども使ってカラー帽子を飾ったという声が聞かれました。

それぞれ使いやすいカラー帽子にアレンジして、園生活を楽しめるとよいですね。

2020年04月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧