親子で作る手形アート。作り方や作品のアイデア

親子で作る手形アート。作り方や作品のアイデア

親子で手形アートを作るときのポイント

手形や足形などを使って作品にする「手形アート」を親子で作りたいと考えるママやパパのなかには、どのように作ったらよいのか気になる方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、手形アートの作り方や作品アイデアの他に、親子で手形アートを作るときのコツについてご紹介します。

親子で手形アートを作りたいとき

赤ちゃんや子どもの手や足の形を活かして作る手形アートを作ろうと考えるママやパパもいるようです。手形アートの制作で気になることを聞いてみました。

20代パパ
SNSで手形アートを知り、子どもから祖父母へのプレゼントとして手形アートを作りたいと思いました。どのような手順で作ったらよいのか知りたいです。
30代ママ
子どもの成長の記録として手形アートを作りたいと思うのですが、どのようなデザインにしたらよいのか悩んでいます。かわいらしいデザイン例が気になります。
ママやパパたちに話を聞くと、手形アートの作り方やデザインなどが気になる方がいるようです。ママのなかからは、手形アートを作るときのコツを知りたいという声も聞かれました。

そこで今回は、親子で作る手形アートについて、ママやパパたちの体験談を交えてお伝えします。

手形アートの作り方

手形アートを初めて作るママやパパのなかには、どのような手順で作ったらよいのか気になる方もいるかもしれません。ママたちに聞いた手形アートの作り方をご紹介します。

デザインを考える

20代ママ
手形アートを作ろうと考えたとき、まずどのようなデザインにするかを考えます。デザインを考えておくと、インクの色選びや手形を押す位置などを迷わずにできました。
手形アートを作り始める前にデザインを考えておくと準備や作成がしやすいかもしれませんね。ママのなかには、子どもがどこに手形を押したらよいのかわかりやすくするために、手形を押したい位置に鉛筆で印をつけておいたという声もありました。

必要なものを揃える

工作の道具
Animaflora PicsStock/Shutterstock.com
30代ママ
スムーズに作業を進めるために、手形アートを始める前に道具を揃えるようにしています。スタンプ用のインクや台紙とペンの他に、手形を押した後すぐに手を拭けるように、濡れタオルやウェットティッシュなどを用意しました。
手形アートの作成がスムーズにできるように必要なものを準備しておくことも大切なようです。何を用意したらよいのかわからない場合は、手形アート用のキットを使うと準備が楽になるかもしれません。

子どもといっしょに手形アートを作る

40代ママ
子どもと大人それぞれ手の平にムラなくスタンプ用のインクを塗り、台紙の決めた位置に手形を押します。手形が乾いたらデザインに応じた装飾を施し完成です。手形アートには、日付や子どもの年齢などを入れると、いつ作った作品なのかがわかりやすいです。
子どもの手形を押すときは、子どもの手の上からママやパパが軽く押さえてあげると、きれいに手形が写るかもしれません。台紙に直接手形を押すのが心配な場合は、別の紙に押した手形を切って台紙に貼りつける方法で作るのもよさそうです。

親子で楽しむ手形アートアイデア

親子で手形アートを作るときに、デザインに悩む方もいるようです。実際に、ママやパパたちが作った手形アートデザインをご紹介します。

動物

20代ママ
親指を鼻に見立て、残りの4本の指は足に見立てて下向きに手形を押し、目と耳、尻尾を書き加えてゾウを作りました。1枚の台紙の上に家族3人分の手形を押してゾウの家族にしたところ、とても素敵な手形アートになりました。
指を鼻と足に見立ててゾウの手形アートを作るとこができるようです。他にも、親指を立てて手を横向きにした手形で白鳥やフラミンゴ、足のかかとを上にした足形でアルパカやペンギンなど、さまざまな動物の手形アートを作ったというママやパパたちの声がありました。

植物

カーネーション
immstudio/Shutterstock.com
30代パパ
母の日に私と子どもからのプレゼントとして、妻にカーネーションの手形アートを贈りました。絵具で茎と葉を書いてから、花の部分に手を開いた状態で手形を押してカーネーションに見立てたところ、妻はとても喜んでくれて、今は額に入れてリビングに飾ってあります。
心をこめて作った手形アートのカーネーションは、ママにとって特別な贈り物と感じてもらえそうですね。成長の記録として手形と足形を葉に見立てた木の手形アートを作ったというママもいました。

季節にあわせたもの

30代ママ
子どもの日にあわせて鯉のぼりの手形アートを作りました。指先を揃えて手の平の方が顔になるように台紙に手形を押し、鯉のぼりの目とポールを書いてできあがりです。

上からパパ、ママ、子どもの順に配置するとちょうどよいバランスになりました。
鯉のぼりの手形アートは足形を使ってもできるようです。他には、ハロウィンの手形アートとして手形でおばけを作り、両足を揃えた状態で足形を押してジャック・オー・ランタンを作ったというパパもいました。

手形アートを作るときのコツ

親子で手形アートを作るとき、どのようなことを意識するとよいのでしょう。ママやパパたちに手形アートを作るときのコツを聞いてみました。

子どもの機嫌のよいときに行う

40代ママ
小さな子どもの手形を取るのは難しいので、子どもの機嫌のよいときに作るようにしました。手や足にインクがついた状態で子どもの機嫌が悪くなってしまうと大変なので、短時間で切り上げるようにしています。
手形アートを作るときは、子どもの機嫌のよいタイミングに行なうことも大切なポイントのようです。ママのなかには、1人で子どもの手形を取るのは大変なので休日にパパと協力して行なったという声もありました。

汚れてもよい服装や環境を用意する

20代ママ
手形アートをするときはインクで室内や服を汚さないように、床に新聞紙を敷いたり手拭きタオルを用意したりしています。手についたインクを落とすまでは子どもから目を離さないように気をつけました。
手につけたインクで服や部屋を汚さないような工夫をしているママもいるようです。ママのなかからは、ベランダなど屋外で行なったり、汚れてもよい服を着て手形アートを楽しむという声も聞かれました。

親子で手形アートを楽しもう

手形で遊ぶ親子
Purino/Shutterstock.com

子どもの成長の記録やプレゼントとして手形アートを作りたいと考えるママやパパがいました。手形アートを作るときは、デザインを考えたり必要なものを揃えたりしてから制作に取りかかるとよさそうです。

動物や植物の他に、季節にあわせたデザインなどもあるようなので、目的に応じて工夫してみるとよいかもしれません。汚れてもよい服装や環境なども意識して、親子で楽しく手形アートができるとよいですね。

2020年03月08日

専門家のコメント
20
    かんな先生 保育士
    低年齢から取り組みやすい「手形アート」。

    子どもが手形を自由につけたあと
    廃材を使って作品にしました。
    また、
    ペットボトル(底が花びらのようになっている。🌸状)を利用して満開のさくらを表現したこともあります。(手形は幹)
    こと先生 保育士
    手形アート可愛いですよね💕赤ちゃんの時は足形だととりやすいので足形もいいですね✨今からの時期だと、親子の足形でこいのぼりを作るのも可愛いです😊
    すみっこ先生 保育士
    SNSでかわいい手形アートを見つけ、参考にしながらチャレンジしました✨
    子どもたちはパンツ一枚で
    手形、足形取り😂💕

    汚れても気にしない!楽しく!を心がけて作りました✨
    すー先生 保育士
    1歳の時から祖父母の誕生日や敬老の日に手形アートと写真を毎年プレゼントしています。ぞうさんやうさぎさん、お花等色んなアートが作れるので子ども達も喜んで取り組んでいます。
    みぃ先生 保育士
    手形アート、足型アートはどの年齢でも行いやすいですし、季節に合わせた色を使ったり模様をつけたり、ぞうやライオン、恐竜、フラミンゴなど様々な生き物の親子を表現する事ができたりと楽しいですよね✨
    あゆみ先生 保育士
    今は可愛いデザインがたくさんありますね!個人的には、足型を並べて作るはらぺこあおむしがお気に入りです♪赤ちゃんが生まれたら、挑戦したいデザインのひとつです^^
    ゆきな先生 保育士
    手形アートかわいいですよね!アートがむずかしかったら手形足形をその季節の色でするだけでも素敵だと思います!
    ちぃ先生 保育士
    手形、足形アート今はたくさんアイデアがありますよね♩こどもが生まれたての時に家族3人でぞうの手形を作り、額に入れて飾っています。毎回やるのはなにかと大変かと思いますが、特別な日に手形や足形を取るだけでも素敵な思い出ができますね!
    手形足形をやるときは新聞紙などまわりにひくのと、手足を少しふけるものを近くに置いとくといいですね
    めめ先生 保育士
    我が家は家族の手形をとり乾いた後に顔などを書き込み象にしたものを額にいれて飾っています!
    はらぺこあおむしなどもかわいいなーと思います。
    あーちん先生 保育士
    手形、足形アートはよくききます。

    親子で動物にみたてて手でスタンプを押して、目やしっぽなどを書き足すと可愛い親子の動物〜!
    スタンプの色や背景など凝ると見た目も素敵です。

    まだ子どものしかやったことがないので、親子のアートも作りたいなと思います(^^)
    なー先生 保育士
    何かを作ろうとしてやってみるのも良いのですが、子どもとさまざまな色や、手の形で手形を取り、そこから見立てて作るのも楽しいです。子どもだと思いもよらぬ見立てをして、はっと驚かされることもしばしばです!
    りお先生 保育士
    親子でやるんですね、手形!!
    子どもだけなら児童館等で何度かやりましたが、親子ではやったことなかったです!
    でも子どもの手形だけではできない作品ができそうですね😆

    うちは3人子どもがいるから、親子で手形アートとかいろんなものができそうですねー。
    でも、アートを作るセンスがないなあ😅
    えり先生 保育士
    手形アートやりました^^
    でも、程月齢だと手をぎゅっと握りしめたままのお子さんも。。足形でも楽しそうですよね(^^)
    逆に手形をとる時、嫌がる子どももいるので、大人が実際に楽しそうにやっているのを見せてあげるのも良いと思います!
    最近は、手形アートをやってくれる方もいるので、お金はかかりますが、誕生日などの記念には良いかもしれませんよね!
    いちご先生 保育士
    手形アートは、赤ちゃんの頃から楽しめるのでいいですよね☻ 赤ちゃんのうちは、手形だけ子どもにお願いして、後はお父さんお母さんで描き描き。子どもが少し大きくなったら、手形をつけたあとに、子どもと一緒にお絵描きするのも楽しいですよね♩
    ゆか先生 保育士
    手形アートやりました🎵
    小さい頃は記念にやっていましたが、幼稚園になってからは自分の手型を利用して動物を描いたりしました😃

    バッグにして今でも持っています🎵
    はなばたけ先生 保育士
    手形アート、面白いですよね。なかなか家で絵の具を広げる機会がないご家庭が多いかと思いますが、お休みの日にでも是非チャレンジしてみてください ( ^o^ )
    せおみ先生 保育士
    保育園でも、年齢が低いほど手形アートの作品は多かったです。小さい手や足は本当に可愛いですよね。お花に見立てたり、動物にしたり、可愛くて良い記念になると思います。
    きいちゃん先生 保育士
    手形アート、とても可愛らしいですよね。保育園でも遊びに取り入れ、そこから保育者が作品へと仕上げています。
    お誕生日に手形や足形を取ると、成長を感じられ良いですね(^^)
    こいまま先生 保育士
    手形を魚に見立てて、家族4人分を一枚の画用紙にとりました。
    玄関に飾ってありますが、親の手の大きさは変わらないのに子どもたちの手はどんどん大きくなっていて、成長を感じます。
    まい先生 保育士
    親子で色違いで手形をとってぞうさんにしたり、、とても楽しめます!
おすすめユーザーのコメント
2
    muuu
    手に絵の具をつけるって、それだけで非日常でワクワクしますよね🎨
    SB
    友人がスタンプ台を使って手形アートをしていて、絵具みたいにたれないでいい!と思ったことがあります。

    私はクリスマスのときに、逆さにした手形をサンタの髭に見立てて、カードにしました!

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧